【ライブレポート】吉田山田、4回目の『吉田山田祭り』もアツイ!バンド編成でのワンマンツアーも発表!

ライブレポート | 2018.08.25 12:00

2人組アーティストの吉田山田が、8月19日に上野恩賜公園水上野外音楽堂で『吉田山田祭り2018』を開催。「魔法のような」や「日々」などの人気曲を中心に、10月31日にリリースする6thアルバム『欲望』に収録される新曲「拝啓」と「COLOR」を初披露した他、「夏のペダル(祭りver)」で太鼓演奏も披露。アツイ盛り上がりで平成最後の夏を締め括った。

今回で4回目となった『吉田山田祭り』には、女性を中心に、ご年配者から小さいお子様連れのファミリーまで、吉田山田の人気を実感させる幅広い層のファンが駆けつけた。浴衣姿のファンも多数いて、客席はまさしくお祭り会場といった華やかさだ。そんな会場に祭り囃子が流れ始めると、それに合わせて観客の手拍子が鳴り響き、ハッピを着たふたりがステージに現れて年に一度のお祭りが始まる。

1曲目は「魔法のような」。ゆったりとしたビートとあたたかみのあるサウンドに乗せて、会場にはお客さんが一体となっての《ラ〜ラ〜ラ〜》という歌声が響き渡る。山田義孝(Vo)は客席に降りて一緒に嬉しそうに歌い、“素晴らしい! 今日までみんな、頑張って生きてきたんだなっていうのが、《ラ〜ラ〜ラ〜》に表れてたよ!”と、観客の歌声を賞賛した。一方、吉田結威(Gu&Vo)は“山田が(テンションが上がりすぎて)、歌詞を飛ばさずに歌えて良かった”と笑いを交えながら、“今日まで頑張ってきたご褒美として、1日楽しみましょう”と、観客に向けて声を飛ばした。

この日はステージと客席の境界線が一切ないといった様子で、会場全体がひとつになって盛り上がった。山田は何度も客席に降りて通路を走り回りながら歌い、時には吉田も客席でギターをかき鳴らして、会場全体がステージになった。曲によって、一緒にタオルを回した他、「OK」では、観客が“OK”と描かれた赤いうちわを一斉に掲げて揺らす。観客参加型の曲の数々で、恥ずかしがってる間もないほど。また、曲中で客席に降りた山田が、小さな子どものファンに“一緒に歌って”とマイクを向けると、とっさに名前を言われてしまうというかわいらしいハプニングもあったが、こういうあたたかいムードも、実に吉田山田らしい。

「カシスオレンジ」や「キミに会いたいな」は、椅子に座ってアコースティック編成で披露した。また「Today,Tonight」は、吉田山田のふたりだけで披露。吉田のギターに山田の歌とハーモニカ、そして野外ならではの蝉の鳴き声も加わり夏の夕暮れどきを感じさせ、胸をキュンと締め付けた。

また、この日は10月31日にリリースする6thアルバム『欲望』から、新曲を2曲披露してファンを喜ばせた。前作の『変身』を経て次に出す今回のアルバムは、来年迎える10周年に向けて、もし何かが起きてそのアルバムを最後に吉田山田が終わったとしても、悔いのないようなものにしたいと思って作りました。でもその制作がすごく楽しくて、その中でいろいろな欲望がどんどん沸いてしまって。そんな気持ちで『欲望』とタイトルに付けました”と、ニューアルバムについて説明した。

そんなアルバムから本邦初公開となった新曲「拝啓」は、どこか荒野のガンマンのような、ワイルドな格好良さのあるロックナンバーで、吉田はエレキギターを激しくかき鳴らし、山田の歌声はいつもより力強く響いた。もう1曲の新曲「COLOR」は、山田が作った楽曲。ラテンを取り入れたリズムと、どこか歌謡曲っぽいメロディの組み合わせが秀逸。山田は身振り手振りを交えて、手を回したりヒラヒラさせたりしながら歌った。どちらも吉田山田に新しい風を吹かせるような楽曲で、ニューアルバム『欲望』がどんな作品になるか待ち遠しくさせる2曲にファンは手拍子をしながら聴き漏らすまいといった雰囲気でジッと聴き入る。

ライブの最後は、「夏のペダル(祭りver)」で締め括った。背中に“祭”と描かれたハッピを着て、曲中で祭り太鼓の演奏も披露。観客は振り付けや手拍子を楽しみ、ふたりの太鼓に合わせて“ワッショイ、ワッショイ”とかけ声をかけながら、平成最後の『吉田山田祭り』の光景を目に焼き付けた。

“感動した。すげぇ感動した。やってきて良かったなって。来年デビュー10周年、これまで信じられないくらいたくさんの別れもあって、今思えばよく乗り越えられたなって自分を褒めてやりたい時もあった。でも今日この瞬間このステージに立てて、いろんな後悔とか約束が報われた気がします”と、吉田。山田は“最高の夏をありがとう。またお会いしましょう。サンキュー!”と、再会を誓い合った。

この日は、すでに発表されている『吉田山田ツアー2018 』に続き、11月17日の東京・東京国際フォーラム ホールC公演をはじめとする『吉田山田ツアー2018 』の開催を発表。10月31日にリリースするアルバム『欲望』と合わせ、吉田山田の活動が見逃せない冬になりそうだ。

セットリスト

■第1部
01. 魔法のような
02. 新しい世界へ
03. RAIN
04. OK
05. カシスオレンジ
06. キミに会いたいな
07. Today,Tonight
08. 拝啓(新曲)
09. ハローグッバイ

~インターバル / RADIO~

■第2部
10. 虹の砂
11. カシオペア
12. カケラ
13. 僕らのためのストーリー
14. 日々
15. COLOR(新曲)
16. もし
17. 未来
18. イッパツ
19. YES!!!
20. 夏のペダル(祭りver)

公演情報

ディスクガレージ公演

「吉田山田ツアー2018<Acoustic Set>」

2018年9月1日(土) 群馬・高崎 club FLEEZ
2018年9月2日(日) 新潟・新潟LOTS
2018年9月7日(金) 北海道・札幌PENNY LANE24
2018年9月15日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2018年9月16日(日) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2018年9月23日(日) 静岡・Live House 浜松窓枠
2018年9月24日(月・祝) 兵庫・THE CHICKEN GEORGE
2018年9月29日(土) 岐阜・club-G
2018年9月30日(日) 千葉・柏PALOOZA
2018年10月6日(土) 神奈川・YOKOHAMA Bay Hall
2018年10月7日(日) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
2018年10月13日(土) 石川・金沢AZ
2018年10月14日(日) 京都・KYOTO MUSE

チケット一般発売日:2018年7月21日(土)

※年齢制限:小学生以上有料/未就学児童無料

「吉田山田ツアー2018<Band Set>」

2018年11月17日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールC
2018年12月8日(土) 大阪・なんばHatch
2018年12月16日(日) 宮城・仙台Rensa
2018年12月20日(木) 福岡・DRUM LOGOS
2018年12月26日(水) 愛知・Zepp Nagoya

チケット一般発売日:2018年9月29日(土)

※小学生以上有料/未就学児童無料(座席が必要な場合はチケット必要)

RELEASE

「欲望」

6th ALBUM

「欲望」

(ポニーキャニオン)
10月31日(水)Release!

※スーパーデラックス盤[完全受注限定生産](CD+Blu-ray+グッズのBOX仕様)、デラックス盤(CD+DVD)、ボーナストラック盤(CD only)の3形態

リリース詳細はこちら
  • 撮影

    岩﨑真子

  • 取材

    榑林史章

SHARE

吉田山田の関連記事

アーティストページへ