MENU

dブックの口コミ・評判とは?メリット・デメリットや人気の他社サービスと比較!

近年は誰もがスマートフォンを持ち、本も紙ではなくスマートフォンで電子書籍で読む方が増えてきました。そのような電子書籍を提供してくれるのが電子書籍ストアです。

しかし、いざ電子書籍を読んでみようと思っても、世界にあふれる電子書籍ストアの特徴はさまざまで、自身にあったサービスを見つけるのは大変です。

数ある電子書籍サービスの1つである「dブック」は、大手通信会社NTTドコモが運営しています。みなさんも一度は耳にした方も多いのではないでしょうか。

しかし、公式サイトを見ても、メリットやデメリット、他の電子書籍サービスとの違いがよくわからない方もおられるでしょう。

この記事ではdブックの口コミや評判や、他社とのサービスの違いなどを紹介していきます。自身にぴったり合う電子書籍サービスを見つけるのに役立ててください。

当サイトのおすすめ電子書籍サービス3選

お得に読むならココ!一気読み派はココ!初心者なら
まずはココ!

ebookjapan

Amebaマンガ

DMMブックス
【初回特典】
・70%OFFクーポン6枚
※1枚500円まで(上限3,000円)
【初回特典】
・100冊まで50%即時還元
※上限なし
【初回特典】
・90%OFFクーポン1枚
※上限2,000円
公式サイト公式サイト公式サイト
※料金はすべて税込表示です
※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります
  • ebookjapan:70%OFFクーポン6枚やPayPay還元率が高くてとにかくお得!
  • Amebaマンガ:初回100冊まで全部半額で大量まとめ買いがよりお得になる!
  • DMMブックス:初回特典や定期キャンペーンがあり初心者でも使いやすい!
目次

dブックのサービス・特徴とは

dブックとはどんなサービスなのでしょうか。ここでは、dブックのサービスの内容や特徴を紹介します。

運営会社はNTTドコモ

dブックは株式会社NTTドコモが運営する、コミック、小説、実用書などの幅広い本をスマートフォン・タブレット・PCで楽しめる電子書籍ストアです。10年以上続くサービスなので、初めての方でも安心・安全に利用できます。

ドコモユーザー以外でもdアカウントを登録すれば、利用することができます。数あるサービスの中でもdブックのサービスで特に強みとなっているのが

  • 60万冊以上の豊富なコンテンツ
  • dポイントが貯まる・利用できる

の2点です。

また、NTTドコモではdマガジンという電子書籍サービスも行っていますが、dブックとはサービスの内容が異なります。どのように違うのかも気になります。その違いを知れば、自身にあったサービスを選ぶことができます。

それでは、それぞれの内容を細かく説明していきます。

60万冊以上の豊富なコンテンツ

dブックの最大の特徴は、60万冊以上にも及ぶ豊富なコンテンツの量です。

「東京リベンジャーズ」や「ハコヅメ」などの人気漫画をはじめ、小説、写真集、雑誌、ハーレクインなど、メジャーからマニアックなタイトルまで、ありとあらゆる電子書籍を取り扱っています。

さらに、最大3,000冊の電子書籍が無料で読むことができます。無料で登録ができ、購入作品だけの支払いでいいので、「まずは使ってみたい」という初心者の方にはハードルが低めです。

dポイントが貯まる・利用できる

NTTドコモが運営しているということもあり、dポイントを貯めることができ、利用することもできます。ポイントは1%還元で、100円につき1ポイントがつきます。

またdカードで支払いをすると、2%還元で、100円につき2ポイントがつきます。例えば、1,000円の電子書籍を購入したら10ポイントつき、dカードで支払った場合は20ポイントと、どんどん貯めることができます。貯まったdポイントは購入の際に利用することもできます。

さらに、dTV、dマガジン、dアニメストアのうちどれか一つと併用すると、常時10%も還元されます。すでに3つのサービスのうちの1つを利用していたら、さらにお得にポイントがもらえます。

また、毎月10日、20日、30日に開催されるdブックデーでは、dポイントが20%も還元されるので、欲しい電子書籍をチェックしておいてdブックデーを狙って購入するとお得です。

dブックとdマガジンの違い

NTTドコモが運営する電子書籍サービスは、dブックのほかにdマガジンがあります。ここでは、この2つのサービスの違いを表で比較して紹介します。

サービスdブックdマガジン
サービス種別電子書籍ストア雑誌読み放題サービス
仕組み・利用にはdアカウントが必要
・会員登録なしで利用可能
・電子書籍は一冊から購入可能
・読み放題サービスはない
・無料で読める書籍が一部ある
・利用にはdアカウントが必要
・dマガジン会員の登録が必要
・取り扱いは雑誌のみ
・月額440円(税込)で読み放題
・ストア機能はなし
・31日間無料で試せる
作品数約60万冊900誌以上の最新号
バックナンバー約2,500冊(最大1年分)
作品ジャンル女性漫画
男性漫画
BL漫画
TL漫画
ライトノベル
小説・文芸
BL小説
TL小説
ビジネス・実用
趣味・暮らし
写真集
ハーレクイン
雑誌
女性ファッション
男性ファッション
ライフスタイル
暮らし・料理・健康
お出かけ・グルメ
エンタメ・趣味
ファミリー・キッズ
from docomo
スポーツ・車
ビジネス・教養
海外誌
IT・ガジェット
総合週刊誌
アウトドア・レジャームック
【ムック】旅行ガイド(国内)
【ムック】旅行ガイド(海外)
【ムック】男性
【ムック】女性
【ムック】総合
料金・月額利用料はなし
・金額は購入する書籍によって異なる
・無料配信の書籍は最大3,000冊
・月額400円の利用料がかかる
・31日間無料で試せる
※料金は税込表記です。

dブックに関する良い口コミ・評判

dブックを利用している方達が、どのような点を気に入っているのでしょうか。Twitterから実際に利用しているユーザーのdブックの口コミや評判をチェックしてみます。

ポイント還元やキャンペーン

引用:Twitter
引用:Twitter

やはり、dポイントの還元があるのは大きなメリットのようです。本を購入するたびにポイントが貯められるのは嬉しいですし、貯まったポイントを利用できるのも良いです。

しかも、毎月3回のdブックデーには、さらに20%がポイント還元されますため、ポイ活にも利用できるでしょう。

特に、ドコモユーザーなら、通信利用などで貯まったポイントで本を購入できたりと、NTTドコモ運営だからこそのメリットもありそうです。

また、dポイントはキャンペーンを頻繁に行っていることもメリットの一つです。75%もポイントが還元される場合もあるようです。

例えば、1,000円の本を購入したら、その75%の750ポイントが還元されますから、キャンペーンを狙って欲しい本を買うのは賢い方法です。また、新規登録の方には対象作品が50%オフになるクーポンがもれなくもらえるので、こちらも活用したいところです。

さらに、セールと重なったらお得に本を購入できるので、キャンペーンのチェックはマメにしましょう。

ジャンルが幅広い

https://twitter.com/UNICooooRN_2_28/status/1430101306761367553?s=20&t=BMk2ih2LNhq8HM0jINS5-A
引用:Twitter

dブックはジャンルが幅広いことも評判が高いです。現在、dブックで扱っているジャンルは次のとおりです。

  • 女性向け漫画
  • 男性向け漫画
  • BL(ボーイズラブ)漫画
  • TL(ティーンズラブ)漫画
  • ライトノベル
  • 小説・文芸
  • BL(ボーイズラブ)小説
  • TL(ティーンズラブ)小説
  • ビジネス・実用
  • 趣味・暮らし
  • 写真集
  • ハーレクイン
  • 雑誌

全13ジャンルに分かれていますが、そのジャンルの中でもさらに細分化してジャンル分けされています。

例えば、女性向け漫画なら次のようにジャンルが分かれています。

  • 人気の無料作品
  • 期間限定!試し読み増量作品
  • 少女漫画 新着
  • 女性漫画 新着
  • 恋愛
  • SF・ファンタジー
  • ヒューマンドラマ
  • ハーレクイン
  • 漫画雑誌

これならご自身が好きなジャンルをさらに絞り込むことができます。まずは無料作品から、試し読みからなど好きな方法で読み始めることができます。

ランキングから探せたり、雑誌・レーベルから探すこともできます。好きな漫画雑誌がある場合は、とても便利な機能です。

バドミントンの専門誌についての口コミを紹介しましたが、メジャーな本だけじゃなく、かなりニッチな専門誌なども扱っているのも嬉しいです。

また、ハーレクインのジャンルだと、さらにテーマ別で分けています。ハーレクインは漫画と小説に分かれていますが、絞り込みができるように、内容によって次のようにテーマ分けをしています。

  • シーク
  • プレイボーイ
  • ドクター
  • 復讐
  • 秘密
  • ボス
  • 大富豪
  • 花嫁
  • 再会
  • パッション
  • 王子
  • 愛人
  • シンデレラ
  • 記憶喪失
  • 契約

かなり細かくテーマを分けているのは便利な機能です。他にも、特定の作家から検索できるように、作家別にも分かれていて探しやすくなっています。

dブックに関する良くない口コミ・評判

良い点もあれば良くない点もあります。dブックを実際に使っているユーザーの、dブックに関する良くない口コミや評判も見てみます。

BLに弱い

引用:Twitter

dブックはBLジャンルの品揃えが弱いようです。欲しいと思った作品が見つからず、残念に思う方が多いようです。BLのジャンル分けも

  • 人気の無料作品
  • お得な割引作品
  • 新着

しかありません。BL作品が読みたい方には、dブックは物足りないと思います。他のBLジャンルが豊富な電子書籍ストアと併用して使っているようです。

マイ本棚が使いにくい

引用:Twitter
https://twitter.com/HAKO38542618/status/1389063534273728515?s=20&t=BMk2ih2LNhq8HM0jINS5-A
引用:Twitter

dブックのマイ本棚の機能が使いにくいという口コミが多いようです。

dブックのマイ本棚は、​​購入済みの本、各種履歴、お気に入りした本/作者/雑誌が並ぶデジタル本棚のことです。次のような内容になっています。

購入済み
購入した本の検索やダウンロード、書庫への移動ができる。

履歴
最近読んだ本、最近読んだ雑誌、最近読んだ記事、訪問履歴、ダウンロード済の本が並ぶ。メニューから履歴の削除も可能。

お気に入り
チェックした本、チェックした雑誌、チェックした記事、お気に入りの本、お気に入りの雑誌、お気に入りの作者の本が並ぶ。PUSH通知や自動ダウンロードの設定も可能。

dブックには「シンプル本棚」という機能があり、ON/OFFを切り替えることで、「マイ本棚」のレイアウトを変更することができます。シンプル本棚では次の絞り込みや並び替えができます。

  • 「ジャンル」「新刊あり」などの条件での絞り込み
  • 購入日順などの条件での並び替え

さらに、「新刊あり」表示のリストをタップいただくことで最新刊の作品をチェックすることができます。

ただ、購入した作品を探しにくいという口コミも多くあり、使いこなすにはコツが必要なのかもしれません。

画質が悪い

引用:Twitter
引用:Twitter

dブックは画質が悪いという評判もあります。スマートフォンやタブレットで見ている場合、台詞など拡大して読むこともあると思いますが、画質が悪いと読みにくくなります。

電子書籍の場合は、そのような部分もしっかり見えるくらいの画質が必要になってきます。

画質が悪いから他の電子書籍ストアで揃え直すという手間やお金が必要になってしまうのは困ってしまうので、画質の問題は解消して欲しいところです。

評判から見るdブックのメリット

ユーザーの評判から見えてきたdブックのメリットとは何でしょうか?ここでは4つに絞ってdブックのメリットを紹介します。

貯まったdポイントが利用できる

dブックで一番のメリットは貯まったdポイントを本の購入に利用できることです。NTTドコモユーザーなら、dポイントが貯まりやすいので、dポイントを利用してどんどん本を購入することができます。

ポイント還元キャンペーンがお得

dブックならでは、dポイントが使用できるうえ、ポイント還元キャンペーンがあります。しかも、キャンペーンは頻繁に行われているので、チェックして還元率の高いキャンペーンのタイミングで本を購入するのがオススメです。

キャンペーンによってはエントリーが必要なので、忘れずにエントリーしましょう。ポイントを貯めてお得に利用できるのはdブックのみです。

無料で読める作品が3,000冊以上

dブックでは無料で読める作品が3,000冊以上あるというのもメリットです。まずは無料で本を読んでみて使い勝手を試してみる、気になってるけど買うかどうか迷っている本を読んでみてから考えるなど、いろいろな使い方があります。

無料で読める作品は読み切りではなく、1巻ということが多いので、買いたい本が決まっていない場合は、まずは無料で読んでから続きが気になった作品を購入するという方が多いようです。

また、無料の作品だけ上から順番に読みどんどん読んでいくというのも楽しそうです。そんな中から気になった作品をチェックして、後から続きを買うという活用方法もあります。

「dブック毎日くじ」がお得

「dブック毎日くじ」は、NTTドコモのdマーケットが行っているオンラインくじです。dアカウントがあれば1日1回引くことができます。

「毎日くじ」はdポイントを貯めるものと、dブックで利用できるクーポンが当たるものとがあります。どちらもdアカウントを持っていればくじを引くことができるので、毎日1回は必ず運試しをしたいところです!

評判から見るdブックのデメリット

dブックのメリットを紹介しましたが、デメリットは何でしょうか?続いてユーザーの評判から見えてきたdブックのデメリットを5つ紹介します。

作品数が少ない

dブックは作品数が少ないという評判があります。dブックは公開されている配信冊数は約60万冊です。

同じような電子書籍ストアのコミックシーモアが90万冊、ピッコマは作品数では8万作品ということを考えると、確かに少ないかもしれません。

しかし、今後ユーザーが増えていけば、どんどん配信冊数が増えていくかもしれませんから、今後期待したいところです。

アプリ機能が使いづらい

dブックのアプリの機能が使いづらい、充実していないという声も多いようです。dブックのアプリの機能は次のとおりです。

  • おすすめ情報
  • ランキング機能
  • マイ本棚機能
  • 検索機能

アプリの機能として一番使いたいのは、マイ本棚機能だと思います。マイ本棚には、自身でお気に入りに入れた作品や、購入した作品を見ることができます。特にこのマイ本棚機能が使いづらいとの声が多いようです。

また、動作が重く本の閲覧やダウンロードができないという声もあります。スマートに閲覧できるからこそのアプリにもかかわらず、動作が遅いのは残念です。

たびたび機能の改善は行っているようですが、使いづらさはなかなか変わらないようです。ユーザーの声を取り入れて今後は改善されていくことを期待しましょう。

一部だけdポイントで支払うことはできない

dブックではdポイントで支払いができることがメリットですが、購入する本に対してdポイントが足りないと購入ができません。例えば、1,000円の本を購入するためには、1,000ポイント以上のポイントが溜まっていないと使えません。

全額をポイントで支払う以外の選択肢がありません。一部だけポイントで支払いたいという場合は利用できないのは少し不便です。そのため、本が買えるくらいポイントを溜めてから利用しましょう。

決済方法が少ない

dブックの決済方法は次の4つになります。

  • クレジットカード
  • dポイント
  • d払い
  • ドコモ口座払い

Apple Pay、Google Pay、電子マネー、コード決済、銀行振込、口座振込、コンビニ決済などで支払うことができません。これはかなり不便ということで不評です。

仮想口座であるドコモ口座払いは、銀行振込やコンビニやセブン銀行ATMでのチャージに対応しているものの、アプリをインストールしたり登録しないと使えないのでかなり不便です。

つまりドコモユーザー以外はクレジットカードを持っていないと支払いが難しいことになります。

口コミ・評判から見るdブックがおすすめの方

それでは、どのような方がdブックがおすすめなのでしょうか?3つにまとめてみました。

dポイントやドコモ系サービスを利用している方

やはり、NTTドコモが運営しているということもあり、ドコモユーザーや、他のドコモ系サービス、dポイントを貯めている方にはかなりおすすめの電子書籍ストアといえます。

dポイントのポイ活をしている方は、欲しい電子書籍を購入する際は、まずはdブックをチェックしてから検討すると良いでしょう。

お得に電子書籍をまとめ買いしたい方

dブックでは「大人買いキャンペーン」というキャンペーンを頻繁に行っています。これは、買えば買うほどポイント還元率が上がるというものです。本をまとめ買いしたい方にはうってつけのキャンペーンです。

この「大人買いキャンペーン」のために、欲しい本をチェックしてお気に入りに入れておくといいかもしれません。また、キャンペーンにはエントリーが必要なので忘れないようにしましょう。

dブックとKindleの両方使いたい方

dブックで貯められるdポイントは、同じような電子書籍ストアであるKindleでも貯めたり利用したりすることができます。そのため、dブックとKindleの両方を利用し購入する本を変えて使いこなす方法もあります。

例えば、漫画に関してはdブック、dブックになかった小説を探す場合はKindleなど、自身の利用状況によって使いわける方法もおすすめです。

dブック以外のおすすめサービス3選

サービス月額費用初回特典
公式サイト

ebookjapan
基本無料70%OFFクーポン6枚
※1枚500円まで

詳細をみる

Amebaマンガ
⑴基本無料
⑵月額プラン
330円~
100冊まで50%即時還元
※金額上限なし
詳細をみる

DMMブックス
基本無料90%OFFクーポン
※上限2,000円まで

詳細をみる
※料金はすべて税込表示です
※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります

電子書籍ストアと言っても、多くの会社があります。ここでは、他の有名な電子書籍ストアを紹介していきます。dブックと比較して自身にあったサービスを選んでみましょう。

  • ebookjapan
  • Amebaマンガ
  • DMMブックス

各サービスの特徴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ebookjapan

出典:ebookjapan
総作品数
100万冊以上
無料作品数
1万冊以上
初回特典
70%OFFクーポン6枚
※1枚の上限500円(税込)まで
おすすめポイント最大50%還元のPayPayキャンペーン
セールの冊数が多くて頻度が高い
詳細公式サイトはこちら

ebookjapanはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営している、安心安全な電子書籍サービスです。

1万冊以上の無料漫画をはじめ、100万冊以上の電子書籍を取り揃えており、幅広いジャンルの作品が楽しめます

ebookjapanの特徴
  • 初回登録時に70%OFFクーポンが6枚もらえる
    → 割引上限額は1枚につき500円(税込)まで
  • 取り扱い作品数が100万冊以上
  • 1万冊以上の漫画が無料
  • 購入時にPayPayポイント最大50%還元
  • 曜日ごとにお得なクーポン配布やキャンペーンが利用可能

参照元:ebookjapan

違法サイトでは到底実現できない、充実したラインナップを楽しめる点が大きな魅力です。

またebookjapanは新規登録時にサービス内のほぼすべての書籍に利用できる、70%OFFクーポンが6枚もらえます

クーポンの割引上限は1枚につき500円(税込)までで、6枚で最大3,000円(税込)分の値引きが可能です。

無料漫画を楽しみつつ漫画をお得に購読したい方は、ぜひebookjapanを利用してみてください。

Amebaマンガ

出典:Amebaマンガ
総作品数
100万冊以上
無料作品数
1万冊以上
初回特典
100冊まで50%即時還元
※初回購入時のみ適用
おすすめポイント料金上限のない初回特典
購入金額に応じてお得になるコイン
詳細公式サイトはこちら
※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります

株式会社サイバーエージェントが運営するAmebaマンガは、1万冊以上の漫画を無料で楽しめます

Amebaマンガの特徴
  • 初回登録時に「100冊まで50%即時還元クーポン」付与
    → 1回限り、割引上限はなし
  • 100万冊以上の漫画・書籍を配信
  • 常時1万冊以上の漫画が無料
  • LINE友だち追加&アカウント連携でポイントとクーポン付与
    → 50ポイント&全商品毎週10%OFFクーポン
  • 購入時はサイト内通貨「マンガコイン」が必要

参照元:Amebaマンガ

動画配信サービスのABEMAや国内最大規模のブログサービス「アメブロ」でお馴染みの大手企業が運営している公式のサービスなので、安心して利用可能です。

新規会員登録時に貰えるクーポンで「100冊まで50%OFF」でお得に好きな漫画を読めるのが魅力です。

クーポンを利用できるのは1回限りですが、割引上限がないため全巻に適用可能です。

無料漫画とあわせて漫画のまとめ買いも検討しているなら、ぜひAmebaマンガを利用してみてください。

DMMブックス

出典:DMMブックス
総作品数
98万冊以上
無料作品数
2万冊以上
初回特典
登録で90%OFFクーポン
※最大2,000円(税込)まで
おすすめポイント定期的にお得なセールを開催
大人向けの作品や雑誌が豊富
詳細公式サイトはこちら

DMMブックスはゲームや金融などの60事業以上を展開している、合同会社DMM.comが運営する電子書籍サービスです。

2万冊以上の無料作品を含む98万冊以上の電子書籍を取り揃えており、幅広いジャンルの作品が楽しめます

DMMブックスの特徴
  • 初回登録時に90%OFFクーポンがもらえる
    → 1回限り、割引上限は2,000円(税込)まで
  • 98万冊以上の総作品数
  • 2万冊以上の作品が無料
  • 雑誌やビジネス本、写真集も購入可能
  • 作品購入時にDMMポイントが貯まる

参照元:DMMブックス

DMMブックスは、初回登録時に90%OFFクーポンが付与されます

クーポンは1回限りですが冊数制限はなく、最大で2,000円(税込)分まで値引きが可能です。

大手企業が運営する安心安全な電子書籍サービスで漫画をお得に楽しみたい方は、DMMブックスもチェックしてみましょう。

dブックに関するよくある質問

ここでは、dブックに関するよくある質問と答えを簡単にまとめてみました。

  • ドコモユーザー以外でも利用できますか?
  • 読み放題プランはありますか?
  • dブックの保存先は選択できますか?

以上の3つの質問に関して説明するので、参考にしてください。

ドコモユーザー以外でも利用できますか?

dブックはドコモユーザーではなくても、誰でも利用することができます。ただし、利用するにはdアカウントの登録が必要になります。

読み放題プランはありますか?

dブックには読み放題プランはありません。作品ごとに購入する形式となっています。

ただ、無料で読める本が3,000冊以上あるので、購入する前に気になる本を読んでみたり、購入はせず、無料配信の本だけを読んで楽しむという方法もあります。

dブックの保存先は選択できますか?

データの保存先は端末本体になりますが、SDカード対応の端末(Android 5.0以上)を利用している場合のみ、アプリメニューの「ダウンロード設定」にて保存先の変更が可能です

ただし、すでに本体にダウンロード済みの本をSDカードに移動させる機能はありません。本体から一度ダウンロードした本を削除し、SDカードへ再度ダウンロードをすることができます。

まとめ

電子書籍ストアのdブックのサービス内容や口コミ・評判、dブックと人気の他社サービスの比較を紹介しました。

dブックの主なサービスは次のとおりです。

  • dブックは株式会社NTTドコモが運営する電子書籍ストア
  • コミック・小説・実用書などの幅広い本を約60万冊取り揃えている
  • 無料配信の本は最大3,000冊以上
  • dポイントを貯めたり、利用することができる
  • ポイント還元などキャンペーンが豊富

読み放題サービスはありませんが、無料で読める本が3,000冊と充実しているのはポイント高いです。

次に口コミから見るdブックのメリットを振り返ってみます。

  • 貯まったdポイントが利用できる
  • ポイント還元キャンペーンがお得。
  • 無料で読める作品が3,000冊以上
  • 「dブック毎日くじ」がお得

やはりdポイントが購入に利用できるのは大きなメリットですね。ポイント還元キャンペーンや「dブック毎日くじ」もあるので、ドコモユーザーならdブックに登録しておいて損はありません。

他にも口コミによるデメリットや、他の電子書籍ストアとのサービス比較も行ってみました。それぞれの電子書籍ストアによって強みや使い勝手が違うので、自身にあったサービスを見つけて使いこなしていきましょう。

本記事を参考にして、ご自身にあったサービスを見つけてください。

※本記事の情報は2022年5月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
コミックシーモア公式サイト
ピッコマ公式サイト
まんが王国公式サイト

【一覧表】人気のおすすめ電子書籍サービス・漫画アプリ・複合サービス15選

サービス月額費用初回特典
公式サイト

ebookjapan
基本無料70%OFFクーポン6枚
※1枚500円まで

詳細をみる

Amebaマンガ
⑴基本無料
⑵月額プラン
330円~
100冊まで50%即時還元
※金額上限なし
詳細をみる

DMMブックス
基本無料90%OFFクーポン
※上限2,000円まで

詳細をみる

コミックシーモア
⑴基本無料
⑵読み放題
フル 1,480円
ライト 780円
70%OFFクーポン
※1冊限り有効
詳細をみる

まんが王国
⑴基本無料
⑵月額プラン
330円~
最大50%pt還元
購入時:最大30%
使用時:最大20%
詳細をみる

BookLive!
基本無料50%OFFクーポン
※1冊限り有効
詳細をみる

Amazon Kindle
⑴基本無料
⑵読み放題
980円
70%OFFクーポン
※上限1,000円まで
※1冊限り有効
詳細をみる

楽天Kobo
基本無料購入金額の70倍の
楽天ポイント付与

※上限2,000pt
詳細をみる

BOOK☆WALKER
⑴基本無料
⑵読み放題
MAX 1,100円
マンガ 836円
購入金額の50%還元
※上限なし
詳細をみる
※料金はすべて税込表示です
※期間によってクーポン内容に変動がある場合があります

※本記事は可能な限り正確な情報を記載しておりますが、内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※本サイトと提携する企業のPR情報が含まれます。

目次