「初めて行ったライブは?」~寺岡呼人編~

スペシャル | 2016.07.19 18:00

寺岡呼人

寺岡呼人の初めて行ったライブは?

イケコ
編集部:寺岡呼人さん、初めて行ったライブを教えてください!

「さだまさし」

最近、さださんと仲良くさせていただいていて、お家にもよく遊びに行くんです。
つい最近もお邪魔して、自分が初めて見たのがさださんのライヴだったという話になりました。

当時僕はまだ小学6年生で、親が厳しくてベストテンとか音楽番組も見せてもらえないような環境だったので、そこまで音楽にのめり込むという感じでもなかったんですけど、さださんの『道化師のソネット』という曲がすごく気に入っていて。
僕の地元の福山市はしょっちゅうアーティストが来る街でもなかったので、「さださんが来るならコンサートに行きたい!」と、初めてコンサートのチケットを手に入れました。
今から思えば親に買ってもらったんだと思うんですが、コンサートには一人で行ったんですよ。
帰りはコンサート会場で同級生のお姉さんとバッタリ会ったので連れて帰ってもらいました。

そのコンサートの時、舞台の真ん中に長方形の光る箱があって、コンサートの最中、ずっと「あれはなんだろう?」と思ってたんです。
そこで、先日、さださんご本人に「あれはなんだったんですか?」って聞いてみたところ、「コンサートで大道具を使いはじめたのは俺からなんだよ」という話になって(笑)
昔は、ホリゾントの前で素明かりでやるのが普通だったんだけど、さださんのライヴでは、そのホリゾントに色を乗せたり、レモンの模型を天井から吊って、いろんな色を当てるということをしていたそうなんです。
それがコンサートに大道具を持ち込んだ初めての試みだったようで。
僕が見たのもそういう意味での長方形の箱だったようです。

そこから37年経って、その時に歌っていた方がいまだに年に100本くらいライヴをやってらっしゃるわけじゃないですか。それがすごいなぁと思います。
しかも、自分が初めて見たライヴをやっていた方のお宅に遊びに行くようになるなんて、夢にも思いませんでした。
サラリーマン同士なら、永遠に上司は上司のままですけど、音楽をやる者同士だと、年が上も下も関係なく仲良くしていただける……音楽って、こういうことがあるんですね。
すごく素敵なことだと思います。

イケコ
音楽が紡ぐ素敵なご縁。
寺岡呼人さん、貴重なエピソードをありがとうございました!