Uruが珠玉の1stアルバム『モノクローム』を携え、1年半ぶりとなる東京公演開催!謎めいた彼女の素顔に迫るロングインタビュー

2018.01.1112:00

──そのライブが、3月4日にありますね。1年半ぶりの東京公演ということで、前回のグローブ座でのデビュー・ライブの映像がアルバム「モノクローム」初回盤Aの特典DVDに入ってます。あらためて、前回の東京公演の思い出というと?

あの時は2daysで、2日目は1日目より緊張せずに歌えるんだろうなと思ってたんですけど、全然そんなことなくて、同じぐらい緊張して歌ってました。ライブの前半は特に緊張していて、お客さんも緊張させてしまって、“すごい緊張感でした”って。それっていいのかな、悪いんだよなって(笑)。次はもうちょっとお客さんが安心して聴けるライブにしたいと思います。あと、ゴリラの話をしたのを覚えてますね。

──あはは。なぜゴリラ!

その時ゴリラにハマってたんですよ。“ゴリラの学名はゴリラ・ゴリラっていうんですよ!”とか熱く話したら、観に来てくれた知人があとで“すごい楽しそうに話してたけど、みんな引いてたよ”って(笑)。そういう苦い思い出があるので、今回はみなさんの空気を感じつつ話をしようと思います(笑)。

──次はどんなライブになると、イメージしてますか。

アルバムを聴いてくださった方が、たくさん来てくださると思うので。今までのライブとはちょっと違った感じにしたいねって、いろいろ考えているところです。毎回“来てよかった”と思っていただけるライブができるように心がけていて、練習もたくさんしようと思ってますし、“アルバムの曲を生で聴けてうれしかった”と言ってもらえるようにと思ってます。

──ライブタイトルの“monochrome~吹き沁む頬に熱いザフサス~”って、不思議なタイトルですけど、どんな意味が?

これは全然意味のない文なんですけど、14文字あって、アルバムの14曲の頭文字をつなげて文を作ったんです。

──なるほど!そういうことか。

そうなんです。で、ザフサスは文にならなかった余りの文字です(笑)。

──あはは。惜しかった。

惜しかったんです(笑)。何回か組み替えて、これが一番しっくり来るかなと思ったので。特に意味はないんですけど、“monochrome”だけだと物足りなくて、何か付け足したくて。

──前後しちゃいますけど、アルバムタイトルの『monochrome』。どういう思いで付けたものですか。

ファースト・アルバムなので、私がどんな人なのかわからないという方にも“これがUruです”ということがわかるようなタイトルがいいかなと思って。私はYouTubeから出て来て、そこではずっと白と黒の画面で歌ってきたんです。モノクロームは単色という意味ですけど、白黒のイメージで使われるし、そこが私の原点であり、“ここから出ていきます、頑張ります”という思いを込めたタイトルにしました。ジャケットも3種類あるんですけど、外側のスリーブケースのデザインには色がついていて、中を開けると白黒になっていて、私はそこから始まりましたということを表現してます。

──個人的にUruさんにお話を聞くのは1年以上振りなんですけども。前回の時に、YouTubeで人気になってデビューして、“誇らしい気持ちと、まだまだこれからという気持ちと、どのぐらいの割合ですか”って聞いたんですよ。そしたら、誇らしい気持ちはゼロで、“まだこれから頑張らなきゃ”が9割で、“焦らずにちょっとずつ進んで行こう”が1割って答えてくれたんですね。その割合は、今どうですか?

たぶん、あんまり変わってないですね。1年半の間にたくさんのお仕事をさせてもらって、本当にありがたいなと思っていて。きっと1年前よりも私の名前を知ってくださる方は増えたと思うんですけど、そこからちゃんと“Uruはこんなアーティストなんだな”“ライブに行ってみたいな”って思うには、もうワンステップあると思うんです。私自身もデビューしてまだ1年半なので、足を置く場所もここで大丈夫かな?って、一つ一つ確かめているところがあるので、そこらへんをちゃんと固めていかなきゃいけないと思ってます。

──2017年はとても良い年だったので、2018年はさらに良い年でありますように願ってます。最後にあらためて、3月4日の昭和女子大学人見記念講堂でライブについて、みなさんに呼びかけてもらえますか。

“ライブに初めて行きます”という方がコメントをくださったりするんですけど、どんな感じなんだろう?とか、自分だけ場違いなんじゃないか?とか、そういう気持ちを抱いている方がけっこういらっしゃるんですね。でも私のライブは自分の世界を持って聴けるというか、過去の経験を投影しながら、自分の世界に入り込みながら聴けるライブだと思っているので。私が歌うステージを見ているんだけど、自分の世界を見て、聴いていてほしいなと思っています。一人でもいいですし、ぜひ来ていただけたらと思います。

 

Uruの「初めて行ったライブ」「人生で初めて立ったステージ」
コラム記事を後日公開!

■Uru『追憶のふたり』 映画「悪と仮面のルール」ver.

 

PRESENT

サイン入りポスターを3名様に!

※画像およびプレゼント賞品は、転用・転売・頒布するなど無断で二次使用することを固く禁じます。

 

【Twitter応募方法】
①DI:GA onlineの公式Twitterアカウントをフォロー(https://twitter.com/diga_online
②こちらの企画ツイートをRT(https://twitter.com/diga_online/status/951289289177907200)
③こちらの企画ツイートのリプライから「Uruの楽曲や歌声の魅力」を送って下さい!
応募〆切は2018年3月11日(日)23:59まで。 当選者にはDMにてご連絡させていただきます。

 

【メール応募方法】
以下を明記の上、メールにてご応募ください。 応募〆切は2018年3月11日(日)23:59まで。
※「プレゼントに応募する」ボタンを押すとメールが自動生成されます。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

《宛先》paper-dg@diskgarage.co.jp
《必須記載事項》希望賞品:【Uru】サイン入りポスター、郵便番号、住所、氏名、年齢、Uruの楽曲や歌声の魅力

プレゼントに応募する

 

1 2

Uru Live 「monochrome~吹き沁む頬に熱いザフサス~」 supported by uP!!!

3月4日(日)昭和女子大学人見記念講堂
チケット:2/10(土)SALE

ディスクガレージ先行抽選受付!

お申し込みはこちら
受付期間:1月10日(水) 12:00~1月17日(水) 23:59

関連リンク

RELEASE

1st ALBUM「モノクローム」
(SMAR)
NOW ON SALE

◆収録曲「追憶のふたり」が主題歌の映画『悪と仮面のルール』は1/13(土)公開!

初回生産限定盤A(映像盤)[CD+Blu-ray]
初回生産限定盤B(カバー盤)[2CD]
通常盤[CD]