佐野元春 & THE COYOTE BAND 4年ぶりのクラブ・サーキット・ツアー初日で魅せた、バンドとオーディエンスで作るライブハウスの熱い空気

ライブレポート | 2019.10.23 18:00

佐野元春 & THE COYOTE BAND CLUB CIRCUIT TOUR 「ソウルボーイへの伝言 2019」
2019年10月15日(火) マイナビBLITZ赤坂

東京スカパラダイスオーケストラのホーン4人が参加した佐野元春 & THE COYOTE BANDのデジタル・シングル『愛が分母』を8月14日に、これまでに配信リリースされた4曲と新曲4曲からなるミニアルバム『或る秋の日』(佐野元春名義)を10月9日にリリースしたばかりのタイミングで回る、佐野元春 & THE COYOTE BANDのツアー「CLUB CIRCUIT TOUR『ソウルボーイへの伝言2019』」の東京公演。この日はツアーの2本目だったが、1本目の10月12日 川崎クラブチッタが台風19号の影響で中止を余儀なくされたため、実質的に初日、ということになった。

というわけで、セットリストについては一切触れられないのだが、それでも何か書きたい!と思わずにはいられないライブだった。

まず、初日?ファイナルでは?と言いたくなるほどいきなり仕上がっている、THE COYOTE BANDの音。だってあちこちで活躍している凄腕揃いのメンバーじゃん、と思われるかもしれないが、それぞれが凄腕であることと、バンド・サウンドとしてガシッと固まることがイコールかというと、必ずしもそんなことはないわけで。「凄腕が集まってすばらしいセッションをやっている」というよさではなくて、「凄腕が集まってバンドをやっている」すばらしさであるところに、耳を持っていかれるのだ。何ひとつ奇をてらうことなく、オーソドックスなロックをストレートにやっていて、こんなにも「なんじゃこれ!」と言いたくなる音を出すバンド、国内で僕が知っている限りでは、佐野元春 & THE COYOTE BANDと、奥田民生のMTR&Yだけだ。惚れ惚れする、耳を傾けているだけで。

次。佐野元春のパフォーマンス。歌といい、ギターといい、アクションといい、ちょっとしたふるまいや一瞬の表情といい、なんでこんなにロッカーとして(とあえて言う)瑞々しいままなんだ、この方は。「太らない」とか「老けない」という見た目の変わらなさもあるんだろうけど、それだけじゃなくて、なんて言うんでしょう、ロックンロールという概念が当初持っていた新しさや初々しさや生々しさが、人間の形になって目の前に存在しているというか。もう目が釘付け、一挙手一投足に。「俺が初めて知った時のまんまの元春じゃん」と言いたくなるような(私、51歳です)。嘘や虚飾を感じる瞬間は一切ないのに、ただただ正直にステージに立っているのに、存在自体に「こんなことありえるの?」と言いたくなるような。そんなマジカルな時間だった。

で、最後、三つ目。オーディエンスがめちゃくちゃいい。ライブってオーディエンスの力で大きく変わるものだという自覚があるのか、単に元春を観れてうれしくてたまらないのか、その両方なのかはわからないが、こんなオーディエンスで満員になってたらそりゃあ演者テンション上がるわ、いいライブやるしかないわ、と思わされる、熱い熱い空気だった、最初から最後まで。

特に圧倒されたのが、何十年も耳になじんできた名曲も、最近の……最近っていつだ、ええと、じゃあここ5年ってことにしよう、ここ5年の間に発表されてきた新し目の曲も、ほぼリアクションが変わらない、あっついまんま、という事実。長年大好きなあの曲も、最近セトリに加わった曲も、どっちもうれしいのだ、みんな。これ、佐野元春くらいキャリアがあって、ヒット曲も有名曲もいっぱい持っているアーティストとしては、稀有なことだと思う。ただ、自分が「ああ、佐野元春のファンはそうなんだなあ」みたいにそのさまを見ていたかというと、そんなことはなかった。自分もそういうリアクションだった。懐かしいあの曲がめちゃくちゃうれしいのと同じように、大好きな近作のあの曲のイントロが鳴った瞬間に血が沸騰する。ということは、オーディエンスの側だけじゃなくて、本人にもその原因があるということですね。

そういえば、中盤である曲を演奏し終わった時、オーディエンスを見て、「みなさんこんなに喜んでくれて、うれしいです」と言っていた時に、何か、「ああ、こういう人なんだなあ」と思った。シンプルな物言いだけど、本当に心からそう思った、だからそう口にした、ということが伝わったので。

佐野元春 & THE COYOTE BAND は、11月30日に大分でこのツアーが終わると、12月には恒例のクリスマス・ライブ『ロッキン・クリスマス』でツアーに入る。12月29日には幕張メッセで、フェス『COUNTDOWN JAPAN 19/20』に出演。そして40周年を迎える2020年には、佐野元春 & THE COYOTE BANDのニューアルバムをリリースすべく、今、制作に入っている──と、MCで言っていた。楽しみに待ちたい。

公演情報

ディスクガレージ公演

佐野元春 & THE COYOTE BAND
CLUB CIRCUIT TOUR 「ソウルボーイへの伝言 2019」

THE COYOTE BAND
佐野元春(Vo&Gt)、小松シゲル(Dr)、深沼元昭(Gt)、藤田顕(Gt)、高桑圭(Ba)、渡辺シュンスケ(Keys)

2019年10月15日(火) マイナビBLITZ赤坂
2019年10月25日(金) 群馬・高崎club FLEEZ
2019年11月2日(土) 静岡・Live House浜松 窓枠
2019年11月3日(日) 岐阜・岐阜club-G
2019年11月7日(木) 長野・長野CLUB JUNK BOX
2019年11月8日(金) 富山・富山マイロ
2019年11月16日(土) 青森・青森Quarter
2019年11月17日(日) 岩手・盛岡Club Change WAVE
2019年11月23日(土・祝) 兵庫・神戸ハーバースタジオ
2019年11月24日(日) 岡山・岡山CRAZY MAMA KINGDOM
2019年11月30日(土) 大分・大分T.O.P.S Bitts HALL

≫ツアー詳細はこちらにてご確認ください。

チケット一般発売日:
[10月公演]2019年8月31日(土)~
[11月公演]2019年9月21日(土)~

佐野元春 & THE COYOTE BAND
「ロッキン・クリスマス 2019」

THE COYOTE BAND
佐野元春(Vo&Gt)、小松シゲル(Dr)、深沼元昭(Gt)、藤田顕(Gt)、高桑圭(Ba)、渡辺シュンスケ(Keys)

2019年12月17日(火)18日(水) 東京・恵比寿The Garden Hall「L’ULTIMO BACIO Anno 19」
2019年12月20日(金) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)
2019年12月23日(月) 愛知・Zepp Nagoya
2019年12月25日(水) 熊本・熊本城シビックホール

≫ツアー詳細はこちらにてご確認ください。

  • 兵庫慎司

    レポート

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • 撮影

    アライテツヤ

SHARE

関連記事