『小林克也・祝喜寿 ~ベストヒットUSA・DJナイト~』が大盛況で幕!来年3/27(水)「ベストヒットUSA feat. 小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド」開催決定!

ニュース | 2018.12.04 11:30

『小林克也・祝喜寿 ~ベストヒットUSA・DJナイト~』
2018年12月1日(土) 恵比寿ザ・ガーデンホール
出演:小林克也
<DJ> 石野卓球 / DJ KAORI / TOWA TEI / 屋敷豪太

2018年12月1日(土)、恵比寿ザ・ガーデンホールにて、『小林克也・祝喜寿~ベストヒットUSA・DJナイト~』が開催された。これは小林克也がMCを務める『ベストヒットUSA』のイベントとして企画されたもの。1981年にスタート、80年代の日本に洋楽のムーヴメントを起こし、現在はBS朝日で放送中のこの番組を、若き日に観て育った国内のトップDJたち=石野卓球、DJ KAORI、TOWA TEI、屋敷豪太の4人が出演、小林克也の77歳を祝った。

まず、番組のオープニング映像に続いて、小林克也、フロアの後方から登場。オーディエンスにもみくちゃにされながらステージに到達し、集まってくれたことへのお礼の言葉、70年代にディスコでDJをしていた頃の話、今日の出演DJの紹介などをトーク。コール&レスポンスでフロアをあたためてから、最初のアクト、石野卓球を呼び込む。

小林克也

「DJとして、教祖のような人」と小林克也に紹介された石野卓球は、「ゴーストバスターズのテーマ」でプレイをスタート。マイケル・ジャクソンやジョルジオ・モロダー、デッド・オア・アライヴなど、彼がこの番組を観ていたであろう当時=80年代のソウルやディスコやニューウェイブなどのヒット曲と、四つ打ちのテクノ・トラックをミックスした選曲で、フロアを揺らす。

石野卓球

続くDJ KAORIは、ヴァン・ヘイレンの「1984~Jump」でスタート、ワム!やマドンナ、シンディ・ローパーやマイケル・ジャクソンなど、80年代に『ベストヒットUSA』を彩ったヒット曲を惜しみなくプレイ。中盤、ジャーニー「Don't Stop Believin'」ボン・ジョヴィ「Livin’ On A Prayer」ガンズ&ローゼズ「Sweet Child O’Mine」と、ハードな曲が並んだゾーンでは、オーディエンスのシンガロングが途切れることなく続いた。

DJ KAORI

ここでトークコーナー『スター・オブ・ザ・ウィーク』の時間。番組開始当初から続く、ゲストを招いてトークするコーナーを生で行おうという趣旨で、まず出番を終えたばかりDJ KAORIと小林克也、そして次のアクトである屋敷豪太と小林克也、の順でトーク。屋敷豪太の「僕は『ベストヒットUSA』で育った人間です。体の1/3が『ベストヒットUSA』でできています」という言葉に、オーディエンスが拍手喝采を贈る。
「僕が初めて屋敷豪太を知ったのは、MUTE BEATというバンドで──」と、彼が日本の伝説的なダブ・バンドのドラマーだったこと、その後渡英してプロデューサーとして活躍したことを説明する小林克也。「イギリスまで行って、『ベストヒットUSA』でかけてもらえる曲を作れました」と、屋敷豪太。

というわけで、「今日は自分が関わった曲をかけていきます」と、両方プロデュースを手がけた「Ain’t That A Lot Of Love」のトム・ジョーンズのバージョンとシンプリー・レッドのバージョンを順番にかけるところから、屋敷豪太のDJがスタート。SealやSOUL Ⅱ SOUL、ビョーク、デペッシュ・モード等の、ワールドワイドな名曲をスピンした。

屋敷豪太

UKで活躍の後に帰国した屋敷豪太に続くトリのDJは、ニューヨークで活躍の後に帰国したTOWA TEI。ア・トライブ・コールド・クエストやドクター・ドレー、トム・トム・クラブやデヴィッド・ボウイ「Let’s Dance」、カジャグーグーやクイーン「Another One Bites the Dust」、YMO「ファイアークラッカー」にまで及ぶ自在なセットリストでフロアをピークに導く。最後に自身が在籍したディー・ライト「Groove Is In The Heart」をスピン、イントロで歓声が湧き上がった。

TOWA TEI

ここで小林克也が締めの挨拶、さらに「今日のこのイベントは僕の冥土の土産。そして、『冥土の土産Ⅱ』があります!」と、次なる『ベストヒットUSA』のイベントとして、78歳の誕生日である2019年3月27日(水)に、日本青年館で『ベストヒットUSA feat.小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド』を行うことを発表。
そして『ベストヒットUSA』のテーマ、「Don't Worry Baby」をTOWA TEIがプレイ、イベントが終了した。

なお、3月27日(水)のザ・ナンバーワンバンドには、スペシャル・キーボードで難波弘之が加わり、ゲストで鮎川誠(シーナ&ロケッツ)・鈴木慶一・白井良明が出演。ゲストはこの後も追加発表される模様。
本日のこのイベントの終了時より、チケットの最速先行予約がスタートした。

公演情報

ディスクガレージ公演

ベストヒットUSA feat. 小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド

2019年3月27日(土) 日本青年館ホール

出演:小林克也&ザ・ナンバーワンバンド
Vo.小林克也、Gt.佐藤輝夫、Key.深町栄、Ba.琢磨仁、Dr. 成田昭彦、Gt.柳沢二三男、スペシャルキーボード 難波弘之
ゲスト:鮎川誠、鈴木慶一、白井良明 and more..
※都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承ください。

チケット一般発売日:2018年1月27日(日)

TV

ベストヒットUSA

■BS朝日 毎週水曜 23:30~23:54放送

 

最後の洋楽番組!!
1981年テレビ朝日で始まった伝説の洋楽番組「ベストヒットUSA」は2003年からBS朝日で復活!
さらなる進化を遂げ、唯一無二の音楽番組として現在も放送中!
パーソナリティー/番組VJは、放送開始時から現在まで変わらず、小林克也。

 

>>ベストヒットUSA BS朝日番組サイト

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • PHOTO

    中川容邦

SHARE

関連記事

イベントページへ