Angelo、キリトが人生で初めて立ったステージは?ギタリスト時代のステージングにも注目!

スペシャル | 2017.08.10 17:00

Angelo vo.キリトが初めて立ったステージは?

CHAR25
編集部:キリトさん、人生で初めて立ったステージについて教えてください!

キリト ライヴハウスとかではなく、長野のショッピングモールの中にあったイヴェントスペースみたいなところでやったのが最初だったかな。地元のバンドがいくつか出ていて、そこで潤(PIERROT~ALvino)と初めて出会ったんですよ。彼は彼で、別のバンドで出ていましたね。
当時は僕もまだギタリストで、演奏したのはせいぜい5〜6曲だった気がする。やっていたのはシングルギターのバンドだったんだけど、そのライヴの直後に潤のいたバンドが解散して、こっちに「入りたい」って言ってきて、それでツインになったんですよ。つまり、それがPIERROTの原形だったんです。
今思うと…あの頃は無茶苦茶でしたね。ステージ上で曲が終わるたびにギターを投げたり、アンプを倒したりしてました(笑)。音は二の次で派手に目立ってナンボ、と思っていたんでしょうねぇ。当時の自分に何か言葉をかけるとするなら…「プロにはなれてるよ」かな(笑)

CHAR25
編集部:初ステージの場所が潤さんとの出会いだったとは、なにかとても運命的なものを感じます。
若き日のキリトさんのエネルギッシュさも素敵です!
キリトさん、ありがとうございました!

 

 ■Angelo「evil」(2017.9.27 Release New Album「HETERODOX」より)

 

PRESENT
7/27~7/29公演のグッズより、リストバンドを2名様に!
>>プレゼント応募方法掲載のインタビューはこちら