MENU

Wi-Fiの通信速度の目安は?LINE・動画・Zoomなど利用状況別に解説!

日常的に利用しているWi-Fiですが「通信速度の目安はどのくらい?」「利用状況別に必要な通信速度は?」などの疑問を抱いている方も多いでしょう。

メールやLINEなどのテキストの送受信であれば1Mbps、オンラインゲームには100Mbpsの速度が必要です。

そのため、インターネット回線には数種類ありますが、通信速度の速い光回線を選ぶことをおすすめします。

Wi-Fiの通信速度を改善する方法やおすすめの回線なども紹介するため、現在利用している回線の通信速度に満足していない方はぜひ参考にしてください。

目次

Wi-Fiの通信速度に関する基礎知識

これまでWi-Fiを利用していない方や、よく知らないという方に向けて、Wi-Fiの通信速度についての基礎知識を解説します。

通信速度の意味や単位、参考にするべき数値などを解説するため、気になる方は参考にしてください。

通信速度の「上り」「下り」の意味

通信速度の上りと下りの意味は、次のとおりです。

意味参考になる場面
上りアップロード速度・ファイルをメールで送信
・動画をYouTubeにアップロード
下りダウンロード速度・ファイルをダウンロード
・動画視聴

上記のとおり、上りはアップロード速度、下りはダウンロード速度のことを指します。どちらの速度を参考にすべきかは、回線を利用する場面によって異なります。

たとえば、友達にメールを送信する際などは上りの速度を参考にし、Webサイトからファイルをダウンロードする際は、下りの速度を参考にします。

要するに、データを送信する作業の際は上り速度、データを受信する際は下り速度が重要となります。

動画の視聴やSNSの閲覧など、日常生活で利用する多くの場面では下り速度が重要です。そのため、Wi-Fiの通信速度を確認する際は、下り速度を中心に確認しましょう。

回線速度を表すbpsとは

Wi-Fiの通信速度を表す際に利用される単位に「bps」があります。

bpsは「bit per second」の略で「1秒間にどれほどのビット数のデータを転送できるか」を表す単位です。例えば、1bpsは1秒間に1ビットのデータを転送できます。

bpsの数値が大きくなればなるほど、1秒間に大量のデータを転送できるため、通信速度が速いと認識しておきましょう。

また、数値が大きいものは、bpsの最初にローマ字をつけて表します。

1,000bps1kbps
1,000kbps1Mbps
1,000Mbps1Gbps

上記のように、1,000bpsは1kbpsと表現されます。一般的な光回線の最大通信速度は1Gbps=1,000Mbpsです。

一般的に、Wi-Fiの通信速度はMbpsで表されることが多いと把握しておきましょう。

リアルタイム通信で重要視されるPing値とは

Ping値とは「Packet Internet Groper」の略で、回線の遅延を表す数値です。

単位にはms(ミリセカンド・ミリ秒)が利用され、数値が低いほど遅延が少なく、数値が高いほど遅延が多いといえます。

Ping値は、オンラインゲームなどのリアルタイム通信で重要な数値です。例えば、FPSなどの動きの多いオンラインゲームをプレイする際に動作が遅延すると、思っているようにプレイできません。

通信速度がどれだけ速くても、Ping値が高いと快適な通信が実現できないため、Wi-Fiを契約する際は、通信速度だけではなくPing値も一緒に確認してください。

理論値より「実測値」を見るべき理由

Wi-Fiの通信速度には、理論値と実測値がありますが、実測値を重要視しましょう。それぞれの意味を解説します。

項目詳細
理論値理論上可能な通信速度
実測値実際に通信して観測できた通信速度

理論値は理論上可能と考えられている通信速度であり、あくまでも予想です。一方、実測値は実際に通信して観測できた通信速度のため、実現可能な数値といえます。

実際に通信する際の通信速度に近い数値は実測値のため、実測値を参考にするのがおすすめです。

多くの場合、実測値よりも理論値の方が数値が大きいため、理論値を全面に押し出して宣伝する光回線が多い点に注意してください。

【利用状況別】Wi-Fi通信速度の目安

Wi-Fiの通信速度について解説しましたが、実際に一体どれほどの速度があれば快適に通信できるのか気になるところです。

ここでは、Webサイトの閲覧や動画視聴など、場面別に必要なWi-Fiの通信速度の目安をお伝えします。

LINEやメールを送受信する場合

LINEやメールを送受信する場合は、1Mbpsあれば十分快適に利用できます。しかし、高画質な画像や動画などをアップロードする場合は、時間がかかる場合もあります。

テキストのやりとりであれば1Mbpsでも快適であると理解しておきましょう。

Webサイトを閲覧する場合

Webサイトの閲覧は、下りで1Mbps以上の通信速度が必要です。

しかし、1Mbpsで閲覧できるWebサイトはテキスト中心のサイトであり、画像や動画が多く掲載されているようなサイトは表示されるまで時間がかかります。

画像や動画が多く掲載されているようなサイトを快適に閲覧する場合は、10Mbpsほど必要です。

動画を視聴する場合

動画を視聴する際には、次の速度が必要です。

項目詳細
4K下り:20Mbps
1080p下り:5Mbps
720p下り:2.5Mbps
480p下り:1.1Mbps
360p下り:0.7Mbps
※参考:YouTubeヘルプセンター

上記の通信速度は、YouTubeで公式に推奨されている通信速度です。高画質になればなるほど、より速い速度が必要になります。

高画質で視聴したい場合は、5Mbps以上の通信速度が必要になると理解しておきましょう。

動画をアップロードする場合

動画をアップロードする場合は、上りで10Mbpsほどの通信速度が必要です。10Mbps以下でもアップロードできますが、時間がかかります。

YouTubeやSNSに動画をアップロードすることが多い方は、参考にしてみてください。

※参考:YouTubeヘルプセンター

オンラインゲームをする場合

オンラインゲームをプレイする場合は、最低でも下りで10Mbpsの通信速度が必要です。しかし、動きの多いオンラインゲームなどは、100Mbps以上の速度が出ていないと快適にプレイできません。

また、オンラインゲームをプレイする際は、通信速度だけでなくPing値も重要です。

Ping値は最低でも50ms以下の必要があり、最小限の遅延で快適にプレイしたい場合は10ms以下に抑えることをおすすめします。

Zoom等でWeb会議・Web面接をする場合

ZoomなどのアプリでWeb会議やWeb面接する際は、下りと上りで10Mbps以上あれば問題ありません。

しかし、参加している人数が多い場合などは、30Mbpsほど必要になる場合もあるため、注意が必要です。

ライブ配信する場合

ライブ配信ではリアルタイムで動画をアップロードするため、上りの通信速度が重要です。

高画質なライブ配信をする場合は上りで6Mbps以上、通常画質でライブ配信する場合は3Mbps以上必要だといわれています。

しかし、視聴者が多いライブ配信の場合は、上記の数値よりもさらに速い速度が必要です。状況によって異なるため、15〜30Mbpsほどの通信速度があると安心してライブ配信できます。

【回線別】インターネット回線の速度目安

インターネット回線といっても、光回線だけでなくポケット型Wi-Fiやホームルーターなども存在します。

それぞれのインターネット回線の速度目安をお伝えするため、どの回線でどれくらいの通信速度が出るのか気になる方などは、確認してみましょう。

先に、回線別の通信速度の目安とPing値をお伝えすると、次のとおりです。

速度目安Ping値
光回線下り:349.1Mbps
上り:290.8Mbps
27.2ms
ポケット型Wi-Fi・WiMAX下り:50.2Mbps
上り:13.6Mbps
86ms
ホームルーター下り:192.4Mbps
上り:18Mbps
81.4ms
※参考:みんなのネット回線速度

【光回線】Wi-Fi通信速度の目安

光回線の通信速度の目安は、下りが349.1Mbps、上りが290.8Mbpsも出ています。今回紹介するインターネット回線の中で最も速い数値です。

下りで340Mbps以上の通信速度があれば、動画視聴やオンラインゲーム、Zoomなど、ある程度の通信速度が必要な作業も快適に利用できます。

上りを見ても290Mbps以上でているため、ライブ配信など速いアップロード速度が必要なものも快適に利用できます。

PIng値も27.2msと低い数値のため、オンラインゲームやライブ配信などの遅延が影響するようなものも、ストレスなく利用できるでしょう。

できるだけ快適に通信したい場合は、光回線を選びましょう。

【ポケット型Wi-Fi・WiMAX】Wi-Fi通信速度の目安

ポケット型Wi-FiやWiMAXの通信速度の目安は、下りが50.2Mbps、上りが13.6Mbpsです。光回線と比較すると遅く感じます。

光回線の通信速度の数値と比較すると、ポケット型Wi-FiやWiMAXは約7分の1の速度です。光回線の通信速度に慣れている方は、ストレスを感じやすいでしょう。

先述したとおり、オンラインゲームを快適にプレイするには、50Mbps以上が必要です。

ポケット型Wi-FiやWiMAXの通信速度は目安で50Mbpsほどのため、オンラインゲームをプレイする方にはおすすめできません。

Ping値を見ても、86msと数値が大きくなっています。オンラインゲームには最低でも50ms以下のPing値が必要なため、注意してください。

【ホームルーター】Wi-Fi通信速度の目安

ホームルーターの通信速度は、下りが192.4Mbps、上りが18Mbpsです。ポケット型Wi-FiやWiMAXよりも速度は速いですが、光回線には劣ります。

下りの速度が190Mbpsを超えているため、一見オンラインゲームなども快適にプレイできると思う方も多いでしょう。しかし、Ping値が80ms以上と高く、遅延が発生してしまいます。

そのため、オンラインゲームを頻繁にプレイする方にはおすすめできません。

しかし、動画の視聴やSNSの利用などをする分には十分な通信速度です。ポケット型Wi-FiやWiMAXよりも、通信速度の速いインターネット回線を希望する方にはおすすめです。

Wi-Fiの通信速度を測る方法

現在契約しているインターネット回線の通信速度が気になる方は、次の方法で計測してみてください

  • Fast.com
  • USEN GATE 02
  • ブロードバンドスピードテスト
  • Googleの検索画面

1つずつ解説します。

1.Fast.com

Fast.comは、動画のサブスクリプションサービスである「Netflix」が提供しているサービスです。

「Fast.com」にアクセスするとすぐに通信速度の測定が始まり、一定時間そのまま通信していると、実測値が表示されます。「詳細を表示」をクリックすると、次の項目が確認できます。

  • レイテンシ
  • アップロード速度

レイテンシとは、Ping値のことです。アンロード済みとロード済みの2つの項目があります。

アンロード済みは、回線を測定者自身のみが利用している場合に参考にするべき数値で、ロード済みは測定者以外の人も回線を利用している場合に参考にするべき数値です。

うまく測定されなかった場合は、数値の右側にある更新ボタンをクリックすると、再計測できます。

パソコンだけでなくスマートフォンからも手軽に利用できるため、気になる方はすぐに測定してみてください。

2.USEN GATE 02

USEN GATE 02でも通信速度を計測できます。計測可能な数値は、次のとおりです。

  • ダウンロード速度
  • アップロード速度
  • Ping値

上記のとおり、通信速度を評価する際に必要な数値をすべて計測できます。さらに、計測結果の下に用途別の判定結果も表示されるため、参考になります。

例えば、次の用途別に快適に通信できるのか自動で判定してくれます。

  • Webの閲覧
  • SNS利用
  • ビデオ通話
  • 動画視聴
  • オンラインゲーム
  • スマホゲーム
  • メール
  • ビデオ会議
  • 大容量通信

現在の通信速度で利用できるかどうかが大まかにわかるため、自身で数値から判断するのが難しい方などは、利用してみてください。

3.ブロードバンドスピードテスト

ブロードバンドスピードテストはUSEN GATE 02と同じようなサービスで、アクセスしてワンクリックで通信速度を計測できます。

計測できる数値は、次のとおりです。

  • ダウンロード速度
  • アップロード速度
  • Ping値

ブロードバンドスピードテストは、地域別に各プロバイダの平均速度を一覧で確認できるため、自身のインターネット回線が平均よりも速いか遅いかを確認できます。

自身のインターネット回線の通信速度だけではなく、平均値と比較したい方はぜひ利用してみてください。

Googleの検索画面でも測定可能

ここまで紹介した通信速度の測定方法は、各サイトにアクセスして計測する形式でした。しかし、Googleの検索画面でも測定可能です。

方法は、Googleで「スピードテスト」と入力し、1番上に表示されている枠内の「速度テストを実行」と記載されているボタンを押すと測定が開始されます。

測定できる数値は、次のとおりです。

  • ダウンロード速度
  • アップロード速度
  • レイテンシ

測定したインターネット回線でできることを教えてくれるため、大まかに現在の通信速度で何ができるか知りたい方は利用してみましょう。

Wi-Fiの通信速度が遅い時の対処法

契約しているWi-Fiの通信速度が遅くて困っている方は、次の対処法を試してみましょう。

  • Wi-Fiルーターの再起動
  • Wi-Fiルーターの位置を変更
  • 中継機の利用
  • Wi-Fiルーターの交換
  • プロバイダの切り替え

すぐにできる対処法もあるため、参考にしてみてください。

Wi-Fiルーターを再起動する

まずは、Wi-Fiルーターを再起動してみましょう。

Wi-Fiルーターに何かしらの不具合が起こっている場合は、再起動すると改善される可能性があります。すぐに試せる対処法のため、最初に実行してみてください。

Wi-Fiルーターの位置を変える

Wi-Fiルーターの位置を変えるのも効果的です。

次のような場所にWi-Fiルーターを置いている場合は、設置場所が悪いことが原因である可能性が高いため、Wi-Fiルーターを移動させてみてください。

  • 障害物に囲まれている場所
  • 通信する部屋から離れている場所
  • 家電に近い場所

大きな障害物に囲まれていたり、通信する場所から離れた場所に設置している場合は、電波をうまくキャッチできず通信速度が遅くなっているため、Wi-Fiルーターを移動してみましょう。

家電が電波に干渉する恐れもあるため、なるべく家電から遠い場所に配置するのもおすすめです。

中継機を利用してみる

中継機を利用するのもおすすめです。中継機を利用すると、Wi-Fiルーターの電波を中継して遠くまで電波を飛ばせるため、Wi-Fiルーターから離れた部屋でも快適に通信できます。

3階建てや部屋が広い家に住んでいる方などは、中継機を導入してみてください。

Wi-Fiルーターを交換する

ここまでの対処法を試しても、通信速度が改善されない場合は、Wi-Fiルーターに問題がある可能性があります。その場合は、Wi-Fiルーターを交換してみましょう。

故障していなくても、古いモデルのWi-Fiルーターよりも最新のWi-Fiルーターの方が最大通信速度が速いため、実測値が速くなります。

買い換える際は、Wi-Fi6やIPv6に対応したモデルを購入してみてください。これらは最新のWi-Fi規格と通信方式のため、通信速度が速くなります。

プロバイダを切り替える

Wi-Fiルーターではなく、プロバイダ自体の通信速度が遅い場合もあります。その場合は、プロバイダごと切り替えるのも1つの方法です。

フレッツ光を契約している場合は、プロバイダを切り替えられますが、光コラボレーション事業者と契約している場合は回線自体を変更する必要があります。

フレッツ光の場合は、プロバイダによって通信速度に違いがあるため、快適に通信できるプロバイダへ切り替えてみてください。

光コラボレーション事業者の場合は、どの事業者もフレッツ光の回線を利用しているため、光コラボレーション事業者間を乗り換えても意味がありません。

その場合は独自回線に乗り換えるのがおすすめです。auひかりやNURO光などが独自回線のため、自身に最適な回線があるか確認してみましょう。

おすすめ光回線3選

ここまでお伝えした対処法で通信速度が改善されない場合や、現在利用している光回線の通信速度に満足できない場合などは、他の光回線への乗り換えを検討しましょう。

おすすめは、次の3つです。

  • NURO光
  • ドコモ光
  • auひかり

1つずつ特徴や強みを解説するため、自身に最適な光回線はどれか確認してみてください。

NURO光

NURO光は独自回線の光回線のため、通信速度が速いです。光コラボレーション事業者と比較すると、倍近く速い場合もあります。

最大通信速度が10Gbpsや20Gbpsのプランがあるのも特徴です。最大通信速度が10Gbpsや20Gbpsのプランを提供している光回線はあまりありません。

プラン料金は高いものの、通信速度にこだわりがある方にとっては、大きなメリットでしょう。

また、割引も豊富です。SoftBankユーザーの場合は、NURO光とセットで契約すると毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

NUROモバイルとセットで契約すると、NUROモバイルの月額費用が1年間無料で利用できるため、SoftBankやNUROモバイルユーザーの方は検討してみてください。

ドコモ光

ドコモ光は、光コラボレーション事業者の光回線です。NURO光のような独自回線と比較すると通信速度は遅いですが、ドコモのスマートフォンとのセット割で毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられます。

また、公式サイトではなく代理店から申し込むと、40,000円以上の高額なキャッシュバックを受けられるなどの特徴もあるため、代理店から申し込むのがおすすめです。

代理店によっては、キャッシュバックだけでなく工事費無料やdポイントの還元などのキャンペーンも実施しています。

代理店のキャンペーン内容などを比較し、最もお得に申し込める窓口から申し込んでみてください。

auひかり

auひかりは、NURO光と同様に独自回線です。利用者からの通信速度に関する評価が高く、多くの方が快適に通信できると感じています。

特徴としては、auのスマートフォンとのセット割です。毎月最大1,100円(税込)の割引が受けられるため、auユーザーの方におすすめです。

また、次世代の通信規格であるIPv6に対応しており、無料で利用できる点も特徴です。光回線によっては、IPv6を利用すると別途費用が発生する場合もあるため、auひかりのメリットといえます。

Wi-Fi6に対応している高性能なWi-Fiルーターのレンタルも可能です。

高額なキャッシュバックや工事費無料キャンペーン、Wi-Fiルーターの無料プレゼントなどを実施している場合もあるため、ドコモ光と同じように代理店からの申し込みがおすすめです。ぜひ確認してみてください。

Wi-Fiの速度に関するよくある質問

ここでは、Wi-Fiの通信速度に関するよくある質問に回答します。

最低限必要な通信速度やゲームに必要な通信速度、通信速度が速い回線などを知りたい方は確認してみてください。

最低限の速度は何Mbpsあれば大丈夫ですか

動画視聴やSNS利用など、何をするのかにもよりますが、最低でも1Mbpsはないとさまざまな通信場面においてストレスを感じます。

大手キャリアを利用していて速度制限にかかると、最大128kbpsに制限されますが、128kbpsでは大半の通信が不可能です。

動画の視聴はもちろん、TwitterやInstagramなどのSNSなどの利用もできません。

その点を考えると、最低でも1Mbpsほどの通信速度は必要であるといえます。

Apexなどのゲームは何Mbps必要ですか

Apexなどの動きの多いオンラインゲームは、最低でも10Mbpsは必要で、余裕を持ちたい方は30Mbpsほどあると快適にプレイできます。

しかし、上記の通信速度があれば十分プレイはできますが、アップデートの際などにはさらに速い通信速度が必要です。

30Mbpsでは、アップデート完了までに3時間以上かかる場合もありますが、100Mbpsほどで通信できればそこまで時間はかかりません。

いつでも快適にプレイしたい方は、100Mbpsほどあると安心です。

回線速度が速いインターネット回線はどれですか

回線速度が速いインターネット回線は、光回線です。

記事内でも、光回線とポケット型Wi-Fi、ホームルーターの通信速度を比較しましたが、圧倒的に光回線の速度が速いとわかります。

できるだけ速く通信したい方や通信のストレスを感じたくない方は、光回線を契約しましょう。

まとめ

Wi-Fiの基礎知識やインターネット回線別の通信速度、速度が遅い場合の対処法などを解説しました。

利用状況別に必要な通信速度は、LINEやメールであれば1Mbps、動画の視聴やオンラインゲームを快適にプレイするのであれば100Mbpsほどです。

光回線以外にポケット型Wi-Fiやホームルーターなどの回線もありますが、光回線の契約をおすすめします。

その理由は、他のインターネット回線と比較しても料金がそれほど変わらず、通信速度が速く安定しているためです。

また、できるだけ速い速度で通信したい方には、独自回線の光回線をおすすめします。NURO光やauひかりが独自回線です。

独自回線は、光コラボレーション事業者の光回線の倍以上通信速度が速い場合もあるため、高画質の動画などもストレスなく視聴できます。

Ping値も低いため、遅延が少ない状態でオンラインゲームをプレイできる点もメリットです。

現在利用している光回線の通信速度に満足していない方や、これからWi-Fi環境を整えようと思っている方などは、通信速度の速い光回線を契約しましょう。

※本記事の情報は2022年8月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>

NURO光

ドコモ光

auひかり

目次