「ドラム馬鹿一代」対談! JET SET BOYS 高橋まこと×THE YELLOW MONKEY ANNIE「ドラムとバンドと人生と」。最終回 我々はいつまで叩くのか!?編

2017.07.1719:00

司会:兵庫慎司
撮影:堀清香

JET SET BOYS高橋まこととTHE YELLOW MONKEY ANNIEこと菊地英二の対談シリーズ、最終回です。最後にANNIEがとてもとてもいい話をしてくれました。曰く、「ドラムに人が見出てる、それが高橋まことのプレイ」。ではどうぞ。

ほんとね、「何歳までやるつもり?」っていうのは訊きたいですよね、まことさんに(アニー)

アニー だから、日本でも年配のドラマーって増えてきてはいると思うんですけど、一線でずっと活躍してるバンドのドラマーとして、まことさんは最高峰にして最年長だと思うんで。
みんなほら、セッションとかの方向に行くじゃないですか。そういう方が楽しくなっていくと思うんですけど、最初に自分が始めたことを、最後まで貫き通そうと……最後じゃないけどね。

高橋まこと (笑)

アニー 貫き通そうとしている姿って、やっぱり美しいですよね。再結成とかじゃなくて、新しいバンドでどんどん挑戦していくっていう。バンドマンの鑑ですよ。

──JET SET BOYSのメンバーを誘った時、びっくりされませんでした? 「え、セッションじゃなくて正式にバンド結成ですか?」って。

高橋 いや、全員年下なんで(笑)。声かけたら「やります」と。

アニー(笑)逆らえないよ。BOØWYのメンバーだって逆らえないんだから、後輩が逆らえるわけないよね。

高橋 上からガッと行ったから。「俺の最後のバンドだからよろしく頼むぜ!」って。

高橋まこと 1

アニー これで最後じゃなかったらおかしいね(笑)。

高橋 はははは(笑)。

アニー 70歳ぐらいで「ちょっと違うのやりたくなった」って新しいバンドをやるのもいいね(笑)。 でもほんとね、単純に、「何歳までやるつもり?」っていうのは訊きたいですよね、まことさんに。

高橋 できるとこまでだけどね。

アニー 自分がドラムを始めた時って、考えたこともなかったから。40歳、50歳、60歳でドラム叩いてるビジョンがなかった。

高橋 うん、俺もなかった。

アニー でも俺が幸いのは、一回りよりちょっと上に、この人がいてくれるから。今はビジョンとして常にいるんですよ、見えるところに。
でもまことさんには、その先人がいないじゃない? 自分が切り拓いていくしかないっていう。たぶんそれがJET SET BOYSの結成にもつながってると思うんですけど。

高橋 まあ20歳とか30歳の頃なんて、あとの世代のことなんて考えてねえからさ。自分のことで精一杯で。
でも今になってみると、BOØWYを聴いて育って来た子たちがプロになったりしてさ。で、ファンも、俺たちを聴いてきた人の子供がBOØWYを聴いて、っていう──。

アニー ねえ。そろそろ孫出てきますよ。マジで。

高橋 うん。そうやって世代が変わっていくのを体験してるんで。「ああ、長くやってるのも悪くねえな」っていうのはあるよね。

次のページへ
アニーに言われたんだけどさ、
「BOØWYぐらいだから、再結成しなくていいバンドは」って(高橋)

(次ページにスペシャルなプレゼント情報あり!)

1 2
JET-SET-BOYS_170619

JET SET BOYS LIVE TOUR 2017

6月25日(日)群馬 高崎club FLEEZ
7月1日(土)千葉 柏DOMe
7月7日(金)宮城 仙台MACANA
7月8日(土)福島 郡山Hip Shot Japan
7月15日(土)福岡 DRUM SON
7月17日(月・祝)大阪 梅田CLUB QUATTRO
7月22日(土)愛知 名古屋APOLLO BASE
7月29日(土)東京 恵比寿LIQUIDROOM

チケット NOW ON SALE!


THE-YELLOW-MONKEY_1

THE YELLOW MONKEY SUPER BIG EGG 2017

12月9日(土) 東京ドーム
12月10日(日)東京ドーム

>>>詳細はオフィシャルサイトにて

関連リンク

RELEASE

JET SET BOYS
2nd Album 「BIRD EYE」
(ユニバーサルGEAR)
NOW ON SALE
THE YELLOW MONKEY
DEBUT 25th ANNIVERSARY ALBUM「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」
NOW ON SALE