tricot『MUNASAWAGI 2018』ラストは吉田雄介(Dr)プロデュース! カバー、レア曲、新曲ありの愛にあふれた特別な対バン

ライブレポート | 2018.05.26 15:00

そして、いよいよ主催のtricotがステージに!イベント最終回なのもあってか、SEからハンドクラップで沸く場内。流れるように「MUNASAWAGI」が始まり、その瞬間にもう独特のグルーヴ、空気感は生まれている。「TOKYO VAMPIRE HOTEL」で一気に上がるギア。中嶋の歌、キダのギター、ヒロミのベース、吉田のドラムが寸分の狂いもないタイミングで、なおかつ勢いよく雪崩れ込むことによって成立するtricot節はすこぶる絶好調だ。小刻みなフレーズの応酬でスリリングに展開していく「おもてなし」にもテンションが高まる。

中嶋イッキュウ(Vo&G)

ヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)

「アナメイン」「エコー」と進む中、曲ごとに訪れる緩急の豊かさにも魅せられる。その起点になっているのは、もはやすっかりtricotのメンバーとして馴染んだ吉田のドラムで、特に「ブームに乗って」などはイントロから演奏を支配していてゾクゾクするし、あのドラムがあってこそキダのおいしいカッティングが映えるというもの! そういえば余談ながら書いておくと、この日出演の3組はみんなメンバーチェンジ経験があるバンドでした。それでも歩みを止めることなくひたむきに活動を続け、今こうしてタフなライヴを見せてくれるわけだから、なおさら特別な対バンだと思えてくる。

吉田雄介(Dr)

キダ モティフォ(G&Cho)

“今日は来てくれてありがとうございます!空きっ腹に酒とPOLYSICS、出てくれてありがトイス! 幸輝くんが言うてましたよね、ありがトリコも。テンション高めじゃなくて、ビビッたオヤジギャグみたいな感じで(笑)。みんなが吉田さんのために頑張ってくれてて、すごく楽しい日になりました”という中嶋のMCに続けて、7インチアナログ盤と配信でリリースの新曲「potage」も披露。爆裂モードとは異なるミドルテンポのナンバーで、無駄を削ぎ落とした優雅なアンサンブルがあり、伸びやかなヴォーカルとコーラスワークを活かした心地良いまどろみがある、ネクストフェイズのtricotと言っていい仕上がりなので、ぜひチェックしてみてほしい。

後半は本家「よそいき」をはじめ、再び爆発力十分に畳みかけたtricot。どこか無機的でコミカルなテイストの「南無」は空きっ腹に酒、POLYSICSとの共演にとてもしっくりくる選曲に思えた。間奏の音が止まるところで“うっ! 吉田さんに盛られた毒が…”とおどける中嶋。“苦しいとき、みんなならどうする? 叫びますよね!? デトックスしますよ!”と呼びかけ、空きっ腹に酒「正常な脳」の《パッパッパッパラ》の手の動きをも誘ってみせる。「E」「節約家」が有無を言わさぬ研ぎ澄まされた演奏だったのは言うまでもない。

アンコールでは、この日のために吉田が作ったバスドラヘッドのプレゼント抽選も実施。イベントが終わりに近づいて和やかムードになるも、中嶋とキダは吉田の性格をサイコパスだといじり、空きっ腹に酒の「血が走るのがわかった」もPOLYSICSの「機械食べちゃいました」も“全部サイコパスに思えてきた、怖っ!”と笑う。また、tricot結成8周年を記念して、9月3日(月)にはTSUTAYA O-EASTで女性限定イベント『大奥~OOOKU~』を開催するとのこと。そんな嬉しい発表も飛び出し、エンディングを「メロンソーダ」でスカッと盛り上げて『MUNASAWAGI 2018』は幕を閉じた。

吉田が作ったバスドラヘッド

セットリスト

■空きっ腹に酒
01. BOOOOM
02. 御乱心
03. 愛されたいピーポー
04. 血が走るのがわかった
05. キョとムー
06. 17歳の気怠い1日
07. 音楽と才能
08. 夜のベイビー
09. 正常な脳

■POLYSICS
01. カジャカジャグー
02. That's Fantastic!
03. SUN ELECTRIC
04. サイコサイコさん
05. 機械食べちゃいました
06. ズーバーマン
07. シーラカンス イズ アンドロイド
08. How are you?
09. MEGA OVER DRIVE
10. You-You-You

■tricot
01. MUNASAWAGI
02. TOKYO VAMPIRE HOTEL
03. おもてなし
04. アナメイン
05. エコー
06. ブームに乗って
07. potage
08. DeDeDe
09. よそいき
10. 南無
11. E
12. 節約家
En1. メロンソーダ

SHARE

tricotの関連記事

アーティストページへ