MENU

楽天の電子書籍「楽天Kobo」の口コミ・評判は?メリット・デメリットも紹介!

rakuten-ebook-01

電子書籍サービスには、さまざまな種類があります。そのなかで規模の大きさは、楽天Koboがトップクラスです。
他のサービスと共通で使用できるポイント制度も魅力的で、お得に電子書籍を楽しむことができます。

今回は、楽天の電子書籍、楽天Koboの口コミ・評判から、メリット・デメリットまで解説します。
楽天Koboの利用を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

楽天Koboのサービス・特徴とは

楽天Koboには、他の電子書籍サービスにはない特徴があります。ここでは、楽天Koboのサービスと特徴をご紹介します。

400万冊以上の豊富な作品数

楽天Koboが取り扱っている作品数は、400万冊以上です。これはAmazan Kindleに次ぐ多さで、国内最大級のラインナップを誇ります。人気作品や過去の名作はもちろん、マイナーな作品の取り扱いも豊富です。

たくさんの作品を読みたい方や、マニアックな作品を探しているという方におすすめです。

また、漫画、小説、ライトノベル、雑誌、ビジネス書、学術書、洋書、TL・BLなど、ジャンルについても幅広く対応しています。特に読みたいジャンルがなく、いろいろなジャンルの作品を読みたいという方にも利用しやすいでしょう。

楽天ポイントが貯められる・使用できる

楽天Koboの最大の特徴は、楽天ポイントが貯められる・使用できる点です。楽天Koboで書籍を購入すると、楽天ポイントが貯まり、貯まったポイントを書籍の購入に使用できます。

特に楽天ユーザーでの場合、お得に利用できるためおすすめです。

楽天Koboのポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの他サービスと共有されます。そのため、日用品の購入などで貯めたポイントを使用すれば、実質無料で電子書籍を読むこともできます。

さらに、楽天のサービスはポイント還元率が高いことに定評があります。ポイント還元率は、100円につき1ポイントが基本ですが、還元率が上がるキャンペーンやクーポンを活用すれば、効率的にポイントを貯めることができます。

料金・支払い方法

楽天Koboのアプリは無料でダウンロードが可能です。さらに月額料金も一切かからず、無料で利用できます。

一方、書籍の購入は商品ごとに決められた料金の支払いが必要です。楽天には雑誌が読み放題となる、楽天マガジンもありますが、それ以外に月額の読み放題プランはありません。そのため、電子書籍の購入は基本的に単品ごとになります。

楽天Koboで利用できる支払い方法は、次の4種類です。

  • クレジットカード(Visa、MasterCard、Diners、JCB、American Express(Amex)、一部のデビットカード)
  • クーポン
  • 楽天ポイント
  • 楽天キャッシュ

楽天キャッシュは、楽天の電子マネーです。他の電子マネーは利用できません。

クレジットカードについては、概ね一般的なカード会社のものであれば利用できますが、楽天カードを利用すればポイント還元率が上がるため、楽天カードの使用をおすすめします。

紙の本も購入可能

楽天Koboと似たサービスに、楽天ブックスがあります。二つの違いは取り扱っている媒体です。

楽天ブックスは書籍・DVD・ブルーレイ・CD・ゲームなど、さまざまな媒体を取り扱っており、その中で電子書籍を取り扱うストアが、楽天Koboとなります。

楽天Koboは、電子書籍がメインコンテンツであるため、紙の本を購入することはできません。ただし、同社のサービスである楽天ブックスを使用することで、紙の本も購入できます。

他社の電子書籍サービスでは紙の書籍を購入できないことが多いため、同社のサービスで購入できる点はメリットといえます。

楽天Kobo専用リーダーは5種類

スクロールできます
Kobo NiaKobo Clara HDKobo Libra 2Kobo SageKobo Elipsa
本体価格10,978円15,180円23,980円30,800円46,990円
容量約8GB
(テキストベースの本:約6,000点分/コミック:約150点分)
約8GB
(テキストベースの本:約6,000点分/コミック:約150点分)
約32GB
(テキストベースの本:約28,000点分/コミック:約700点分)
約32GB
(テキストベースの本:約28,000点分/コミック:約700点分)
約32GB
(テキストベースの本:約28,000点分/コミック:約700点分)
特徴最安値
コンパクト
最軽量
高解像度
コンパクト
2カラー
防水
物理ボタン
高解像度
書き込み
防水
物理ボタン
高解像度
書き込み
大画面

楽天Koboは、専用の電子書籍リーダーを5つ販売しています。専用リーダーは読書に集中しやすく、より快適・便利に電子書籍を読むことができるためおすすめです。

ここでは、楽天Koboの専用リーダー5種類の特徴をそれぞれ紹介します。

Kobo Nia

Kobo Niaはシリーズの中で最も安く、10,978円(税込)というリーズナブルな価格が特徴です。

容量や解像度は見劣りするものの、基本的な機能やスペックは劣らないためコスパが良いと言えます。特にビギナーにおすすめで、最初のひとつに適したモデルです。

また、コンパクトなサイズもポイントです。画面は6インチと小型モデルで、持ち運びがしやすくなっています。電車などでの移動中や、外出先で読書がしたいという方には特におすすめです。

容量は約8GBで、次のClara HDと同じく上位モデルと比較すると少なめとなっています。とはいえ、漫画は約150冊、小説であれば約6,000冊が保存できるため、多数の媒体を読まないの場合には困らない容量です。

Kobo Clara HD

Kobo Clara HDは、小型モデルに高機能を搭載しています。

Niaと同じ6インチの最小サイズで持ち運びがしやすく、重量は166gでシリーズ最軽量となっています。疲れにくく、長時間の読書にも最適です。

一方、機能は大型モデル並みに充実しています。解像度は300ppiとシリーズ最高クラスで、小さな文字や画像や画なども、はっきり表示できます。Comfort Light Proも搭載しており、画面の明るさや色彩が調整可能です。

このように上位モデル並みの機能を揃えていながら、15,180円(税込)というリーズナブルな価格が魅力的です。

Kobo Libra 2

Kobo Libra 2は、シリーズで最もスタンダードなモデルといえます。

シリーズの中で唯一の2カラーである点が特徴で、ホワイト・ブラックの2種類から選択可能です。画面は7インチと小さめですが、見開き表示にも対応しています。

上位モデルらしく機能性が充実している点がメリットです。解像度は300ppiと最高クラスで、ページめくり用の物理ボタンも付いています。また、高い防水機能も搭載しているため、お風呂などでの読書も可能です。

上位モデルであるため、価格は23,980円(税込)と少し高めになっています。また、ここから上位のモデルは容量が約32GBです。

漫画では約700冊、小説であれば約28,000冊が入るため、たくさんの本を読みたい方やコレクションしたい方にも十分適しています。

Kobo Sage

Kobo Sageは、便利な機能が揃ったプレミアムなモデルです。

Libra 2と同じく300ppiの解像度やページめくりボタン、防水機能を搭載しています。画面は8インチと大きめで、見開きの表示も可能です。凹凸のないフラットスクリーンも特徴で、滑らかな使い心地で快適に使用することができます。

これに加え、電子書籍に書き込みができる、Koboスタイラス機能が搭載されてます。他社製品には少ないユニークな機能で、専用のタッチペンを使用することでどこでも自由に書き込み可能です。

ノートを取ることができる機能も搭載されているため、読書のみでなく勉強にも使用することができます。新しいスタイルの電子書籍を楽しみたい方におすすめです。

このように機能が豊富であるため、価格は30,800円(税込)と高めに設定されています。価格に見合うほどのスペックや使いやすさを備えているため、プレミアムな電子書籍リーダーが欲しい方におすすめです。

Kobo Elipsa

Kobo Elipsaは、10.3インチとシリーズ最大サイズの大型モデルです。

見開きのある漫画や雑誌、写真集やイラスト集などを読むのに適しています。価格は46,990円(税込)ともっとも高価格ですが、独自性があるため機能にこだわりがある方におすすめです。

また、電子書籍に書き込みができる、Koboスタイラス対応で、自由にメモできるノート機能もあります。読むだけでなく、勉強や仕事にも利用できる機能性が魅力です。

同じ機能に対応しているSageと異なり、専用のタッチペンとスリープカバーはデフォルトで付属しています。

楽天Koboに関する良い口コミ・評判

実際に楽天Koboを使っている方は、どのような感想を持っているのでしょうか。

ここでは、楽天Koboに関する良い口コミ・評判を3つの項目で紹介します。

ポイントが貯まる

楽天ポイントについての口コミは非常に多いです。他サービスで貯めたポイントを書籍の購入に使ったり、逆に書籍購入で貯めたポイントを他サービスで使ったりという利用方法があります。

楽天ポイントが充実している点を決め手に選んだ、という方も多く見られました。

お得なキャンペーン

キャンペーンの豊富さも高く評価されています。

ポイント還元率が上がるキャンペーンのほかに、対象の書籍が安くなったり、お得なクーポンが配布されるキャンペーンも実施しています。

使いやすい

アプリの使い勝手についても、良い口コミがたくさんありました。

マーカーやしおりなどの基本的な機能も使いやすく、ストレスなく読書ができるといわれています。

老舗のサービスであるKindleの使い勝手が、もっとも良いというイメージを持つ人が多い中で、意外と楽天Koboのほうが使いやすかったという意見もあります。

楽天Koboに関する良くない口コミ・評判

口コミの中には、楽天Koboに対する良くない感想もあるようです。

続いて、楽天Koboに関する良くない口コミ・評判を2つのポイントでご紹介します。

Kindleの方が利用しやすい

https://twitter.com/bouzudaaa/status/1384976333529239555

上述のように楽天Koboのほうが利用しやすいという意見もある一方で、Kindleのほうがよいという意見もあります。

細かな機能の違いもあるため、特にKindleに慣れている方にとってはストレスになる部分もあるかもしれません。

利用したいサービスや使い勝手などには個人差があるため、無料作品で試してみることをおすすめします。

電子リーダーはなくても利用可能

専用の電子書籍リーダーがある楽天Koboですが、もちろんスマホやパソコンでも問題なく利用することができます。

評判から見る楽天Koboのメリット

楽天Koboの口コミ・評判を見てきましたが、これをもとに楽天Koboのメリット・デメリットを知ることができます。まずは、評判から見る楽天Koboのメリットを5つ紹介します。

豊富な品揃えで洋書も充実している

さまざまな特徴がある楽天Koboですが、品ぞろえの豊富さを評価する声は多いです。約400万冊という国内最大級のラインナップは、大きなメリットと言えます。

漫画や小説をはじめ、ライトノベル、雑誌、ビジネス書、学術書、洋書、TL・BLとジャンルも豊富で、基本的に何でも揃います。

特に漫画作品には強く、話題作や名作はもちろん、マイナーな作品も取り揃えています。また、国内サービスであるものの洋書の取り扱いもしっかりと多めで、海外サービスであるAmazon Kindleにも引けを取りません。

品揃えの豊富さは、たくさんの作品を読みたい方や、マイナーな作品やジャンルに興味がある方にとっては嬉しいポイントです。

新しい出会いの確率も高いため、知らない作家やジャンルの作品を開拓するという使い方もできます。

複数の端末から接続が可能

楽天Koboはスマホやタブレット、パソコンや専用リーダーなどさまざまな端末で利用することができます。専用のリーダーアプリをインストールするのみで、どの端末でも閲覧可能です。

そして、接続に台数制限がないため、手持ちのすべての端末を同期することが可能です。接続に台数制限がないサービスは、楽天KoboとDMMブックスの2つのみです。

他のサービスでは、多くても10台までなどの制限があります。場所や環境に合わせて利用する端末を変えたいという方も多いため、複数の端末で同期できる点は大きなメリットです。

また、これを利用し家族で電子書籍を共有することもできます。

無料の作品が充実

楽天Koboは、無料で読める作品も充実しています。

著作権切れの青空文庫のみでなく、一部の作品が無料で利用可能です。時期によって無料作品数や対象作品は変わりますが、常に約3,000~5,000冊程度の作品を無料で読むことができます。

無料の対象となる作品のジャンルは小説やライトノベル、ビジネス書などもたくさんありますが、特に漫画の無料ラインアップは豊富です。

漫画を無料で読みたいという方には、漫画に特化した電子書籍サービスのみでなく、楽天Koboも選択肢の一つとして検討すると良いでしょう。

楽天Koboは無料でアプリのインストールができ、月額料金もかかりません。

そのため、楽天Koboが気になるもの、初めて書籍を購入することが不安という方は、まずは無料作品で使用感を試してみることをおすすめします。

しおり機能が便利

楽天Koboには快適な読書のための機能が豊富であり、なかでもしおり機能は、高く評価されています。

電子書籍でも、紙の本と同じように、しおりをはさみたいという方も多いのではないでしょうか。現在は、しおり機能を搭載したアプリも増えていますが、楽天Koboのしおり機能は特に使いやすく便利です。

楽天Koboでしおり機能を使用するためには、そのページの右上の端を1回タップすると、ページの端に赤い札のマークが表示されます。その赤い札のマークがしおりとなり、後から確認することができます。

また、しおりを付けた際にはポップアップが表示されるため、誤って付けてしまった場合にも気づきやすくなっています。

他にも、マーカーやフォントサイズ調整などの基本的な機能は揃っています。好きな本を自由に整理できる、コレクション機能も便利です。

クーポンやキャンペーンでお得に購入できる

クーポンやキャンペーンの多さも、楽天Koboのメリットです。電子書籍は基本的にどこでも価格が同じであるため、クーポンやキャンペーンを使って、いかにお得に購入するかが重要になります。

特に、毎週もらえるクーポンは便利です。女性であれば毎週水曜日、男性であれば毎週木曜日に、最大20%オフのクーポンが配布されます。

他にも、定期的に開催されるキャンペーンで最大20%オフクーポンがもらえます。これらのクーポンは発売直後の作品にも利用できるところが特徴で、楽天Koboの大きなメリットといえます。

また、ポイント還元率が上がるキャンペーンも頻繁に催されています。楽天SPUでは最大15.5%が還元される他、毎月18日や楽天スポーツチームの勝利日にも最大4%と高くなります。

還元率アップのキャンペーンとクーポンは、時期が重なっても併用することができるため非常にお得です。

評判から見る楽天Koboのデメリット

たくさんのメリットがある楽天Koboですが、もちろんデメリットもあります。後悔しない買い物をするために、事前にデメリットも把握しておきましょう。

ここでは、評判から見る楽天Koboのデメリットを4つ紹介します。

楽天ユーザー以外はお得ではない

ポイント還元率が高く、お得に電子書籍を購入できる点はメリットですが、楽天ユーザーではない方にとっては、お得に感じられないというデメリットにもなります。そのため、楽天ユーザー以外の方にとって、楽天Koboの優先度は低い印象です。

また、キャンペーンやクーポンなども、ポイントに関わるものが多くなっています。楽天ユーザー以外は、このようなキャンペーンやクーポンなど利用の機会がない点もデメリットとしてあげられるでしょう。

とはいえ、電子書籍以外のサービスが幅広い点は、楽天の強みといえます。クレジットカードや銀行、通信キャリア、通販などさまざまなサービスを展開しています。

楽天Koboを利用したい方は、これをきっかけに他のサービスを利用してみるのもおすすめです。

アプリから書籍は購入できない

楽天Koboのアプリは読むことに特化しており、電子書籍の購入ができません。この点はよく指摘されている部分であり、特に理由も説明されていないため不満だという口コミも多く見られました。

そして、アプリでは電子書籍の購入ができないため、購入の際はブラウザを経由する必要があります。

ブラウザで楽天Koboにログインして、購入した後、リーダーアプリを開いて同期、読むという手順になっています。

他社サービスで、購入と閲覧が同じアプリ内で完結する電子書籍サービスもあるため、手順が増える点はデメリットといえます。

それほど大変な手間でもありませんが、サクサクと読みたい方にとってはストレスに感じるかもしれません。

支払い方法の選択肢少ない

楽天Koboは、対応可能な支払い方法が少ない点も指摘されています。他のサービスに比べて可能な選択肢が少ないという点はデメリットといえるでしょう。

楽天Koboが対応している支払い方法は、クレジットカード、クーポン、楽天ポイント、楽天キャッシュの4つです。たくさん購入したい場合は、クーポンやポイントで賄うのは現実的ではありません。

また、電子マネーは楽天キャッシュのみで、他の電子マネーは利用できません。このように、利用する方よっては、支払い方法がクレジットカードの一択となってしまいます。

どうしてもクレジットカード以外の方法を使いたい場合は、コンビニなどで、楽天ポイントギフトカードを購入してチャージするという方法もあります。

この方法であれば、交通系の電子マネーやスマホ決済、そして現金でも支払い可能です。

ただし、外出してカードを購入するという手間がかかります。

メルマガが多い

楽天Koboは、メルマガの多さと解除の手間も難点のひとつです。メルマガに関しては楽天のサービス全体でよくいわれるデメリットですが、楽天Koboにも当てはまります。

楽天Koboでは、電子書籍を購入する際にメルマガ登録についての確認項目があります。ショップ登録の希望も含めると3つのチェック項目があり、これがすべてデフォルトでオンになっています。

そのため、電子書籍を購入するたびに、毎回3つのチェックを外すという手間がかかります。また、チェック項目が購入ページ下部の気づきにくい箇所に配置されているため、注意が必要です。

全体でチェックを外すことができず毎回操作が必要になるのは、他のサービスにはないデメリットと言えます。この点を低く評価する口コミも多く見られました。

楽天Koboと人気の他社サービスを比較

スクロールできます
楽天KoboAmazon Kindledブック
月額無料無料無料
作品数400万冊以上700万冊以上60万冊以上
得意ジャンル書籍全般
(漫画)
書籍全般
(ビジネス書)
漫画
オフライン閲覧可能可能可能
お試し期間なしなしなし
無料の内容約3,000~5,000冊1万冊以上最大3,000冊

楽天Koboと並んで人気のある電子書籍サービスに、AmazonのKindleとドコモのdブックがあります。いずれも大手のサービスであり、ポイントがお得であるなどの共通点があります。

ここでは、楽天Kobo、Amazon Kindle、dブックの3つを比較し、それぞれの特徴を解説します。

Amazon Kindle

Kindleは、大手通販サイトのAmazonが提供しているサービスです。どちらも大手で共通点が多いため、楽天Koboとよく比較されています。

主な特徴は700万冊以上という品揃えで、次点の楽天Koboも大きく引き離しています。 そして、取扱いは書籍全般であり、ジャンルも幅広くなっています。

取扱い書籍の傾向としては、そこまで大きな差はありませんが、楽天Koboは漫画や洋書、Kindleはビジネス書や学術書に強いでしょう。さらにKindleは、個人の自費出版も多く取扱いしています。

アプリやリーダーの機能面には細かな違いがありますが、使用感には個人差があるため、楽天Koboのほうが使いやすいという口コミもあれば、Kindleのほうが使いやすいという口コミもあります。

どちらもアプリは無料であるため、無料作品で使用感を試してみるとよいでしょう。専用リーダーは、楽天Koboのほうが種類は多いですが、価格はKindleのほうが価格はリーズナブルです。

Kindle Unlimitedという読み放題プランがある点は、Kindleがリードしています。こちらは月額980円(税込)で、対象の作品が読み放題となるプランです。

一方、楽天には雑誌が読み放題の楽天マガジンがありますが、オールジャンルでの読み放題プランはありません。読み放題にプランに魅力を感じる方は、Kindleがおすすめです。

dブック

dブックは、通信サービス大手のdocomoが提供している電子書籍サービスです。

こちらも大手が運営しており実績もあるため、安心感があります。楽天KoboやKindleと違って、専用の電子書籍リーダーはありません。

作品数は60万冊以上と、少なくはないものの、楽天KoboやKindleに比べてしまうと見劣りします。ジャンルとしてはビジネス書や学術書、洋書などの取り扱いが少なく、また成人向け作品の取り扱いはありません。

しかし、漫画や小説、ライトノベルなどの品揃えにはそれほど差がないため、特に漫画や小説を中心に読みたいという方に適しているでしょう。

ポイント制度も強みです。dブックではdポイントを貯めることができるため、貯まったポイントで書籍を購入することが可能です。

同じdocomoが提供するdマガジンやdアニメストア、dTVでも利用できるため、docomoユーザーの方や動画も楽しみたい方にはおすすめです。

楽天Koboがおすすめな方

最後に、楽天Koboがどのような方におすすめできるかを解説します。

楽天ユーザーでポイントを貯めたい・使いたい方

最もおすすめできるのは、楽天ユーザーの方です。

楽天Koboの最大のメリットは高いポイント還元率で、普段から買い物などで楽天を使用している方は、はじめからお得に利用することができます。そして、50円(税込)の少額作品もあるため、ポイントの消費にもおすすめです。

楽天カードを使った決済で常に還元率を上げることができ、還元率が上がるクーポンやキャンペーンも豊富です。

電子書籍以外のサービスの範囲も幅広いため、連携されることでさらにお得になります。ポイント還元率に惹かれて利用を決めたという口コミも多くありました。

楽天ユーザーでなくても十分に楽しめる便利なサービスではありますが、楽天Koboの良いところを最大限に活かすためには他サービスとの連携は欠かせません。

楽天Koboを使ってみたい場合は、楽天の他サービスの利用も検討してみることをおすすめします。

専用リーダーを持っている方

次に、楽天Koboの専用リーダーを持っている方にもおすすめです。

専用リーダーで読書できるサービスはほとんどないため、この点を決め手として利用を開始した方もたくさんいます。

楽天Koboの電子書籍リーダーは楽天Koboストアでしか電子書籍の購入ができないため、楽天に使いたい専用リーダーをお持ちの方は、楽天Koboの利用は必須です。

楽天の専用リーダーは他社と比べると価格は高めですが、スペックは充実しています。5種類のラインナップがある点も魅力であり、ご自身の予算や用途に合わせて選ぶことができます。

特に書き込みやノート機能があるモデルは他社には珍しい製品であり、人気です。

まとめ

今回は、楽天Koboの口コミ・評判や、メリット・デメリットを解説しました。

楽天Koboは、豊富な作品数と楽天ポイント制度が高く評価されています。国内最大級の規模があるため好みの書籍を見つけやすく、ポイント還元やクーポンも充実しているためお得に利用できます。

一方、アプリから購入できなかったり、支払い方法が少なかったりという点はデメリットです。

アプリやリーダーの使い勝手には個人差があるようで、他サービスのほうが使いやすいという感想もあれば、その逆もあります。

お得にたくさんの本が読めるサービスです。ぜひ一度楽天Koboを試してみてはいかがでしょうか。

※2022年7月時点の情報です。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>
楽天kobo
Amazon Kindle
dブック

目次