黒木渚 ONEMAN LIVE 2020「檸檬の棘」追加公演、1月17日(金)東京・マイナビBLITZ赤坂のライブレポートを公開!

ライブレポート | 2020.02.21 22:00

黒木渚 ONEMAN LIVE 2020「檸檬の棘」
2020年1月17日(金) マイナビBLITZ赤坂

シングル「ふざけんな世界、ふざけろよ」(2016年4月)をリリースした頃から喉の不調を抱え、2016年8月に咽頭ジストニア治療のため音楽活動の休止を発表。2017年には小説家として初の単行本『本性』を上梓し、シングル「解放区への旅」を発売するも、喉は思うように回復せず、執筆を中心とした活動を続けてきた黒木渚。この時期に抱えていた葛藤、悩み、苦しみは想像を絶するが、そのなかでも彼女は、創作の種を生み出し、大切に育ててきた。

昨年11月、黒木渚は約4年ぶりとなるフルアルバム「檸檬の棘」を完成させる。同名の新作小説『檸檬の棘』と連なる形で制作された本作には、彼女自身が自らの感情と向き合い、痛みを伴いながら紡ぎ出した言葉が強く刻まれ、美しくも激しいメロディやサウンドとともに、力強い音楽として昇華されていた。そして本作「檸檬の棘」を引っ提げて福岡と東京で行われた約2年ぶりのワンマンツアー【黒木渚 ONEMAN LIVE 2020「檸檬の棘」】で彼女は、生々しさと豊潤さを併せ持った言葉、凄腕のバンドメンバーたちによる獰猛にして自由なサウンド、シアトリカルな演出とパフォーマンスが一つになったステージをどこまでもダイレクトに体現してみせたのだった。

ライブは“世界が壊れた記念に、檸檬の苗を植えた”から始まる朗読からスタート。
やがてシックなドレスに身を包んだ黒木がステージに登場し、軽やかな鍵盤のフレーズに導かれた「ふざけんな世界、ふざけろよ」を披露。“チクショーチクショーふざけんな”という大合唱が巻き起こる。さらに「ここからの2時間だけでかまいません。黒木渚をあなたの本命にしてください」という言葉とともにアルバム「檸檬の棘」の最後に収録された「解放区への旅」を放ち、心と体を解き放つような空間が広がる。凛とした強さと豊かな叙情性を兼ね備えたボーカルがすごい。最初の2曲を聴いただけで、黒木渚が復調していることが手に取るように伝わってきた。

「復活おめでとう!」という観客の声に応え、「先週、福岡でライブをやって。2年ぶりのステージということでドキドキしてたんですけど、全然平気でした。今日もこの調子だったら、問題なくいけそうですね」と笑顔で語った後も、彼女にしか体現できないステージが続く。その中心を担っていたのは、やはりニューアルバムの楽曲。虎のパペットを手に持って歌った「タイガー」、赤い照明が会場を包み込んだ「火の鳥」、“自分の滅び方を考えることは、いまの生き方を充実させること”というメッセージが伝わる「美しい滅びかた」。喉の不調を抱えながら創作していた楽曲——喜怒哀楽の感情が濃密に反映されているーーがライブという場所で新たな生命力を獲得し、オーディエンスに共有される。そこで生まれる生き生きとした躍動こそが今回のライブの醍醐味なのだと思う。宮川トモユキ(Ba)、柏倉隆史(Dr)、井手上誠(Gt)、神佐澄人(Key)による、高い技術と奔放な感性を共存させたサウンドも本当に素晴らしい。

舞台に置かれた白い箱に座って、台詞を語るように披露された「Sick」、アルバム「檸檬の棘」の隠しトラック「しーちゃんへ」(“あすか”が“しーちゃん”に宛てた手紙を読むポエトリーリーディング的な楽曲)も印象的。楽曲の世界観、歌詞の内容を増幅させるライティング、演劇的な手法を取り入れたステージもまた、黒木渚のライブの大きな魅力だ。彼女が発する豊かな言葉と対峙する時間が続いたかと思えば、初期の名曲「あたしの心臓あげる」から一気にロックモードに移行。爆音ギターとバッハ的な音階が火花を散らすようにぶつかり合う「ロックミュージシャンのためのエチュード第0楽章」、楽曲の後半で一気に速度と強度を上げる「彼岸花」と攻撃的なロックチューンを続け、会場を埋めたオーディエンスの興奮を高めていく。「楽しすぎ!バカになっちゃう。やっぱりライブだね!」という彼女も、2年ぶりのステージを全身で堪能しているようだ。

「みんなの目印になろうと思って東京に来て。声が出なくなったときに、あなたたち(ファン)が、最高なときも最低なときも私の目印だったんだということに気づいた」という言葉に導かれた「カルデラ」からライブは後半へ。
“「好き」「嫌い」「生きる」「死ぬ」のフラフープ”というサビで再び大合唱が生じた「フラフープ」、黒木渚の存在感を高めるきっかけとなった「虎視眈々と淡々と」を披露し、ライブはクライマックスへと向かう。

ここで彼女は、観客に対してゆっくりと語り掛ける。活動休止中も待ってくれたファンへの感謝。小説『檸檬の棘』を自分自身を罰するように執筆したことーー。
「書いてみて、曲を作って、それを放ってみて、小さな不幸を持って生きているのは、私に限ったことじゃなかったと思いました。ひと様に語れる不幸があることは幸せなこと。音楽家になって、小説家になって、そう思いました」。本編ラストはアルバムの表題曲「檸檬の棘」。表現者としての黒木渚の凄み、強さ、美しさが込められたこの曲によって、心と体が震えるような感動が広がった。

アンコールでは、「革命」、「骨」などを演奏。観客が全身全霊で歌い、手を挙げるなか、ライブはエンディングを迎えた。復活を遂げたことはもちろん、アルバム「檸檬の棘」と今回のライブによって黒木渚は、新たな表現の地平に立った。この先の彼女の表現への期待がさらに膨らむ、マイルストーン的なライブだったと思う。

SET LIST

01. ふざけんな世界、ふざけろよ
02. 解放区への旅
03. 金魚姫
04. タイガー
05. アーモンド
06. 火の鳥
07. 美しい滅びかた
08. Sick
09. しーちゃんへ
10. あたしの心臓あげる
11. ロックミュージシャンのためのエチュード第0楽章
12. 彼岸花
13. カルデラ
14. フラフープ
15. 虎視眈々と淡々と
16. 檸檬の棘

ENCORE
01. 白夜
02. 革命
03. 骨

RELEASE

「檸檬の棘」

NEW FULL ALBUM

「檸檬の棘」

(Lastrum)
2019年10月9日(水)SALE
※初回限定盤A[CD+DVD]、初回限定盤B[CD+冊子]、通常盤[CD]の3TYPE

※画像は上から、限定盤A、限定盤B、通常盤

BOOK

自身初の私小説『檸檬の棘』
2019年11月5日(火)講談社より刊行

  • 森朋之

    取材・文

    森朋之

    • Facebook
  • 撮影

    後藤壮太郎

SHARE

黒木渚の関連記事

アーティストページへ