北の大地、サッポロから遂にPampas Fields Noise Found artが再始動!4/15ニュー・シングル発売&リリースツアー決定!

ニュース | 2020.02.21 18:00

通称・パンパスことPampas Fields Noise Found art(パンパスフィールドノイズファウンドアーツ)が、4月15日(水)に、4曲入りNew EP「Love song(is also getting better)」をタワーレコード札幌ピヴォ店&タワーレコードオンラインにて限定発売することが決定、アートワークも一挙公開された。

それに合わせ、リリースツアー “Love song(is also getting better)” TOUR 2020の開催も決定。4月29日札幌 KLUB COUNTER ACTIONを皮切りに、6月26日札幌 BESSIE HALLまで全18公演。
チケットは2月22日(土)より一般発売開始!

KO (SLANG)、タケバヤシゲンドウ (zArAme)よりコメントが寄せられている。

自ら「Pampas Fields Noise Found art≒自由形式音楽プロジェクト」と、形容するように、パンパスのサウンドは変幻自在でカテゴライズ不能だ。かといって、ゴリゴリのサウンドとスタイルのバンドが群雄割拠するSAPPORO CITY HARDCORE・PUNKシーンの中にいても不自然さは微塵もない。
それは、そこが彼らのルーツであり、アイデンティティでもあるからだろう。
PUNK ROCKの誕生から現在まで、「創造と破壊」は一貫したテーマであり、核心部分であり、それこそが存在意義であると思って生きてきた。
やり方は様々だ。世間ってやつは、カテゴライズできないものに対し不安を感じ、排除しようとするが、PFNFaの解き放つサウンドにそんなものは追いつけやしない。
なぜなら、思考や感情を言語化するよりもはるかに速く、PFNFaのサウンドは聴いたものに情景を生み出すからだ。

KO (SLANG)

これ程までに洗練された凶暴なポップミュージックは聴いた事がない。
パンクから派生した北海道特有のノスタルジアと攻撃性のリアルな結晶。
2020年、俺はパンパスという集合に恋をしている。

タケバヤシゲンドウ (zArAme)

公演情報

DISK GARAGE公演

Pampas Fields Noise Found art“Love song(is also getting better)”TOUR 2020

2020年4月30日(水) 札幌 KLUB COUNTER ACTION
2020年5月3日(土) 旭川 ASINO DRIVE
2020年5月4日(日) 北見夕焼けまつり
2020年5月5日(月・祝) 帯広 STUDIO REST
2020年5月6日(火・祝) 小樽 CRU-Z
2020年5月17日(土) KYOTO MUSE
2020年5月18日(日) 心斎橋 BRONZE
2020年5月24日(土) 仙台 BIRDLAND
2020年5月25日(日) club SONIC iwaki
2020年5月31日(土) 福岡Queblick
2020年6月1日(日) public space 四次元
2020年6月7日(土) 函館 ARARA
2020年6月8日(日) 苫小牧 ELLCUBE
2020年6月14日(土) 名古屋 APOLLO BASE
2020年6月15日(日) 大阪緑橋 戦国大統領
2020年6月21日(土) 渋谷 CYCLONE
2020年6月22日(日) 横須賀かぼちゃ屋 PUMPKIN
2020年6月27日(金) 札幌 BESSIE HALL

チケット一般発売日:2020年2月22日(土)

RELEASE

Love song(is also getting better)

New EP

Love song(is also getting better)

(BADASS)
2020年4月15(水)SALE

タワーレコード札幌ピヴォ店&タワーレコードオンラインでの限定発売!
⇒ご予約・購入はこちら

SHARE

関連リンク