the band apart、色褪せないバンアパ節を濃厚に突き付けた20周年ライヴ!

ライブレポート | 2018.06.08 19:00

20周年記念リクエストツアー
2018年5月27日(日)新木場Studio Coast

“(バンド結成から)20年に入って、歌うことが分かってきた。(渡辺)美里さん張りのMy Revolutionが起きて…”と荒井岳史(Vo&Gt)がMCすると、会場は和やかな笑いに包まれた。

今年バンド結成20年というアニバーサリーイヤーを迎え、ファンのリクエストを踏まえてセットリストを組んだ『20周年記念リクエストツアー』を初開催したthe band apart。4月の仙台公演を皮切りに計8公演行なわれ、5月27日の新木場Studio Coast公演は最終公演となった。まず会場に入ると、1階のフロアーはもちろん、2階席を含めてびっしりと観客で埋まっている。開演前からすでに祝福ムードが漂う完全ソールドアウト状態である。

開演時間を少し過ぎ暗転すると、荒井、川崎亘一(Gt)、原 昌和(Ba&Cho)、木暮栄一(Dr)とメンバー4人がぞろぞろと姿を見せ、オープニングは最新曲「Falling in Love」で幕開けした。ど直球の曲名、甘美なラブソングと言える歌詞世界を含め、20年の年輪が鮮やかに刻まれた楽曲と言っていい。ここに集まった観客のハートを木綿のごとくやさしく包み込むスケール感のあるサウンドでご挨拶。ピンク色の照明と相まって、心がじわじわと温かくなる曲調だった。それから「星に願いを」で手を上げる観客が増え始め、次は「higher」へとつなぐ。サビで突き抜ける荒井の高音ヴォイスは何度聴いてもうっとりさせられ、特に後半の伸びのある声量には体中がゾクゾクする思いだった。

荒井岳史(Vo&Gt)

川崎亘一(Gt)

原 昌和(Ba&Cho)

木暮栄一(Dr)

「amplified my sign」を挟んだあと、会場の下手側の壁に20周年を祝したメンバー4人の似顔絵フラッグを見た荒井が“俺、そんなにナスっぽい?”と突っ込みを入れる場面に観客も爆笑。また、隙間なく埋まった会場に原が感謝の言葉を述べると「禁断の宮殿」を披露。手数の多いフレーズで心地良いグルーブ感を作り出し、フロアーを根底から揺さ振っていく。キャッチーな「my world」からファンキーな「real man's back」に入ると、川崎が頭を激しく振るパフォーマンスとともに軽快なギターフレーズを搔き鳴らし、思わず聴き入ってしまった。

PHOTO:DI:GA ONLINE編集部

そして「I Love You Wasted Junks&Greens」に入ると、観客全員が拳を高らかに上げ、会場の熱気も上昇するばかり。丁々発止の激しいアンサンブルに加え、木暮、原、荒井、川崎と各ソロパートをリレー形式でつなぐ流れにも大いに沸いた。「SOMETIMES」「Taipei」「Moonlight Stepper」とプレイしたあと、“解約違約金って、ひどくない?”と木暮が唐突に言葉を放つ。どうやら「Moonlight Stepper」のイントロを聴いた時に“解約違約金”という文字が頭をよぎったそうだ。そこで“俺らはこういうバンドなんです…”と荒井がすかさずフォローを入れる場面も面白可笑しかった。

今回のリクエストツアーに関しては“これ?”と驚くリクエスト曲もあったようで、“ここを出ると暗い現実がお互いに待ってる。いつ笑う?・・・今でしょ!”と原が勢い良く言い放つと、会場も大フィーバー。後半に向けて、バンドと観客のテンションはさらに上がる一方だ。

原のコーラスが冴え渡る「Super High」、爽快なメロディーを配した「photograph」、日本語詞を用いた「夜の向こうへ」ではハンドクラップが自然発生する至福の光景が広がっていく。本編も残すところわずかとなり、「Can't Remember」や初期の名曲「Eric.W」がプレイされると、色褪せることのないthe band apart節に会場も最高潮に達する。“最後はリクエスト1位になった曲”と前置きし、「KATANA」で本編を締め括った。この結果はちょっと意外だったけれど、それもthe band apartらしいと言えなくもない。

バンドはアンコールに応えて再びステージに登場。今回のツアーには少なからずプレッシャーがあったようで、“リクエストでヘボいことやったら、地獄だから…”と荒井が零すと、ここで新曲「茶番」を初披露。荒井と川崎のギターの掛け合いや、隙間なく詰まった濃厚なアンサンブルで、これまでとは一線を画すユニークな曲調で好リアクションを得ていた。それから「Flower Tone」「K.and his bike」における荒井のエモーショナルな歌声も絶品で、約2時間半に及ぶ長尺ライヴは無事終了…かと思いきや、ここでメンバー自ら、9月にベスト盤とトリビュート作品、また、10月6日&7日に板橋区荒川沿いの特設会場にて20周年記念野外フェスを体重計などの大手メーカー『TANITA』とのコラボで開催すると発表。新旧織り交ぜたこの日の20周年ライヴで非常に満足していたのだが、まだまだthe band apartの20周年祭りは終わりそうにない。作品、野外フェスともに今から非常に楽しみだ!

セットリスト

01. Falling in Love
02. When You Wish Upon A Star
03. higher
04. amplified my sign
05. 禁断の宮殿
06. my world
07. real man's back
08. I love you Wasted Junks & Greens
09. SOMETIMES
10. Taipei
11. Moonlight Stepper
12. Malibu
13. The Sun
14. Snowscape
15. Super High
16. photograph
17. 夜の向こうへ
18. Waiting
19. Can't remember
20. Eric. W
21. KATANA

ENCORE
01. 茶番(新曲)
02. Flower Tone
03. K.and his bike

20周年記念野外フェスは、Twitterのハッシュタグ #agfes でチェック!

公演情報

ディスクガレージ公演

PLAYTHINGS × rawer than raw

2018年7月7日(土) 上野水上音楽堂
12:15 開場 / 13:00 開演

出演者
荒井岳史(the band apart) / 五味岳久(LOSTAGE) / 日高央(THE STARBEMS) / フルカワユタカ / 渡邊忍(ASPARAGUS) / Kazuhide Takamoto(COMEBACK MY DAUGHTERS) / Keishi Tanaka / TGMX(FRONTIER BACKYARD)
DJ、Percussion:木暮栄一(the band apart) / DJ:松田”CHABE”岳二

FOOD & DRINK
志賀高原ビール *長野
クジラ荘(HOT DOG) *三軒茶屋
麵屋ぬかじ(らーめん) *渋谷
マルショウ アリク (牡蛎屋) *松陰神社前
RR – coffee tea beer books – (COFFEE STAND) *新代田

チケット一般発売日:2018年5月26日(土) 10:00

RELEASE

「Break It Down / Falling in Love」

Keishi Tanaka x the band apart

「Break It Down / Falling in Love」

(FLAKE SOUNDS)
2018年6月20日(水) Release!
  • TEXT

    荒金良介

  • PHOTO

    Rui Hashimoto

SHARE

関連リンク