Legend Guitarist〜Electric Star〜 スペシャル対談(後編)

2016.11.1122:30

──Ledaさんは8弦ギターですか?

Leda(Far East Dizain)たぶん、7(弦)か8(弦)でやると思います。普通の現場だと、出す音に合わせていろんなギターを使うんですけど。僕がシングルコイルの音が必要な曲を作ったら持ち換えるかもしれないですけど、持ち換えるのが面倒くさいので、できれば1本で行きたいなと。

live_leda

Leda (Far East Dizain)

KOJI(ALvino)8の後に6を持ったら、弾ける?
Leda(Far East Dizain)今のところ、8が出る曲が現場ではないので。7と6は結構あるので。それは何とか。
KOJI(ALvino)7が分からなくなる(笑)、慣れてないと。
Leda(Far East Dizain)叩き込むしかないですね。頭じゃなく筋肉に叩き込む感じです。無心で弾けるように。一瞬考えると、あれっ?てなっちゃって、気の迷いで間違えるので、何も考えないでいいように叩き込むんです。

──叩き込むまでに時間をかけて?

Leda(Far East Dizain)コツコツと、その現場のライブまで、持ち換えの流れとか足元のプログラムチェンジも含め、一連の動作でできるっていうところまでやるんですけど。

──このイベントに向けて、新たな曲を作る予定もあったりします?

Leda(Far East Dizain)そうですね、僕はインストは1曲ぐらいしかないので作らないとって思って、ぼちぼち作り始めています。

──結構、新曲が増えそうですね?

Leda(Far East Dizain)そうですし、あとソロでやっていた時の曲を引っ張り出したりして、やりくりしてみようかと。

──インストのみの曲だと、力の入り方が違いますか?

Leda(Far East Dizain)悩むと思いますね。あまり作ったことないので。いい機会だと思います。

──みなさんもこのイベント用にインスト曲を書いてくる予定は?

KOJI(ALvino)何かこの近辺で作品を出したいなと思って作曲中なのと。あと、Legend Guitaristのテーマ曲を作りたいなと思っているんです。今日、この後聴いてもらおうと思って、持って来ているんですけど。
AKIHIDE,Leda,RENO,youおー!さすが。
KOJI(ALvino)提案としてね。5人でこの後作っていくんだけど。それを、音源にして出すとかはまた後の話だけど、レコーディングできたらいいなと思っていて。映像も撮って、イベントまでにその断片が観られたり聴けたりとか。まだ俺の想像の範囲だけど、さっきも言ったみたいに昔から仲の良かった5人じゃないけれど、目指しているギター音楽は一緒だったりするし、この5人の距離が縮まっていく感じをライブまでにお客さんに見せられたらなと思っているので。それとは別に個人的にも曲を作っています。その日にやるかどうかは分からないですけど。10年ぐらい前にギターインストのミニアルバムを出して、ライブをやったりしてたけれど、それ以来ストップしていたので。このイベントをきっかけに、その活動を自分のバンドと並行してやっていきたいなと思っています。

──テーマソングがあるのはいいですね。

KOJI(ALvino)いいでしょ、その曲をみんなで演奏できたらいいし。

──テーマソングを作ったら、第2弾、第3弾とやりたくなりますよね?

KOJI(ALvino)もう、やりたいから、それを視野に入れています。この1回で終わって、じゃなくて、いろんな街にギターの音を届けたいし。そのためには1回目を成功させて、ギターってかっこいいんだねってお客さんが心の底から思えるような演奏とパフォーマンスをしたいですね。

 

1 2 3 4

Legend Guitarist~Electric Star~

2016年12月21日(水) Zepp DiverCity(TOKYO)
18:00 開場 / 19:00 開演
11月27日(日) SALE

ディスクガレージ 先行抽選受付

お申し込みはこちら
受付期間:2016年11月01日(火) 12:00 ~ 2016年11月16日(水) 23:59

関連リンク