LAMP IN TERREN再始動、日比谷野音ライブレポート「本気で世界を変えるつもりでバンドを始める。ここからまたイチから積み上げて、全員を幸せにするつもりだから」

ライブレポート | 2018.08.24 18:00

バンドとファンの絆が固く結ばれ、またここから新たな歴史を積み上げていくんだ!という気迫に満ち溢れたライヴとなった。

この日は天候にも恵まれ、木々の隙間から心地いい風が吹き抜けていく。まるでLAMP IN TERRENの復活を祝福するように、日比谷野外大音楽堂は穏やかな時を刻んでいた。松本 大(Vo/G)の声帯ポリープ切除手術のため、今年4月から活動休止を余儀なくされた彼らが再始動する。その瞬間を見届けようと初の野音公演となったワンマンライヴ「ARCH」にはたくさんの観客が詰めかけていた。大屋 真太郎(G)、中原 健仁(B)、川口 大喜(Dr)、最後に松本がステージに現れると、「New Clothes」が静寂を切り裂くように鳴り響く。1曲目から体全体を大きく揺らし、エモーショナルな歌声を解き放つ松本。その姿を、声を、じっと噛みしめるように受け止める観客たち。次の「キャラバン」に入ると、緊張の糸が幾分ほどけたかのように観客からハンドクラップが起きていた。それからドライブ感のあるベース・ラインが耳を引く「ランデヴー」をプレイ。すると、熱心に歌詞を歌い上げる女性がいたりと、会場の温度がグッと上がるのを肌で感じた。

松本 大(Vo&G)

大屋 真太郎(G)

中原 健仁(B)

川口 大喜(Dr)

3曲目を終えた後、「おかえりー!」という声が会場のあちこちで飛び交う。それに「ただいま!」と松本が応え、さらに「元気でしたか? 俺も元気だった」という発言に安堵した人も多かっただろう。その後にキーボードを兼任しつつ、ハンドマイクで松本が熱唱した「Dreams」も素晴しく、全身で歌う喜びを表現する前のめりのパフォーマンスに耳目を奪われた。そして、この日にリリースしたライヴ会場・通販限定の復活盤「Water Lily」のカップリング曲「亡霊と影」を披露。男臭くも雄大な曲調は野音というシチュエーションに見事ハマッていた。

中盤、「普段より歌が聴こえるアレンジで」と松本が言うと、アコースティック・セットにて「花と詩人」、「multiverse」の2曲を演奏。ちょうど周囲も暗くなった頃で、ステージ下から照らされたライトが幻想的な光りを帯び、加えて、無数のシャボン玉が宙を舞うスペシャルな演出も施される。その状況の中、ウォーウォー!という観客の大合唱が野音に轟く光景は実に感動的だった。

その後は力強いバンド感を叩き付ける「innocence」、歌のパワーで圧倒する「heartbeat」と繋げると、ここで復活盤「Water Lily」表題曲へ。これまでの曲調とは一線を引いた深淵なサウンドを掲げ、夜の闇に溶けていくドラマティックなスケール感に引き込まれてしまった。

ショウも後半に差し掛かると、ステージ上の卓上ランプが煌々と光る中で「緑閃光」をプレイ。感情を剥き出しにした松本の歌声に胸を鷲掴みにされ、躍動的な川口のドラミングが映えた「涙星群の夜」においては歌詞の一部を観客がシンガロングする場面もあり、会場のボルテージも高まるばかり。
それから松本1人だけ野音の中央に設置されたステージに移動すると、本編ラスト曲「地球儀」を歌うことに。これには観客も大興奮し、松本が歌う様を多くの人がキラキラした表情で見つめていた。曲中に「本気で世界を変えるつもりでバンドを始める! ここからまたイチから積み上げて、全員を幸せにするつもりだから」と言い放ち、盛大に幕を閉じた。

アンコールを求める拍手に再びメンバー4人が登場。「ありがとうございます。(リスナーと)向き合っているんだけど、すぐ隣にいるから」と松本らしい表現で思いの丈を述べると、最終曲「メイ」を解き放つ。「何を失っても 消えない 声が 貴方が ただひとつ 命の証」の歌詞がこの日はまた違う重みを伴って、心の奥底に沁み込んできた。夜空に観客の無数の拳を突き上がる景色を見ながら、LAMP IN TERRENと観客がより深いところで結ばれた瞬間だったと言ってもいいだろう。

全16曲、2時間強のライヴをやり終えた後、メンバー4人が揃って深くお辞儀する。しばらくすると、「年内にアルバム出しますっ!」と松本の口から告げられ、そのまま足早にステージ袖へと消えていく様子が印象的だった。

再出発を飾る野音公演を大成功に収め、バンドは止まることなく、ネクスト・ステージに突き進んでいくことだろう。その意味でもニュー・アルバムの内容が気になるし、今度の動向もとても楽しみだ。

SET LIST

01. New Clothes
02. キャラバン
03. ランデヴー
04. Dreams
05. 林檎の理
06. ボイド
07. 亡霊と影
08. 花と詩人
09. multiverse
10. innocence
11. heartbeat
12. Water Lily
13. 緑閃光
14. 涙星群の夜
15. 地球儀
EN1. メイ

公演情報

ディスクガレージ公演

LAMP IN TERREN TOUR 「SEARCH+ #007」

2018年10月5日(金) 郡山PEAK ACTION
ゲスト:ユアネス
2018年10月7日(日) 静岡UMBER
ゲスト:パノラマパナマタウン
2018年10月8日(月・祝) 松本ALECX
ゲスト:感覚ピエロ
2018年10月18日(木) 京都MUSE
ゲスト:mol-74
2018年10月19日(金) 広島4.14
ゲスト:WOMCADOLE
2018年10月21日(日) 長崎Studio Do!
ゲスト:SIX LOUNGE
2018年10月26日(金) 渋谷Star lounge
ゲスト:GRAND FAMILY ORCHESTRA

チケット一般発売日:2018年9月8日(土)

定期公演ワンマン「SEARCH」

「SEARCH #006」
2018年9月26日(水)
「SEARCH #008」
2018年11月26日(月)
「SEARCH #009」
2018年12月26日(水)
会場:渋谷Star lounge

RELEASE

「Water Lily」

復活盤限定CD

「Water Lily」

01. Water Lily
02. 亡霊と影
LIT-003 / 1,000円(税込)

配信:2018年8月24日(金)0:00〜
※音楽配信サイトにてダウンロード/サブスクリプションスタート
詳細はこちら
通信販売:2018年8月24日(金)12:00〜
詳細はこちら
  • PHOTO

    浜野カズシ

  • TEXT

    荒金良介

SHARE

LAMP IN TERRENの関連記事

アーティストページへ