GRASAM ANIMALが自主企画にネクライトーキーを招き、互いの愛をぶつけ合う

ライブレポート | 2019.12.06 19:00

『GRASAMANIA』
2019年11月29日(金)下北沢GARAGE
出演:GRASAM ANIMAL / ネクライトーキー

11月29日、下北沢GARAGEにてGRASAM ANIMAL主催の対バン企画『GRASAMANIA』が開催された。前回はThe Songbards、No Busesを招いての3組によるステージで、大型台風19号が上陸する前夜だったから怯えながらライブハウスへ行ったのを思い出す。今回、対バン相手に選ばれたのは、旧知の仲であるネクライトーキー。この日、僕が会場に到着したのは開演の15分前。いざドアを開けるとキャパ150人ほどの場内は、ステージの最前列から後ろまで観客でぎゅうぎゅうに埋め尽くされていた。

トップバッターで現れたネクライトーキーは「あの子は竜に逢う」からライブをスタート。1曲目の演奏が終わると、朝日(Gt)がシャウトをしたのをきっかけに「きらいな人」「めっちゃかわいいうた」と一気にアクセルを踏み込む。僕の目の前にいたサラリーマンの持っているお酒もグイグイ進む。そして、もっさ(Vo&Gt)が“こ? こ?”と何かの合図を送ると、観客も“お? お?”と煽り、もっさが“こ……「こんがらがった!」”と叫んで4曲目へ突入。ステージもフロアも一緒にジャンプをして手を叩く。あぁ、楽しい。

そんなキュート&エンジョイブルな空気は7曲目のバラードで一変。真っ暗な会場に一筋のスポットライトが、もっさだけを照らす。彼女は1人で「ゆうな」の出だしを歌った。《黄色い花 名前はなんだっけな 隣で教えてくれたの もう思い出せないなあ》と歌ったところで、カズマ・タケイのドラム、中村郁香のピアノ、朝日のギター、藤田のベースが重なる。サビになると、もっさは泣きそうな顔を浮かべながら歌っていた。4分間の名演は、確実に観る者の心に優しい火を灯した。

そして、MCになると朝日が“僕、グラサンが好きで。あのバンドがどこまで行くのか、日本全国民に見届けてほしいなって思う。それだけ大好きなんですよ”と、グラサン愛を語った。もっさは“「Bali High」という曲の冒頭に、“バリハイ”ってギャルの声が入っているじゃないですか。私も、その掛け声を録った覚えがあって。初めて対バンした時の打ち上げで、酔った木屋さんに“バリハイって言って!”とお願いされて録音したけど使われてなかった(笑)“と、当時の裏話を話した。そして何の脈絡なく“ライブハウスって良いですねぇ……上がるわぁ!”ともっさが声高らかに叫び「許せ!服部」へ。その後も「オシャレ大作戦」「遠吠えのサンセット」を演奏し、ネクライトーキーはトップバッターの役目を終えた。

次は、企画の発起人であるGRASAM ANIMAL。グルーヴィーな新曲から演奏を始めると、観客はファンクネスなリズムに体を揺らした。続いて「HERO」「Bali High」とアグレッシブな曲の連打は続き、気づけば最初のMCへ。木屋和人(Vo&Gt)は、不敵な笑みを浮かべた。“ビート攻め……ビート攻めをするしか能がない男たち、俺たちがGRASAM ANIMALです。ビューティフル・マインドだから。ビート攻めをして今日はみんな酔っ払うように。ビートに乗っかって、みんなで1つの塊になりましょう”とオープニングトークを飛ばすと「抱きしめたい」を披露した。そして5曲目は、またまた新曲の「Here come the dogs」。……この曲に関しては後で述べることがあるので一旦、伏せておく。

“あの……ネクライトーキーって、俺らと接点なさそうじゃないですか”と木屋が切り出すと、柳澤凌成(Ba)が“元々、朝日さんが俺らのことを気に入ってくれてたんだよね”と返す。“いやいや最初を振り返ると……”と木屋が2年前について振り返った。“そもそもは、俺がスタジオに置いてあった朝日さんのアコギを勝手に借りて、そのギターで1stアルバム『ANIMAL PYRAMID』のレコーディングしたんですよ。あの人、めっちゃ良いギター持ってるんすよ”と、会場が和み始めたところで木屋が周りを見渡して“でも、どうでしょうね。みなさん家とかで踊ります?”と、こっちがどう答えて良いのかわからない突飛な質問をぶつけてきた。“俺らリズム押しなんですよ。だから、また遊びに来て踊ってほしいと思いますね”。こうして8曲目に「Y字路より」を歌った後、木屋が“俺はぁ、やったぞぉ!”と両腕を上げてラストは「LOVE OIL」で締め括った。――この男の感情の起伏が未だに読めない。

すぐさまアンコールが起きると、木屋と歌代(Dr)がなんとも言えない表情でステージに姿を見せた。木屋が“ええーっと、色々処理をしなくちゃいけないんですけど……今からMVを撮りたいんですよ”と話す。どうやら本編でも演奏した「Here come the dogs」のMV用にライブシーンを撮影したいのだと言う。柳澤、熊谷拓人(Gt)もステージに上がり撮影が行われた。“とにかく盛り上がってほしい”という注文通り、酒を持って、隣の人と肩をぶつけ合いながら自由に盛り上がる観客。演奏が終わると“ありがとうございます。じゃあさ、こんなバカらしいことは辞めてさ。もう「俺たちに夏はない」をやる体力しか残ってないっす。だから、それをやります”の一言とともに「俺たちに夏はない」でお祭りのような一夜は幕を閉じた。

SET LIST

■ネクライトーキー
1. あの子は竜に逢う
2. きらいな人
3. めっちゃかわいいうた
4. こんがらがった!
5. レイニーレイニー
6. 音楽が嫌いな女の子
7. ゆうな
8. 許せ!服部
9. オシャレ大作戦
10. 遠吠えのサンセット

■GRASAM ANIMAL
1. 新曲
2. HERO
3. Bali High
4. 抱きしめたい
5. Here come the dogs
6. Sir, Fried Monster
7. 死ぬまでフラミンゴ
8. Y字路より
9. LOVE OIL
EN
1. Here come the dogs
2. 俺たちに夏はない

公演情報

DISK GARAGE公演

■GRASAM ANIMAL ライブ情報

『GRASAMANIA〜ONE MAN SHOW〜』
2020年1月31日(金) 東京・下北沢GARAGE

※ワンマン公演

チケット一般発売日:2019年12月14日(土)

■ネクライトーキー ライブ情報

『ネクライトーキー「ZOO!!」リリースツアー「ゴーゴートーキーズ! 2020春」』
2020年2月23日(日) 神奈川・CLUB CITTA’
2020年2月29日(土) 北海道・ペニーレーン24
2020年3月12日(木) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
2020年3月14日(土) 宮城・CLUB JUNK BOX
2020年3月15日(日) 群馬・club FLEEZ
2020年3月20日(金) 静岡・UMBER
2020年3月21日(土) 京都・MUSE
2020年3月26日(木) 熊本・B.9 V2
2020年3月28日(土) 福岡・DRUM Be-1
2020年3月29日(日) 広島・バンキッシュ
2020年4月4日(土) 石川・AZ
2020年4月5日(日) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
2020年4月9日(木) 兵庫・ART HOUSE
2020年4月11日(土) 香川・DIME
2020年4月12日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM 2nd Room
2020年4月18日(土) 愛知・ダイヤモンドホール
2020年4月19日(日) 大阪・なんばHatch
2020年5月4日(月) 東京・Zepp Tokyo

その他ライブ情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

  • 撮影

    尾藤能暢

  • 取材・文

    真貝 聡

SHARE

GRASAM ANIMALの関連記事

アーティストページへ