MENU

WiMAXの速度制限とは?プランごとの速度制限の詳細や速度制限を避ける方法を解説!

目次

そもそもWiMAXで利用できる回線とは

WiMAXでは、次の回線が利用できます。

  • 4G
  • 5G
  • WiMAX 2+

プランによって3つの回線が利用できたり、WiMAX 2+のみの利用も可能です。4G・5Gは地下鉄やビルなどの障害物があっても電波が届きやすいので安定した通信が可能です。

WiMAX 2+は、高速通信できるが地下鉄や屋内では電波が届きにくいという特徴があります。3つの回線が使えるプランに加入するとかなり使い勝手が良いためおすすめです。

WiMAXギガ放題プラスプランの速度制限

WiMAXギガ放題プラスプランは、WiMAX 2+・4G・5G通信を利用し高速通信ができる人気のプランです。

ここでは、WiMAXギガ放題プラスプランの速度制限について解説します。通信速度が制限されるのは次の場合です。

  • 一定期間内の大量データ通信で回線混雑時に速度制限
  • プラスエリアモードはデータ使用量月間15GBを超えたら128kbpsに速度制限

速度制限がかけられる条件とともに、速度制限を解除する方法もお伝えするので、これからWiMAXを契約しようと考えている方は、是非参考にしてください。

一定期間内の大量データ通信で回線混雑時に速度制限

WiMAXギガ放題プラスプランは、一定期間内に大量データの通信を行った場合に、混雑する時間帯の通信速度が制限されます。

以前までは、直近3日間の通信量が合計15GBを超えた場合に通信速度を制限していましたが、2022年2月1日から上記のように規制が緩和されました。しかし、規制が緩和されたのが最近のことなので、どれくらいの通信量で速度を制限されるのか、速度制限後の通信速度はどれくらいなのかなどは明記されていません。

当然基準値は設定されているはずなので、公式からの発表を待ちましょう。

プラスエリアモードはデータ使用量月間15GBを超えたら128kbpsに速度制限

通常のデータ通信は、先ほどお伝えしたとおり「一定期間内の大量データ通信で回線混雑時に速度制限」へ規制緩和されました。

しかし、プラスエリアモードでの速度制限は従来どおりで、データ使用量が月間15GBを超えたら128kbpsに速度が制限されます。プラスエリアモードとは、標準の通信よりも広いエリアで利用できる通信モードのことを指します。

とは言うものの、データ容量15GBでどんなことができるのか想像しづらいかと思います。例として、15GBでできることをいくつか紹介します。

LINE通話約832.5時間
Instagram約15時間
TikTok約30時間
※参照元はページ下部に記載

あくまで目安ですが、15GBでは上記のようなことができます。InstagramやTikTokなどの写真・動画が多く表示されるサービスは消費するデータ容量が大きいことがわかります。WiMAXでプラスエリアモードを多く使用する方は、表を参考に自身に適したプランか確認してください。

解除方法

標準の通信モードの速度制限は、「一定期間内に大量データの通信を行った場合に速度を規制する」と定めていますが、いつ解除されるのか明確な記載はなく「混雑する時間帯の通信速度を制限」としか記載されていません。

あくまで予想ですが、インターネットが混雑する時間帯は夕方〜夜の時間帯なので、その時間帯のみ速度が制限されると考えられます。プラスエリアモードを15GB使用して速度が制限された場合は、当月末まで速度が制限されるため、翌月1日に解除されるのを待つしかありません。

スマートフォンの場合、データ容量を使い切り速度制限がかけられても、追加で容量を購入すれば速度制限を解除できますが、WiMAXには追加で容量を購入する仕組みがないため、自身で速度制限を解除する方法はありません。標準の通信モードで速度制限がかかった場合は、回線の混雑が収まるまで待てば、速度制限は解除されます。プラスエリアモードで速度制限がかかった場合は、翌月まで解除されるのを待ちましょう。

WiMAXギガ放題プランの速度制限

ここまで、WiMAXギガ放題プラスプランの速度制限や解除方法についてお伝えしてきましたが、WiMAXには「ギガ放題プラン」もあります。

ギガ放題プランはギガ放題プラスプランと異なり、WiMAX 2+とLTE回線で通信するプランです。ここでは、WiMAXギガ放題プランの速度制限について解説します。

3日で10GB使うと1Mbpsの速度制限

ギガ放題プランは、直近3日間でWiMAX 2+とLTE方式の通信量の合計が10GB以上となった場合、1Mbpsに速度を制限されます。LTEオプション対応機種の場合は、ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかると、ハイスピードモードのWiMAX 2+の通信も速度制限対象になるので注意してください。

速度制限は、たとえば2月1日〜3日に使用したデータ容量が10GB以上だった場合、2月4日の18時頃〜2月5日の2時まで1Mbpsに速度が制限されます。

先ほど15GBでできることをお伝えしましたが、その3分の2しか利用できないとなると、ヘビーユーザーの中には容量が足りないと感じる方も多くいることでしょう。

速度制限中は、通信速度が最大1Mbpsに制限されてしまいSNSの利用や動画視聴に影響が出てしまいます。WiMAXのギガ放題プランの契約を検討している方は、3日で10GB以上使うと速度が制限されること、速度制限中は通信速度が1Mbpsになることを覚えておきましょう。

解除方法

WiMAXのギガ放題プランで速度が制限された場合は、ネットワーク混雑時間帯(2019年9月時点では翌日18時頃から翌々日2時頃)にかけて速度が制限されます。速度制限の時間帯は決まっているので、翌日18時頃から翌々日2時頃以外の時間帯は速度制限の影響を受けずに高速通信が可能です。

また、直近3日間のデータ通信量が10GB以下になれば速度制限が解除されるので、いつでも高速通信を楽しめます。速度制限を解除したい場合は、翌日18時頃から翌々日2時頃以外の時間帯に通信するか、直近3日間のデータ通信量を10GB以下におさえましょう。

10GB・15GBでできること

ここでは、ギガ放題プラスプランとギガ放題プランの速度制限の対象である「1か月で15GB」と「3日で10GB」でできることをお伝えします。

10GBや15GBで速度制限がかかると言われても、あまりピンとこないかもしれません。具体的な例を挙げ、これらのデータ容量でできることをお伝えするので、確認してみてください。

1か月で15GBの場合

WiMAXのギガ放題プラスプランでは、プラスエリアモードで月のデータ使用量を15GB超えると速度制限となるので、15GBでできることを確認してみましょう。

「WiMAXギガ放題プラスプランの速度制限」でも簡単にお伝えしましたが、15GBのデータ通信でできることの例を挙げると、次のとおりです。

YouTube(720p)約15時間
YouTube(360p)約45時間
LINE通話約832.5時間
Twitter約60時間
Instagram約15時間
TikTok約30時間
参照元:LINEモバイル公式サイト

個人差があるため、あくまで目安となります。

YouTubeなどの動画を視聴する際は、高画質で視聴するほどデータ容量を消費するので、速度制限にかかりたくない場合はできるだけ画質を下げて視聴しましょう。

TwitterやInstagram、TikTokなどは、動画や写真がタイムラインに流れてくるので、意外にデータ容量を消費します。Twitterには、動画の視聴を自動ではなく手動にする機能などもあるので、そのような機能をうまく活用すれば、もっと少ないデータ消費量で利用することも可能です。

自身が普段どれくらいSNSや動画を視聴しているのか考え、月にどのくらいデータ容量を消費するのか把握してみましょう。

3日で10GBの場合

ギガ放題プランは、直近3日間でWiMAX 2+とLTE方式の通信量の合計が10GB以上になると速度制限がかかります。10GBでできることをお伝えすると、次のとおりです。

YouTube(720p)約10時間
YouTube(360p)約30時間
LINE通話約55.4時間
Twitter約40時間
Instagram約10時間
TikTok約20時間
参照元:LINEモバイル公式サイト

単純に、15GBでできることの3分の2です。しかし、3日で10GBなので、1か月約100GB使える計算になります。YouTubeの標準画質であれば3日で47時間、1日15時間ほど視聴できる計算です。平日仕事や学校にいてデータ容量をそこまで消費しない方は十分楽しめます。

「3日で10GBの制限があるから」という理由でWiMAXを避けていた方も、このように利用できる時間を具体的に見ると十分に感じる方も多いのではないでしょうか。自身が3日間に使うデータ容量と照らし合わせ、余裕があると感じた方は契約を検討してみてください。

速度制限中にできること

ここでは、WiMAXの速度制限中にできることをお伝えします。万が一速度制限がかかった場合にできることを把握していると安心して契約できるので、是非確認してみてください。

128kbpsの場合

128kbpsでできることの例を挙げると、次のとおりです。

  • LINEのメッセージ
  • LINE通話
  • Twitterのテキスト閲覧

128kbpsだと、かなりできることが狭まります。画像の読み込みや動画の視聴を伴うSNSやYouTubeの利用は、ほとんどできません。Twitterのテキストの読み込みができる程度です。

画像や動画の多いSNSは利用できませんが、LINEは使えます。128kbpsに速度が制限されないよう、使用しているデータ容量を確認し調節しながら利用するのがおすすめです。

1Mbpsの場合

1Mbpsdできることの例を挙げると、次のとおりです。

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • インターネット閲覧

1Mbpsあると、TwitterやInstagramも利用できます。しかし、スムーズには操作できず表示まで少し時間がかかるので快適には利用できません。128kbpsと比較するとかなり快適ですが、いつもの通信速度に慣れているとかなり不便と感じる方が多いです。

WiMAXのおすすめプロバイダ3選!

WiMAXは、どのプロバイダで契約するかによって特典や料金が異なります。ここでは、WiMAXのおすすめプロバイダを3つお伝えします。自身に最適なプロバイダを見つけて、お得に契約しましょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBの基本情報は、次のとおりです。

月額料金・1〜24か月目まで:4,158円
・25か月目以降:4,708円
特典・2年間月額1,144円割引
・3年目以降月額594円割引
・プラスエリアモードオプション料無料
・端末代金が0円
※料金は税込表示です。

GMOとくとくBBは、2年間月額料金割引や3年目以降月額料金割引など割引サービスが充実しているため、お得にWiMAXを利用できます。最新機種も端末代なしで利用できるので、最新端末をお得な料金で利用したい方は、GMOとくとくBBからの申し込みを検討してみてください。

Broad WiMAX

Broad WiMAXの基本情報は、次のとおりです。

月額料金(ギガ放題プラスDX)・1〜2か月目:2,090円
・3〜36か月目:3,894円
・37か月目以降:4,708円
特典・Web申し込みで初期費用無料
※料金は税込表示です。

Broad WiMAXは、4G/5Gを利用できるギガ放題プランと、WiMAX 2+の回線を使用するギガ放題プランからプランが選べます。4G/5Gを利用できるギガ放題プランは、2年・3年契約のどちらかから好きな契約期間を選択できます。3年契約のプランを選ぶと2,090円(税込)から利用できるのでかなりお得です。

さらに、Webから申し込むと初期費用が無料になるので、契約を検討している方はWebから申し込んでお得に契約しましょう。

カシモWiMAX

カシモWiMAXの基本情報は、次のとおりです。

月額料金(3年プラン)・初月:1,408円
・1か月目以降:4,455円
特典・3年プランLTEオプション無料
・Amazonギフト6,000円プレゼント
・端末代無料
※料金は税込表示です。

カシモWiMAXは、契約後半で月額料金が上がったり、オプション加入を強制されたりしないため、安心して安い料金で使い続けられるプロバイダです。割引が少ない代わりに月額料金の変動がないので、長期間使い続ける方ほどお得になります。

さらに今なら、全Wi-Fiルーターを対象にAmazonギフト6,000円をプレゼントするキャンペーンを開催しているので、WiMAXを検討していた方はこの機会にお得に契約しましょう。

WiMAXの速度制限を避ける方法

「速度制限中にできること」でお伝えしたとおり、WiMAXが速度制限がかかると、できることがかなり限られてしまいます。そこでここでは、速度制限を避ける方法をお伝えします。「速度制限がかからないか不安」と考えている方は、是非確認してみてください。

日々通信量をチェックしておく

WiMAXは使用したデータ容量を確認できるので、日々通信量をチェックしておきましょう。データ容量を使いすぎた次の日は使用量を抑えるなど工夫すれば、すぐに速度制限がかかることはありません。

固定回線も利用する

WiMAXだけでなく、固定回線を併用するのもおすすめです。

光回線やホームルーターなどの固定回線を一緒に利用すれば、WiMAXが万が一速度制限がかかり快適に通信できなくなっても安心です。ただ、WiMAXと固定回線を契約するとその分出費が大きくなるので、経済的に余裕のある方のみ検討してみてください。

通信量が多い作業をしない

通信量は、作業内容によって消費量が大きく異なります。

高画質の動画視聴などは消費量が大きく、テキスト中心のSNS閲覧などは消費量が少ないです。そのため、通信量が多い動画の視聴などを避け、速度制限にかからないようにしましょう。

フリーWi-Fi(au Wi-Fi SPOTなど)を利用する

カフェなどの飲食店には、フリーWi-Fiが多くあります。

フリーWi-Fiを利用すると通信量の消費を抑えられるので、外出先ではWiMAXを利用せずフリーWi-Fiを利用することをおすすめします。

例えば、マクドナルドではだれでも使えるフリーWi-Fiが提供されていますし、auでは対象のプランを契約した方向けに「au Wi-Fi SPOT」というフリーWi-Fiを提供しています。

スマートフォンのテザリング機能を利用する

タブレットやパソコンを利用する際は、スマートフォンのテザリング機能でも代用できます。テザリング機能とは、スマートフォンのデータ容量を使い、タブレットやパソコンをWi-Fi接続させる機能です。テザリングとWiMAXを併用すれば、速度制限がかかるほどのデータ通信を消費しなくて済みます。

多くのキャリアでテザリングは利用できるので、パソコンやタブレットを使用する際は、テザリングを試してみてください。

WiMAXの速度制限に関するよくある質問

ここでは、WiMAXの速度制限に関するよくある質問と回答をお伝えします。ここまでの内容に疑問がある方も解決できることがあるかもしれません。1度目を通してみてください。

プロバイダによって通信速度・速度制限は異なりますか?

通信制限や速度制限は、どのプロバイダも同じです。プロバイダが異なっても提供している商品は同じなので、違いはありません。

ギガ数を超えた場合すぐに速度制限がかかりますか?

ギガ放題プラスプランのプラスエリアモードで月間15GBを超えた場合は、すぐに速度制限がかかり翌月の1日まで速度が128kbpsに制限されます。ギガ放題プランの場合は、ネットワーク混雑時間帯のみの速度制限です。

まとめ

今回は、WiMAXの速度制限についてお伝えしてきました。もう一度、大事なポイントを振り返ると、次のとおりです。

WiMAXギガ放題プラスプランの速度制限・一定間内の大量データ通信で回線混雑時に速度制限
・プラスエリアモードはデータ使用量月間15GBを超えたら128kbpsに速度制限
WiMAXギガ放題プランの速度制限3日で10GB使うと1Mbpsの速度制限

表のとおり、どちらのプランを利用するかによって、速度制限がかかる基準が異なります。


WiMAXの速度制限について把握し、自身なら快適に使えると思った方は、先ほどおすすめしたプロバイダ3社から最適なプロバイダを選びお得に契約しましょう。

※この情報は2022年5月時点の情報です。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考サイト>
GMOとくとくBB公式サイト
Broad WiMAX公式サイト
カシモWiMAX公式サイト

目次