封印したあの曲も披露!?MUCC結成20周年、過去4回の武道館を振り返り、最新の日本武道館2daysの展望を語る

2017.03.2818:00

MUCC

インタビュー/武市尚子

──MUCCが初めて日本武道館公演をやったのは、2006年の6月6日。 これは、『MUCC WORLD TOUR “TOUR FINAL「666」”』。日本・ヨーロッパ全土で同時発売されたアルバム『6』を引っ提げて行われた、ワールドツアーのファイナル公演としてやったライヴだったね。このときのこと、覚えてる?

逹瑯(Vo.) 覚えてるよ、めっちゃ。

初武道館っていう緊張感があった中で、1曲目の「朽木の塔」から叫んだから、最悪の状態で歌うことになっちゃて、すげぇ悔しかったの覚えてる。(逹瑯)

──アルバムタイミングとしては、『6』なんだけど、当時のセットリストを見ると、「朽木の塔」からだったんだね。

YUKKE(Ba.) 『666』のツアーファイナルだったのに、1曲目が「朽木の塔」からだったんだっけ!?

逹瑯 そう。こんときはね、最初「朽木の塔」から始まって、途中から『666』のセットリストに切り替わってったんだよね。二部制みたいな感じの構成だった。ステージセットの『666』の幕が上がって、そこからは『666』の流れになってったんだよ。すげぇ覚えてるのが、初武道館っていう緊張感があった中で、1曲目が「朽木の塔」っていうので、喉的にすごくしんどくて。緊張してる中で叫んだから、一気に持っていかれて、喉が最悪な状態になっちゃったの。それもあって、自分的には最悪の状態で歌うことになっちゃったから、すげぇ悔しかったの覚えてる。

YUKKE そうかぁ、なんか話聞いてたらすごく思い出してきた。ワンマンで初めての武道館だったから、本番でお客さんが入った状態で客席を見たら、目の前にお客さんが壁みたいになって見えてゾクゾクした。でもね、最初はとにかくすごく緊張したの覚えてる。今も『666』っていう幕と映像を見るとテンション上がる(笑)。

2006年6月6日『MUCC WORLD TOUR

2006年6月6日『MUCC WORLD TOUR “TOUR FINAL「666」”』日本武道館公演より

ALBUM『6』アーティスト写真、日本武道館にて撮影

ALBUM『6』アーティスト写真、日本武道館にて撮影

──そう言えば当時、武道館で撮影したアーティスト写真だったよね。

逹瑯 そうそう。会場で写した写真使ってたね。

YUKKE そういえばね、ヘアメイクのBOBさんに言われて思い出したんだけど、俺ね、大きいライヴの日になると、いつもとは違うこと言い出すらしくって(笑)。初武道館の日も、いつもは前髪をガッチリヘアスプレーで固めているのに、この日に限って“スプレーやらないで、サラサラの前髪でライヴしたい”って言ったんだって(笑)。だからね、このときのライヴ映像見ると、前髪がワシャワシャワシャワシャって動いてるの(笑)。

──あははは。そういう自分たちの周りの人たちが覚えてくれてることを聞くと、より記憶が立体的に蘇るよね。SATOちはどう?覚えてる?

SATOち(Dr.) うん、覚えてるよ。俺のドラム始まりだったからね、すげぇ緊張した。

──いきなり重い曲だからね。

SATOち うん。あとはね、「名も無き夢」で、“よっしゃー!”って言ったの覚えてるよ。ライヴ終ってから、明希(シド)に、“よっしゃー!良かったっすよ!”って言われたから、それも含め覚えてる(笑)。

──なるほど。ミヤくんは?

ミヤ(Gt.) ワンマンはこのときが最初だけど、2003年に『KINGDOM ROCK SHOW』で武道館に立ってたから、なんとなくな感覚は掴めてたんで、俺は緊張はなかった。他のメンバーがすげぇ緊張してたなっていう記憶がある。

逹瑯 俺はとにかくすげぇ緊張してたなぁ。

──ワールドツアーのファイナルとしてやったライヴでもあったけど、それ故の向き合い方が出来たライヴでもあった?

逹瑯 本当はね、次の年が10周年タイミングでもあったから、そのタイミングでやった方が良かったんじゃないかな?って思ったりもしたんだけどね。

ミヤ コメットさん(※2009年に亡くなった当時の舞台監督)のアイディアでもあったんだけど、この時期ずっと海外でライヴしてたから、日本で大きな場所でやってみたらどうかって。早めに武道館を経験した方がいいっていう意見をもらって。その頃は、まだ他のメンバーはライヴのブッキングとかに関与してないから、なんであの時期に武道館をやったのかっていうのは、聞いても分からないと思うよ。

1 2 3

MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~

「第Ⅰ章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6」 6月20日(火) 日本武道館
「第Ⅱ章 06-17 極志球業シ終T」 6月21日(水) 日本武道館
※粗品付き(当日会場にお越しの方へのみのお渡しとなります)
NOW ON SALE

《ヒストリーブック『M』日本武道館公演にて先行販売決定!》
ヒストリーブック『M』
一般発売日:2017年7月19日(水)
※タワーレコード独占販売

哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー

6月30日(金)7月1日(土) 水戸ライトハウス
7月4日(火)5日(水) 新潟GOLDEN PIGS RED
7月8日(土)9日(日) 札幌DUCE
7月12日(水)13日(木) 仙台MACANA
7月15日(土)16日(日) 青森Quarter
7月19日(水)20日(木) ESAKA MUSE
7月22日(土)23日(日) 福岡DRUM Be-1
7月25日(火)26日(水) 広島SECOND CRUTCH
7月29日(土)30日(日) 名古屋ボトムライン
8月1日(火)2日(水) 神戸太陽と虎
8月5日(土) 6日(日) 目黒鹿鳴館

チケット NOW ON SALE!

関連リンク

RELEASE

会場限定Single『家路』

<販売公演>
6月20日(火)、21日(水)「MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~」@日本武道館

<購入者全員特典>
「見開きガキムック ~無垢なMUCC~」
※A5変形片抜きサイズ
Album『新痛絶』(朱)
8月9日(水)Release

【会場限定盤】(2CD+特典CD)
※特典CD『若気の痛い LIVE音源』付き
※「哀愁とアンティークと痛みも葬るツアー」公演会場限定販売

【流通盤】
〈完全生産限定盤〉(2CD+PLUS)※3,000枚限定販売
〈通常盤〉(2CD)

この記事をシェアする