黒木渚が語る「第二のふるさと福岡への思い」

スペシャル | 2019.11.15 12:00

編集部:黒木さん、ふるさとについてお伺いします。ご出身は宮崎ですが、福岡を第二の故郷のように思われているとか?

つい先日、福岡に帰って、3日間滞在したんです。福津市にある「王丸屋」というゲストハウスに泊まったんですが、そこは大学の同級生が運営しているです。
彼は学校の先生だったんですが、辞めてしまって。おばあちゃんから譲り受けた古民家をリフォームして「王丸屋」を始めたんです。1階は、町の人も誰でも自由に立ち寄れるコミュニティスペースで、2階がゲストハウス。私も公務員をやめてミュージシャンになったし、「お互い、安定した仕事をやめたときは怖かったよね」って話をして(笑)。彼も「この先、何ができるだろう?」と考えてたみたいなんですけど、福津市に移って、革製品を作ってる人、陶芸家、海中カメラマンとか、この町に移り住んだ人たちと知り合ううちに、「人間の可能性は無限だ」と目が開いたみたいで。考えてみると、九州ってそういう土地なんですよね。いろんな人がやってきて、触れ合いながらコミュニティを作っていくというか。
大学の同級生5人くらいで集まって、町を案内してもらったんですけど、そのときもすごく楽しくて。めちゃくちゃきれいな海が近くにあって、私、服のまま飛び込みました(笑)。夜も海岸でお酒を飲んで、夜光虫が光っていて。「こんなにいい町だと分かった」って何回も言いました。“そういう故郷があって、東京でがんばる”というのが私には向いていると思うけど、死ぬときはやっぱり九州がいいですね。

みんなの縁側 王丸屋 オフィシャルサイト

編集部:お話を伺っていたら、ますます福岡に行ってみたくなりました。
そして、「王丸屋」さんに泊ってみたいですね。
黒木さんのツアーで福岡行き、検討してみようという方も多いのでは?
黒木さん、ありがとうございました!

公演情報

DISK GARAGE公演

黒木渚 OMENAN LIVE 2020「檸檬の棘」

2020年1月11日(土) DRUM LOGOS【福岡】
2020年1月17日(金) マイナビBLITZ赤坂【東京】
2020年2月21日(金) EX THEATER ROPPONGI【東京】

チケット一般発売日:2019年11月9日(土)

RELEASE

「檸檬の棘」

NEW FULL ALBUM

「檸檬の棘」

(Lastrum)
2019年10月9日(水)SALE
※初回限定盤A[CD+DVD]、初回限定盤B[CD+冊子]、通常盤[CD]の3TYPE

※画像は上から、限定盤A、限定盤B、通常盤

BOOK

自身初の私小説『檸檬の棘』
11月5日(火)講談社より刊行
※刊行記念トーク&記者会見を開催!

  • 森朋之

    取材・文

    森朋之

    • Facebook

SHARE

黒木渚の関連記事

アーティストページへ