PUFFY、20周年の幸福をオーディエンスと分かち合う!

2017.01.0718:00

アンコール

アンコールは、亜美・由美・フジタ・木下・渡辺・山口美代子の6人による「目黒パフィパラダイスオーケストラ」が、揃いのTシャツで登場。なお「目黒」は、彼女たちの所属事務所SMAがある場所。最近外苑前から目黒に引っ越したのでした。

PUFFY

で、「ブギウギNo.5」をかけて、それに合わせてサックスだのトロンボーンだのの管楽器を吹きまくる──と、「俺たちをパクリやがって!」とか言いながら東京スカパラダイスオーケストラのGAMO&北原雅彦&NARGOが現れ、彼らも加わって改めて「ブギウギNo.5」をプレイ。客席アリーナ部分の通路に流石組がずらっと現れて踊りまくり、祝祭感、いよいよピークに。

GAMO&北原雅彦&NARGO

GAMO&北原雅彦&NARGO

流石組とPUFFY

流石組とPUFFY(写真はアンコール前)

そして「ともだち」へ。これくらいの歳になった時にPUFFYをやっていたことを思い出せたらいいな、と思って詞を書いた曲であること、それを20年経ってまだ歌うとは思っていなかった、だから20周年の最後にふさわしい曲だと思う──という説明が、歌う前に入る。曲中で1組ずつ順番にステージ右から現れてはあいさつし、左へと去って行く形でゲストを再度紹介し終え、すべてが終了した。

開演は18:16、終わって客電がついた時間は21:04。このライブが実現してPUFFYのふたりも幸せだったろうが、それ以上にお客さんを幸せにし続けた、本当にいい時間だった。

PUFFY

PUFFY

PUFFY

終演時のスクリーンで、2017年5月12日に名古屋ダイアモンドホール、13日に東京・EX THEATER ROPPONGIでワンマン『PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21』を行うことが新たに発表された。そしてご存じのとおり、「今年は大晦日にお仕事入ったんで」とMCでも触れたように、12月31日には初のNHK『紅白歌合戦』に出場した。

大車輪で働き続けた20周年が終わって、21年目はその5月まではやっと休めるのか、と思ったが、公式サイトを見たら、3月末から4月頭にかけてボストンで行われるアニメのイベントへの参加が決まっていたりして、「これで一段落」の気配がまったくないPUFFYなのだった。

セットリスト

01. Hi Hi
02. 海へと
03. ジェット警察
04. くちびるモーション
05. パフィピポ山
06. 渚にまつわるエトセトラ
07. 抱きたきゃ抱けばEじゃNIGHT☆
08. COCO Hawaii
09. DOKI DOKI
10. my journal
11. Wake up,Make up
12. 秘密のギミーキャット~うふふ本当よ~
13. パフィーのルール
14. Basket Case
15. 誰かが
16. アジアの純真
17. 赤いブランコ
18. これが私の生きる道

Encore
ブギウギNo.5
ブギウギNo.5
ともだち

1 2

PUFFY LIVE 2017 WHATEVER 21

2017年5月12日(金) 名古屋ダイアモンドホール[愛知]
18:00 開場 / 19:00 開演
2017年5月13日(土) EX THEATER ROPPONGI[東京]
17:00 開場 / 18:00 開演
2月26日(日) SALE

オフィシャルHP先行

お申し込みはこちら
対象公演:5/12(金)名古屋、5/13(土)東京・六本木
受付期間:受付中~1/12(木)23:59
※詳細は受付ページにてご確認ください。

"パフィーと対バン「愛の説教小屋」"特設サイトにて、奥田ファミリー頂上決戦の説教記録を公開!

"パフィーと対バン「愛の説教小屋」"特設サイトにて、12/22(木)@大阪・新歌舞伎座にて行われた、パフィーと対バン「愛の説教小屋 FINAL」奥田ファミリー頂上決戦 ~PUFFYフルバンド VS 奥田ぼっち参戦~の説教記録が公開!
>>パフィーと対バン「愛の説教小屋」"特設サイト

関連リンク

RELEASE

20th ANNIVERSARY BEST ALBUM 非脱力派宣言
(WARNER MUSIC JAPAN)
NOW ON SALE

この記事をシェアする