MENU

【タイプ別】【タイプ別】おすすめ人気の電子書籍20選!料金・特徴を解説!料金・特徴を解説

電子書籍サービスは、スマートフォンやタブレットで本が手軽に読めるサービスです。

保管に場所を取らず持ち運びも簡単であるため人気が高まっており、現在では多くのサービスが登場しています。

そのため、どの電子書籍サービスが自身に合うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、人気がある電子書籍のおすすめ20選を紹介します。タイプ別に料金・特徴を解説するため、自身に合った電子書籍サービスを探している方はぜひご参考ください。

当サイトおすすめ電子書籍サービス3選

スクロールできます
お得に読むならココ!イッキ読み派はココ!初心者はまずココ!

ebookjapan

Amebaマンガ

DMMブックス
70%OFFクーポン6枚
PayPayユーザーがお得
数巻のまとめ買いにおすすめ
初回購入時100冊40%OFF
アメバコインでお得にチャージ
全巻や大量まとめ買いにおすすめ
70%OFFクーポン1枚
70%還元の定期セールあり1冊のお試しにおすすめ
公式サイト公式サイト公式サイト
  • ebookjapan70%OFFクーポン6枚やPayPay還元率が高くてとにかくお得!
  • Amebaマンガ:初回100冊まで40%OFFで大量まとめ買いがよりお得になる!
  • DMMブックス:初回特典や定期キャンペーンがあり初心者でも使いやすい!
目次

自分に合った電子書籍を選ぶ際のポイント

電子書籍には多様な種類がありますが、それぞれ特徴や仕様が異なります。

そのため、自身に合ったサービスを選ぶためには、いくつかのポイントで比較することが重要です。

ここでは、電子書籍を選ぶ際のポイントを7つ紹介します。

  • 料金プラン
  • アプリの使いやすさ
  • 読みたいジャンルの作品数が豊富か
  • 読み放題の冊数が多いか
  • サービスが停止しないか
  • 専用の電子書籍リーダが必要か
  • お得なクーポン・キャンペーンで選ぶ

料金プラン

まずは、料金プランが大きなポイントになります。

電子書籍サービスは、サービスの利用やアプリのダウンロード自体に料金がかからないことが多いです。

しかし、書籍を読むために購入したりサブスクに登録したりとなると、料金が発生します。

一つひとつの書籍を単品で購入する場合は、基本的に出版社側が定めた商品の値段になるため、電子書籍サービスによる違いはほとんどありません。

一方、定額制の読み放題コースを導入しているサービスではそれぞれ料金プランが異なります。

読み放題サービスの料金は、月額1,000円~2,000円程度が多いようです。サービスによって読み放題の対象となっている書籍の数やジャンルに差があります。

料金が安くても読みたい本が配信されていなければ意味がないため、自身の読みたい書籍が含まれるかを考慮してコスパをチェックしましょう。

また、いくつかの書籍が無料で読めるサービスもあります。こちらは会員登録すると1冊もらえたり、貯めたポイントと交換できたりするサービスです。

シリーズの1巻だけというものが多いですが、期間限定で全巻読めるキャンペーンもあるため、無料でも十分楽しむことができます。

アプリの使いやすさ

ほとんどの電子書籍サービスは、専用のリーダーアプリを提供しています。

同種のアプリでも機能や操作性はそれぞれ異なっているため、アプリの使いやすさも選ぶ際のポイントです。

とくにページのめくり方はそれぞれのアプリで特色があり、シンプルに次のページに進むものもあれば、紙の書籍のようにページをめくれるものもあります。

使用感が好みに合わないとストレスが溜まるため、まずは試し読みをするのがおすすめです。

他にも、付箋を貼ったりマーカーを引いたりといった機能が付いていれば、より読書を楽しむことができます。

辞書機能が付いているアプリは、知らない言葉をチェックしてアプリ内で調べることができるため便利です。

文字の大きさをどれくらい調整できるか、漫画であればどれくらいズームができるかも重要になります。

読みたいジャンルの作品数が豊富か

電子書籍サービスは、取り扱っている作品のジャンルにも差があります。それぞれに強みがあるため、自身が読みたいジャンルの作品数が豊富かどうかもポイントです。

漫画は現在も巨大な市場であり、得意としているサービスは比較的多くなっています。

さらにその中でも、少年漫画に強いものや少女漫画が豊富なもの、BL作品を揃えているものなどそれぞれ特徴があります。

他にも、小説やライトノベル、ビジネス書、自己啓発本、雑誌、絵本など多数のジャンルがありますが、ほとんどのジャンルが電子書籍に進出しています。

読みたいジャンルや目的が明確であれば、作品のラインナップを調べて選ぶのがおすすめです。

とくに読みたいジャンルが決まっていない方は、幅広いジャンルを揃えているものから試してみることをおすすめします。

読み放題の冊数が多いか

たくさんの書籍を読みたい方には、定額制の読み放題サービスがある電子書籍サービスがおすすめです。

その場合、読み放題の対象となっている書籍の冊数が多いかどうかも重要なポイントになります。読み放題の冊数はサービスによって大きく違うため、比較して選ぶことができます。

読み放題の冊数が多くても、自身が読みたい書籍が配信されていなければ意味がないため、上述したジャンルの強みも考慮すると確実です。

また、とくに漫画に多いシリーズものは、1巻だけが対象になっているという場合もあります。

雑誌の読み放題サービスは冊数自体は少なめですが、毎週複数の雑誌を購読するのであればお得です。

ただし、読む冊数が少なくなると元が取れないこともあります。1冊あたりの価格と1か月に読む冊数を考慮して決めましょう。

読み放題サービスへの登録自体には料金がかからないため、その月の自身の忙しさや読み放題のラインナップを確認して、月ごとに登録するか決めるという方法も検討しましょう

サービスが停止しないか

電子書籍はサービスが停止してしまったとき、場合によっては購入した書籍でも読めなくなる可能性があります。

また、引き続き読むことができるとしても、次のサービスへの移行にかなりの時間を取られてしまいます。

そのため、サービスが停止しにくいと考えられる、信頼度の高いサービスを選ぶことも大切です。

紙の書籍は購入すれば所有権が自身に移りますが、電子書籍サービスは所有権ではなく、書籍データの閲覧権を購入するという仕組みが主流となっています。

これが、電子書籍がサービス停止によって読めなくなるかもしれない理由です。

サービス停止時の対応としては、返金、ダウンロードした書籍のみ閲覧可、他サービスへの引き継ぎの3つが考えられます。

返金はお金だけでなく、ポイントやクーポンで対応した事例もあるようです。

いずれにしても手続きに時間がかかったり、再度集めるのに苦労したりと、サービス停止によるデメリットはあります。

サービス停止の可能性が低い電子書籍の見極め方としては、まずは大手の企業が運営しているものが安心です。

他にも、これまで問題なく運営してきた実績や、品揃えの豊富さなども参考になります。

専用の電子書籍リーダが必要か

スマートフォンは画面が小さいため、電子書籍を読むのが不便に感じることもあります。

そのため、画面が大きいタブレットで電子書籍を読むという方も多いです。

電子書籍サービスの中には、専用の電子書籍リーダーを販売しているところもあります。

電子書籍リーダーは、電子書籍の閲覧専用のタブレットです。見た目は普通のタブレットと同じですが、基本的に電子書籍を読む以外の機能はありません。

一般的なタブレットのほうが幅広い用途に使えて便利に感じるかもしれませんが、電子書籍リーダーは電子書籍アプリとの連携がスムーズで機能も多く、さらに読書に集中しやすいというメリットがあります。

とくに読書に適した目に優しいライトを採用している電子書籍リーダーは人気があり、目の疲れが気になるという方におすすめです。

ただし、基本的に販売している会社の電子書籍サービスにしか対応していない点には注意が必要です。

たとえば、Kindle端末はKindleストアのみ、楽天Koboリーダーは楽天Kobo電子書籍ストアのみでしか書籍の購入ができません

さまざまなメリットがある電子書籍リーダーですが、自身に合ったサービスかどうかを見極めたうえで購入しましょう。

お得なクーポン・キャンペーンで選ぶ

ほとんどの電子書籍サービスは、それぞれ独自のクーポンやキャンペーンがあります。

書籍の価格は同じでも、クーポンやキャンペーンの充実度で最終的にかかる料金が変わっていきます。

よりお得に利用したいのであれば、単純な料金だけでなくクーポンやキャンペーンも比較することをおすすめします

クーポンはサービスへの登録でもらえることがあり、初回限定でいくつかの書籍が無料で読めます。

その他に、期間限定で書籍が安くなるセールも頻度が高いほどお得です。

キャンペーンとしては、ポイント還元率が高くなるというものが多いです。

中でも大手の楽天ポイントやAmazonポイント、Tポイントなどは電子書籍以外にも利用できるため、使い勝手が良いです。

【漫画】を読みたい方へ!おすすめの電子書籍7選

電子書籍の中でも漫画は特に人気があるジャンルであり、漫画に特化したサービスも多いです。

ここでは、漫画を読みたい方へおすすめの電子書籍を7つ紹介します。

  • ebookjapan
  • Amebaマンガ
  • DMMブックス
  • コミックシーモア
  • まんが王国
  • LINEマンガ
  • Renta!

ebookjapan

参照:ebookjapan
作品配信数
1,000,000冊以上
無料作品数
10,000冊以上
初回特典
70%OFFクーポン6枚
※1枚の上限500円まで
おすすめポイント最大70%還元のPayPayキャンペーン
セールの冊数が多くて頻度が高い
詳細公式サイトはこちら

ebookjapanは、Yahoo!とイーブックイニシアティブジャパンが共同で運営している電子書籍サービスです。

Yahoo!Japan IDを持っていれば会員登録の必要がなく、簡単にログインできます。

漫画を中心に数多くの書籍をラインナップしており、無料で読める漫画が多い点も魅力です。

月額プランはなくすべて買い切りであるため、それほど多くは読めないという方にもおすすめできます。

セールやキャンペーンが豊富にあり、毎週金曜日に更新される割引対象をチェックすればお得に本を購入することができます

また、珍しい背表紙表示機能があるのもポイントです。購入した書籍を実際の本棚に並べるようにディスプレイできるため、電子書籍でも集める楽しさを味わうことができます。

Amebaマンガ

出典:Amebaマンガ
作品配信数
400,000冊以上
無料作品数
4,000冊以上
初回特典
100冊まで40%OFF
※初回購入時のみ適用
おすすめポイント料金上限のない初回特典
購入金額に応じてお得にになるコイン
詳細公式サイトはこちら

Amebaマンガは、漫画のみを配信する漫画特化型の電子書籍サービスです。

最大の特徴は初回購入時特典にあり、初回購入時に限り100冊まで40%OFFになるキャンペーンを実施しています。初回購入特典には割引額の上限がないため、大量にまとめ買いがとくにおすすめのサービスです。

常時、4,000冊以上の漫画が無料で公開されており、気になる作品を見つけやういところも大きな特徴といえるでしょう。

好きな漫画を全巻まとめ買いしたり、色々な作品を大量に購入したい方は、Amebaマンガを利用することがおすすめです。

DMMブックス

出典:DMMブックス
作品配信数
700,000冊以上
無料作品数
10,000冊以上
初回特典
登録で70%OFFクーポン
※最大3,000円まで
おすすめポイント定期的なお得なセールを開催
大人向けの作品や雑誌が豊富
詳細公式サイトはこちら

DMMブックスは、漫画・同人誌や小説などラインナップが幅広く、マニアックな品揃えも特徴となっています。

他の電子書籍では読めない独占配信の作品が多数あるため、いろいろな雑誌や漫画を楽しみたい方におすすめです。

購入方法は基本的に買い切りで、自身に合わせた使い方ができます。

ポイント還元セールやクーポンも充実しており、特に会員登録時には70%オフクーポンがもらえるキャンペーンはお得です。

無料で読める作品もあるため、安く雑誌や漫画を読みたい方には嬉しいポイントが多くなっています。成人向けジャンルの取り扱いが多いだけあって、プライバシーに配慮した機能が多いのも特徴です。

コミックシーモア

出典:コミックシーモア
作品配信数
1,000,000冊以上
無料作品数
18,000冊以上
初回特典
70%OFFクーポン
※1冊まで適応
※上限3,000円まで
おすすめポイント読み放題,レンタルプランなど読み方が豊富
30%以上のクーポン配布頻度が高い
詳細公式サイトはこちら

コミックシーモアは、漫画に特化した電子書籍としては国内最大級のサービスとなっています。

取り扱いが約95万冊と非常に豊富で、利用者数もトップクラスであるため安心です。

無料作品も多いときで2万冊程度公開されており、無料でも十分に楽しめます。

ポイントの購入は、「月額メニュー」と「ポイントプラス」の2種類の方法があります。ポイント還元率も高く、「ポイントプラス」でも最大12%、「月額メニュー」では最大30%のポイントが加算されます。

読み放題コースは2種類あり、多才なジャンルが読める「フル」は月額1,480円(税込)、人気作品に絞った「ライト」は月額780円(税込)です。その他にも初回限定の特典やクーポンがたくさんあり、セールの多さも特徴と言えます。

まんが王国

出典:まんが王国
作品配信数
1,000,000冊以上
無料作品数
3,000冊以上
初回特典
最大50%ポイント還元
おすすめポイント漫画の配信数が豊富
期間限定で最大80%還元キャンペーン
詳細公式サイトはこちら

まんが王国は漫画に特化した電子書籍サービスで、15年以上の運営実績があります。

豊富なラインナップが魅力で、少年漫画や青年漫画、少女漫画、BL・TLなど幅広いジャンルの作品を揃えています。

人気の作品はもちろん、過去の名作やオリジナル漫画も多いため、いろいろな漫画を読みたい方におすすめです。

購入方法はポイント制で、高い還元率も魅力です。

ポイントの購入には「ポイント追加」と「月額コース」の2種類があり、どちらも最大で30%のボーナスポイントが付きます。

無料で読める漫画も3,000作品以上と豊富で、無料の試し読みも充実しています。

雑誌の読み放題プランもあり、メンズコミック誌3作品と恋愛コミック誌3作品の2つのコースから選択可能です。

LINEマンガ

LINEマンガは、メッセージアプリのLINEが提供している漫画アプリです。

LINEのアカウントを持っていれば会員登録の必要がなく、簡単に始めることができます。LINEアプリとの連携もでき、LINEユーザーにとっては非常に使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

取り扱いは約60万作品と多く、人気の少年漫画や少女漫画、大人向けの漫画などを揃えています。

購入方法は買い切りであるため、読む量が少なくても安心です。無料の作品も多く、試し読みにも力を入れているため、課金なしでも十分楽しめます。

また、インディーズの漫画作品が豊富である点も特徴です。他のサービスにはないマニアックな作品やオリジナルの作品があるため、好きな漫画を発掘したいという方にもおすすめできます。

Renta!

Renta!は、その名のとおりレンタルの利用が可能な電子書籍サービスです。

レンタルは1冊110円(税込)から利用することができ、電子書籍のため返す手間も延滞の心配もありません。

レンタル期間は基本的に48時間で、期限が来れば自動的に返却されます。

手元には残りませんが非常に安くレンタルできるため、たくさんの漫画を読みたい方におすすめです。

検索機能の利用しやすさも特徴で、少年漫画や少女漫画などのジャンルだけでなく、ラブコメや学園といったカテゴリーで検索することもできます。

レンタルは27万冊以上、購入なら64万冊以上の取り扱いがあるため、好みの作品を見つけやすいです。

ジャンルは漫画全般ですが、特にBLやTLの作品に強みがあります。これらのジャンルが好みの方には最適な利用しやすいサービスです。

【ライトノベル】を読みたい方へ!おすすめの電子書籍3選

漫画と並んで人気があるジャンルに、ライトノベルがあります。

ここでは、ライトノベルを読みたい方へおすすめの電子書籍を2つ紹介します。

  • Booklive!(ブックライブ)
  • BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)
  • honto

BookLive!(ブックライブ)

出典:Booklive!
作品配信数
1200,000冊以上
無料作品数
20,000冊以上
初回特典
登録で50%OFFクーポン
※1冊まで適用
おすすめポイント業界トップの作品配信数
漫画以外の作品数も豊富
詳細公式サイトはこちら

BookLive!は、取り扱いの多さが魅力的な電子書籍サービスです。累計で約143万冊もの書籍を取り扱っており、無料の作品も約24,000冊あります。

ラインナップは漫画が中心ですが、小説・ライトノベルやビジネス書などもあるため、漫画を読みつつ他のジャンルも気になるという方におすすめです。

セールの頻度やクーポンの豊富さも特徴で、最大90%オフという非常にお得なセールもあります。

また、1日1回クーポンガチャを引くことができ、最大で50%オフのクーポンを取得できます。セールやクーポンを利用して安く揃えたい方には最適です。

ポイントの月額コースには6種類の価格が設定されています。ポイントの還元は最大で20%と高めです。さらにTポイントを貯めることができるため、他のサービスにも利用できます。

BOOK☆WALKER(ブックウォーカー)

BOOK☆WALKERは、大手出版社のKADOKAWA直営の電子書籍サービスです。

漫画や雑誌など幅広いジャンルの取り扱いがありますが、とくにライトノベルのラインナップは充実しています。出版社の強みを活かした独占先行配信もあり、ライトノベル好きの方には最適です。

書籍の購入方法は基本的に買い切り方式ですが、ライトノベルに特化した「文庫・ラノベ読み放題」と漫画に特化した「マンガ・雑誌読み放題」の読み放題プランが2種類も用意されています。

料金はどちらも月額836円(税込)です。

一方、コインを利用して書籍を購入した場合、最大18%のコインが還元されるシステムもあります。

このコインは、読み放題の支払いにも利用できて便利です。

その他、初回購入時に限り合計額が50%オフになるキャンペーンなどもあります

honto

hontoは大日本印刷が運営しているサービスで、丸善やジュンク堂などの大手書店と連携している点が特徴です。

hontoで電子書籍を購入すると貯まるhontoポイントは実際の書店での購入にも利用でき、逆に書店での購入で貯めたポイントを電子書籍に利用できます。

そのため、電子書籍も紙の書籍も両方楽しみたい方におすすめです。

書店員のおすすめコーナーがある点も魅力で、電子書籍でも書店にいるような感覚で書籍を選ぶことができます。

ジャンルとしては実際の書店のように書籍全般を取り揃えており、ライトノベルの取り扱いも豊富です。

読み放題プランはありませんが無料で楽しめるものも多く、クーポンの配布も頻繁に行われるためお得に利用できます。

【雑誌】を読みたい方へ!おすすめの電子書籍4選

スクロールできます
項目dマガジン楽天マガジン読み放題プレミアムブック放題
運営会社株式会社NTTドコモ楽天グループ株式会社株式会社ビューン株式会社ビューン
作品数900誌以上1,000誌以上110誌以上700誌以上(漫画4万冊以上、漫画雑誌80冊以上)
無料作品数なしなしなしなし
料金プラン読み放題:月額440円読み放題:月額418円
年間プラン3,960円
Yahoo!プレミアム会員費:月額508円読み放題:月額550円
得意ジャンル雑誌雑誌雑誌雑誌・漫画
※料金は税込表記です。

雑誌に特化した電子書籍サービスは、複数の雑誌を定期購読している方に最適です。

ここでは、雑誌を読みたい方へおすすめの電子書籍を5つ紹介します。

dマガジン

dマガジンは、NTTドコモが運営している雑誌の読み放題サービスです。

ドコモユーザーは登録が簡単で、ドコモユーザー以外もdアカウントを作成する手順を踏めばすぐに利用できます。

また、900誌以上の雑誌が読み放題となっており、バックナンバーも含めると常に2,000冊以上の雑誌を読むことができます。ジャンルも人気のファッション誌や週刊誌はもちろん、ライフスタイルや趣味系の雑誌も幅広く揃えています。

さらに、家族で共有することができるのも嬉しいポイントです。

1つのアカウントがあれば最大6つのデバイスで利用することができるため、複数人で利用すればさらにお得になります。

利用を続ければdポイントが貯まり、ドコモの他サービスやネットショッピングなどに利用できます。

楽天マガジン

楽天マガジンは楽天グループが提供しているサービスで、雑誌が定額で読み放題です。

楽天会員向けのサービスで、利用すれば楽天ポイントを貯めることができます。ネットショッピングなど楽天の他のサービスにも利用できるため、非常に便利です。

読み放題コースとして通常の月額プランの他に、年間プランも用意されている点が特徴です。

月額プランでも418円(税込)と安いですが、年間プランは3,960円(税込)で1か月あたりの料金がさらに安く、1年間利用すれば約1,000円お得になります。

このようにかなりコスパが良いため、安いものを求めている方には有力な選択肢です。ラ

インナップの豊富さも魅力で、16ジャンル1,000誌以上が読み放題です。

バックナンバーやマニアックな雑誌も充実しているため、とにかくいろいろな雑誌をたくさん読みたい方に適しています。

読み放題プレミアム

読み放題プレミアムは、Yahoo!プレミアム会員向けの電子書籍サービスです。

Yahoo!プレミアム会員であれば無料で利用でき、110誌以上の雑誌が読み放題となります。

独立したサービスではないためラインナップは比較的少なめですが、すでにYahoo!プレミアム会員に登録している方にはメリットが多くおすすめです。

また、ワイモバイルやソフトバンクユーザーは、条件を満たせば無料でYahoo!プレミアム会員になれる場合があります。これを利用すれば無料で雑誌の読み放題が利用できるため、かなりお得です。

また、ヤフオクやPayPayを利用しているのであれば、手数料が下がったりポイント還元率が上がったりする利点もあります

会員費は月額508円(税込)で、読み放題プレミアムだけのために登録するのはあまりコスパが良くありませんが、Yahoo!のサービスをたくさん使っている方にはぜひ利用してほしいサービスです。

ブック放題

ブック放題は、読み放題プレミアムと同じ株式会社ビューンが運営する読み放題サービスです。

こちらはYahoo!プレミアム会員でなくても利用することができ、月額550円(税込)で700誌以上の雑誌が読み放題です。

雑誌の他にも漫画が4万冊以上、漫画雑誌が80冊以上ラインナップされているため、雑誌と漫画を両方楽しみたい方におすすめです。

雑誌のカテゴリーも豊富で、ファッション誌や週刊誌から趣味・実用雑誌まで幅広く揃えています

バックナンバーも充実しているため、たくさんの雑誌を読みたい方に最適です。

また、ブック放題は買い切りではないため、連載中でなければ基本的にすべての漫画が全巻読み放題となっています。

待たずに読むことができるため、過去の漫画の一気読みができる点も嬉しいポイントです。

【いろいろなジャンル】を読みたい方へ!おすすめの電子書籍3選

項目Kindle楽天Kobo読み放題プレミアム
運営会社Amazon.com楽天グループ株式会社株式会社ビューン
作品数700万冊以上約400万冊110誌以上
無料作品数1万冊以上4,600冊以上なし
料金プラン単価で購入
Kindle Unlimited読み放題:980円
Prime Reading(Amazonプライム会員特典):月額500円、年間4,900円 
単価で購入Yahoo!プレミアム会員費:508円
得意ジャンル書籍全般書籍全般雑誌
※料金は税込表記です。

特に読みたいジャンルが決まっていない方や、幅広いジャンルの書籍を読みたい方も多いのではないでしょうか。

そのような方には、ジャンル特化ではなく書籍全般をラインナップしているサービスが最適です。

ここでは、いろいろなジャンルを読みたい方へおすすめの電子書籍を3つ紹介します。

Kindle

Kindleは、ネット通販のAmazonが提供している電子書籍サービスです。取り扱っている書籍の圧倒的な多さが特徴で、700万冊以上の書籍を配信しています。

ジャンルも全般的に対応しており、漫画や小説はもちろん、雑誌やビジネス書、洋書や絵本など、あらゆるジャンルの作品があります。

基本は買い切り方式ですが、2つの読み放題サービスもあります。

「Kindle Unlimited」は読み放題専用のプランで、月額980円(税込)で対象の書籍が読み放題です。

「Prime Reading」はAmazonプライム会員限定のサービスで、月額500円(税込)のプライム会員になっていれば追加料金なしで利用することができます。

また、Kindleは専用の電子書籍リーダーがある点もポイントです。

Kindleストア限定ですが、非常に使い勝手が良く種類も豊富で、より充実した読書体験ができます。

楽天Kobo

楽天Koboは、楽天グループが運営する電子書籍サービスです。Kindleには及びませんが400万冊以上という品揃えがあり、こちらも国内最大級の規模となっています。

国内のサービスであるためKindleに比べ洋書は少なめですが、日本の作品であればあらゆるジャンルの作品が揃っています。紙の書籍の購入も可能です。

購入方法は買い切りで、上述した雑誌読み放題の楽天マガジン以外に読み放題プランはありません。

そのため、読む量が少ない方でも柔軟に利用することができます。楽天ポイントも付与されるため、楽天のサービスをよく利用する方はとくにお得です。

また、楽天Koboも専用の電子書籍リーダーを提供しています。

ストアとの連携が充実しているため使い勝手が良く、スペックの高さもあって人気です。

読み放題プレミアム

読み放題プレミアムは雑誌の読み放題サービスで、Yahoo!プレミアム会員であれば追加料金なしで楽しめます。

雑誌専門の他サービスとは異なり、漫画雑誌も読み放題の対象になっている点が特徴です。

取り扱いは110誌以上と少なめですが、漫画雑誌を含めてさまざまなジャンルの雑誌を読むことができます。

また、Yahoo!プレミアム会員に登録すれば、野球やバスケットボールのライブ中継の観戦も可能です。

他にもヤフオクやYahoo!ショッピング、Yahoo!トラベルなどのさまざまなサービスがお得に利用できます。また、PayPayの還元率も高くなります。

このようにさまざまなサービスがお得になることを考えると、月額508円(税込)は非常にコスパが良いといえます。

たくさんのサービスの一環として雑誌の読み放題を利用したい方には、読み放題プレミアムがおすすめです。

【動画】も視聴したい方へ!おすすめの電子書籍3選

電子書籍サービスの中には、同時に動画配信サービスを行っているものがあります。

同じ月額料金で書籍と動画が楽しめるため、とても便利です。

ここでは、動画も視聴したい方へおすすめの電子書籍を3つ紹介します。

  • U-NEXT
  • DMMTV
  • FODプレミアム

U-NEXT

「U-NEXT」

出典:U-NEXT
  • 圧倒的な作品数
  • 電子書籍・雑誌も読み放題
  • 毎月1,200ポイント付与
月額プラン2,189円
配信数24万作以上
無料体験31日間
視聴タイプ見放題/レンタル
詳細公式サイト
※料金は全て税込表示です。

U-NEXTは動画見放題のサービスとして有名ですが、実は電子書籍も充実しています。

月額2,189円(税込)で24万本以上の動画に加え、68万冊以上の書籍が利用できます。

電子書籍専門の他サービスと比較しても見劣りしないラインナップ数で、動画も書籍もたくさん楽しみたい方におすすめです。

月額料金は少し高めですが、毎月1200円分のポイントが還元されて、新作の動画や書籍の購入に利用可能です。

追加でポイントを購入した場合にも40%のポイントが還元されるため、見た目ほど料金を心配せずに利用できます。

配信ジャンルとしては、書籍は漫画・ライトノベル・雑誌、動画はドラマ・映画・アニメに強いです。

もちろん他のジャンルもあり、いろいろなジャンルが好きな方でも十分楽しめる品揃えとなっています。

DMMTV

「DMM TV」

出典:DMM TV
  • 新作アニメの配信が豊富
  • DMMの各種コンテンツが利用可能
  • 550ポイント付与で最大3か月無料
月額プラン550円
配信数12万作以上
無料体験30日間
視聴タイプ見放題/購入/レンタル
詳細公式サイト
※料金は全て税込表示です。

DMMTVは、2022年12月に誕生した新しいサービスです。

12万以上の動画作品が見放題となるほか、上述したDMMブックスと併用することで電子書籍も読むことができます。

DMMTVでは、1か月無料のお試し期間と3ヶ月間550円分のDMMポイントが不要されることが特徴です。DMMポイントは、DMMブックスで利用することができるため、3か月最大で1650円分の電子書籍が読める計算となります。

またDMMポイントは、電子書籍以外にゲームの購入や通販などにも利用できるため、生活圏をまとめたい方におすすめのサービスです。

FODプレミアム

FODは、フジテレビ系の動画配信サービスです。月額976円(税込)のFODプレミアムでは動画が見放題となる他、150誌以上の雑誌も読み放題となります

特に女性誌のラインナップは充実しており、動画とともに女性誌を楽しみたい方におすすめです。

FODプレミアムは雑誌以外のジャンルの取り扱いも豊富です。

漫画は最新のものも取り揃えており、無料で読めるものも3,500作品以上あります。

定額プランへの加入や購入で付与されるポイントも多く、お得に利用しやすいシステムも魅力です。

動画のジャンルとしては、特にフジテレビ系のドラマやバラエティに強いです。

U-NEXTに比べ海外作品は少なめですが、国内の番組は充実しています。国内の最新ドラマや名作ドラマが好きな方には、とくにおすすめできるサービスです。

電子書籍に関するよくある質問

最後に、電子書籍に関するよくある質問に答えていきます。

電子書籍はスマートフォンとパソコンどちらで見れますか?

基本的にどの電子書籍サービスも、スマートフォンとパソコンの両方で閲覧可能です。

持ち運びしたいときにはスマートフォンで、大きい画面で読みたいときにはパソコンで、というような使い分けもできます。持ち運びが簡単で画面が大きいタブレットもおすすめです。

しかし、パソコン用のアプリが用意されていないこともあります。

その場合もブラウザで読める場合が多いですが、ブラウザではいくつかの機能が制限されることがあるため注意しましょう。

電子書籍で本を購入する方が安いですか?

紙の書籍は、古本以外はすべて決まった価格で販売され、値引きされることはありません。

一方、多くの電子書籍サービスでは定期的に値引きセールやクーポン配布を行っており、紙の書籍より安く買えることが多いです。

また、読み放題サービスや無料で読める電子書籍を利用すれば、さらにお得です。

ただし、電子書籍はフリマサイトや古本屋で売ることができません。

そのため、読み終えた書籍を手元に置いておく必要がないのであれば、結果的に紙の書籍のほうがお得になることもありえます。

購入した電子書籍はオフラインでみれますか?

多くの電子書籍サービスで書籍データのダウンロードができ、オフラインでの閲覧が可能です。

しかし、一部にはダウンロード機能がないサービスもあるため、オフラインで利用したいのであれば事前に確認しましょう。

また、ダウンロードする場合には基本的にアプリが必要で、ブラウザでは閲覧が不可能な場合が多いです。

オフラインでの閲覧なら通信環境にかかわらず快適に読むことができ、データ通信量を消費することもありません。

一方でデバイスのデータ容量を消費するというデメリットもあるため、状況に合わせて使い分けることをおすすめします。

電子書籍のメリットとデメリットは何ですか?

電子書籍の代表的なメリットは、場所を取らず、持ち運びに便利な点です。

収納を圧迫せずに保管でき、たとえ100冊でも気軽に持ち運ぶことができます。

また、上述のようにセールやクーポンで安く購入できる場合が多い点も利点です。

一方デメリットとしては、デバイスのバッテリーが切れたら読めないこと、集中が途切れやすいこと、そして発売が紙の書籍より若干遅くなることなどがあります。

また、手元に物として残らず、サービス停止すると読めなくなる可能性がある点も難点です。

まとめ

今回は、人気がある電子書籍のおすすめ20選をタイプ別に紹介してきました。

電子書籍は各サービスによって、得意ジャンルや品揃え、料金プランやキャンペーンの頻度などがさまざまです。

お得にたくさんの書籍を楽しみたいのであれば、無料作品数や読み放題プランの対象作品数も重要になります。

読みたいジャンルや目的を明確にしておけば、自身に合った電子書籍を選びやすいです。

自身に合ったサービスを見つけることができれば、電子書籍を安く便利に利用できます。

電子書籍サービス選びで迷っている方は、ぜひ参考にして自身に合ったものを探してみてください。

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>
まんが王国公式サイト
コミックシーモア公式サイト
ebookjapan公式サイト

目次