銀杏BOYZ、2度目の日本武道館公演で露になった魂を揺さぶる音楽の力

ライブレポート | 2019.01.25 21:00

銀杏BOYZ「世界がひとつになりませんように」
2019年1月15日(火) 日本武道館
オープニングアクト:ペーソス

銀杏BOYZ初の日本武道館公演(2017年10月13日)のライヴ中に早くも次回に対する意欲を口にしていたが、ついにその日がやって来た。2019年1月15日に開催された『世界がひとつになりませんように』は、開演前の客入れ中に峯田和伸(Vo&Gu)が尊敬する編集者・エッセイストである末井 昭(T.Sax)擁する5人組バンド、ペーソスがオープニングアクトで登場。バンド名の通り、中年期ならではの“哀愁”を落とし込んだ歌謡性の高い曲調を会場に染み渡らせ、ラスト曲では観客からハンドクラップも起きる好リアクション。約20分ほどの演奏を終え、時計の針が18時半を指すと、まずは峯田がアコギを持ってひとりで姿を見せた。

“この日をどんだけ待ったか。2003年1月15日にGOING STEADYが解散して、1月15日は誕生日であり、葬式であり、結婚式でもあり、特別な日”と冒頭から切々と語った後、「生きたい」で本編スタート。スクリーンには悟りの境地を拓いたような峯田の精悍な表情が映し出される。その凛とした佇まいには、静なる激しさが渦巻いているようだった。

続いて「若者たち」に突入すると、サポートメンバーの山本幹宗(Gu)、加藤綾太(Gu)、藤原 寛(Ba)、岡山健二(Dr)とともに束になって攻め、アリーナには拳を突き上げる観客が増え始める。次の「駆け抜けて性春」では暴走するビートに乗り、峯田は叫びまくり、フロアーの沸点を一気に押し上げていく。

そして、昨年のツアー『銀杏BOYZ ツアー2018「GOD SAVES THE わーるど」』でも披露した新曲「GOD SAVES THE わーるど」をここでプレイ。明るくも切ないメロディーが印象的で、スケール感のある曲調は日本武道館でも抜群に映えていた。「骨」を挟み、戦争やテロもあるけど、ラブソングが一番ホッとすると伝えると「恋は永遠」へ。ハートフルな歌メロを会場一杯に届け、その流れで聴いた「夢で逢えたら」「ナイトライダー」も心の奥底に響いた。

大合唱を巻き起こした「I DON'T WANNA DIE FOREVER」「漂流教室」を演り終えた後、峯田は過去にバンドを2度ほど辞めたいと思ったことがあり、スタジオから飛び出してタクシーに乗ると、カーラジオからRCサクセションの「スローバラード」が流れてきたという。そこで音楽に救われた経験があったそうだ。“銀杏BOYZの音楽もあなたの暮らしに引っ付いてくれたらいい”と言うと、「新訳 銀河鉄道の夜」を披露。エモーショナル極まりない歌声にまた引き込まれた。

“ひとつ自慢ができることは、一度もメジャーデビューせずにここまで来れた。ずっとこの感じでやっていきたい”とライヴ中盤過ぎに胸中を打ち明けると、続けて音楽プロデューサーであり、銀杏BOYZの所属事務所ライトエージェントの社長であった故・坂田喜策氏の名前を出し、この日本武道館公演を観てほしかったと口惜しそうに話す。それから元ボ・ガンボスのDr.kyOn(Key/Darjeeling)を呼び込み、かつて坂田氏がマネージャーをつとめていたRCサクセションの「スローバラード」をふたりで披露。透き通るような鮮烈な鍵盤の音色の上で、情感の篭もった峯田の歌声が躍動する。それは誤解を恐れずに言えば、「ブルース」と表現したくなる深みを帯びた声色で、魂を根こそぎ奪われる熱唱ぶりであった。それから「光」につなぎ、峯田を含むメンバー全員のテンションは最高潮まで登り詰め、観る者を釘付けにする危機迫るステージングで魅了。

ライヴ後半、“最後のアルバム(2014年1月15日発表の『光のなかに立っていてね』)から5年経ってる。そろそろ出したほうがいいですよね? 今年、なんとか完成させる”という峯田の発言に会場はどよめき、ライヴで一番やっているという「BABY BABY」をプレイ。“下北沢のスタジオの雰囲気でやる”と言うと、峯田は観客に背中を向けて歌い始め、曲中にも“コーラス、そうそう!”“Bメロ!”とメンバーひとりひとりに声をかけていく。その光景はずっとこのままのスタンスを貫き続けたいという意思表示であり、大きな日本武道館を小さな練習スタジオに様変わりさせる魔法がかった演出でもあった。

本編を「僕たちは世界を変えることができない」「エンジェルベイビー」で締め括ると、アンコールにもきっちりと応える。“毎年、1月15日に武道館でできねぇかなあ。またやりたいと思ってる”と大胆発言も飛び出すと、キラキラしたポップ性に酔う「ぽあだむ」、問答無用の名曲「もしも君が泣くならば」を立て続けに演り、前回同様、約3時間に及ぶ長尺のライヴは盛大に幕を閉じた。一度目の日本武道館と比べても、バンドの演奏はギュッとひとつに固まってスケールアップしていたし、峯田は純粋に音楽を、歌をあなたの心に届けたいという気持ちが前面に出ているように感じられた。シンプルなステージを含めて、装飾をなるべく削ぎ落とした銀杏BOYZの音楽は、過去最高に研ぎ澄まされたかたちで表現されていた。そこになによりも深く感動してしまった。

SET LIST

01. 生きたい
02. 若者たち
03. 駆け抜けて性春
04. GOD SAVES THE わーるど
05. 骨
06. 恋は永遠
07. 夢で逢えたら
08. ナイトライダー
09. I DON'T WANNA DIE FOREVER
10. 漂流教室
11. 新訳 銀河鉄道の夜
12. NO FUTURE NO CRY
13. SEXTEEN
14. スローバラード(RCサクセション)
15. 光
16. ボーイズ・オン・ザ・ラン
17. BABY BABY
18. 僕たちは世界を変えることができない
19. エンジェルベイビー

ENCORE
1. ぽあだむ
2. もしも君が泣くならば

NEWS

銀杏BOYZライヴ特番「世界がひとつになりませんように」の放送決定!!

銀杏BOYZの2度目となる武道館単独公演「世界がひとつになりませんように」がスペースシャワーTVにて放送決定!

銀杏BOYZが2019年1月15日に東京・日本武道館にて単独公演「世界がひとつになりませんように」を開催。2枚同時にリリースしたアルバムの発売日でもあり、バンドにとって様々なできごとが起きた特別な意味をもつこの1月15日という日に、2度目となる日本武道館の舞台に立った銀杏BOYZ。満員御礼となったこの日のライブの模様を、完全独占放送。

放送日
2019年4月6日(土)21:00~22:00ほか
http://sstv.jp/gingnang

  • 取材・文

    荒金良介

  • PHOTO

    村井 香

SHARE

銀杏BOYZの関連記事

アーティストページへ