幸せで満ちた夜。Mr.Children 5万人の東京ドーム2日目をライブレポート!

ライブレポート | 2019.06.24 18:00

Mr.Childrenが2年振りに東京ドームに還って来た。昨年秋に横浜アリーナで体感した『重力と呼吸』ツアーは、音と光と演出が一体化した素晴らしいステージだったが、5万人を飲み込んだドームはスケール感がまるで違う。オープニングと共に立ち上がる巨大な可動式スクリーン、長大な花道。大量の銀紙が舞う中、花道を全力で駆け抜けた桜井和寿(Vo&G)が1曲目「Your Song」を歌い出すと、大歓声がスタンドを揺るがす。Mr.Children Dome Tour 2019 “Against All GRAVITY”、東京ドーム2日目の華麗な幕開けだ。

「Starting Over」から「himawari」へ、骨太なミドル・チューンを連ねて徐々にスピードを上げ、「everybody goes −秩序のない現代にドロップキック−」で早くも最初のピークが来た。スクリーンに映るけばけばしく猥雑なアイコンをバックに、「もっとくれ!」と叫び続ける桜井は、ソロ・ギターもばりばり弾く。鈴木英哉(Dr)の“顔で叩くドラム”とは好対照に、クール一徹の中川敬輔(Ba)と田原健一(Gt)の堅実なプレーが冴える。サポートのSUNNYと世武裕子のキーボードを加えたバンド・サウンドは、予想以上に生々しくワイルドだ。「令和に変わりましたが、平成のヒット曲をもう一回、もう一回…」と桜井が言えば、誰だって次の曲がわかる。「HANABI」から「Sign」へ、平成の大ヒット二連発を5万人がもれなく歌う。何を歌っても全部がヒット曲、平成のモンスター・バンドの底力が見えるワン・シーン。

「楽しい時間は永遠には続かない。でもたまにあるそういう瞬間を、1個でも2個でも、100個でも、みんなと作っていけたらと思います」

花道の突端で一人スポットを浴びる桜井が、アコースティック・ギターを弾きながら「名もなき詩」を歌いだす。サビからは鈴木、中川、田原が加わり、ここからはセンター・ステージでのより親密なパフォーマンスへ。桜井がアルバム『I♥U』への思い入れを語り、「CANDY」を歌う。“今までで歌詞が一番好きな曲かも”と言いながら、2000年の元旦に詩が生まれたという「ロードムービー」を歌う。いわゆるヒット曲ではないが、それはきっと心のヒット曲。どれも個人的な動機から生まれているからこそ、Mr.Childrenの曲は人の心を激しくヒットする。鈴木、中川、田原の3人を乗せたまま、長い花道がせり上がりながら光を放つセットに目が眩む。音と光と演出と、三位一体のゴージャスなショー・タイム。

中盤のハイライトは「addiction」「Dance Dance Dance」「Monster」のラウド・チューン三連発だ。グロテスクな映像と鈴木のカオスめいたドラムが最高にかっこいい「addiction」、強烈な火花とレーザービームの中、田原の引き攣ったギター・リフと中川のファンキー・ベースに興奮する「DANCE DANCE DANCE」、そしてこの日一番ラウドでヘヴィなロック「Monster」へ。現代J-POPのお手本の一つを作ったのは、紛れもなくMr.Childrenだ。が、目の前で野性味溢れる演奏を繰り広げる彼らは、紛れもなくただのロック・バンドだ。

あまりにも美しいオレンジ色の夜明けの風景がスクリーンいっぱいに広がる「SUNRISE」から、青すぎる空と海の大パノラマが目に沁みる「Tomorrow never knows」へ。雄大な風景と雄大な音楽が調和する、ドームならではの演出が冴えわたる。ライブはいよいよ、佳境に入ってきた。

「音楽という乗り物にみんなを乗せて、悲しみや寂しさや退屈からできるだけ遠い場所へ、連れていきたいと思っています!」

「Prelude」では桜井がマイクを握って花道を駆け抜け、5万人を煽る。昼間のような眩い灯りの下、明るく爽やかなリズムに乗せた5万人の手振りが壮観だ。「その笑顔、その声が聴きたくて僕らやってます、生きてます、幸せです!」と、興奮気味に桜井が叫ぶ。ここがピーク? いや、さらにその上があった。ミスチル平成ヒットのさきがけにして頂点の1曲、「innocent world」のイントロ一秒、膨大な銀テープの発射と共に一気に沸騰する東京ドーム。5万人の大合唱がドームを包み込み、見渡す誰もが笑顔で手を振る。「幸せです!」と言い切った桜井の言葉に、付け加えるものは何もない。「海にて、心は裸になりたがる」の、開放感溢れるフィナーレの瞬間に湧き起こった温かい拍手と歓声。なんて幸せな光景だろう。

アンコール1曲目は「SINGLES」。意表をついて花道突端に現れた桜井が、グルーヴィーなサウンドに合わせて体を揺らしてる。推進力たっぷりのロック・チューン「Worlds end」では、鈴木の煽り立てるドラムと中川の強力なダウン・ピッキングが最高だ。最後の最後まで、バンドのテンションはピークを振り切ったままだ。

「今思うことは、僕らがバンドを続けられなくなる前に、せめてあと1曲、いや、1曲は謙虚すぎる、あと10曲以上。5万人の心を一つにできる曲を作りたいということです」

結成して30年になるバンドのライブにいまだに大勢の人が足を運んで、歌ってくれることに対して、日本一幸せなバンドだと思うと話した後で、桜井はそう語った。

バンドを30年続けて、この先何があるかわからない。桜井のMCは、モンスター・バンドのフロント・マンである前に、きわめて個人的な本音のように思えた。もちろん、バンドには終わりの兆しなど全くなく、ツアー後はロンドンへレコーディングに旅立つことが決まっているとも話された。ラスト・チューン「皮膚呼吸」の演奏は、新人のように瑞々しく、ベテランのように包容力豊かに、ロック・バンドのようにエモく、ポップ・スターのように輝いていた。“Against All GRAVITY”=全ての重力に対峙して、更なる高みを目指す終わりなき旅。Mr.Childrenが今この時代にいることに、ありったけの感謝を贈ろう。

RELEASE

『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』

LIVE DVD / Blu-ray

『Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸』

2019年6月26日(水)Release!

初の海外単独公演となった台湾公演を含む13ヶ所26公演で行われた「Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸」から、国内最終公演“大阪城ホール”でのライブを収録。

⇒詳細はこちら
  • 宮本英夫

    取材・文

    宮本英夫

  • PHOTO

    渡部 伸

SHARE

関連リンク