人間椅子『バンド生活三十年~人間椅子三十周年記念ワンマンツアー』ファイナル公演をレポート!

ライブレポート | 2020.01.08 18:00

人間椅子『バンド生活三十年~人間椅子三十周年記念ワンマンツアー』
2019年12月13日(金) 中野サンプラザホール

『バンド生活三十年~人間椅子三十周年記念ワンマンツアー』のファイナル公演で、この2日前の12月11日に『人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤』がリリースされたばかり、というタイミングでの、中野サンプラザホール。
渋谷公会堂や豊洲PITではワンマンを行ってきたが、ここ中野サンプラザでは確か初めて。で、ソールドアウト。「なんだかわからないけどこのキャリアでじわじわと動員の右肩上がりが続いているバンド」として人間椅子が認識され始めてからもう5年ぐらい経つが、その右肩上がり、まだ続いているということだ。30年やっていて、今がいちばんお客が入るバンド。そうそういないと思う、そんな人たち。

今年6月リリースの最新アルバム『新青年』の1曲目「新青年まえがき」をSEにして登場、「宇宙からの色」でライブがスタート。本編15曲、アンコール2曲、ダブル・アンコール1曲の全18曲で2時間半強(※人間椅子は尺が長い曲が多いのでそうなります)。
『人間椅子名作選 三十周年記念ベスト盤』収録曲から15曲、そのベスト盤に収録した新曲2曲「愛のニルヴァーナ」と「悪夢の序章」、そしてそれ以外1曲、という内訳だった。
「それ以外」というのは、最新アルバム『新青年』収録の「地獄小僧」。人間椅子のライブ、後半にさしかかるところで、ドラムのナカジマノブが「俺をアニキと呼んでくれ! 声をきかせてくれるかー!」と叫び、お客さんたちが「アニキー!」と応える、とコール&レスポンスをやってから彼が歌うというのが恒例になっていて、今回はそこで「地獄小僧」をやった、ということです。
このあたりは彼の地元で、「今日は俺の出た小学校の現在の校長先生が来ている、でもたぶんうちのお袋の隣に座ってるんだよな……」というノブのMCに、ドッと笑いが広がる。

さらにこの日は、YouTubeで生配信もあり。最初のMCで和嶋慎治、そのことを告げて、「なので、必要以上にみなさん盛り上がってくださいね」。そして和嶋は「私はこの日のために紋付を着ました!」。4~5年前に作ったが、一度も着ていなかったものだそうです。
前半では、和嶋慎治の落語が挟まれる「品川心中」。中盤では、鈴木研一の詠むお経が響く「芳一受難」。いずれも人間椅子のライブではおなじみの光景だが、それを中野サンプラザを埋めた超満員のオーディエンスがじいっと聴いている、お経に至っては一緒に口ずさんでいる人もいる、というのは、なかなかに異様で、かなり素敵な光景である。
なお、「芳一受難」の前には、2020年2月にイギリスとドイツでライブを行うことを、改めて報告。「30年かかりました!」と喜びを顕にする和嶋慎治と、「でも日程が三連チャンなんですよね。日本でもやらないもんね……(自分の体力が)保つかどうか」と心配する鈴木研一であった。

後半は、前述のノブのコール&レスポンスでオーディエンスに火をつけてから、「陰獣」「人面瘡」「針の山」と、人間椅子のライブのピーク・ポイントを担い続けてきた名曲三連打。「針の山」では曲の前半と後半で2発、特効で銀テープが飛び、オーディエンスを驚かせた。アンコールで鈴木研一、「テープは、『針の山』の針のつもりだった」と説明。
そのアンコールは「雪女」と「地獄」。で、ダブル・アンコールで「なまはげ」をプレイする前に、今日のこのライブは生配信だけでなく、あとで映画化されることが発表された。
が、その発表でワーッと盛り上がった、というよりも、「映画? ……えっと、ライブが映画? どういうことだろう?」みたいなザワザワが広がった感じだった、ファンのみなさん。正直、私もそうです。その後まだ詳細とか発表されていないし。どういう作品になるんだろう? わからない分、楽しみだけど。

あとひとつ、書いておきたいことがある。
この中野サンプラザという会場、山下達郎が長年にわたってホームのように使っている、というよく知られたエピソードからもわかるように、本当に音がいい。ただし、音がいいということは、その分、演奏者やPAさんにとって「ごまかしが効かない」ということでもあるそうで、自分たちの腕が試される、非常にシビアな会場でもあるという。以前、本職の方にインタビューしたら、そうおっしゃっていました。
という会場において、人間椅子の音はどうだったか。めちゃくちゃよかったのだ。人間椅子のライブの中でも抜群によかったし、僕が中野サンプラザで観てきたいろんなアーティストの中でも抜きん出ていたと思う。ただきれいなだけじゃなくて、クリアなんだけど混沌としていたり、低音がブーストしていたりするところまで含めて、こんなにいい音を出すとは。と、このバンドの実力に、改めて感じ入るステージでもあった。

SET LIST

01. 宇宙からの色
02. 羅生門
03. 品川心中
04. 芋虫
05. 愛のニルヴァーナ
06. 死神の饗宴
07. 悪夢の序章
08. 命売ります
09. 無情のスキャット
10. 芳一受難
11. 深淵
12. 地獄小僧
13. 陰獣
14. 人面瘡
15. 針の山

EN
16. 雪女
17. 地獄

WEN
18. なまはげ

※Spotifyは、Internet Explorerではご利用頂けません。他ブラウザにてご覧くださいませ。
ご利用可能な環境についてはこちら

人間椅子「愛のニルヴァーナ」 

公演情報

DISK GARAGE公演

ライブ情報

2020年2月に初の海外ワンマンツアーが決定!
「NINGEN ISU EU TOUR 2020」

2020年2月19日(水) ドイツ ベルリン Lido Club
2020年2月20日(木) ドイツ ボーフム Zeche Bochum
2020年2月21日(金) イギリス ロンドン Underworld Camden
≫詳細はこちら

ゲスト出演!
バンクドロップシンデレラ「トントン拍子でウンザウンザを踊るツアー」

2020年1月13日(月・祝) 高崎club FLEEZ

RELEASE

「三十周年記念ベスト盤」

人間椅子名作選

「三十周年記念ベスト盤」

(徳間ジャパンコミュニケーションズ)
2019年12月11日(水)SALE

※初回限定盤(2CD+グッズ)、通常盤(2CD)の2TYPE

TV

NHK Eテレ「NHK俳句」に和嶋慎治が出演!

2020年1月12日(日)午前6:35~7:00放送

≫詳細はこちら

  • 兵庫慎司

    取材・文

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • 西槇太一

    撮影

    西槇太一

SHARE

人間椅子の関連記事

アーティストページへ