『ロッククライミングツアー』成功祈念!ドラマチックアラスカ、4人で初めてのボルダリングに挑む![後編]

2017.02.0315:30

ドラマチックアラスカ

ニュー・ミニアルバム『ロックンロールドリーマーズ』のリリース・ツアー『ロッククライミングツアー』にかけて、ツアーの成功を祈ってボルダリングにトライしてみよう!という企画、後編です。前編で壁3面をクリアしたメンバー4人が(※ライター兵庫とディスクガレージ小林は3面目で脱落)、傾斜120度の難コースに挑みます。
ルールは、両手をかけるホールドは決められているが、足はどこにかけてもいい「足自由」。自由な分やりやすく思えますが、実は足も決められている「足限定」の方が、実はのぼりやすいことはここまでの3回で体得しています、4人とも。
「ツアー前にケガすんなや? ケガする思ったらやめや」とボーカル&ギターのヒジカタナオト、一同に忠告。確かに。

(取材/文・兵庫慎司)
(PHOTO・横井明彦)

傾斜120度の難コースに挑む!

ではまずエントリーNo.1、サワヤナギマサタカ(Gt)。壁を見上げるなり「うわ、これは無理な気がする……」とつぶやいていたが、壁にとりつき、先生の「はい、右手をそこに、次は左手を……」という指示で……おお、登って行く! 見ているメンバー一同、口々に「おおっ!」「すごい!」と称賛。そのまま高度を上げて行くが、腕は大丈夫だが足を置く位置をつかみかね……ああっ、片手がゴールにかかったところで転落! 惜しい!

サワヤナギ

120度の壁、まずサワヤナギが挑むも……

サワヤナギ

ゴールに片手がかかったところで転落

ヒジカタナオト
「おもしろくなってきたぞ!」
サワヤナギマサタカ
「ああっ、悔しいっ! あと2センチ、手が届かへんかった」

次はドラムのニシバタアツシ、トライ。最初はスッと登っていくが……おおっ、ホールドに右ヒジをぶつける! 痛そう! 大丈夫か!? 仕事に支障が!
それでもなんとか登り続けるが、やはりガタイが大きい分大変そう……ああ、ゴール寸前で落下! やはり足の置き所が難しかった模様ですが、しかし、派手な落ち方です。

ニシバタ

120度の壁、ニシバタは……

ニシバタ

4人の中でもっとも早く転落

ニシバタアツシ
「さっきまでと全然違う」
サワヤナギマサタカ
「今の落ち方、自然の世界やったら死んでたやつやで(笑)」
ニシバタアツシ
「もうちょっと考えながら進んだらよかった。スッと行こうとしすぎた……めっちゃヒジ痛い(笑)」

とは言うものの、とりあえず右ヒジ、ドラムプレイには支障ない様子で一安心。
そしてボーカル&ギター、ヒジカタナオト。傾斜に苦労しながらも、先のふたりよりも身軽に登っていく、速い速い! あっという間にゴールに片手で触った……その瞬間に落ちた!

ヒジカタ

ヒジカタ、「お、これイケるんじゃない?」と思わせる身軽っぷりだったが

ヒジカタ

残念!片手はゴールに着いたがそこで転落

サワヤナギマサタカ
「ああっ、今のは悔しいやつや!」

落ちたヒジカタ、「ムズかった……これ、成功者、出るんかなあ……」
その言葉を受け、「俺が成功したら1位やな」と壁に向かうもっとも身軽な男、ベースのタケムラカズキ。「でも確かにいちばん素質あるっぽいしなあ」「うん、身が軽いし」「子供の頃尼崎であんな遊びばっかりやってたんちゃう?」と、そのセンスを認めざるをえないメンバー3人が見守る中登り始めるが……。

タケムラ

①タケムラ、120度の壁もそれまでと変わらない様子で登って行く
②冷静に一歩ずつ壁を上がっていくタケムラ
③表情が変わらず淡々としたまま進んでいく
④あと一歩、そして……

素人目でもわかるほど身が軽い! スタートしてすぐ、みんな「あ、これ行けそうや」「行くわこれわ」と口にするほど、ひょいひょいと登っていく。一度落ちそうになってヒヤッとさせたり、足を置く位置に戸惑ったりしつつも、ゴール寸前で安定した足の位置をキープ。「ああ、そこに足のっけたらいけたんかあ」と、ヒジカタは己の失敗を反芻。
そして、ゴールを左手でつかみ、そして右手も! ゴール!

タケムラ
サワヤナギ・ニシバタ・ヒジカタ、「おおっ!!」と歓声、大拍手。「楽しい楽しい」と言いながらスルスル下りてきて、途中でパッと飛び降りて着地するタケムラ……かっこいい。

タケムラ

難なく登ったように見えたが、マジでうれしかったようです

「これで順位、はっきり決まりましたね……僕がビリ、ゴールに触れんかったし」とニシバタ。

ここで渡部先生のデモンストレーション。同じ壁を……うわ、ほとんど足を使わず、腕だけで登って行く!  メンバー4人、口々に「うわあ!」「すげえ!」とただただ感嘆。タケムラも「これは無理やあ……」とボソリ。「今日、スパイダーマンのコスプレして登ろうかとか言うてたんですけど、やらんでよかったあ(笑)」とサワヤナギ。

渡部先生

渡部先生のデモンストレーション。腕だけで登っていく

渡部先生

左が渡部先生の腕、右がタケムラの腕

そしてさらにもう一面、このジムには130度の壁もあります。しかもホールドが小さい! 先生曰く「世界基準の壁です」。メンバー、ちょっと壁に近寄ったり触ったりしてみるも、「あかん!」「こんなん絶対無理や!」「(先生に)どうやって登るんですか?」

渡部先生

これが世界基準の壁。難なく登っていく先生

登ってみせてくれる先生……ちょっとどうかと思うくらいこちら側に傾いた壁を、スイスイ登って行く。もうほとんど忍者です。

ニシバタ

ニシバタ「無理!」。いや、あなたでなくても無理です

王者タケムラ、トライしてみるが、これはさすがに無理。でも壁にしがみついて上に登っていく、その最初のスタートはできました! すごい。

タケムラカズキ
「これ、どのくらい通えば登れるようになりますかね?」

先生「1年通えば登れるようになりますけど、タケムラさんならもっと早いでしょうね」

 

1 2

「ロッククライミングツアー」東京公演

3月20日(月・祝)TSUTAYA O-EAST
16:30 開場 / 17:30 開演
NOW ON SALE
ディスクガレージ先着受付はこちら
受付期間:受付中~2月17日(金)23:00
※規定枚数になり次第終了

「ロッククライミングツアー」

1月21日(土) 神戸太陽と虎 ★ワンマン公演
1月22日(日) 京都MUSE w/ ircle / EVERLONG
1月29日(日) 山口LIVE rise SHUNAN w/ ReVision of Sence / LUCCI
2月4日(土) 高松DIME w/ ircle / Bentham
2月5日(日) 福岡DRUM Be-1 w/ Bentham
2月11日(土祝) 米子AZTiC laughs w/ ココロオークション / POT
2月12日(日) 岡山YEBISU YA PRO w/ Revision of Sence / ヤバイTシャツ屋さん
2月18日(土) 新潟CLUB RIVERST w/ ココロオークション / 午前四時、朝焼けにツキ
2月19日(日) 仙台JUNK BOX w/ Bentham、ココロオークション / 午前四時、朝焼けにツキ
2月25日(土) 札幌mole w/ ircle / グミ
3月10日(金) 名古屋SPADE BOX ★ワンマン公演
3月20日(月祝) 渋谷TSUTAYA O-EAST ★ワンマン公演
3月25日(土) 大阪なんばHatch ★ワンマン公演
詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。

関連リンク

RELEASE

6th mini Album「ロックンロールドリーマーズ」
(Pacific Records)
NOW ON SALE