SURFACEとしての「初ライブ」エピソード!

スペシャル | 2019.07.12 18:00

編集部:SURFACEとしての初ライブの思い出を教えてください!
椎名慶治(Vo)四谷にあったフォーバレーというライブハウスですね。メジャーデビューした後だったんですけど、SURFACEという名前を出さずに、ブッキングライブに出演して。しかも昼の部ですよ。
──え、どうしてですか?
椎名俺らはライブをやったことがなかったんです。「歌もいい、ギターもいい、曲もいいけど、おまえら、ライブできるの?」と事務所のスタッフに言われて、試しにライブハウスに出ることになったんですよ。いきなりSURFACEの名前でツアーを組むのは危険だと思ったんでしょうね。
永谷喬夫(Gt)そうだね(笑)。
椎名最初のライブは本当にひどくて。俺、マイクのコードを踏んで、壊しちゃったんですよ。
永谷(笑)トラブル多かったですね。同期を使ったんですけど、ドラムのヤツ……僕の知り合いだったんですけど……が上手く操作できなくて。
椎名コーラスが遅れて聴こえてくるっていう(笑)。
永谷やばかったよね、最初のライブは。これじゃダメだということになって、笹塚のリハスタでひたすら練習したんですよ。
椎名その後、渋谷のラママに出て、原宿のルイードにも出て。どっちも対バンライブでしたけど、だいぶまともになってきて。
永谷ルイードのときはお客さんがすごく集まってくれたんですよ。ちょっとずつ名前を知ってもらえるようになって。
椎名「ポップジャム」と「ミュージックステーション」に出たからね。最初が「ポップジャム」の収録だったんだけど、ふたりともめちゃくちゃ緊張して、終わったら顔が真っ青でした(笑)。
──「ポップジャム」と「ミュージックステーション」に出ているのに、ライブはやったことがなかったっていう…。
椎名(笑)あり得ないですよね。よくやってましたよ、ほんとに。

編集部:トラブルエピソードも懐かしみながら笑顔で話してくださったお二人。
SURFACEの超初期の貴重なエピソードをありがとうございました!
  • 森朋之

    インタビュー

    森朋之

    • Facebook

SHARE

SURFACEの関連記事

アーティストページへ