元アスリートたちが集結!アクロバットミュージカル『アメージング八犬伝』の公開稽古に潜入

2017.04.1216:00

(c)サムライ・ロック・オーケストラ

4月11日(火)にアクロバット・ミュージカル『アメージング八犬伝』の公開舞台稽古が行われた。
『アメージング八犬伝』は、跳び箱世界記録保持者でもあるタレント・池谷直樹が主宰するアクロバットエンターテイメント集団<サムライ・ロック・オーケストラ>の最新公演。数多くの映画や舞台などの題材となってきた江戸期の文芸作品『南総里見八犬伝』をベースに、元アスリートたちによる肉体パフォーマンスと生演奏を融合した新感覚エンターテイメントだ。今回は、特別ゲストとして元フィギュアスケート選手、現スポーツキャスターの浅田舞、宝塚歌劇団出身の女優・中原由貴ら豪華ゲストを招いたほか、マルチ映像作家・吉川マッハスペシャルによるプロジェクションマッピングを導入するなど、過去に例のない公演となるという。今回は、そんな『アメージング八犬伝』の公開舞台稽古に潜入した。

テキスト/吉田大
写真/堀清香

謎の運動器具が並ぶ広大なスタジオで繰り広げられるアクロバット練習

稽古場となった某スタジオは、横浜で有数の演劇スポット。大型ホールを備えていることもあって、予約をとることが非常に難しいことで知られる人気の稽古場だ。詰め掛けた報道陣をかき分け、ホールのドアを開くと、噂に違わぬ広大な空間が現れる。関係者によれば『アメージング八犬伝』には様々なアクロバット演出が取り入れられているため、どうしても稽古場に広さと高さが必要となってくるのだとか。それでも稽古が難しいシーンがあるというから、今回の公演は相当スケールの大きなものとなるのだろう。

本サイトでは、これまでに公開稽古の取材を数多く行なってきたが、<サムライ・ロック・オーケストラ>の稽古は他の劇団とは、かなり様子が異なる。印象に残ったのは、フロアの隅に鎮座する謎の物体群。池谷の世界記録である23段まで積み上げられた跳び箱、新体操やラートの用具くらいまでは何とか判別出来る。が、その10倍は、なんだかよく分からないモノが並んでいる。もちろん公演の中でアスリートたちが使う運動用の器具の類なのだろうが、その用途や使用方法は最後まで謎のままであった。

出演者たちの準備運動も、いわゆる舞台役者のそれとは全く違っている。筋肉質の男性たちは、鮮やかにバック宙を決め、ことも無げにアクロバティックなステップを踏む。一方女性たちは、しなやかな手足をとんでもない方向に曲げ、ストレッチを行なっている。ともにリラックスした笑顔を浮かべながら、だ。 生粋の文系人間である筆者が、そんな非日常空間に圧倒されているところに、<サムライ・ロック・オーケストラ>の主催者である池谷直樹と『アメージング八犬伝』の出演者たちが現れる。池谷によれば、アスリートの競技生活は決して長いものではないにも関わらず、引退後にスポーツの才能を発揮出来る職業は非常に少ないのだとか。<サムライ・ロック・オーケストラ>も、そうしたアスリートのセカンドキャリアをサポートし、報われる場を作りたいという思いで旗揚げしたのだそうだ。

(c)サムライ・ロック・オーケストラ

いよいよ公開稽古。注目は浅田舞と中原由貴

池谷による挨拶の後には『アメージング八犬伝』の中から、オープニング〜タイトル、新体操のフープを使ったアクロバットと、2つの演目が披露された。出演者たちの圧倒的な運動量と完璧なボディコントロールが生み出すアクロバットパフォーマンスには、終始感嘆の声が上がっていた。

ひときわ目を引いたのは、やはり公演のゲストとして注目を集める「丶大法師」役の中原由貴、そして「玉梓」役の浅田舞の2人だろう。オープニングでセンターに立つ中原は、他の出演者とは一線を画す優雅なダンスを披露。宝塚歌劇の華やかさに、<サムライ・ロック・オーケストラ>ならではアクションを加えた振り付けはあまりに美しく、思わず息を呑む。取材当日に妹であるスケート選手の浅田真央が現役引退を発表したことで、奇しくも日本中から注目をあびることとなった浅田舞は、インラインスケートを履いての登場。その妖艶なスケーティングで稽古場の空気を一変させ、報道陣に豊かな表現力をアピールした。

(c)サムライ・ロック・オーケストラ

アスリート達の未来を切り開きつつ、観客達を魅了するサムライ・ロック・オーケストラ。その最新公演となる『アメージング八犬伝』は4月28日に開幕する。スポーツの世界で競技者として活躍してきアスリートたちは、その鍛え上げた心技体を使って、一体どのようなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか。この機会に是非とも、芸術と筋肉の融合が生み出す新感覚エンターテイメントを体験していただきたい。

1 2

サムライ・ロック・オーケストラ「アメージング八犬伝」

4月28日(金) ディファ有明
4月29日(土) ディファ有明 ※1日2回
5月28日(日) 熊本県立劇場 演劇ホール
6月10日(土) 富山県民会館
6月18日(日) 三重県総合文化センター
6月24日(土) レザンホール(塩尻市文化会館)大ホール
8月27日(日) 新潟テルサ
 チケット NOW ON SALE! 

※公演情報はオフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク