MENU

無制限のポケット型Wi-FIおすすめ3社!ポケットWi-Fi選びのポイントも解説

目次

無制限のポケット型Wi-Fiとは?

いま「無制限のポケット型Wi-Fi」が注目を集めています。移動中もギガの消費を気にすることなく高速通信を使えるうえ、料金プランもお手頃になり使いやすくなったことも人気の理由です。在宅ワークが増えた昨今、気分転換のためにカフェなど外出先で仕事をする機会も増えているのではないでしょうか。

この記事では無制限で使えるポケット型Wi-Fiの中から3つ、特におすすめのものを紹介します。それぞれの特徴や料金プラン、繋がりやすさなど詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

また「ポケットWi-Fi」という名前はソフトバンクの商標です。そのため記事の中では「ポケット型Wi-Fi」という言葉を使っています。

完全無制限プランは通信障害により終了

無制限のポケット型Wi-Fiと聞くととても魅力的です。つい「どれだけ使っても制限がかからないんだ!」と思ってしまうかもしれません。しかし無制限といっても実は「完全無制限」ではありません。

ポケット型Wi-Fiを完全無制限で提供してしまうと、利用集中により大規模な通信障害が起こるケースがあります。そのため現在ではどのポケット型Wi-Fiにもなんらかの規制がかかっています。「無制限」と「完全無制限」は意味が違うため気をつけましょう。

とはいえ過剰に使いすぎることがなければ、無制限に近い形で利用できることは確かです。プランや提供会社によって制限の基準が異なるため、契約の際はよくチェックすることをおすすめします。

データ容量無制限

ではデータ容量無制限とはどういう意味なのでしょうか。データ容量無制限とは速度に制限がある中で無制限に使えるという意味です。通信速度は遅くなりますが、データ容量はいくらでも使い放題になります。

ある程度使用すると高速通信はできなくなるため動画視聴などは厳しくなりますが、低速でもあまり影響を受けないテキストでのやり取り(メールやLINEなど)は通常どおり利用できます。

実質無制限の意味

もう一つ「実質無制限」というタイプもあります。実質無制限とは基本的にはデータを無制限に利用できるが、短期間に大量のデータを使いすぎると一時的に速度制限がかかるというものです。少しわかりにくいためWiMAXを例に説明します。

WiMAXは2022年1月まで「月間データ容量無制限」でしたが、3日で15GB以上使用すると翌日の夜間帯(18時-26時)に速度制限がかかっていました。現在ではその制限も撤廃され、「一定期間内に大量のデータ通信があるときに限り混雑する時間帯に速度制限がかかる」と改訂されました。

これにより速度制限の条件がかなり緩和され、今では実質無制限でデータ通信量が使えるようになっています。

エリア内だけ無制限

楽天モバイルは「エリア内だけデータ容量無制限」です。楽天モバイルでは自社の楽天回線に加え、パートナー回線として楽天回線以外のところではau回線を使用できます。auパートナー回線を利用時は月に5GB以上使用すると1Mbpsの速度制限がかかりますが、楽天回線を使っている限りは完全データ容量無制限です。

楽天回線は比較的新しく参入しているため、以前はカバーできていなかったエリアがかなりありました。しかし現在では人口に対して97%のカバー率と利用できるエリアが広がり、使いやすくなっています。

このように一口に「データ容量無制限」といっても提供会社、プランによって無制限の条件が異なります。どのような条件で無制限なのか、契約前にしっかり確認することが大切です。

無制限・実質無制限のポケット型Wi-Fiおすすめ3選

無制限・実質無制限のポケット型Wi-Fiで特におすすめなものは「GMOとくとくBB WiMAX +5G」「Broad WiMAX」「Rakuten Wifi Pocket 2C/2B」の3つです。それぞれ特徴や料金プランが異なるため、詳しく見ていきましょう。

GMOとくとくBB WiMAX +5G

項目詳細
基本月額料金2か月目まで    2,079円
3か月目~36か月目 4,389円
37か月以降      4,444円
※契約月は2,079円の日割り計算
実質月額料金4,279円
端末代金0円
最大通信速度Galaxy 5G mobile Wi-Fi
下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
Speed Wi-Fi 5G X11
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
事務手数料3,300円
解約違約金解約月によって変動あり
 1か月~12か月目 28,050円
13か月~24か月目 21,450円
25か月~36か月目 14,300円
更新月以外の37か月目以降 10,450円
※更新月の解約は0円
契約期間3年
使用回線au 5G  
au 4G LTE
WiMAX 2+
※料金は税込表記です。

月間通信容量の制限なし

GMOとくとくBB WiMAX +5Gでは制限なしで、下り最大2.7Gbpsの高速通信を利用できます。以前は3日で15GBまでという条件がついていましたが、現在は撤廃されているためデータ通信量を気にすることなく快適に利用できるため格段に使いやすくなりました。

公式ページには「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります」と記載があるため、ある程度の制限はあるのでしょう。

しかし1日100GBを超えても通信制限がかからなかったという声もあり、ほぼ無制限で使えると考えても良いでしょう。

端末代金0円

現在「GMOとくとくBB WiMAX +5G」のポケット型Wi-Fiは2種類あります。SAMSUNGの「Galaxy 5G mobile Wi-Fi」、そしてNECプラットフォームズ株式会社の「Speed Wi-Fi 5G X11」です。

どちらも端末代金0円で、最新機種でもタダで手に入ります。端末はレンタルではないため解約時にも返却の必要はなく、面倒がありません。

下り最大2.7Gbpsの高速通信

GMOとくとくBB WiMAX +5Gでは下り最大2.7GBの高速通信を利用できます。最大2.7GBというのはベストエフォートの数値ですが、ポケット型Wi-Fiの中では最速通信です。GMOとくとくBB WiMAX +5Gでは3つの回線を使用しているため、全国ほぼすべてのエリアをカバーしています。

しかも高速の5G回線も追加料金なしで利用できるため、ダウンロードもアップロードもストレスがかかりません。

Broad WiMAX

項目詳細
基本月額料金契約月は1,067円の日割り計算
2か月目からずっと 4,367円
実質月額料金4,367円
端末代金キャンペーンにより0円
最大通信速度Galaxy 5G mobile Wi-Fi
下り最大:2.2Gbps
上り最大:183Mbps
Speed Wi-Fi 5G X11
下り最大:2.7Gbps
上り最大:183Mbps
事務手数料3,300円
解約違約金解約月によって変動あり
 1か月~12か月目 28,050円
13か月~24か月目 21,450円
25か月~36か月目 14,300円
更新月以外の37か月目以降 10,450円
※更新月の解約は0円
契約期間3年
使用回線au 5G  
au 4G LTE
WiMAX 2+
※料金はすべて税込表示です。

追加料金なしで5G回線が利用できる

Broad WiMAXとGMOとくとくBBは同じWiMAXですから、基本的に内容やポケット型端末は同じで、大きな違いは月額料金やキャンペーン内容です。そのためGMOとくとくBBと同じようにBroad WiMAXも5G回線を追加料金なしで快適に利用できます。

また通常なら1,100円(税込)かかるプラスエリアオプションも追加料金なしで使えることは大きなメリットです。

広域エリア対応

Broad WiMAXは人口に対するカバー率が1億人を超え、広域エリアで快適に高速通信を利用できます。Broad WiMAXは3つの回線を利用しており、利用場所に応じて自動で最適の回線に繋がります。

ポケット型Wi-Fiでは使用場所によって電波が悪くなりイライラすることがありますが、Broad WiMAXではポケット型Wi-Fiの中では比較的繋がりやすいことが特徴です。

Rakuten WiFi Pocket 2C/2B

項目詳細
基本月額料金使ったデータ量に応じる
~1GB:0円
1~3GB:1,078円
3~20GB:2,178円
20GB~制限なし:3,278円
実質月額料金使用データ量による
端末代金1円
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
事務手数料3,300円
解約違約金0円
契約期間なし
使用回線楽天回線
auパートナー回線
※料金は税込表記です。

楽天回線エリア内であれば無制限

Rakuten WiFi Pocketは自社回線エリア内であれば、完全無制限で利用できるポケット型Wi-Fiです。どれだけ使っても完全無料なのですが、auパートナー回線を利用する場合はひと月5GBまでという制限があります。

5GBを超えると1Mbpsの速度制限がつきます。低速で引き続き利用できますが、楽天回線とauパートナー回線のどちらに繋がっているのかポケット型Wi-Fiでは確認できないため注意が必要です。

事務手数料なしで初期費用がかからない

楽天モバイルは先に紹介したポケット型Wi-Fと違い、事務手数料がかかりません。楽天モバイルでは各種手数料無料を全面に打ち出しており、事務手数料だけでなく解約違約金とMNP転出手数料も0円です。そのため「ちょっと試してみたい」という方も気軽に始められます。

毎月使った分だけお支払い

楽天モバイルには基本月額料がありません。月々の支払いは毎月使ったデータ量のみで、あまり使わなかった月は安く抑えられ、どれだけ使っても3,278円(税込)以上はかかりません。WiMAXよりも速度はやや遅いものの利用料金は3社の中で最安値です。

そのほか月額料金にも使える5,000ポイントの付与や初めてのユーザーに3,000ポイントの付与、楽天市場で貯まるポイントが最大16倍にアップするなど様々な特典がついています。楽天ユーザーとの親和性が高いため、楽天市場をよく利用する方には特におすすめです。

無制限ではないが大容量のポケット型Wi-Fi

WiMAXやRakuten WiFi Pocket以外にもまだまだおすすめのポケット型Wi-Fiはあります。前項で紹介したポケット型Wi-Fiのように実質無制限ではありませんが、大容量で十分使い勝手のよいものを3つ厳選しました。

hi-ho Let’s Wi-Fi

項目ライトプラン(120GB)通常プラン(210GB)
基本月額料金1~23か月目 3,278円
24か月目~ 3,828円
1~11か月目 3,278円
12か月目~ 4,730円
実質月額料金3,278円3,278円
端末代金0円0円
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
事務手数料0円0円
解約違約金10,450円
※更新月は無料
1~11か月目 19,800円
12か月目以降 10,450円
※更新月は無料
契約期間2年2年
使用回線ソフトバンク
ドコモ
auのネットワーク・LTE回線
ソフトバンク
ドコモ
auのネットワーク・LTE回線
通信制限の条件1日4GB以上利用すると翌日最大128kbpsの速度制限がかかる1日7GB以上利用すると翌日最大128kbpsの速度制限がかかる
※料金は税込表記です。

hi-ho Let’s Wi-Fiでは現在「鬼コスパキャンペーン」を実施中です。期間内にWEBから申し込むと通常3,300円(税込)かかる事務手数料が無料になり、合計20,000円以上の割引を受けられます。

ライトプランで1日4GB、標準プランで1日8GBの制限はありますが、ライトプランでもたっぷり120GBは使用できるため、データ通信量が気になる方でも安心です。

また hi-ho Let’s Wi-Fiのポケット型Wi-Fiは海外でも使えます。利用エリアによって使用料は異なりますが申し込み不要で利用できるため、頻繁に海外出張や海外旅行へ行く方にもおすすめです。

THE WiFi

項目THE WiFi 100GBTHE WiFi Fit
基本月額料金3,828円
キャンペーン中につき初月から4か月間0円
使ったデータ通信量に応じる
1GBまで 1,298円
5GBまで 1,628円
20GBまで 2,068円
40GBまで 2,596円
100GBまで 3,960円
質月額料金2,793円使ったデータ通信量に応じる
端末代金0円0円
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
事務手数料3,300円
1,000円割引
3,300円
解約違約金1か月~24か月目 10,780円
※25か月目以降は0円
※申し込み後30日以内の解約は違約金なし
1か月~24か月目 10,780円
※25か月目以降は0円
契約期間2年2年
使用回線NTT docomo
au
ソフトバンクのLTEエリア
NTT docomo
au
ソフトバンクのLTEエリア
通信制限の条件ひと月100GBまで無制限
100GBを超えると翌月1日まで送受信速度が最大128kbpsに制限される
ひと月100GBまで無制限
100GBを超えると翌月1日まで送受信速度が最大128kbpsに制限される
※料金は税込表記です。

THE WiFiには月100GBまで使い放題のプランと使ったデータ通信量を支払うプランの2つがあります。両方100GBまで無制限で使用でき、1日あたりのデータ通信量に制限は一切かかりません。100GBを超えると翌月まで速度制限がかかりますが、月に30GBまでなら追加でデータ通信量を購入できるため安心です。

またTHE WiFiのポケット型Wi-Fiも海外で利用できます。特に申し込みも必要なく、海外でONにするだけで使えるためとても便利です。

一つ注意点としてTHE WiFiのポケット型Wi-Fiはレンタルのため、解約時には端末を返却しなければいけません。USBケーブルはもちろん取扱説明書やSIMカード(台紙も含めて)、端末の化粧箱まですべて返却対象です。

返却できない場合は「13,200円(税込)の損害賠償金がかかるため、届いたあとうっかり廃棄しないように注意してください。

AiR-WiFi

項目サクっとプランらくらくプランまるっとプラン
基本月額料金3,278円
※WEB申し込みで初月無料
3,377円
※WEB申し込みで初月無料
3,608円
※WEB申し込みで初月無料
実質月額料金3,004円3,095円3,307円
端末代金無料レンタル無料レンタル無料レンタル
最大通信速度下り最大:150Mbps
上り最大::50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大::50Mbps
下り最大:150Mbps
上り最大::50Mbps
事務手数料0円0円0円
解約違約金30日お試しモニター:0円
2か月~12か月目:7,700円
13か月目:0円
14~25か月目:5,500円
26か月目:0円
30日お試しモニター:0円
2か月~12か月目:7,700円
13か月目:0円
14~25か月目:5,500円
26か月目:0円
30日お試しモニター:0円
2か月~12か月目:7,700円
13か月目:0円
14~25か月目:5,500円
26か月目:0円
契約期間1年
※オプションで契約期間無のプランあり
1年
※オプションで契約期間無のプランあり
1年
※オプションで契約期間無のプランあり
使用回線NTT docomo
au
ソフトバンクのLTEエリア
NTT docomo
au
ソフトバンクのLTEエリア
NTT docomo
au
ソフトバンクのLTEエリア
通信制限の条件100GBまで100GBまで100GBまで
※料金は税込表記です。

AiR-WiFiは3つのプランが用意されていますが、利用できるデータ通信量はどれも100GBで、速度も同じです。この3つはポケット型Wi-Fiの端末の種類によって分けられます。主な違いは次の表をご覧ください。

項目サクっとプランらくらくプランまるっとプラン
同時接続台数5台10台5台
バッテリー12時間12時間13時間
重量149g125g188g
その他タッチパネルスマートフォンへの充電が可能

このように端末のグレードによって月額料金が変わる点がAiR-WiFiの特徴です。大容量で100GBまで基本的に無制限でデータ通信量を使えるのですが、100GBを超えると128Kbpsの速度制限が発生します。

また大容量の通信を長時間行うと、ネットワークの品質維持の観点から速度制限がかかる場合もあることは覚えておきましょう。

AiR-WiFiは基本的に1年ごとの更新です。更新月には解約違約金はかかりませんが、更新月以外に解約すると違約金が発生します。月330円(税込)を払うと解約違約金なしオプションがつけられるため、契約に縛られたくない方にはおすすめします。

解約時には端末がレンタルのため返却が必要です。もしも紛失等があると22,000円(税込)が別途かかってしまうため注意しましょう。

またAiR-WiFiも海外での利用が可能です。先に紹介したポケット型Wi-Fiと同様、SIMの差し替えも必要なく電源を入れるだけで使えます。

ポケット型Wi-Fiの選び方のポイント

ポケット型Wi-Fiを選ぶときにはいくつか重要なポイントがあります。利用用途によって必要な速さが異なりますし、安さで選ぶのかデータ量で選ぶのかによっても選択肢は異なります。ではどのようなポイントを押さえて選べばよいのでしょうか。

月にどのくらいのデータ容量が必要か

契約前にどのくらいのデータ容量が必要なのか、まず確認しておきましょう。テキストのやり取り程度ならデータ量があまり必要ないので安さで選べば大丈夫です。

しかし動画を高画質で観る方なら大量のデータ通信量がかかってしまいます。目安としてどのくらいのデータ通信量がかかるのか、次の表に利用項目と必要データ量をまとめてみました。

項目1GB50GB100GB200GB
YouTube(1080p60)約30分約25時間約50時間約100時間
ビデオ会議(Zoom)約1時間40分約83時間約166時間約333時間
テキスト送受信
(メール1通)
約5KB約5KB約5KB約5KB
Twitter約4時間約200時間約400時間約800時間
WEBページ閲覧
(1ページ)
約300KB約300KB約300KB約300KB

このように主にギガを消費するものはYouTubeなどの動画視聴です。

この表にはありませんが、たとえばNetflixを超高画質で視聴すると1時間あたり約7GBも消費します。画質を落とせば長めに視聴できますが、それでも月に50GB以上は必要でしょう。動画視聴メインの方はデータ無制限のプランをおすすめします。

月額料金

なるべく負担を軽くしたい方は、月額料金が安いプランを選びましょう。特に利用用途がテキストベースの方はそんなにデータ量が必要ありません。楽天モバイルのような使ったデータ量だけ支払うプランがおすすめです。反対にデータ通信量が多い方はデータ無制限のプランを選ぶと良いでしょう。

エリア検索で提供エリアを確認

安くてもデータ無制限でも、Wi-Fiの電波が入らなければ所有する意味がありません。インターネットを利用する場所(仕事場や学校、自宅など)が回線エリア内かどうか、必ず契約前に確認しておきましょう。各社の公式ページを開くと提供エリアの地図が掲載されています。

また該当エリアが自社回線なのかパートナー回線なのかの確認も重要です。回線によってはデータ無制限の対象外であるケースもあるため注意しましょう。なお回線によっては遮蔽物に弱い電波のものがあります。

たとえば楽天モバイルはプラチナバンドに対応していないため、障害物に弱い点がデメリットです。エリア内でも大きな建物の中(ショッピングモールなど)や地下鉄では繋がりにくいため気を付けてください。

通信速度

項目通信速度目安
メール受信128Kbps
WEB・SNS閲覧1Mbps
ビデオ通話5Mbps
動画視聴3~30Mbps(画質による)
オンラインゲーム100Mbps

この表はあくまで目安ですが、動画視聴が主な利用用途の方は通信速度にも注目して選びましょう。現在一番早いポケット型Wi-FiはWiMAXです。しかし通信速度はエリアや利用時間によっても変化します。

各社のWEBページには最大速度が表示されていますが、これはあくまでも「ベストエフォート」の数値です。特に動画視聴やオンラインゲームなどデータ通信量を多く消費するものは、速度が遅くなることもあるため回線が安定している場所での利用をおすすめします。

契約期間の有無

楽天モバイルは契約期間の縛りがありません。いつ解約しても違約金が発生しないため、お試し感覚で契約してもよいのですが、WiMAXの契約期間は3年です。3年たっても更新月でないと解約違約金がかかるため、解約しづらいのが玉に瑕だといえます。

長く契約するつもりならよいのですが、とりあえず使ってみたい…という方は楽天モバイルをおすすめします。

無制限のポケットWi-Fiに関するよくある質問

最後に無制限のポケット型Wi-Fiについてのよくある質問をまとめました。どのポケット型Wi-Fiにするか決める前に、気になる疑問について解消しておきましょう。

完全無制限のポケット型Wi-Fiはありますか?

完全無制限のポケット型Wi-Fiは残念ながらありません。各社で制限条件は異なりますが、WiMAXは3日で10GB以上で速度制限という項目が撤廃され実質無制限で利用できるようになりました。楽天モバイルもauパートナー回線を使わず、自社回線のみなら完全無制限で利用できます。

完全無制限とはいかないものの、以前と比べてはるかに無制限に近い形のプランを利用できます。ただし障害が発生するほど通信が集中してしまうなど、今後回線に影響が出るようであればまた制限が厳しくなる可能性も否めません。各社常にプランを見直しているため、契約内容や変更内容をよく確認することが大切です。

ポケット型Wi-Fi以外に無制限でWi-Fiを利用する方法は?

完全無制限でWi-Fiを使用するのであれば、固定回線が必要です。固定回線とは自宅にケーブルを引いてWi-Fiの電波を受信します。ケーブルを引き込むための工事が必要ですが、Wi-Fiは制限なく使えます。

固定回線はフレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光などです。外出先であまりデータ通信をしない方は、固定回線がおすすめです。

海外でも利用できるポケットWi-Fiはありますか?

海外でも利用できるポケット型Wi-Fiはあります。今回紹介したRakuten WiFi Pocketも海外で使えるポケット型Wi-Fiの一つです。WiMAXは使えません。hi-ho Let’s Wi-Fi、THE WiFi、AiR-WiFiも海外利用に対応しています。

今回紹介しませんでしたが、海外で使用する機会が多い方ならクラウドWiFiというポケット型Wi-Fiもおすすめです。

どのポケット型Wi-Fiでも同じですが、日本で利用するときの料金プランと海外で使用するときの利用料金は違います。また国によっても利用料金が異なります。詳しくは次の表をご覧ください。

項目北米アジア南米アフリカ
Rakuten WiFi Pocket
1日2GB
0円0円0円0円
hi-ho Let’s Wi-Fi
1日1GB
1,837円1,067円1,837円1,837円
THE WiFi
1日1GB
1,375円935円1,375円1,375円
AiR-WiFi
1日1GB
1,200円1,200円1,600円1,600円
クラウドWiFi
1日1GB
700円~
※国別に細かく料金が設定されている
700円~
※国別に細かく料金が設定されている
700円~
※国別に細かく料金が設定されている
700円~
※国別に細かく料金が設定されている
※料金は税込表記です。

それぞれの公式ページにはエリア別・国別にかかる料金表が掲載されています。海外で使用する前に1日どのくらいの料金がかかるのか、確認しておきましょう。

まとめ

今回は無制限のポケット型Wi-Fiについて紹介しました。実質無制限で使えるポケット型Wi-Fiは「GMOとくとくBB WiMAX +5G」「Broad WiMAX」「Rakuten WiFi Pocket」です。WiMAXに関しては料金・容量は2社とも横並びです。キャンペーンや特典、オプションに注目して選ぶとよいでしょう。

実質無制限となった今、ポケット型Wi-Fiをメイン利用にするのも選択肢の一つとなりました。またサブ機としてポケット型Wi-Fiを2台使いしているユーザーもいるようです。解約違約金がかからないポケット型Wi-Fiなら、気軽に試すこともできるため、この機会にぜひ用途や利用目的に応じて最適なポケット型Wi-Fiを見つけてください。

※2022年6月時点の情報です。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

GMOとくとくBB公式サイト

Broad WiMAX公式サイト

Rakuten Mobile公式サイト

目次