Gacharic Spin 念願の日比谷野音ワンマン開催!F チョッパー KOGA(Ba)とオレオレオナ(Vo&Key)が語るビジョンとは?

2017.05.0215:00

  • LINEで送る

Gacharic Spin

インタビュー/兵庫慎司

日比谷野外大音楽堂でのスペシャルライブを6月24日に控え、全国ツアーを3月から展開中、その間に4月29日には『NAONのYAON 2017』への出演と、5月28日~6月3日まで名古屋ell.FITSALL7デイズも行うGacharic Spin。バンドの音楽性や各メンバーのプレイやパフォーマンスそのものまで含めて、もともと過剰なくらい濃密なバンドだが、スケジュールもこのように濃密なことになっている理由や、初の、そして念願の日比谷野音のビジョンなどについて、F チョッパー KOGA(Ba.)とオレオレオナ(Vo.&Key.)に話していただきました!

ほかのバンドがやるようなことを、うちらがやってもつまらないから(KOGA)

──ライブのスケジュールがすごいことになってますよね。

オレオレオナ(Vo.&Key.)
ツアーをやって、その途中に名古屋の7デイズがあって、ツアーのファイナルを北海道で迎えて──。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
そのあとに日比谷野音ワンマンがあります。野音は『SPECIAL ONE MAN LIVE』ってことで、ツアーとは別で、お祭りみたいにしたくて。そこまでを『野音への道』でがんばっていこうっていう感じのツアーにしていて。その中に名古屋の7デイズを入れ込むっていう、Gacharic Spinらしい無謀なスケジュールをやってみました(笑)
オレオレオナ(Vo.&Key.)
去年やったのが好評だったし、自分たちも成長したから。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
そう、もともと去年の9月に、渋谷のWWWで7デイズをやったんですよ。
オレオレオナ(Vo.&Key.)
7じゃなかったけどね。その前の2日も別の会場でライブが入ったから、結果、9日連続になっちゃったんですけど(笑)それが好評だったんですよ、すごく。いろんなジャンルのバンドや、アイドルと一緒にやったりして。いろんな人とやって、いろんな側面を見せられるっていうガチャピンのよさも伝わったし。お互いのファンもすごく楽しんでくれて、好評だったので、今年もやろうってことで。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
で、いちばんお世話になってるライブハウスが名古屋のE.L.L.で。そこのボスと話してたら「じゃあ名古屋で1週間やってよ」って。あと、あたしが名古屋出身なので、泊まるところは困らないので(笑)
オレオレオナ(Vo.&Key.)
実家にお邪魔します。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
これが違うところだったら、1週間の宿泊代ってバカにならないじゃないですか? そういうのとかも含めて「よし、やろう!」って。(笑)

──7日続けてやるのがいいというのは?

Fチョッパー KOGA(Ba.)
その方がおもしろいというか、ほかのバンドがやるようなことをうちらがやってもつまらないから。このバンド・スタイルもそうだし、どの部分でもそういうことを意識して作っているので、必然的にそういう企画になっていったというか。機材の搬入出もラクですし。
オレオレオナ(Vo.&Key.)
そう! ほんと! それ、涙が出るぐらいうれしいです(笑)

──確かにバンドの成り立ち自体そうですもんね。誰もやってないことをやるっていう。

オレオレオナ(Vo.&Key.)
そうです。メンバーにパフォーマーがいたり、ドラムとキーボードのツイン・ボーカルとか、っていうのも、なかなかほかにはないので。ガチャピンにしかできないよね、っていうようなものをやりたい、っていうのはありますね。

日比谷野音は、ライブっていうよりはお祭りみたいなステージになるんじゃないかな(KOGA)

──日比谷野音はどんな内容で考えてます?

Fチョッパー KOGA(Ba.)
今予定してるのは……まだ企画段階なんですけど、いろんなゲストを呼んだりとか。
オレオレオナ(Vo.&Key.)
わちゃわちゃとお祭りにしたい。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
そう、お祭りにしたいなと思ってて。過去も、ライブでゲストに出てもらったりしてたんですけど。そういうのじゃ収まらないぐらいの何かを考えたいな、っていうので、今動き始めてはいるんですけど。“大宴祭”って名前もついてるので、とにかく派手で、にぎやかで、ライブっていうよりはお祭りみたいなステージになるんじゃないかな、とは思ってます。

──日比谷野音でワンマンは悲願?

Fチョッパー KOGA(Ba.)
もう!ほんとに!やりたかったです!
オレオレオナ(Vo.&Key.)
野音はやっぱり、バンドやってたら……メンバーお互い、ガチャピンの前にもバンドをやってたりして、活動歴も長いし。
Fチョッパー KOGA(Ba.)
自分が高校を卒業したぐらいの頃に、GO!GO!7188のライブDVDが、雨の野音だったんですよ。それを観て「かっこいい!」っていう衝撃がすごくあって。バンドを始めた頃に「野音ってどんなステージなんだろう?」って思ってた場所でワンマンをやると思うと、ちょっと感慨深いというか。
逆にガチャピンの野音を観て、バンド始めようと思ってる若い子が、当時の私のようなことを思ってくれたらいいなあと思いますね。

──でも、Gacharic Spinを観て「私もバンドやろう!」とはなかなか思えない気も。

オレオレオナ(Vo.&Key.)
えー!?

──演奏もアンサンブルも高度だし、パフォーマンスもあるし、「自分にもできる!」って思うのは難しいんじゃないかと。

オレオレオナ(Vo.&Key.)
私にできてるから大丈夫よ(笑)
Fチョッパー KOGA(Ba.)
たしかに(笑) どんどんカバーしてほしい!見てみたいです!
1 2

な・な・なんと7日間!!!!!!!〜名古屋編〜

5月28日(日) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:THEイナズマ戦隊>
5月29日(月) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:SAKANAMON>
5月30日(火) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:SEX MACHINEGUNS>
5月31日(水) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:The Winking Owl>
6月1日(木) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:LUNKHEAD>
6月2日(金) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:田村直美《Key:DIE / Gt:MOTO / Ba:FIRE / Dr:CHERRY》>
6月3日(土) 名古屋 ell.FITSALL <対バン:ベイビーレイズJAPAN>
※詳細情報はWEB SITEをご覧下さい

Gacharic Spin Special Live〜2017 春〜ライバー大宴祭

6月24日(土) 日比谷野外大音楽堂
NOW ON SALE

ディスクガレージ特別受付

お申し込みはこちら
受付公演:6月24日(土) 日比谷野外大音楽堂
受付期間:5月1日(月)10:00 〜 5月31日(水)23:00
※規定枚数になり次第終了。

関連リンク

RELEASE

ライブDVD『な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL』
(Victor)
NOW ON SALE
初回限定盤[2DVD+豪華フォトブック]
通常盤[1DVD]の2形態
※画像は通常盤