FLOW、10年振りの日本武道館公演はデビューからの濃密な15年間を感じさせる熱い空間に!

ライブレポート | 2019.02.05 21:00

15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」
2019年1月30日(水)日本武道館

2019年1月30日、FLOWが10年振りとなる日本武道館公演『FLOW 15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』を行なった。ステージにKOHSHI(Vo)、KEIGO(Vo)、TAKE(Gt)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)が登場した瞬間、全エリアの客席から起こった熱い歓声。“行くぞ、武道館!”とKEIGOが叫んだのを合図に「Break it down」がスタートすると、会場全体が激しく震えた。

“今日のライヴは、みんなでしか作れないんだからな!”と最初のインターバルでKEIGOは観客に呼びかけていたが、全力で楽しんでいた人々の熱気が刺激的な空間を作り上げているのをまざまざと感じた。盛り上がり続ける客席の様子を眺めながら、実に活き活きとした表情を浮かべていたメンバーたち。「ブレイブルー」「COLORS」「Answer」など、アニメのファンにもFLOWが深く愛されるきっかけとなった曲はもちろん、懐かしい「メロス」なども大歓声を誘い、日本武道館は圧倒的な一体感で包まれていった。

“みなさんのお陰でここまで来られました。昨日の晩、いろいろ考えて。もっと寝られへんと思ってたら、結構寝られました(笑)。今日のライヴをばっちりやりきって、この先、進んで行く用意があるので、楽しみにしていてください!”(IWASAKI)。

“10年振りの武道館、久々だね。10年前のTシャツを着てる人もいて、大分古くなったんじゃないかな(笑)。1日、楽しんでいきましょう!”(GOT’S)。

“元気ですか?元気があればなんでもできる!元気があったので武道館、2回目ができました(笑)。この15年間、みんなと僕らで培ってきた、これからも歌い続けたい神曲たちをいっぱい揃えてます”(TAKE)といった楽器隊のメンバーたちのMCも挟みつつ、多彩なナンバーが次々と披露されていった。

そんな中、とても印象的だったのが、中盤で届けられた「ONENESS」。今回の公演のテーマソングとして書き下ろされたこの曲を歌う直前、KEIGOは抱えている想いを語った。“ライヴを積み重ねてきてはっきりと言えるのは、FLOWはみんなでライヴを作り続けているバンドですということです。ライヴでみんなとひとつになった時に曲は完成して、進化していくと思ってます。この曲こそ、ここで歌ってひとつになって完成する曲です。全員で武道館中に響かせましょう!”と演奏がスタートすると、観客の大合唱も合流。会場を美しく染め上げた歌声は、KEIGOが語っていたFLOWの本質を実感させてくれた。

後半戦は、スペシャルゲストとのコラボレーションで幕を開けた。ステージに登場したのは、FLOWの盟友であるGRANRODEO。FLOW×GRANRODEO名義でリリースされた「Howling」がスタートすると、観客は居ても立ってもいられない様子で大興奮。“この7人でやりたかった!”という彼らの強い想いをこめて披露された「7-seven-」も、KISHOW(Vo/GRANRODEO)、KOHSHI、KEIGOによるトリプルヴォーカル、e-ZUKA(Gt/GRANRODEO)とTAKEによるツインギターが、何とも言えずスリリングだった。

このコラボを経て、いよいよライヴは佳境へと突入。GinyuforcEによるサイリウムを使ったヲタ芸、とRAB(リアルアキバボーイズ)によるダイナミックなストリートダンスも加わって盛り上げた「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」、大合唱を巻き起こした「Sign」「GO!!!」「ANTHEM」など、片時も目を離せない場面が続いた。

“2003年にデビューして、ライヴを中心にして活動してきました。嬉しさとか悔しさとかを繰り返して、今夜この場所に帰ってこられました。高いなぁ、天井。でも、ライヴをやってるとみんなが近くに感じられて、天井に手が届くんじゃないか?っていうくらいの昂揚感に包まれる瞬間があって。その瞬間を追い求めて、ここまで続けてきました。続けられたのは、そこにみんながいてくれたから。15年分の想いを伝えさせてください。本当にありがとうございました!”。KOHSHIのMCの後に披露された「Garden」は、温かな幸福感に満ちたひと時であった。

この曲で本編は締め括られたが、アンコールを求める観客の手拍子に応えてメンバーたちはステージに再登場。3月3日に、このライヴの模様がWOWOWで放送されることが決定したこと、4月10日に3年振りのオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』をリリースすること、5月26日から全国6都市を回るツアーがスタートという今後の予定が次々と発表され、観客は大喜びしていた。

アンコールでまず披露されたのは、先述のアルバム『TRIBALYTHM』にも収録される新曲「PENDULUM」。そして、ラストを飾ったのは、FLOWのメジャーデビュー曲「ブラスター」。KOHSHIが“でっかいジャンプをしようか?”と呼びかけて、全観客が一斉にジャンプをして演奏が終了した瞬間、明るい拍手と歓声がステージに向かって届けられた。

GRANRODEOとGinyuforcE&RAB(リアルアキバボーイズ)も招いて記念撮影をした後、観客に向かって何度も手を振りながら笑顔を輝かせていたメンバーたち。KEIGOがマイクを通さない生声で届けた“これからも一生お願いします!”という言葉がとても力強かった。こうして終演を迎えた『FLOW
15th Anniversary Final「FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館 〜神祭り〜」』
。FLOWの15年間の濃密な日々を再確認できたと同時に、今後の活動への期待も存分に膨らむライヴであった。

SET LIST

01. Break it down
02. JOY TO THE WORLD
03. 7th Heaven
04. Steppin' out
05. 赤いサイレン
06. Red Hot Riot
07. ブレイブルー
08. COLORS
09. メロス
10. 常夏エンドレス
11. 音色
12. Answer
13. Shakys
14. ONENESS
15. Howling
16. 7 -seven-
17. 愛愛愛に撃たれてバイバイバイ
18. HERO ~希望の歌~
19. Sign
20. 風ノ唄
21. GO!!!
22. ANTHEM
23. Garden

ENCORE
1. PENDULUM
2. ブラスター

公演情報

ディスクガレージ公演

FLOW LIVE TOUR 2019「TRIBALYTHM」

2019年5月26日(日) 横浜Bay Hall
2019年6月9日(日) 福岡DRUM LOGOS
2019年6月15日(土) 札幌ペニーレーン24
2019年6月22日(土) なんばHatch
2019年6月29日(土) 名古屋ダイアモンドホール
2019年7月6日(土) 仙台Rensa

全公演共通
[チケット]¥5,300(税込) (オールスタンディング)

★FLOWオフィシャルサイトチケット先行
受付期間:2019年2月15日(金)13:00~2月24日(日)23:59
※どなたでもお申し込みいただけます。

詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

RELEASE

「TRIBALYTHM」

NEW ALBUM

「TRIBALYTHM」

(Ki/oon Music)

※初回生産限定盤(Blu-ray付)、通常盤の2TYPE
2019年4月10日(水)Release!

Spotifyにて2018年海外で最も再生された国内アーティスト第8位、昨年7月には5カ国をめぐる中南米ツアーを敢行するなど世界を駆け巡るFLOWの3年ぶり11枚目となるオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』(トライバリズム)リリース決定!
  • 取材・文

    田中 大

  • LIVE PHOTO

    柴田恵理

SHARE

FLOWの関連記事

アーティストページへ