小山田壮平の歌には、抜けるような青空も、ノスタルジーを喚起する夕暮れも、美しさに圧倒される星空もそのすべてが存在する。「弾き語りツアー2018」をレポート

ライブレポート | 2018.11.12 18:00

小山田壮平弾き語りツアー2018
2018年10月30日(火) 中野サンプラザ

10月30日、小山田壮平が『弾き語りツアー2018』の最終公演を東京・中野サンプラザで開催した。毎年恒例となった弾き語りツアー、今年は計9公演が行われ、全会場がソールドアウト。この日はソロ、andymori、AL、カバーと、多彩なレパートリーの29曲を披露した。

フラッと小山田がステージに現れて、“宇宙の果てはこの目の前に”からライブはスタート。「ようこそお越しいただきました、最後まで楽しんで帰ってください」という簡単な挨拶に続いては、今回のツアーに合わせて発表された初のソロ作『2018』から、先行でYouTubeとSoundCloudにアップされていた“ゆうちゃん”を披露。“彼女のジャズマスター”ではギターを激しくかき鳴らし、熱唱する。

「最近、阿佐ヶ谷にハマってる」という話から、自分の生まれ年である「1984」というお店を見つけて入ったものの、酔っ払って階段から落ちたというエピソードで笑いを誘うも、「お酒も好きだけど、歌ってるときが一番幸せです。いつも感謝してます」とオーディエンスに語りかけて披露された“光”では、一際大きな拍手が送られた。

“投げKISSをあげるよ”に続いて、今回のツアーで全公演に参加しているゲスト、ピアニストの宮崎真利子が登場。小山田の「十年来の友人です」という紹介に、宮崎が「でも、その間にサシでお茶をしたのは一回だけ」と返し、小山田が「でも、今はホントに友人です」と答えるなど、ややチグハグな距離感が面白い。しかし、いざ曲が始まると息の合った演奏を見せ、“青い空”から“輝く飛行船”では、ステージに鮮やかな青い空が広がった。

この日はクラシックのコンサートのように二部構成で行われ、ここで15分の休憩。西城秀樹の“走れ正直者”をSEに再び小山田が登場すると、“Life is Party”から第二部がスタートする。「今年ひさびさにインドに行って作った曲」という“Do You Love Shiva?”に続いて、“夕暮れのハイ”ではステージがオレンジ色に染まっていった。

「今日はミュージシャンの友達もたくさん来てくれてます」という話から、「お前らに捧ぐ!」と始まった“愛してやまない音楽を”では、途中でコードを見失って、一時中断するも、かえって場内は盛り上がり、もう一度歌い出すと自然に手拍子が起こる。さらには「この曲でも手拍子を要求します」と言って、ジャニス・ジョプリンの“Mersedes Benz”をアカペラで歌い上げると、場内は大きな歓声に包まれた。

再び宮崎が登場し、“無までの30分”から再び2人での演奏がスタートすると、ステージ上が徐々に星空に。満天の星空の中で披露された“君はダイヤモンドの輝き”はとりわけ素晴らしく、宮崎がダイナミックに鍵盤を叩いた“革命”に続いて、“コーラとあの子の思い出は”で段々と夜が明けていく。最後に披露された“空は藍色”では、〈ひこうき雲〉という歌詞とともに、ステージにも真っ白な雲が浮かび上がり、本編が終了した。

アンコールは“16”(この曲も「空」の歌だ)から始まり、〈かわいい人よ 愛しい人よ〉というリフレインが印象的な『2018』収録の“サイン”から、“グロリアス軽トラ”では歌詞の一部を変えて〈中野の空の下!〉と歌い、場内は大盛り上がり。ラストは三度宮崎が登場し、ピアノの伴奏のみで“Sunrise&Sunset”を披露して、2時間以上に及ぶ濃密なステージを終えた。

抜けるような青空も、ノスタルジーを喚起する夕暮れも、美しさに圧倒される星空も、小山田壮平の歌にはそのすべてが存在する。日は昇り、日は沈む。悲しみは消えないけれど、それでも僕らは歌とともに生きていく。

SET LIST

1部
01. 宇宙の果てはこの目の前に
02. その窓の向こう側
03. ゆうちゃん
04. 彼女のジャズマスター
05. ウォータースライダー
06. 光
07. 投げKISSをあげるよ
08. Peace
09. ネ バーランド
10. 706号室
11. 青い空
12. 輝く飛行船

2部
13. Life is Party
14. ベースマン
15. Do You Love Shiva?
16. 夕暮れのハイ
17. あの日の約束通りに
18. 愛してやまない音楽を
19. Mersedes Benz
20. 無までの30分
21. ダンス
22. 君はダイヤモンドの輝き
23. 革命
24. コーラとあの子の思い出は
25. 空は藍色

EN
01. 16
02. サイン
03. グロリアス軽トラ
04. Sunrise&Sunset

SHARE

小山田壮平の関連記事

アーティストページへ