9mm Parabellum Bullet×凛として時雨 2019年9月9日 昭和女子大人見記念講堂をレポート!

ライブレポート | 2019.09.19 19:00

9mm Parabellum Bullet 〜15th Anniversary〜『6番勝負』
2019年9月9日(月) 昭和女子大学人見記念講堂
出演:9mm Parabellum Bullet 【対バン】凛として時雨

2019年は結成15周年、ということでアニバーサリー企画をいろいろ行っている9mm Parabellum Bullet。そのうちのひとつが、同世代バンドとの対決企画『6番勝負』で、そのシリーズの5番目にあたるのが、この昭和女子大人見記念講堂で凛として時雨との対バン。
なお、この日は9月9日、つまり「9mmの日」として毎年何かしらのライブ等を行っている日であるが、今年はそこにもうひとつ、9mmのニューアルバム『DEEP BLUE』のリリース日、ということにもなった。

先攻は凛として時雨。「Telecastic fake show」でスタート、イントロ後のブレイクでTKが歌い始めると、オーディエンスからワーッと歓声が挙がる。「nakano kill you」「DIE meets HARD」と曲が連なっていくごとに、人見記念講堂ごとどこか異世界に飛ばされてしまったような感覚に陥る。というのは僕だけかもしれないが、ステージを凝視したまま、陶酔しているような覚醒しているような、なんとも言えない眼差しになっていく多くのオーディエンスを見ていると、自分とそう遠くないようなものを感じているのではないか、とも思う。

凛として時雨

6曲目と7曲目の間で、ピエール中野のMCが。9mmのLINE LIVEにコメントを送ったりハートを送ったりしてみた、ランキング上位になりたくて課金してみたら1位がとれた、という話や、かみじょうちひろに「エリエール坂田」と呼ばれる、という話で客席に笑いの輪を広げる。そして後半には、TKが「9mmとはずっと対バンしてきている、これからも死ぬまで対バンしていきたい」と希望を述べ、拍手を浴びた。
ラストは「傍観」。「僕は知らない 僕は見えない 僕は汚い 僕は消えたい」のリフレインが強烈な、初期からライブでやり続けているこの名曲でライブを締めた。ピエール中野、345の順にステージを去り、ひとり残ったTKはテレキャスターを床に放り投げると、オーディエンスに向かって拍手し、大きくお辞儀をした。

凛として時雨

後攻で出てきた9mmの菅原卓郎は、最初のMCで「時雨は『すごい』の向こう側にいる」と称賛。そして「俺たちも何かの向こう側まで行きたいんで、みんないっしょに行きましょうよ」と、オーディエンスに呼びかけた。
その9mmのライブは「(teenage)Disaster」
でスタート。ライブでやるのは今日が初めてだという「DEEP BLUE」や、「Beautiful Dreamer」、「名もなきヒーロー」といった『DEEP BLUE』の曲を、ポイントポイントで投下していくセットリスト。特にラス前に放った「名もなきヒーロー」のストレートさは、とても新鮮に、ポジティブに響いた。

「あっという間ですよ、15年」
「2009年9月9日に日本武道館でライブをしました」
「その前の年に時雨と回ったツアーは、『ニッポニア・ニッポン』(トキの学名)ってタイトルにした、俺たち絶滅危惧種だと思って。でも、10年生きましたよ、俺たち」
と、これまでを振り返る言葉を、曲の合間に挟み込みながら歌う卓郎。後半のMCでは、「知ってる? 2009年に出した曲、『Black Market Blues』っていうんだぜ?」。歓声で応えるオーディエンス。そして9mm、その曲へ突入、かと思ったら、違う。「ハートに火をつけて」だ。これも人気曲だし、演奏も歌もすさまじく盛り上がったけど、「Black Market Blues」は? その「ハートに火をつけて」の次にやりました。なんで。9曲目にやりたかったからです、ということに、曲が始まってから気がついた。凝るなあ。というか、こだわるなあ。

この「6番勝負」のラストは、10月5日新宿BLAZEで、THE BAWDIESを迎えて行われる(この日のみ男性限定ライブ)。そして10月12日広島クラブクアトロを皮切りに、『DEEP BLUE』のリリース・ツアーがスタート。11月29・30日のZepp Tokyo2デイズまで、10本を回る。

SHARE

9mm Parabellum Bulletの関連記事

アーティストページへ