フレンズ、『フレンド申請ツアー』でSPECIAL OTHERSと2マンライヴ!問答無用のハッピーなムードに包まれた夜

ライブレポート | 2018.06.23 12:00

フレンド申請ツアー2018 〜そのLaurentechとCruisin' Cruisin'に用があるのはフレンズだ〜
2018年6月15日(金)横浜BAY HALL

5人組神泉系バンド、フレンズの対バンツアー『フレンド申請ツアー2018 ~そのLaurentechとCruisin' Cruisin'に用があるのはフレンズだ~』がスタート。本ツアーのテーマは、“フレンド申請 先輩オネシャス編”。SPECIAL OTHERS、bonobos、サンボマスターと言った先輩バンドとともに、全国5都市で2マンライヴを繰り広げ、さらに先輩との交流を深めようというもの。SPECIAL OTHERSをゲストに迎えたそのツアー初日が、6月15日(金)神奈川・横浜BAY HALLで行なわれた。

先発は、日本のインストバンドとして確固たる地位を築くSPECIAL OTHERS。メンバー4人がステージに現れ、各々が楽器を手に音を鳴らし始める。そのまま流れるように心地良いメロディーの「neon」を披露。スカのリズムと明るさが詰まった「Good Luck」、哀愁感と夜のムードを合わせ持つ「Have a Nice Day」をプレイ。温かさもあり、ときに鋭く攻撃的に変化する変幻自在のサウンドは絶妙だ。4人の呼吸のような音楽に、観客全員が身を委ね体を揺らす。芹澤"REMI"優真(Key)のヴォーカルが良いアクセントとなった軽快な「Around The World」では、ピースフルな空気が会場を包み込む。

SPECIAL OTHERS

MCでは、“どーも、スペアザでーす!”“みんな元気ー!”とシリアスなバンドのイメージとは真逆のフランクさを見せ観客を笑わせる。空気が和んだあとは、SPECIAL OTHERSのキラーチューン「Laurentech」がドロップ。イントロのギターフレーズが鳴った瞬間に、ひと際大きな歓声が上がりハンドクラップが自然発生。爽やかでアーシーなメロディーと、タイトなサウンドで全ての観客を魅了し、SPECIAL OTHERSのライヴは締め括られた。

SPECIAL OTHERS

そして、フレンズのメンバー5人が賑やかにステージに登場。ヴォーカルのおかもとえみが“フレンド申請ツアー始めます!”と声を上げ「ビビビ」を歌唱する。ソウルフレイバーのサウンドで、会場は一気にハッピーなムードへ。続けて、「シンデレラガール」を披露。おかもとの伸びやかなヴォーカルとひろせひろせ(Key)のラップ、気持ち良さ全開のバンドのグルーヴに観客もハンドクラップで応える。

フレンズは、現在ユニクロ“ステテコ&リラコ”のWEBムービーに出演中。なんと、この日のライヴ帰りに“ステテコ&リラコ”が全員にプレゼントされることが告げられると会場からは歓喜の声。ひろせの合図で、メンバーと全観客で“ユニクロさんありがとう!!”と感謝の言葉が叫ばれ、WEBムービーで歌われている「夏は来ぬ」が披露された。誰もが知っている原曲の唱歌に、ラップを織り交ぜ楽しさたっぷりにアレンジ。曲のラストでは観客と一緒に“夏は来ぬ”のフレーズを大合唱。会場のテンションがアガる中、フレンズは「塩と砂糖」をプレイ。続けて、おかもとの“やっぱり、夜に踊りたいよね”の声から「夜にダンス」を歌唱する。アーバンな雰囲気たっぷりのナンバーは、まさに横浜にベストマッチ。おかもととひろせの歌とラップの掛け合いやグルーヴィーなサウンドで、最高の空間が広がっていく。

ここで、おかもとが重大発表として“8月1日に1stフルアルバム『コン・パーチ!』をリリースします!”と告げると、観客の大歓声が沸き起こった。ひろせが“4月の野音のときに、夏にアルバム出したいですとか言っちゃったら大人が動く動く(笑)。必死で2カ月を過ごして、昨日完成しました。全12曲とんでもないよ。みなさん楽しみにしててください!”と述べ、期待のアルバムからここでいち早く新曲「常夏ヴァカンス」をお披露目することとなった。「常夏ヴァカンス」は、大人感とカッコ良さあふれる情熱的なナンバー。ずばり、フレンズの新境地的な1曲と言っていい楽曲だ。ライヴのテンションをアップした5人は、続けてサッポロビール『ホワイトベルグ』TVCMソングになっている「NO BITTER LIFE」をプレイ。心地良いメロディーとともに、ひろせと観客は“NO BITTER LIFE”“イェーッ!”のコールアンドレスポンスを繰り広げた。

さらに、2マンならではのスペシャルゲストを迎えてのセッションも敢行。SPECIAL OTHERSの芹澤が加わり、「NIGHT TOWN」が披露される。芹澤のエレピが入ったことで、AORテイストな楽曲がより色鮮やかに彩られた。

さて、早くもライヴは残り1曲を残すのみ。MCでおかもとが“これからも、ずっとずっとみなさんと一緒にいたいです。フレンズの5人と、みなさんと一緒に大きくなっていきたいです!”と声を上げると観客から拍手が送られる。そして“みなさんにとっても特別な曲になりますように”と述べ、優しいメロディーのミッドチューン「ベッドサイドミュージック」へ。センチメンタルなムードもある、温かい歌とサウンドをしっかりと届け、ライヴ本編は終了。

観客のテンションはまだまだ収まらない。鳴り止まないアンコールに応えて、メンバーが再びステージに登場すると、おかもとから“もうひとつ重大発表があります!”とアルバムを引っさげてのワンマンツアー『~コン・パーチ!Release Tour~ シチュエーション・コメディ season3』が開催されることが伝えられた。ツアー初日は9月30日の東京・TOKYO DOME CITY HALL公演。ひろせは“我々の目標は東京ドームワンマンなんですけど、とりあえずTDCホール攻めとくかと(笑)。文字通り、ドームのお膝元を攻めて、全国12カ所回ります!”と語る。続けて、夏には数々の夏フェスに出演することも告げられ“他のバンドが好きな友だちに“フレンズいいぜ”って誘ってください。ぜひ、みんなでズットモを増やしていきましょう!“と言うと、観客も大きな拍手を送る。そして最後は本公演のサブタイトル『~そのLaurentechとCruisin' Cruisin'に用があるのはフレンズだ~』でフレンズ恒例のコール&レスポンスを繰り広げ「Love,ya!」を披露。爽快なポップチューンに合わせて、観客はハンドクラップと“パッパッパララッパー”のコーラスを歌う。バンドと観客がひとつになり、会場は問答無用のハッピーなムードに包まれた。曲が終わると、最後にSPECIAL OTHERSの4人もステージに現れ、2組全員でお辞儀をしてライヴはフィニッシュ。

SPECIAL OTHERSの放つオーガニックなサウンドと、フレンズのオープンなマインドが混ざり合い、最高にいい空間が作り上げられた2マンライヴだった。これからの2マンツアー、待望の1stフルアルバム、秋からのワンマンツアーなど、フレンズの今後にますます期待が高まる一夜となった。

SET LIST

■SPECIAL OTHERS
1. neon
2. Good Luck
3. Have a Nice Day
4. Around The World
5. Laurentech

■フレンズ
1. ビビビ
2. シンデレラガール
3. 夏は来ぬ
4. 塩と砂糖
5. 夜にダンス
6. 常夏ヴァカンス
7. NO BITTER LIFE
8. NIGHT TOWN
9. ベッドサイドミュージック
EN.Love,ya!

公演情報

ディスクガレージ公演

フレンズ ~コン・パーチ!Release Tour~ シチュエーション・コメディ season3

2018年09月30日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL
2018年10月05日(金) 宮城・SENDAI CLUB JUNK BOX
2018年10月12日(金) 大阪・なんばHatch
2018年10月19日(金) 石川・金沢AZ
2018年10月21日(日) 長野・ライブハウスJ
2018年11月02日(金) 愛知・名古屋ボトムライン
2018年11月07日(水) 香川・高松DIME
2018年11月09日(金) 広島・SECOND CRUTCH
2018年11月11日(日) 福岡・BEAT STATION
2018年11月15日(木) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮VJ-2
2018年11月16日(金) 静岡・浜松FORCE
2018年11月24日(土) 北海道・札幌ペニーレーン24

チケット一般発売:2018年8月19日(日)
詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

RELEASE

「コン・パーチ!」

1st Full Album

「コン・パーチ!」

2018年8月1日(水) Release!
※ジャケ写は通常盤
  • PHOTO

    近藤みどり

  • TEXT

    土屋恵介

SHARE

フレンズの関連記事

アーティストページへ