約2年ぶりのNEWアルバムを発売!村上学(Vo&Gt)と吉牟田直和(Ba)が、アルバムへの想い、ツアーへの意気込みを語る!

2017.07.0519:00

インタビュー/三宅正一

──ニューアルバム『永遠について語るとき、私たちの語ること』の手応えはどうですか?

毎作手応えはあるんですけど。そのうえで今作は、1年経って吉牟田がバンドに戻ってきたタイミングだし、いろんなハードルがあったんですよね。それを全部クリアできた安心感があって。もちろん、この『永遠について語るとき、私たちの語ること』というアルバムをリリース後の自分たちに何が待っているかというワクワク感もあるんですけど、これまで手応えのある作品を作っても思い通りにいかないことがたくさんあったので。だからこそ、変な期待をしなくなったんですよね。「こう思われたかいから、こういう作品を作る」とか。

──その感じはすごく伝わってくる。

むしろ「バンドがこういうタイミングだからこそ、こういうアルバムを作りたい」という欲求を全部達成できたのが大きいですね。

──振り切ってますよね。バンドが総力戦で作ったアルバムなんだろうなって。サウンド全体がリフであり、その上に推進力の強いメロディを解放していくっていう。特に1曲目「アテネ」と「GLORY GLORY」にはそう感じましたね。

うれしいです。確かに今までだったらこの曲はリフ推し、この曲は歌推しみたいな感じでアルバムを作ってたんですけど、1曲で全部やっちゃおうっていう発想がありましたね。「これって何がしたいの?」って言われるかもみたいな不安は気にせずに、曲のトータルでインパクトを残そうと。あと、「アテネ」で新しいことにトライしたのは、今まで僕らは“サビのアンセム感”をバンドのアイデンティティにしてきたんですね。でも、「アテネ」はあえてそれをしてなくて。テスラっぽい要素をこれだけ詰め込みながらも、サビで新しいことをしてるんですよね。

──学業に専念するために活動休止していた吉牟田さんにとって、ライブでもレコーディングでも1年ぶりにバンドでベースを弾く喜びは特別だったと思うんですけど。

テスラ_吉牟田
ハンパないっすね。こんなにうれしいし、ありがたいことなんだということを強く感じました。ツアーも楽しみでしょうがないです。

──ひさしぶりの制作、レコーディングはどうでしたか?

テスラ_吉牟田
リハビリでもあったので、みんなについていくのにいっぱいいっぱいというのもあったんですけど。でも、メンバー各々がクリアするポイントとすごく向き合って。それはメンバーの地力がついたということだと思うんですよね。それはすごく感じました。だからこそ、みんなが僕に助け舟を出してくれる余裕のある制作だったと思うんです。新曲のデモが届き始めたのが、一番勉強が忙しい時期で。「クソーッ、ベース弾きてえ!」って思いながら(笑)。

──生殺し状態だった(笑)。

テスラ_吉牟田
そうですね(笑)。それで学業が落ち着いたらタイミングで、メンバーから「来週、鹿児島に行ってプリプロに入ります。練習しておいてください」と連絡が来て。
デモが吉牟田の勉強の原動力になっていたのなら、僕らは本望ですけどね。でも、メンバー全員のLINEグループがあるんですけど、けっこう吉牟田の存在を忘れてしまっていることがあって(笑)。吉牟田が休んでいる間に助けてくれた13人のサポートベーシストの人たちがめちゃくちゃいいプレイをするから「吉牟田にはできないプレイだよね」ってLINEで会話していて、「あ、ヤベえ、これ吉牟田も見てるんだった」みたいな。
テスラ_吉牟田
あとになって個人LINEのほうでそのフォローが来るっていう(笑)。

──先ほど村上さんから「達成できた」という言葉が出ますけど、逆に言うと「これまで達成できなかった」ことはどんなところにあったんですかね?

自分的にはめちゃくちゃ感情を揺さぶる曲を作ったつもりでも、普通の歌モノとして聴かれてしまうところがあったなって。とりあえずサビ待ち、みたいな。でも、そういうことじゃなくて、曲としてイントロから終わりまで聴いたときに身体中を揺さぶるような曲を作りたかった。今までは売れる、売れないということを考えながら曲を作ってきたところもあって。サビを中心に置く自分のクセもあったんですよね。でも、今作はそういうのも全部なくして、1曲を通して聴いたときにカタルシスを起こす曲作りをもう1回目指したという感じですね。

──そうやって全体でカタルシスを起こすというのは、歌詞におけるテーマ性ともリンクする部分でもあると思うんですよね。

ホントにそうですね。

──全体的に引き継がれていく、受け継いでいくということに重きを置いてる歌詞で。一部分がクライマックスになるのではなくて、物語が延々とループしていく意義を描いている。

ラストの「フール フール フール」で〈最終回〉という言葉が出てきますけど、これは人が死ぬことを意味しているところがあって。たとえば自殺する人だったら、自分で物語を打ち切りにしてしまうわけじゃないですか。「あきらめたらそこで試合終了です」という体育会系的な感覚も理解できるんですけど、でも、人生にはあきらめても次の試合があることも事実で。たとえめちゃくちゃ前向きになれなくても、自分の道はまだ続いていると考えることで払拭できる不安はあると思うんですよね。自分の人生で続けてきたことや自分の存在意義も、これまで生きてきた人たちが作った道の上に存在していて、さらにその先に未来がある。息を吸って吐いているだけで、道は生まれると思うんですよね。そうやって命が受け継がれていって。ミュージシャンだったら、音楽を作って、そこで芽生えた気持ちでアクションを起こしていくことも、そうだと思うんですよね。だから、「どうせ自分なんて」とか「自分にはもうやることはない」とか考えなくていいと思う。そういうことを歌っている曲が今作には多いと思います。

──そのメッセージ性を今の「テスラには泣かない。」にも重ね合わせることができるんだろうし。

めちゃくちゃそうですね。1年間、吉牟田がいなくなるということはけっこう最終回ギリギリのことだったと思うんですよ。「僕らはどうなるんだろう? もしかしたら、この1年間でライブの動員が激減して、吉牟田が戻ってきたときにはお客さんが誰もいないかもしれない」とさえ思ったこともあって。いや、でもそうじゃないと。この逆境を、映画のクライマックスのさらにクライマックスみたいな、みんながハラハラドキドキできる状況にすればいいんじゃないかと思ったんですよね。いざ、吉牟田が帰ってきたら復帰ライブにたくさんのお客さんが集まってくれて、泣いてくれてる人もいたりして。それは吉牟田劇の最終回だったかもしれないけど、それと同時にまた新しい物語が始まったんだなと思って。非常にドラマティックな1年だったし、こういうストーリーを自分たちで体現できてよかったですね。

──ツアーに向けてはどうでしょう? ファイナルは代官山UNITのワンマン公演です。

今までのテスラと完全にリニューアルしたテスラをどちらも提示したうえで満足させるというハードルを自分のなかに課したいと思ってますね。
テスラ_吉牟田
1年間待ってくれていた人たちもいると思うので。まずはそういった人たちに「ありがとうございます」という気持ちを届けたいですね。
あと、「はじめまして」の人たちもいるから。この1年の間にお客さんとコミュニケーションをとるときに「ありがとうございます。吉牟田が戻ってくるまで待っていてくださいね」って言うと、「でも、私今日初めてテスラのライブに来たので、その人のことを知らないんですよ」っていう人もけっこういて(笑)。
テスラ_吉牟田
そうか(笑)。それだけ僕が活動休止している間もバンドが動いてくれてたってことだからね。
なので、「はじめまして」と「これからもよろしくね」を同時に伝えるツアーになると思います。

 

■「Like a swallow」Music Video

 

PRESENT

メンバー全員のサイン入り告知ポスター(非売品)を1名様に!

 

【Twitter応募方法】
①DI:GA onlineの公式Twitterアカウントをフォロー(https://twitter.com/diga_online
②こちらの企画ツイートをRT(https://twitter.com/diga_online/status/882559104434053121)
③こちらの企画ツイートのリプライからニューアルバム『永遠について語るとき、私たちの語ること』の感想&メンバーへのメッセージを送って下さい!
応募〆切は2017年7月31日(月)23:59まで。 当選者にはDMにてご連絡させていただきます。

 

【メール応募方法】
以下を明記の上、メールにてご応募ください。 応募〆切は2017年7月31日(月)23:59まで。
※「プレゼントに応募する」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【テスラは泣かない。】メンバー全員のサイン入り告知ポスター(非売品)、郵便番号、住所、氏名、年齢、ニューアルバム『永遠について語るとき、私たちの語ること』の感想&メンバーへのメッセージ

 

テスラは泣かない。presents【永遠について語るとき、私たちの語ること】Release Tour

9月16日(土)DAIKANYAMA UNIT
NOW ON SALE

[NOiD] TOUR 2017 ~Kanto Limitation~ Amelie「ドラマチックに、メグリメグルTOUR ~ 関東8ヶ所でグッバイハロー ~」

7月27日(木)水戸 LIGHT HOUSE
対バン:Amelie / クアイフ / QOOLAND
NOW ON SALE

※他ライブ情報はオフィシャルサイトをご覧下さい。

ディスクガレージ先着受付

お申し込みはこちら
[受付公演]
9月16日(土)DAIKANYAMA UNIT
[受付期間]
受付中〜8月18日(金)23:00
※規定枚数になり次第終了致します。

関連リンク

RELEASE

NEW ALBUM「永遠について語るとき、私たちの語ること」
(murffin discs)
7月5日(水) Release!
※全8曲収録。感謝価格1,500円(TAX OUT)!