兵庫慎司のとにかく観たやつ全部書く:第29回[4月の巻~後編~]

コラム | 2019.05.07 17:00

イラスト:河井克夫

音楽などのライター兵庫慎司が、自分が観たすべてのライブなどについてひとことレポしていく連載です。以下、2019年4月後半編。ダブルヘッダーの日、プロレスの日、名古屋の日などの計11本です。

4月16日(火) 佐藤千亜妃 @ 代官山・晴れたら空に豆まいて

2019年はソロに取り組んでいる佐藤千亜妃、『New Song,New Life』と銘打たれた、新曲をどんどんやるライブで、歌とアコースティック・ギターの佐藤千亜妃と、鍵盤の山本健太のふたりでのステージ。4月4日から新曲“Lovin’ You”(カネボウ化粧品『ALLIE』のウェブCM曲)が配信されているが、それ以外にも次々と曲を作っているらしく、その末にアルバムになるのだろうがそこまで待てない、すぐ聴いてもらって反応を知りたい、という気持ちで行ったのだと思う。確かにそういう気持ちになるのもよくわかる、“Lovin’ You”に匹敵するいい曲がすでにいっぱいあることを知らしめるライブだった。全11曲、アンコールは2018年7月に出た5曲入ソロEP収録の「Summer Gate」を歌う。

4月17日(水) ザ・クロマニヨンズ @ 中野サンプラザホール

半年間にわたったニュー・アルバム『レインボーサンダー』のリリース・ツアー、全54本のうちの53本目、つまりセミファイナル公演。リアルサウンドでレポを書きました。こちらです。

4月19日(金)『MUNETAKA Vol.6』 @ 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

ディスクガレージのシリーズ・イベント『MUNETAKA』の6回目、今回の会場は渋谷のduo。GOOD ON THE REEL、ヒグチアイ、Absolute area、Half Time Oldの4アクトが出演。毎回レポ書いていますが今回も書きました。アップされましたらリンクを貼ります。

4月21日(日) 三浦隆一 @ 代々木公園 アースデイ東京

毎年この時期にここ代々木公園で行われているアースデイで、4月1日にツアーを終えて活動休止(正しくは「現体制活動終了」)した空想委員会の三浦隆一が弾き語りでライブをやる、ということを直前に本人のツイートで知り、観に行った。
13時から一回、14時30分から別のステージで一回。一回目は5曲、二回目も5曲、1曲もかぶりなし。一回目はフジファブリック「若者のすべて」、二回目はくるり「ばらの花」のカバーも歌いました。いずれも、パフォーマーとしてのタフさが日に日に上がっていることがわかる、いいステージだった。
なお写真は「撮影OKです。三浦はフリー素材です」とご本人がおっしゃっていたので、撮りました。

4月21日(日) YOUR SONG IS GOOD @ 日比谷野外大音楽堂

代々木公園から日比谷公園に移動、YOUR SONG IS GOODの結成20周年アニバーサリー・ライブ。日比谷野音でワンマンをやるのは二回目、9年ぶりだそうです。で、全席自由席で、朝も「当日券あります」とツイートされていたので、居心地よくもゆるい感じなのかと思ったら、すさまじい超満員だった。で、すさまじい熱だった、ステージから放たれるのも客席から返されるのも。二部構成のライブだったんだけど、特に二部、日が暮れてきて、野音のステージ後方の壁すべてを画面として使う映像と照明と音の相乗効果、すごかった。何かマジカルなものすら感じました。
あと、私の経験の中での「日比谷野音お客飲酒量チャート」のトップ3、 これまでは1位:Caravan、2位:ハナレグミ、3位:GRAPEVINE、だったんだけど、それが久々に塗り替えられた日でもあった。ぶっちぎりの1位でした、ユアソンのお客さん。

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ