劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥の製作発表会見が開催!阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子らが登壇

2017.04.1920:20

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season Produced by TBS」の製作発表記者会見が418日(火)、アーバンドックららぽーと豊洲にて開催。阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子らキャスト、劇作家・中島かずき、演出・いのうえひでのりらが登壇した。

1990年より7年ごとに再演されている、劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』。今回は“花・鳥・風・月”の4シーズンごとに脚本・演出・キャストを変えながら13ヶ月に渡るロングラン公演を敢行予定。現在第一弾となる「Season花」が新豊洲にオープンしたばかりの劇場「IHIステージアラウンド東京」にて上映中だ。そして627日より同会場にて、第二弾となる今作「Season鳥」がスタートする。

まず注目したいのが、劇団☆新感線ファン垂涎のキャストである。主人公・捨之介を演じる阿部サダヲをはじめ、天魔王役の森山未來、蘭兵衛役の早乙女太一、極楽太夫役の松雪泰子など、すでに複数回新感線に出演している“準劇団員”と呼ばれる面々が集結(唯一、沙霧役の清水葉月のみ初出演)。森山未來が「勝手知ったる仲」と語る通り、記者会見会場のステージに上がったキャスト陣は和気あいあいとした雰囲気を醸し出していた。

脚本を手掛けた中島かずきは、同作について「(上映中の『Season花』と比べ)皆さんが思っている以上に内容が変化しています。今まで見たことのない捨之介に仕上がっていると思うし、自分としてはかなり面白くできたので楽しみにしていて欲しい」と太鼓判。

これに対して、捨之介を演じる阿部サダヲは「台本を拝見しましたが、確かにこれまで歴代の演者が演じてきた捨之介とはかなり違うなと思いました」と語った上で、(前任の)小栗旬さんとは違うものを意識したいです。最近似てるって言われるANZEN漫才の、みやぞんさんを意識しようかなと思ってます」と明かし、会場を笑いに包んだ。

また、演出を手掛けた、いのうえひでのりの「極力シンプルに仕上げた『Season花』とは異なり、派手な色を使ったり歌や踊りをふんだんに取り入れたりして、全体的にショーアップしたのが『Season鳥』」というコメントを受け、ダンスが得意な森山未來は「踊りに関しては、Perfumeや恋ダンスで有名なMIKIKOさんが振付を担当されているので、ぜひ期待していただければ」と見所を発表した。

見所といえば、会場である「IHIステージアラウンド東京」の円形客席が360°回転するという画期的な構造を駆使した演出もそうだ。アジア初の導入となる、このユニークなシステムによって、場面転換にかかる時間が大幅に短縮。全方向のステージとスクリーンに囲まれた観客は、かつてないほどの没入感を味わうことができるという。
会場を目の当たりにした早乙女太一は、「ステージがスライドする形でシーンが変わるんです。視覚的にもこれまで見たことのない感覚が楽しめるし、ハチャメチャな新感線の感じに合いそうだなと。でもその一方で、ステージの導線とかスタンバイの場所とか複雑みたいなので大変そう。そこをすごく心配してます」と、期待と不安の入り混じった心境を吐露。
続いて松雪泰子も「方向音痴なので裏側で迷って出とちったりしないように気をつけないと。それだけが不安です」と口にし、いのうえひでのりが、古田新がゲネで出とちった事を明かして、会場は大きな笑いに包まれた。
阿部サダヲは、「出演した方々に聞きましたが、本当に体力めちゃくちゃ使うそう。とにかく辛いと。それを聞いて怖くなり、体を鍛えるのは辞めてできるだけ体力温存するようにしました。どうせ(本番が始まったら)辛いんだから」と、独自のやり方で舞台への準備を進めているようだ。

キャスティングの妙と新感覚の演劇体験が味わえる「ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season Produced by TBS」の公演期間は627日(火)〜91日(金)まで。チケットの一般発売は423日(日)から開始予定。ステージアラウンドFCTBSオンラインチケットでは現在、先着先行発売中だ。

→ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season 鳥 Produced by TBS オフィシャルサイト

 

 

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』 Season鳥 Produced by TBS

■公演日程
2017年6月27日(火) ~ 9月1日(金) 

【作】中島かずき
【演出】いのうえひでのり
【出演】阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一 / 松雪泰子 / 粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月 / 梶原善 / 池田成志 ほか

■会場
IHI ステージアラウンド東京(東京都江東区豊洲6-4-25)

[アクセス]
新交通ゆりかもめ 市場前駅 北口より徒歩1分
都営バス05 新豊洲駅停留所 より徒歩6分
東京メトロ有楽町線 豊洲駅 7番出口より徒歩15分

■チケット一般発売
2017年4月23日(日)10:00より