MENU

イモトのWiFiは海外レンタルと国内レンタルが可能!口コミ・メリット・デメリットも紹介

海外だけでなく国内でも利用できるモバイルWi-Fiの「イモトのWiFi」は、早割と呼ばれる割引制度やオプションが充実しています。

そのようなイモトのWiFiの契約を考えている方の中には「イモトのWiFiの特徴は?」「実際に利用した人の口コミは?」このような疑問がある方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、イモトのWiFiのプラン内容やメリット・デメリット、利用者の口コミをお伝えします。契約を検討している方は是非参考にしてください。

目次

イモトのWiFiは海外用と国内用の2つのプランがある

モバイルWi-Fiとして人気のイモトのWiFiですが、プランを見ると海外用と国内用の2つのプランがあります。海外用と国内用のプランは内容が全く異なるため、特徴を確認しておきましょう。

新登場!国内4week・28日間プラン

イモトのWiFiでは、新しく日本国内で利用できる料金プランの提供を始めました。プラン内容は次のとおりです。

項目詳細
プラン名イモトの国内無制限WiFi(4weekパック)
料金7,238円
利用期間28日
データ容量無制限
回線4G/LTE
※料金は税込表記です。

表のとおり、20日間無制限に使い放題で7,238円(税込)です。支払い方法は、次の3つから選べます。

  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ後払い

クレジットカードがなくても、Amazon Payやコンビニ後払いで登録が可能です。

支払いにクレジットカードを使いたくない方や、何らかの理由でクレジットカードを持っていない方や発行できない方も契約できます。

通信速度は4G/LTE

国内用のプランの回線は、4G/LTEが利用できます。4G/LTEは、大手キャリアでも使用されている通信規格です。

従来の通信規格は、建物の中や地下などで繋がらないことが多いのですが、4G/LTEは頑丈な造りの建物内や地下鉄内などの繋がりにくい場所でも繋がりやすいため、快適に通信できるメリットがあります。

せっかくモバイルWi-Fiを契約しても、繋がりにくかったり通信速度が遅かったりしたら契約する意味がありません。

みんなのネット回線速度によると、実際にイモトのWiFiを使用している方の実測値を確認すると、下りでおよそ60Mbpsの通信速度が出ている方もいるため、通信速度に関しても安心です。

データ容量無制限

イモトのWiFiは、データ容量無制限で使い放題です。

データ容量無制限のモバイルWi-Fiは、他社を見てもWiMAXしか提供していないため、データ容量を多く使用する方にとっては大きなメリットではないでしょうか。

例えば、テレワークで毎日インターネットを使ったり、高画質な動画を視聴する方などにとっては、かなり使い勝手の良いモバイルWi-Fiです。

しかし、データ容量無制限と言っても、完全に使い放題というわけではありません。公式サイトを見ると、3日で10GB以上使用した場合は、通信速度が制限される可能性があると記載されています。

そのため、データ容量無制限と記載はありますが、実質3日で最大10GBしか使えないということです。

また、28日以内に50GB以上使用した場合でも通信速度が制限される可能性があるとも記載されているため、注意が必要です。

機種は「MKI Wi-Fi 4G LTE」

イモトのWiFiの国内用プランでレンタルできるWi-Fiルーターは「MKI Wi-Fi 4G LTE」です。MKI Wi-Fi 4G LTEのスペックを紹介します。

項目詳細
最大通信速度下り:150Mbps
上り:50Mbps
同時接続可能台数5台
連続通信時間5時間
重さ約107g

通信速度は、下り最大で150Mbpsも出るため、動画視聴などの重い作業も快適に楽しめます。

同時に5台の端末を接続できるため、テレワークでパソコンやスマートフォン以外に、タブレットなどをWi-Fiに接続する方なども安心です。

重さは約107gしかないため、持ち運んで使用する方も使い勝手が良いのではないでしょうか。

海外用

次に、海外用のプランの詳細を解説します。次の項目に分けて解説するため、確認してみてください。

  • 利用可能なWi-Fiルーター
  • 料金
  • 通信速度

1つずつ解説します。

Wi-Fiルーター機種一覧

海外用のプランで利用できるWi-Fiルーターの機種は、次のとおりです。

  • ZTE MF910
  • X10 World Cloud Device
  • Skyroam S020
  • Skyroam S015

一例として、ZTE MF910のスペックを紹介すると、次のとおりです。

項目詳細
サイズ縦104mm×横64.5mm×高さ14.05mm
重さ約105g
通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
同時接続可能台数5台
連続通信時間8時間

注目するべき点は、通信速度です。海外用のWi-Fiルーターですが、下り最大150Mbpsも出るため、快適に通信を楽しめます。

連続で使える時間も8時間と長いため、使用するべき場面でのみ使用するなどすれば1日持たせることもできます。ZTE MF910以外にも3つのWi-Fiルーターから選べるため、自身に最適なスペックを持つルーターを選びましょう。

渡航先によって料金が変わる

イモトのWiFiは、渡航先によって料金が変わる料金体系です。一例として、いくつかの国での利用料金をお伝えします。

国名4G/LTE
韓国1日500MBまで:日額680円
1日1GBまで:日額1,580円
1日使い放題:日額2,080円
あたり500MBまで:30日間14,200円
台湾1日500MBまで:日額1,080円
1日1GBまで:日額1,580円
1日使い放題:日額2,080円
1日500MBまで:30日間19,500円
中国1日500MBまで:日額1,280円
1日1GBまで:日額1,580円
1日使い放題:日額2,080円
1日500MBまで:30日間23,000円
イタリア1日500MBまで:日額1,580円
1日1GBまで:日額1,880円
1日使い放題:日額2,380円
1日500MBまで:30日間28,000円
ドイツ1日500MBまで:日額1,580円
1日1GBまで:日額1,880円
1日使い放題:日額2,380円
1日500MBまで:30日間28,000円
※料金は税込表記です。

表のとおり、韓国や台湾などの同じ地域の国でも利用料金が異なるため、注意が必要です。

また、利用する国だけでなく、どのプランを利用するかによっても料金が変わるため、最適なデータ容量のプランを契約しましょう。

通信速度が選べる

イモトのWiFiの海外用のプランは、通信速度が選べます。選べる通信速度は、次のとおりです。

  • 4G/LTE
  • 3G

どちらの通信速度を選ぶかによって料金も変わってきます。4G/LTEは3Gの約10倍の速さで通信できるため、4G/LTEの方が料金が高いです。

1日500MB使える大容量プランを見ると、1日500円ほど利用料金が変わるため、長期間利用するほど差が大きくなります。短期間であれば4G/LTEの契約がおすすめです。

また、通信速度だけでなく繋がりやすさにも差があります。4G/LTEは地下などの電波が繋がりにくい場所にも強いため、3Gよりも繋がりやすいです。

どんな場所でも通信できていないと不安に思う方などは、4G/LTEを契約しましょう。

【海外用】イモトのWiFi料金プラン

イモトのWiFiの海外用の料金は、どの国で利用するのか・何か国で利用するのかなどによって異なります。

海外用の料金プランを詳しく紹介していくため、イモトのWiFiを海外で利用したいと考えている方は、是非参考にしてください。

渡航先が1か国の場合

まずは、渡航先が1か国の場合の料金をお伝えします。渡航先として人気がある3か国の料金は、次のとおりです。

国名4G/LTE3G
ハワイ1日500MBまで:1,580円
1日1GBまで:1,880円
1日使い放題:2,380円
1日500MBまで:30日間28,000円
1日500MBまで:980円
1日1GBまで:1,280円
1日500MBまで:30日間19,200円
韓国1日500MBまで:680円
1日1GBまで:1,580円
1日使い放題:2,080円
1日500MBまで:30日間14,200円
オーストラリア1日500MBまで:1,580円
1日1GBまで:1,880円
1日使い放題:2,380円
1日500MBまで:30日間28,000円
1日500MBまで:980円
1日1GBまで:1,280円
1日500MBまで:30日間19,200円
※料金は税込表記です。

表のとおり、1日単位でレンタルする場合は、そこまで大きな差はありません。4G/LTEしか利用できない国や、3Gで利用できるデータ容量に制限がある国など様々です。

1日500MB使えるプランを30日契約すると料金に大きく差があるため、1日500MB使えるプランを契約する方は、事前に渡航先で利用する場合の料金を確認しておきましょう。

渡航先が2か国以上は「世界周遊プラン」

渡航先が2か国以上の場合は、世界周遊プランがおすすめです。どの国に行っても、一律料金で利用できます。

世界周遊プランの料金は、次のとおりです。

プラン名料金
通常プラン(3日で400MBまで)日額1,580円
プレミアムプラン(3日で400MBまで日額1,880円
※料金は税込表記です。

例えば、アメリカとイタリアで利用する場合は、1日380円お得に利用できます。

上記は通常の料金ですが、渡航日の30日以上前に予約すると料金がお得になる「早割」も実施しているため、渡航日が決まっていて早めに申し込める方は、早割を利用してみましょう。

充実した選べるオプション

海外プランには、充実した選べるオプションがあります。オプション内容と料金は、次のとおりです。

オプション内容日額料金
あんしんパックプラスイモトのWiFiレンタルセットの弁償代金を100%免除550円
あんしんパックフルレンタルセットの盗難や紛失時の弁償代金を100%免除330円
あんしんパックレンタルセットの盗難や紛失時の弁償代金を80%免除220円
翻訳機ポケトークSのレンタル770円
翻訳機ポケトークWのレンタル550円
3口電源タップ3台の電気製品を充電できるタップのレンタル198円
USBポート最大4台のUSB機器を同時充電できるポートのレンタル165円
エネハイパー10000〜11000mA/hのモバイル充電器のレンタル396円
エネスマート7800mA/hのモバイル充電器のレンタル275円
エネループ5000〜5400mA/hのモバイル充電器のレンタル220円
シガーソケット充電プラグ自動車のシガーソケットで充電できるプラグのレンタル110円
360°カメラiPhone専用のカメラのレンタル550円
セルカレンズワイドレンズのレンタル110円
※料金は税込表記です。

特に、治安が良くない国へ行く方は、補償オプションに加入するのがおすすめです。

イモトのWiFiのメリット

イモトのWiFiには、次のようなメリットがあります。

  • 同時接続可能台数は5台
  • 早割プランがお得
  • セキュリティが強力
  • シンプルな料金プラン
  • テレワークや在宅勤務に使える

イモトのWiFiの契約を検討している方は、確認しておきましょう。

【海外用】イモトのWiFiのメリット

まずは、海外でイモトのWiFiを利用するメリットをお伝えします。

同時接続可能台数は5台

イモトのWiFiの海外プランで利用できるモバイルルーターは、同時に5台の端末を接続できます。

スマートフォンだけでなくタブレットなどもWi-Fiに繋いで利用したい方などにとっては、大きなメリットです。

また、友達と海外旅行に行く方は、友達とイモトのWiFiを共有できます。共有すれば、1人あたりの料金も安くなるため、複数人で海外旅行に行く方におすすめです。

早割プランがお得

イモトのWiFiは早割プランがお得なため、活用しましょう。

早割プランとは、渡航日の30日前・45日前・60日前までに予約すると、利用料金が最大20%割引される割引制度です。早割の割引内容を表にまとめてお伝えします。

こうっ木詳細
30日前の予約10%割引
45日前の予約15%割引
60日前の予約20%割引

表のとおり、早く予約すればするほど割引額も大きくなります。渡航日が決まっている方は、できるだけ早く予約するようにしましょう。

早割で予約する際は、専用のレンタルフォームから申し込む必要があります。空港カウンターからの申し込みなど、専用フォーム以外から申し込むと対象外になるため、注意してください。

早割の専用のレンタルフォームは、公式サイトから確認できます。

セキュリティもしっかり

イモトのWiFiは、セキュリティがしっかりと確立されています。

海外に行くと、日本で過ごしているときには考えられないようなトラブルに巻き込まれるリスクがあるため、Wi-Fiルーターなどの通信機器のセキュリティがしっかりしているのは大きなメリットです。

例えば、海外の街のフリーWi-Fiに繋いでしまうと、個人情報が抜き取られてしまうリスクなどがあります。

そのような被害に遭わないためにも、セキュリティがしっかり整っているイモトのWiFiを利用するのがおすすめです。

イモトのWiFiの通信は暗号化されているため、Wi-Fiルーターをハッキングしてスマートフォンの情報を抜き取られる心配などがありません。

海外旅行に行く方は、イモトのWiFiでセキュリティ面の安全を確保しましょう。

【国内用】イモトのWiFiのメリット

次に、国内でイモトのWiFiを利用するメリットを紹介します。料金面などにメリットがあるため、確認しておきましょう。

シンプルな料金プラン

イモトのWiFiの国内用のプランは、シンプルな料金設定でわかりやすいメリットがあります。

国内用のプランは、イモトの国内無制限WiFi(4weekパック)のみです。他のモバイルWi-Fi会社を見るといくつものプランが提供されている会社が多いため、プランを選ぶだけで苦労してしまいます。

モバイルWi-Fiを契約したことがない方などにとっては、シンプルな料金プランはかなり大きなメリットではないでしょうか。

データ容量は28日間で最大50GBまで利用できます。毎日長時間YouTubeなどの動画を視聴しない方であれば十分な容量なのも嬉しいポイントです。

テレワークや在宅勤務に使える

イモトのWiFiは、テレワークや在宅勤務の方におすすめです。

テレワークや在宅勤務で働いている方は、自宅のネット環境を整える必要がありますが、光回線を契約するとなると、高額な工事費がかかったり工事に時間がかかったりするためおすすめできません。

高い場合は数万円の工事費が発生することもあります。また、申し込みから利用できるまで1〜2か月ほどかかるのが一般的であるため、すぐにネット回線を整えたい方には向いていません。

一方、イモトのWiFiはモバイルルーターのため、工事不要で手元に届いた瞬間に利用できます。バッテリーが内蔵されているため、充電さえあれば持ち運んで外出先でも利用可能です。

家だけではなく、カフェやレンタルスペースなどで仕事をする方にとっても、かなり使い勝手が良いのではないでしょうか。

イモトのWiFiのデメリット・注意点

イモトのWiFiは、メリット以外にデメリットや注意点もあります。注意点を把握していないと、無駄な料金が発生し損してしまうこともあるため、必ず確認しましょう。

  • 通信速度が制限される場合
  • 受け取れる空港が限定的
  • キャンセル料金に注意
  • 3日で10GB超えると速度制限
  • 受取方法は宅配

1つずつ解説します。

【海外用】イモトのWiFiのデメリット・注意点

まずは、イモトのWiFiの海外プランのデメリットや注意点を解説します。

通信速度が制限される場合がある

イモトのWiFiを海外で利用する場合は、通信速度が制限される可能性があるため、注意してください。

データ容量が決まっているプランは、そのデータ容量を超えると通信速度が制限される場合があります。無制限プランでも、短期間で大量通信した場合は通信速度が制限されるため、注意してください。

速度制限後の通信速度が気になるところですが、国内プランは明確に制限後の通信速度が記載されているものの、海外用のプランは制限後の通信速度が記載されていません。

しかし、制限後の通信速度はかなりストレスになることが予想されるため、使い過ぎには注意しましょう。

受け取れる空港が少ない

イモトのWiFiは、郵送以外に空港のカウンターで受け取ることもできますが、受け取れる空港が少ないため、注意してください。

受け取れる空港の一覧は、次のとおりです。

  • 新千歳空港
  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

上記の空港のカウンターでしか受け取れないため、別の空港で受け取ろうと考えている方は郵送に変更しましょう。

ただ、現在は新型コロナウイルスの影響により、全空港のカウンターが臨時休業中です。そのため、どの空港のカウンターでも受け取り不可なため、宅配での受け取りになります。

キャンセル料金に注意

イモトのWiFiは、キャンセルする場合キャンセル料金を支払う必要があるため、注意してください。

出発2日前の17時以降にキャンセルすると、1台につき2,100円(税込)のキャンセル料金が発生します。どのプランを契約しても一律2,100円(税込)発生する点においては、他社と比較するとデメリットです。

他社のキャンセル料金を見ると、契約したプランの100%の料金を支払う場合が多く、安いプランを契約している場合であればその分キャンセル料金も安くなります。

キャンセルを考えている方は、キャンセル料金が発生する前に連絡するようにしましょう。キャンセルする際は公式サイトの申し込みフォームか0120-800-540に連絡してください。

【国内用】イモトのWiFiのデメリット・注意点

次に、国内プランのデメリットや注意点を解説します。国内プランを利用しようと思っている方は、確認しましょう。

3日で10GB超えると制限がかかる

イモトのWiFiの国内プランは、3日で10GBを超えると通信速度が制限されます。

データ容量無制限と記載してありますが、実際は3日で10GB以上使用したり50GB以上使用したりすると通信速度が制限されるため、注意が必要です。

データ容量無制限の意味としては、通信速度は制限するものの、低速状態であれば無制限で利用できるという意味です。

3日で10GB以上使用、または28日以内に50GB以上使用した場合は、256kbpsに制限されます。256kbpsは大手キャリアの通信制限後の通信速度の2倍の速度ではありますが、体感としてはあまり変わりません。

YouTubeなどの動画視聴はもちろん、Webの閲覧やSNSなどの利用ができなくなる速度です。テレワークや在宅勤務でイモトのWiFiを使用している方は、速度制限がかかると仕事に支障が出るため注意しましょう。

受取方法は宅配のみ

イモトのWiFiを契約した後のWi-Fiルーターを受け取る方法は、宅配のみです。

以前は、宅配以外にも空港のカウンターで受け取る方法もありましたが、現在は新型コロナウイルスの影響により、全空港のカウンターが臨時休業中のため、活用できません。

これから契約する方は、宅配で受け取りになるため、指定した日時に必ず受け取るようにしましょう。

イモトのWiFiに関する良い口コミ

イモトのWiFiの契約を検討している方の中には、実際に利用した方の口コミを参考にしたい方も多いのではないでしょうか。

イモトのWiFiに関する良い口コミは、次のとおりです。

イモトのWiFiに関する良い口コミを見ると「料金が安い」「通信速度が速い」このような内容が目立ちました。

イモトのWiFiには「早割」という割引制度があり、渡航日よりも30日以上早く申し込むと最大20%の割引が適用されます。

この早割をうまく使えば、他社よりも安く利用できる可能性があるため、海外でイモトのWiFiを利用する際は是非活用してみてください。

イモトのWiFiは4G/LTEを採用しているため、通信速度が速いと考えられます。地下鉄などでも繋がりやすいため、繋がりやすさや通信速度にこだわりがある方は、3Gではなく4G/LTEプランを契約しましょう。

イモトのWiFiに関する悪い口コミ

イモトのWiFiの良い口コミをお伝えしてきましたが、逆に悪い口コミもあります。公式サイトの情報だけでは気づけないデメリットや注意点などがあるため、確認しておきましょう。

イモトのWiFiの悪い口コミを見ると「料金が高い」「急に使えなくなる」このような口コミが目立ちました。

他社と料金を比較すると、イモトのWiFiは特別料金が安いというわけではありません。渡航する国によっては、早割を適用させても他社より高くなる場合もあります。

自身が渡航する国の料金を他社と比較し、契約するか検討してみてください。

また、急に海外で利用できなくなった方がいました。海外で急にWi-Fiが利用できなくなるとスマートフォンが利用できないため、かなり不安になります。

しかし、イモトのWiFiはサポート体制が整っており、ホームページに故障が疑われる場合の対処法やサポートセンターの電話番号などが記載されているため、すぐに対処可能です。

ただ、故障しないに越したことはないため、利用者の中に急に使えなくなった方がいることを把握したうえで、契約するか考えてみてください。

イモトのWiFiの申し込みから返却までの手順

イモトのWiFiのメリットやデメリット、口コミなどを確認したうえで、自身に最適なモバイルWi-Fiだと感じた方も多いのではないでしょうか。そんな方は、紹介する手順で申し込んでみましょう。

海外で利用する場合

海外で利用する場合の申し込みから返却までの手順は、次のとおりです。

  1. 公式サイト申し込み
  2. 受取りは空港カウンター・自宅・東京本社
  3. 電源を入れてIDとパスワードを入力
  4. 帰国後返却

順番に解説します。

1:公式サイト申し込み

まずは、公式サイトから申し込みましょう。申し込む際に、次の内容を選択する必要があります。

  • レンタル期間
  • 渡航国や地域
  • 機器タイプ
  • 支払い方法

特にレンタル期間や渡航国を間違えると料金に関わってくるため、正しい内容を選択するようにしてください。

2:受取りは空港カウンター・自宅・東京本社

次にWi-Fiルーターなどのレンタルセットを受け取ります。受け取り場所は次の3つです。

  • 空港カウンター
  • 自宅
  • 東京本社

東京本社まで足を運ぶのは面倒なため、おすすめは自宅です。空港カウンターもおすすめではありますが、現在は新型コロナウイルスの影響により全空港のカウンターが臨時休業中で利用できません。

自身に最適な受け取り方法でレンタルセットを受け取りましょう。

3:電源を入れてIDとパスワードを入力

Wi-Fiルーターなどを受け取ったら、電源を入れてIDとパスワードを入力しましょう。初期設定は完了しているため、電源を入れてスマートフォンでIDとパスワードを入力すれば利用できるようになります。

IDとパスワードの入力が完了したら、スマートフォンがWi-Fiにつながっているか確認してみてください。

4:帰国後返却

Wi-Fiルーターなどはレンタル品のため、帰国後に返却する必要があります。返却期日は、返却方法によって異なるため注意してください。返却方法と返却期日をお伝えすると、次のとおりです。

  • 宅配で返却:帰国日の翌日までに発送
  • 空港カウンターで返却:帰国当日に返却
  • 東京本社で返却:帰国日の2日後までに返却

空港によっては、24時間返却BOXが設置されていることもあるため、帰国してすぐ空港で返却することもできます。

返却期日に遅れてしまうと、1日につき2,200円(税込)の延滞料金が発生するため、必ず返却するようにしてください。

国内で利用する場合

国内で利用する場合の申し込みから返却までの手順は次のとおりです。

  1. 公式サイトにて期間などを選ぶ
  2. 受取りは自宅のみ選択か
  3. 申し込み者情報を入力し申し込み完了
  4. 前日までにWi-Fiが届く
  5. 2日後までに返却

順番に解説します。

1:公式サイトにて期間などを選ぶ

まずは、海外プランと同じように公式サイトから申し込みましょう。国内プランを申し込む際は、次の内容を選択する必要があります。

  • 利用期間
  • 機器タイプ
  • WiFiの通信速度
  • 通信容量
  • レンタル台数

しかし、通信速度や通信容量などは選択肢が1つしかなく選べないため、利用期間だけ間違えないように入力してください。

2:受取りは自宅のみ選択可能

申し込み時に受け取り方法を選ぶ項目がありますが、自宅しか選択できません。すぐに使い始めたい方は、指定した時間帯に必ず受け取るようにしましょう。

3:申し込み者情報を入力し申し込み完了

受け取り方法以外に、申し込み者情報を入力して申し込み完了です。申し込み者情報では、名前や生年月日、住所などを入力します。

住所を間違えるとWi-Fiルーターが届かなくなる可能性があるため、注意してください。

4:前日までにWi-Fiが届く

申し込みが完了したら、Wi-Fiルーターが届くまで待ちましょう。利用開始の前日までに届くため、指定した時間帯に受け取れるようにしてください。

5:2日後までに返却

返却する際は、最大でも利用期間が終了して2日後までには返却しましょう。返却方法によって返却期日が異なるため、注意してください。

返却方法と返却期日の関係をまとめると、次のとおりです。

  • 宅配で返却:帰国日の翌日までに発送
  • 空港カウンターで返却:帰国当日に返却
  • 東京本社で返却:帰国日の2日後までに返却

東京本社に来社して返却する場合のみ、利用期間終了から2日後が返却期日です。宅配で返却する場合は利用期間終了の翌日までに発送手続きする必要があります。

イモトのWiFiに関するよくある質問

ここでは、イモトのWiFiに関するよくある質問とその回答をお伝えします。使い始めるまでの期間や紛失・故障時の対応などについて解説していくため、気になる方は確認しておきましょう。

申し込み完了してから自宅に届くまでどれくらいかかりますか?

どれだけ早く申し込んでも、出発の前日に届くようになっています。

そのため、どのれくらいで手元に届くかは、申し込みのタイミングと出発日時までの日数によると理解しておきましょう。

海外で紛失・故障してしまった場合はどうしたらいいですか?

紛失した場合は不正に利用されることを防ぐために回線を停止する必要があるため、早急に「0120-800-540」へ電話しましょう。

Wi-Fiが繋がらないなどの故障の場合は、「トラブルシューティング」を参考に対処法を試してみてください。

空港で返却するのを忘れてしまいました。どこに返送したらいいですか?

返却する際は、「150-0011 東京都渋谷区東1-26-20 東京建物東渋谷ビル11階 エクスコムグローバル株式会社」に返送しましょう。

電話番号は「03-5766-2722」です。

まとめ

今回は、イモトのWiFiのプラン内容やメリット・デメリット、口コミなどを紹介してきました。もう1度イモトのWiFiのメリットとデメリットをまとめてお伝えすると、次のとおりです。

メリット
【海外用】
・同時接続可能台数は5台
・早割プランがお得
・セキュリティが強力
【国内用】
・シンプルな料金プラン
・テレワークや在宅勤務に最適

デメリット
【海外用】
・通信速度が制限される場合
・受け取れる空港が限定的
・キャンセル料金に注意
【国内用】
・3日で10GB超えると速度制限
・受取方法は宅配

イモトのWiFiは、シンプルな料金プランで、早割と呼ばれる割引制度がある点が特徴です。渡航日が決まっている方は、できるだけ早く申し込むとその分安く利用できるため、是非早割を活用してみてください。

デメリットとしては、国内・海外プランどちらもデータ容量に制限がある点です。国内用のプランは無制限を謳っていますが、3日で10GBか28日以内に50GB超過すると、通信速度が制限されるため注意しましょう。

メリット・デメリットや口コミなどを参考にして、自身に最適なモバイルWi-Fiだと感じた方は、是非契約してみてください。

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

イモトのWiFi公式サイト

目次