浜田省吾 × 田島照久 コラボレーション作品展 「浜田島Ⅴ」 まもなく開催。アートディレクター 田島照久が本作品展への想いや見どころを語る!

2017.12.1514:30

田島照久

インタビュー:兼田達矢

始まりは、たわいのない言葉遊びだった。

「“浜田”と“田島”でね。その2つをくっ付けると、浜田の島になることに気づいて、それが面白いなあと思って。“浜田島”という言葉が先だったんですよ」

そう言って、田島照久は笑う。日本では他に類を見ないロック・アートの総合インスタレーションがそんなふうに始まったとはにわかには信じ難いけれど、その一方でその軽やかさが浜田省吾の音楽のポップ感覚としっかり通じているようにも思える。1980年以降、浜田のあらゆるアート・ワークを手がけてきた田島だからこそ、そして田島にしかできないであろうこの企画は、2009年に横浜の赤レンガ倉庫で第1回が開催され、翌年に第2回が大阪で、2014年に第3回が名古屋で、2015年に第4回が福岡で、というふうに回を重ねてきた。

「来てくださる方は、浜田省吾を少しでも近くに感じたいからくるんですよね。だから、CDジャケットのサイズのものが大きくしてあるというのなら理解できても、そうじゃないものについては果たして面白いと思ってもらえるのかな?と思って、それで映像も積極的につくったりするようになりました。すると、別の問題も出てくるんです。例えば映像には音楽も流れますよね。その音が館内を支配してしまう、という状況になるんですよ。ある代表的な曲が流れたときに、それとは関係ない作品を見てるのに、気持ちがその曲のほうに引っぱられる、みたいなことですけど。だったら音量はどうしようか?とか、ほかにも、ただのパネル展示ではない展覧会なので、いろんな試行錯誤があるわけです」

第5回となる今回は、そうした試行錯誤の集大成と位置づけ、これまでの経験を生かした空間構成と、ここでしか見られない写真やグラフィック・デザイン、立体造形物、絵画、そしてオリジナル映像など多彩な作品を用意している。

「今回は原点回帰的な部分もあって、アナログ時代のものをたくさん展示しようと思ってるんです。その一方で、テクノロジーで進化した部分についてはその最先端も見てもらおうと思っていて、会場全体がひとつの街みたいなイメージなんです。それこそHAMADA ISLANDというか、ディズニーランドみたいな意味での、ひとつの“ランド”ですね。観て回っていると、ちょっとした路地裏があったり、さらに順路を辿っていくと、その先にはまた違う展開があったりするっていう。いままではわりと展覧会然とした感じだったと思うんですが、今回はもっとエンターテイメントとしてやりたいなと思っています」

ところで、自身もバンドでギターを弾いているという田島は、作品のひとつとして、浜田をテーマにした詩を書いて曲も作ったそうだ。「ハーモニーメーカー」と題されたその曲を今回の展示で使われるかどうかは定かではない。が、いずれにしても、会場を訪れた人たちが、その多彩な展示を通して、長年の厚い信頼で結ばれた田島照久と浜田省吾の心のハーモニーを体感することになるということだけは間違いないだろう。

 

PRESENT

「浜田島V」新グッズのマグカップ(イラスト or ロゴver.)を各1名様に!

【Twitter応募方法】
①DI:GA onlineの公式Twitterアカウントをフォロー(https://twitter.com/diga_online
②こちらの企画ツイートをRT(https://twitter.com/diga_online/status/941542376111083521)
③こちらの企画ツイートのリプライから「「浜田島V」に期待すること、または、インタビューの感想」を送って下さい!
応募〆切は2018年1月14日(日)23:59まで。 当選者にはDMにてご連絡させていただきます。

 

【メール応募方法】
以下を明記の上、メールにてご応募ください。 応募〆切は2018年1月14日(日)23:59まで。
※「プレゼントに応募する」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【浜田島V】「浜田島V」新グッズのマグカップ(イラスト or ロゴver.)、郵便番号、住所、氏名、年齢、「浜田島V」に期待すること、または、インタビューの感想

プレゼントに応募する

 

浜田島V

▼会場:東京・渋谷ヒカリエ9階 ヒカリエホール ホールA

▼開催期間:2017年12月21日(木)~2018年1月8日(月•祝)
※2018年1月1日(月・祝)は全館休業日

▼開催時間:開場11:00 / 閉場 21:00 (最終入場は閉場の60分前まで)
※但し2017年12月31日(日)、2018年1月2日(火)、1月8日(月•祝)は18:00閉場

▼チケット:前売りチケット好評発売中!
当日券は各日11:00~閉場60分前まで会場にて販売(休館日除く)
※未就学児童は無料

▼開催概要:アートとエンタテインメントの融合による類を見ない作品群が浜田島史上、最大規模の空間に展開される。デジタルの最前線と究極のアナログが混在する、普段では観る事ができない浜田省吾の世界をご期待ください。

関連リンク