オリジナル・ラブ 超満員の“bless You!”Tour最終公演でみた、人間たちが燃え、叫び、踊り、笑い、泣き、祝福する姿、生きている音!

ライブレポート | 2019.07.31 18:00

オリジナル・ラブ “bless You!” Tour
2019年7月20日(土) 中野サンプラザホール

田島貴男がこれまで歩んできた道を見せてくれた、そんなライブだった。それはアーティスト、ミュージシャンとしての彼の姿でもあったし、また、ひとりの人間が生きてきた証のようにも感じた。素晴らしい夜だった。

「『bless You!』のお祭りみたいな感じで今日はいきたいと思いますので、よろしくお願いします!」

全国ツアーの最終公演となった中野サンプラザはチケット完売、超満員。豪華なゲスト陣もあり、盛り上がりはMAXだった。その結果、ランニングタイムはアンコールを入れて2時間40分!それは長いだけでなく、濃密で、また情熱的でもある、聴きごたえ満点の空間だった。

田島貴男

まずはそのゲストたちについて触れていこう。彼らはいずれも最新作『bless You!』への参加者でもあって、ライブでは中盤以降の箇所で登場した。最初に現れたのは「空気-抵抗」での渡辺香津美。70年代からジャズ・ギタリストとして活躍し続ける彼は、すさまじく流麗な演奏でこの歌の熱気を見事に押し上げた。

渡辺香津美

次のゲストは、続く「ゼロセット」での長岡亮介。この人の才能は自身のペトロールズの活動でも知られていて、今夜はフライングVを携えての演奏だった。この時の長岡のダイナミックなギター・プレイは、当ブロックの少し前に田島自身が「結成当時のオリジナル・ラブはサイケデリック・ロック・バンドでして、時々そこに戻るんですが」と断って披露したトリップ感の強い3曲(「冗談」、新作からの「アクロバットたちよ」、「地球独楽」)にも通じるものがあった。

田島貴男、長岡亮介

そして最後はPUNPEEだ。曲はもちろん「グッディガール」で、彼のラップが切り込んでくるのを田島とバンドがファンキーに受け止めながら、会場全体がグイグイと盛り上がっていく。「田島のオジキ!」と煽られる中、そのまま「お嫁においで」に突入! 4年前、この加山雄三の60年代のヒット曲のリミックスで一躍有名になったPUNPEEが、ここでは田島のヴォーカルとセッションしたのだ。後半には田島もフリースタイルを聴かせ、「あの時<I Wish>サンプリングしてくれてありがとう!」というフロウまで炸裂!(注/ PUNPEEがメンバーのPSGの曲「愛してます」のこと)それはもう本当に幸せな瞬間だった。

田島貴男、PUNPEE

で、ふと思えばこのバンドには木暮晋也、真城めぐみというヒックスヴィル、というか、かつてロッテンハッツに在籍したふたりもいる。途中で田島はその古い付き合いを振り返ったりもしたが、木暮がワウワウ・ヒッピーズで活動していた80年代半ば、田島のバンドはまだ前身のザ・レッド・カーテンだったはずだ。それが先述のサイケな感覚にも通じるわけで……。とにかく今夜のこのあたりの流れには、時代の移り変わりだとか、時間の経過の中で受け継がれ、引き継がれていくものだとか、そういったことを感じるばかりだった。

しかもバンドの演奏はファンキーにしてジャジー、そしてソウルフル。そこには田島が敬愛するアナログ時代の音楽の豪快さがあふれていながらも、しっかりと今の時代の息吹が織り込まれている。昔と今。さらには未来。世代と世代、音楽と音楽。あらゆるものが交信している。

そんなオリジナル・ラブの世界のうねりの真ん中にあるのは、やはり田島貴男という人間の生きてきた道のりだったと思う。
ステージの後方のヴィジョンには要所要所でスライドやムービーが投射され、そこには田島自身が撮影した多くの写真がフィーチャーされていた。人、花、鳥、空。多摩川土手、渋谷の街。街の夜景、飛行機から見た街の姿。それを見ながら、昨年インタビューした際に彼がライカのカメラを手元に置いていたのを思い出した。自分の生活のリズムを、生きる鼓動を、音とともに、映像や画像にも集約している田島である。

サウンド、それにヴィジュアル。いずれにも感じるのは、生命の存在の尊さだ。いま生きていることへの祝福。そしてこれからも大いに笑い、泣き、楽しみながら生きていこうという思い。まさに人間賛歌であるアルバム『bless You!』のツアーだった。
アルバム・タイトル曲の演奏時には、花を宙に投げ、また、花を持ちながらギターを弾く田島の姿がくり返し映された。そして当の本人はその前で大きな声でオーディエンスに唄いかけていた。熱く。ワイルドに。そして、真摯に。

「今日はどうもありがとうございました!中野、bless You!」

アンコール・ラストは「夜をぶっとばせ」の快演だった。そこでは人間たちが燃え、叫び、踊り、笑い、泣き、祝福していた。そして何よりも、音そのものが生きていた。

2019年夏、オリジナル・ラブに感謝。
そして人生に乾杯だ!

SET LIST

01. Million Secrets of Jazz
02. ペテン師のうた
03. AIジョーのブルース
04. 灼熱
05. 疑問符
06. DEEP FRENCH KISS
07. I WISH
08. ショウマン
09. アクロバットたちよ
10. 冗談
11. 地球独楽
12. 空気-抵抗(feat.渡辺香津美)
13. ゼロセット(feat.長岡亮介)
14. グッディガール(feat.PUNPEE)〜 お嫁においで(feat.PUNPEE)
15. 接吻 kiss
16. 月の裏で会いましょう
17. Two Vibrations
18. The Rover
19. bless You!

ENCORE
20. 逆行
21. 希望のバネ
22. 夜をぶっとばせ

※Spotifyは、Internet Explorerではご利用頂けません。他ブラウザにてご覧くださいませ。
⇒ご利用可能な環境についてはこちら

公演情報

ディスクガレージ公演

田島貴男 ひとりソウルツアー2019

2019年9月29日(日) 東京 Shibuya WWW X
2019年10月6日(日) 京都 磔磔
2019年10月10日(木) 兵庫 神戸チキンジョージ
2019年10月11日(金) 愛知 名古屋クラブクアトロ
2019年10月13日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
2019年10月14日(月・祝)岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
2019年10月19日(土) 高知X-pt.
2019年10月20日(日) 愛媛 松山サロンキティ
2019年10月24日(木) 富山 SOUL POWER
2019年10月26日(土) 長野 ライブハウスJ
2019年10月27日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED
2019年11月2日(土) 旭川 CASINO DRIVE
2019年11月4日(月・祝) 札幌 cube garden
2019年11月9日(土) 静岡 LiveHouse浜松 窓枠
2019年11月10日(日) 東京 マイナビBLITZ赤坂
2019年11月15日(金) 長崎 DRUM Be-7
2019年11月16日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2019年11月17日(日) 熊本 B.9 V1
2019年11月23日(土・祝)大阪 味園ユニバース
2019年11月24日(日) 東京 TSUTAYA O-EAST

その他のライブ情報はオフィシャルサイトをご確認ください。

RELEASE

「bless You!」

NEW ALBUM

「bless You!」

NEW ALBUM
「bless You!」
(WONDERFUL WORLD RECORDS / VICTOR ENTERTAINMENT)

●2019年2月13日(水) release!

◉【通常盤】VICL-65123 / 1CD ¥3,000+tax
【完全生産限定盤】VIZL-1527 / フォトブック*+CD / 5,000セット限定)¥4,000+tax
※写真愛好家でもある田島貴男が撮り続けてきた日々と、写真家松本直也が田島貴男のある1日に迫った『bless You!』の制作とともに流れる刹那を捉えた全88ページのフォトブック『A Day & Days』

◉musicians
小松秀行(Ba)、佐野康夫(Dr)、河合代介(Org)、鹿島達也(Ba)、
木暮晋也(Gt)、真城めぐみ(Cho)、小松シゲル(Dr)、村田シゲ(Ba)、冨田 謙(Key)、村田陽一(Tb)、小池 修(Sax)、奥村 晶(Tp)、弦一徹ストリングス(Strings)

◉guests:
渡辺香津美(Gt)、岡安芳明(Gt)、長岡亮介(Gt)、PUNPEE(Rap,Scratch,SE)、
角銅真実 (Vibraphone, Conga)

photography by Takao Tajima
  • 青木 優

    取材・文

    青木 優

    • ツイッター
    • Facebook
  • 撮影

    工藤ちひろ

SHARE

関連記事