DIV[ダイヴ]、新作を携えたワンマンツアーを経て、初の日比谷野音ワンマン『DIVE!!!』決定!!

2016.04.1418:00

DIV[ダイヴ]

インタビュー/東條祥恵

新作『EDR TOKYO』発売で話題を集めるDIV[ダイヴ]は、CHISA(Vo)、将吾(Gt)、ちょび(Bs)、satoshi(Ds)からなる気鋭のヴィジュアル系バンド。最新作で彼らはなぜデジタルとロックを融合させたEDMならぬ“EDR(エレクトリックダンスロック)”というエッジーかつデジタルなバンドサウンドを打ち出したのか。また、メンバー全員が作詞・作曲を平等に行なうDIVならではのバンド論とは。全国ワンマンツアー『今夜は熱帯夜』を経て、10月10日にはバンド史上最大キャパとなる初の日比谷野外大音楽堂での単独公演も決定した彼らに、たっぷり話を聞いてみた。

──まず最初に基本的な質問なんですが、DIVの表記に“E”がない理由から教えて下さい。

CHISA 「E」をとった方がカッコいいかなと。ウチは最初から「4人でやる」というバンドのコンセプトがあって。それは将吾に「俺が認められるギタリストがいないから」というのがあったからなんですが(笑)。Eはアルファベットで5番目にあるじゃないですか?ウチには5人目はいないからEを消して、この4人で飛び込んでいくぞという意味でDIVにしました。

──そんな意味があったんですね。それから、メンバー全員が作詞・作曲をやるというのはDIVのバンドカラーであり売りだと思うんですが。これもいまの「4人でやる」というお話から派生してきたことなんでしょうか。

CHISA いや、ウチは全員作詞作曲ができたんで4人でやるようになったんですが。そこはメンタル的な平等というのかな。ステージに立ったときに「俺楽器だし」じゃなくて、「これは俺の曲だ」という気持ちでライヴをやってたほうがバンドとして素敵だなと思うんですよね。そこにその人がいる意味があるし、自分の曲がきたらこみ上げてくるし気持ちが込められるじゃないですか?ウチは音はデジタルですけど(笑)、4人みんなで立ってる感はすごいありますよ。バンドの携わり方として、元となる部分はそうありたいなと思ってます。

──このようなDIVならではの4人全員参加型のバンド論が貫かれているなか、最新作『EDR TOKYO』でサウンドをEDRに振り切ったのはなぜだったんですか?

CHISA これまでは、やる楽曲もメンバー各々がやりたい音楽を尊重するバンドでもあったんですよ。だから、結成して1年ぐらいはデジタルもあります、生っぽい曲もあります、ヘヴィな曲もありますとバリエーションに富んだ曲をやるバンドだったんですね。でも、いまのままだとウチらを初めてライヴで観た人は、あまりにもいろんな曲がありすぎちゃって“こういうバンド”という強い印象が残らないなと思ったんです。それで、去年の夏ぐらいにいまは一つのコンセプトに絞ってやってみたいという話し合いをしたんですよ。そこからEDMとロックバンドというのをコンセプトにやってます。

satoshi それまでもアルバム『SECRET』のリード曲(「SECRET NIGHT」)でやったりはしてたんですけど、(シングルの)「イケナイKISS」からはそのカラーをさらに推し進めて。今回はアルバム全曲がそういう曲ばかりなんですね。アルバムを一つのコンセプトに従って作ったのはこれが初めてですね。

──その結果、バキバキのデジタルな前半から中盤で1度チルアウトし、後半はデジタルにがっつりバンドを重ねるなど、バンドじゃないみたいなんだけれども、しっかりバンド感も残るという作品が仕上がった。

CHISA 矛盾してるんですけどね(笑)。バンドの人がデジタル取り入れてもデコレーションでしかないことが多いんですけど、僕らバンドであるのは揺るぎないけどデジタルも本気。そういう相反するものを混ぜようとしているので、その2つの整合性はかなり全員意識してやりましたから。そこが今作のDIVの醍醐味ですね。

──その2つの相反するものをここまでエッジーかつスマートなサウンドに構築していく、そのプロセスは大変だったのでは?

CHISA いまのDIVが進化したらこうなるっていうお手本みたいなバンドがいてくれたら参考になるのにと思って、探したけど。

将吾 俺が探した限りではいなかったな(笑)

satoshi EDMを取り入れてるロックバンドさんはたくさんいますけど、大概曲の展開がやたらと多くなったり曲も長めなんですよね。

──確かに!けれどもDIVはそれを歌ものとしてきっちりアレンジしてますからね。

将吾 だから、新しい作品になったと思う。ギターでも新しいことをたくさんやってるし。

CHISA 曲もデジタルなもののなかでバリエーションあるものができたと思うし。いままでとは違うアルバムになったんじゃないかな。

ちょび みんなそれぞれ持ち寄った曲がバリエーションに富んでて、歌詞にも4人の個性がそれぞれしっかり出てるところもDIVの醍醐味だと思います。

──今作を出してからは、オーディエンスのライヴのノリも変わるんじゃないですか?

ちょび そこも一つの楽しみですね。

satoshi お客さんの熱心さはヴィジュアル系の誇れる部分だと思うんですよ。参加するという気持ちがすごく強いので、こちらが意図してないノリまで生み出して楽しんでくれたりしますからね。僕らが音楽として提示しているものはきっと軽く超えてくるでしょうね。

──ここまでEDRに振り切ってても、DIVはヴィジュアル系バンドなんですか?

CHISA 元々はヴィジュアル系ですよ(微笑)。いまでも出てるイベントはそうですし。

ちょび CDが置いてあるコーナーもヴィジュアル系ですからね(微笑)

CHISA でも、「ヴィジュアル系です」といって得するほどヴィジュアル系っぽいこともしてないんですよ(笑)。だから、自分たちとしてはあんまりそこを真剣に考えたことはないです。ヴィジュアル系をバカにするつもりは全然ないんですけど、でも僕たち同様いまの若いバンドを見てると「ヴィジュアル系こそもっと自由にやったらいいのに」とは思いますね。僕が高校生ぐらいの頃に見ていたヴィジュアル系はそうだったイメージがある。いまのヴィジュアル系は“ヴィジュアル系”をやってる感じがするんですよ。ヴィジュアル系こそ、好きな洋服を着て好きな髪の色、髪型にして、好きな音楽をやったらいいのって。僕らはそこは自由にやらせてもらってます(微笑)

──では、まもなく始まるワンマンツアー『今夜は熱帯夜』についても聞かせて下さい。こちらはどんなツアーになりそうでしょうか。

satoshi いまのところいいとこどりだと思います。いままでのDIV、そして新しい『EDR TOKYO』を出したDIV、その両方のいいところがすべて観られるライヴを目指しています。なので、初めて来る人もいままで来てる人も、音楽的にもライヴ的にもすごく完成度が高いものが観られると思います。

──『EDR TOKYO』のサウンドを再現するにあたって、ライヴにDJセット入れたりする予定はあるんでしょうか?

CHISA ないです。マニピュレーターはいますけど、ステージ上は4人だけ。

──では、このツアーを経て10月10日に日比谷野外大音楽堂で行なうDIV初の野音ワンマン『DIVE!!!』。こちらは、どんなものにしたいと思ってますか?

satoshi ツアーを超えたものを披露します。ツアーとは段違いだと思いますよ。

──事務所の先輩であるMUCC、そのあとにやったギルガメッシュ共々初野音は雨という天気が続いてるんですが(笑)。DIVは大丈夫でしょうか。

CHISA 統計によると1年で一番晴れの日が多いらしいです。10月10日は。

──本当ですか?それを聞いて安心しました(微笑)

CHISA でも、これで雨降ったらしょうがないです。

ちょび 雨天決行って書いてあるし(微笑)

将吾 逆に濡れながらやってみたいけどね。

satoshi でも、雨とか晴れとか関係なく、いいライヴになると思いますね。

──では、野音に向けてそれぞれの抱負を聞かせて下さい。

将吾 バンドとしてもギタリストとしても新しい何かを見せるつもりではあるので、野音に来てね。

ちょび DIVとして最大キャパなので、見たことがない景色が見られるのがすごく楽しみですし。自分が昔ここでライヴを観て、「すごい!」って憧れてた場所なんで、その野音に自分が立てること自体、本当に嬉しいんですよ。だから、自分も「すごい!」って憧れられるような存在になるためにも、かっこいいステージにしたいですね。

satoshi いいライヴがしたいです。それだけですね。僕らは不器用なバンドだから、MCで人を感動させるとかできないんですよ。この人(CHISA)嘘いったりできないんで(笑)。僕らは音楽でしか自分やバンド、音を表現できない。だから、当日は自分が納得がいく形で音楽をやって、お客さんとバンド、関わってくれる人たちが「DIVの野音やってよかったね」とみんなが幸せな気持ちになれる1日にしたいですね。そのためにこれから始まるツアー、制作、毎日の生き方一つ一つを大事にして日比谷の当日を迎えたいと思っています。

CHISA 僕は来てくれた人のハートを揺さぶりたいです。曲はEDR、デジタルできっちりしてるけど、来てくれた人に歌を届けてるときは、その人の気持ちの奥を揺さぶれたらいいなと思ってる。この日までにどういう自分になれるか、いまは、自分も楽しみでワクワクしてますね。だから、俺を観に来いというよりは、そこに向けて自分も戦ってる感じです。これからどういうライヴをして、どういう練習をしてというのがすべて野音のステージに立つ自分につながると思うんで。一人でも多くの人に観て欲しいんですけど、それ以上に、来てくれた人の心に何かを残していけたらいいなと俺は思ってます。もちろん、野音ならではのド派手なステージを用意したいなとは思ってるんですけど、自分たち自身がちゃんとそれにかなうバンドになって当日ステージに立ちたいと思います。

DIV ONEMAN LIVE 2016「DIVE!!! 」at 日比谷野外大音楽堂

2016年10月10日(月・祝)日比谷野外大音楽堂
16:15 開場 / 17:00 開演
※雨天決行
6月26日(日) SALE

DIV 2nd Mini Album "EDR TOKYO" Release Oneman Tour 「今夜は熱帯夜」

2016年4月14日(木)HEAVEN'S ROCK Utsunomiya
18:00 開場 / 18:30 開演

2016年5月2日(月)柏DOMe
18:00 開場 / 18:30 開演

2016年5月3日(火・祝)HEAVEN'S ROCK さいたま新都心
17:00 開場 / 17:30 開演

2016年5月11日(水)水戸LIGHT HOUSE
18:00 開場 / 18:30 開演
NOW ON SALE

GET TICKET先行抽選受付

お申し込みはこちら
■受付公演
10月10日(月・祝)日比谷野外大音楽堂
■抽選エントリー期間
4月20日(水)12:00 〜 5月1日(日)23:59

関連リンク

RELEASE

NEW ALBUM「EDR TOKYO」
(DANGER CRUE RECORDS)
NOW ON SALE
※初回生産限定盤(CD+エムカード)、通常盤(CD)
NEW LIVE DVD「DIV oneman live 2015 AUTUMN KISS or KILL」
(DANGER CRUE RECORDS)
6月22日(水) SALE