AttractionsとPAELLASの対バン<EASTWEST LIVE SHOW!>が6月に開催決定!

ニュース | 2018.04.05 18:30

これからの日本を代表する今最注目の音楽シーンが
東(PAELLAS)と西(Attractions)とでそれぞれ奏でる、
今まで有りそうで無かった企画が実現。

PROFILE

■Attractions(アトラクションズ)

2016年結成。サウンドはUKロックを原点に海外のトレンドとも共振。俄に全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担う。2017年8月28日、福岡発世界基準の音を鳴らすべくデビュー曲『Knock Away』を配信リリース。Apple Musicの「New Artist」に選出、Spotifyでは国内バイナルチャート最高8位を獲得し配信開始2ヶ月で20万回再生を達成。10月4日発売のEP『Attractions』リリースイベントではyahyel、韓国からKIRINを招きチケットはソールドアウト。2018年、全国のFMラジオ5局の放送局で構成されるJFLの「NEXT GENERATIONS」、Spotifyが注目し強力プッシュする「Early Noise 2018」に選出され、勢いそのままに3月アメリカで開催されたSXSW JAPAN NITEへの出演も果たした。福岡のバンドでありながら今国内インディーで最も熱い視線を集めるバンドである。

 

■PAELLAS(パエリアズ)

MATTON(ボーカル)、Satoshi Anan(ギター)、bisshi(ベース)、Ryosuke Takahashi(ドラムス)の4人組。
2014年に上京し本格始動。様々なジャンルの要素を独自のセンスで解釈し、都市の日常、心象風景にフィットするサウンドを生み出す。2017年9月6日にSPACE SHOWER MUSICより移籍第一弾作品『D.R.E.A.M.』をリリース。翌年2018年3月7日に『Yours』リリース。また同リリースツアー<Yours Tour2018>を札幌、名古屋、大阪、福岡、仙台、東京の6カ所にて行い、名古屋、大阪ではソールドアウト。最終日となる3月24日東京公演、キャリア初ワンマン・渋谷WWW Xもソールドアウトとなる。ROCK、R&B、HOUSE、NEW WAVEなど様々なジャンルを飲み込んだ独自のサウンドは各方面から高い評価を受けている。

SHARE

関連リンク