イトヲカシ “王道のJ-POPを表現できた”と胸を張る、1stフルアルバム『中央突破』、堂々の完成!ツアーファイナルは史上最大規模のワンマン!

2017.06.0715:00

イトヲカシ

インタビュー/森朋之

ネット発、路上ライブ育ちの2人組音楽ユニット“イトヲカシ”が1stフルアルバム『中央突破』を完成させた。シングル曲「スターダスト」「宿り星」「さいごまで」「カナデアイ」を含む本作は、メンバーの伊東歌詞太郎(Vo)、宮田“レフティ”リョウ(Ba/G/Key)が掲げる“イトヲカシ流の王道J-POP”が明確に提示された作品。幅広い世代に支持されている彼らの普遍的なポップスは、現在開催中の全国ツアー「イトヲカシ “second one-man tour 2017”」でも大きな感動を生み出している。

──1stフルアルバム『中央突破』が完成しました。デビュー当初から掲げている“王道のJ-POP”がはっきり示された作品だと思います。

伊東歌詞太郎 ありがとうございます!僕らもこのアルバムで“イトヲカシが考える王道”をブレずに表現できたかなと思っていて。制作中も2人で”イトヲカシらしさって何だろう?”という話をしていたし、その真ん中の部分を存分に出せたんじゃないかなと。

宮田“レフティ”リョウ “イトヲカシらしさ”の幅のなかで、いろんなバリエーションも表現できたと思いますね。

──切ないラブソングから力強い応援歌まで幅広い楽曲が揃ってますからね。『中央突破』という堂々としたタイトルからも、このアルバムに対する自信が感じられます。

宮田 確かに堂々としたタイトルですよね(笑)。アルバムの収録曲はこれまで作ってきたたくさんのデモ楽曲からセレクトしたんですが、全体のテーマはやっぱり“真ん中”だったんです。だからタイトルも自分たちのアティチュードを示す、正々堂々としたものにしたいなって。

伊東 このアルバムは、いまの音楽シーンに対するアンチテーゼでもあるんですよ。本来は王道がしっかり存在していて、その横にサブカルチャーがあるべきだと思うんですが、いまはそうじゃなくて、サブカルチャーが真ん中に来てるじゃないですか。その良し悪しはわかりませんが、自分たちは“王道のポップスを堂々とやりたい”という気持ちがすごくあるので。そのマインドを受け取ってもらえたら嬉しいですね。

宮田 J-POPのバトンを勝手に受け取った気でいるんですよ(笑)。

伊東 そうだね(笑)。タイトルは四文字熟語から探したんですけど、とにかくシンプルな言葉にしたかったんですよね。2人でずっと曲を作っていくなかで、“シンプルなものがいちばんいい”ということに改めて気付いたので。

──サウンドメイク、アレンジもかなりシンプルですよね。余分な音がしっかり削ぎ落とされていて。

宮田 そうですね。イトヲカシとして5年くらい活動してきて、“王道のポップスはシンプルだ”というところに行き着いて。実際、楽器の積み方とかもすごくシンプルなんですよ。たとえばエレキギターにしても、ダブリング(同じフレーズを2本重ねる手法)しないで、1本だけにしていたり。引き算のアレンジですよね。

伊東 僕らがやりたいポップスは“歌モノ”なので、歌がしっかり聴こえるシンプルなアレンジはまさに望むところなんです。歌モノって、50年後も100年後も絶対に廃れることはないと思うんですよ。それはなぜかと言うと、言葉を音楽にできる唯一の楽器だから。シンプルにすればするほどごまかしが効かなくなりますけど、逆に言うと、何もごまかさなくていい、しっかり中身があるものだけが集まると思うんですよね。

──なるほど。特に「あなたが好き」はシンプルの極致とも言えるバラードナンバーですよね。

宮田 「あなたが好き」のレコーディングは本当にシビれたし、すごく音楽的な時間でした。ギタリスト2人に来てもらって“せーの”で録音して、オケはそれで終わり。オーバーダビングもまったくしてないんですよ。結局、その方法がいちばんウソがないんですよね。

伊東 ボーカルもぜんぜん重ねてなくて、1本で勝負してるんです。素晴らしい音で録ってくださったエンジニアさんの力も大きいし、あとは全員のマインド、音楽に対する愛ですよね。みんなの気持ちが詰まっているからこそ、音楽として成立しているんだと思うので。

──「スタートライン」「ドンマイ!!」などのポジティブな楽曲も印象的でした。こういう楽曲を制作しているときは、リスナーのことも意識してますか?

宮田 そうですね。僕らも人生のなかで音楽に助けられてきたし、「音楽でみんなを鼓舞したい」という気持ちがあるので。曲を作っているときに、路上ライブで出会ったお客さんの顔だったり、ライブのときのイメージが浮かんでくることも多いんですよ。

伊東 いままで作ってきた曲は、お客さん抜きにしては考えられないですね。「ドンマイ!!」「さいごまで」みたいなポジティブな歌はもちろん、「ヒトリノセカイ」「宿り星」なども自分のなかでは応援歌なんです。生きていれば、いろんなことがあるじゃないですか。「彼のことが好きすぎてつらい」ということもあるだろうし、無性に虚しい気持ちになる夜もあるだろうし、八方ふさがりで「もう誰も味方はいない」という気持ちになることもあって。「ヒトリノセカイ」や「宿り星」、「はちみつ色の月」などは、そういうシチュエーションにも寄り添える曲じゃないかなって。

宮田 うん。僕らはイトヲカシの最初のリスナーだから、自分たちで作った曲に励まされることもあって。

伊東 あるね。もちろん音楽は大好きだけど、上手くいかないときもあるし、最近は悩むもことも多くて。そんなときに自分を救ってくれるのは、やっぱり音楽なんですよ。好きな音楽を聴けば「まだまだいける」って思えるので。

──現在イトヲカシは全国ツアー「イトヲカシ “second one-man tour 2017”」の真っ最中。アルバムの新曲も披露しているんですか?

伊東 やってます。お客さんが知らない楽曲をライブでやることが、自分たちにとっても大きな経験になってるんですよね。考えてみると、路上ライブをやってるときはそういう感じだったんです。道を歩いている人に何とか曲を聴いてもらって、「いいな」と思ってくれた人にライブハウスに来てもらって。みなさんが知ってる曲をしっかり届けることも大事だけど、“知らない曲を聴いてもらって、何かを残す”というのも絶対に必要なので。今回のツアーには、そういうチャレンジがありますね。

宮田 新曲をやると、ミュージシャンとしての真価を問われますからね。ライブで聴いて「良かった」と思ってくれたら、きっとCDを手に取ってくれるだろうし。それは路上ライブとまったく同じだなって思います。1本1本のライブを全力でやっていくなかで——すべてのライブをお客さんにとっての一生の思い出にしたいので——日々アップデートできているなという実感もありますね。

──ファイナルは7/16(日)のZepp Tokyo公演ですね。

宮田 ライブのなかでアルバムの新曲も育ってきてるし、ファイナルではツアーの集大成を見せたいですね。

伊東 イトヲカシのワンマンライブとしては最大規模なんですよ。自分たちとしてもチャレンジだし、ぜひたくさんの方に来ていただきたいです。

──王道のJ-POPを掲げる以上、あらゆる年齢層のリスナーに聴いてもらわないと。

伊東 はい、ホントにそうだと思います。老若男女の人生に寄り添える音楽を作っているつもりなので。

宮田 お茶の間で楽しめるような音楽を作っていきたいし、いろんな世代の方に聴いてほしいですね。ライブに来てくれた方が「家族全員好きで、今日はお父さん、おじいちゃんも一緒です」なんて言ってくれると、すごく嬉しいんですよ。「自分たちがやってきたことは間違いなかったな」と思える瞬間なんですよね、それは。

 

■イトヲカシ / スタートライン(ショートバージョン)

 

PRESENT

サイン入りポスターを3名様に!
イトヲカシ

【Twitter応募方法】
①DI:GA onlineの公式Twitterアカウントをフォロー(https://twitter.com/diga_online
②こちらの企画ツイートをRT(https://twitter.com/diga_online/status/872334066057699328)
③こちらの企画ツイートのリプライから「イトヲカシで一番好きな曲と理由」を送って下さい!
応募〆切は2017年7月23日(日)23:59まで。 当選者にはDMにてご連絡させていただきます。

 

【メール応募方法】
以下を明記の上、メールにてご応募ください。 応募〆切は2017年7月23日(日)23:59まで。
※「プレゼントに応募する」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【イトヲカシ】サイン入りポスター、郵便番号、住所、氏名、年齢、イトヲカシで一番好きな曲と理由

 

 

イトヲカシ second one-man tour 2017「中央突破」

★ファイナルは史上最大規模のワンマンライブ!
7月16日(日) 東京 Zepp Tokyo
Tickets:NOW ON SALE

《ツアースケジュール》
4月29日(土) 函館 クラブココア
4月30日(日) 札幌 PENNY LANE 24
5月7日(日) 横浜 BAYHALL
5月13日(土) 仙台 Rensa
5月14日(日) 水戸 ライトハウス
5月20日(土) 広島 クラブクアトロ
5月21日(日) 名古屋 ボトムライン
5月27日(土) 松山 サロンキティ
5月28日(日) 高松 DIME
6月2日(金) 大阪 BIGCAT
6月3日(土) 神戸 チキンジョージ
6月10日(土) 福岡 Drum LOGOS
6月11日(日) 熊本 B-9V1
7月2日(日) 沖縄 桜坂セントラル
7月9日(日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
7月16日(日) 東京 Zepp Tokyo
≫ 詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

RELEASE

Major 1st Full ALBUM「中央突破」
(avex trax)
6/21(水)Release!
※CD+DVD、CDの2種