兵庫慎司のとにかく観たやつ全部書く:第40回[10月の巻~前編~]

コラム | 2019.10.24 17:00

イラスト:河井克夫

音楽ライター兵庫慎司が、自分が観たすべてのライブについてひとことレポを書いてい月2回アップしていく連載の、2019年10月前半編です。全部で9本、そのうち洋楽が2本というのが自分的にはちょっとめずらしい月でした。だからなんだと言われると困るが。

10月2日(日) 佐々木亮介 / LEO @ 渋谷WWW

ソロアルバム『RAINBOW PIZZA』のリリース・ツアーのファイナル、東京公演。アコースティック・ライブをやる公演と、アコースティック+バンド・セットの公演の2種類があるツアーで、この日は後者だった。で、バンド・セットといっても彼の本職であるところのa flood of circleのようなオーソドックスな編成ではなく、ドラム(SANABAGUN.の澤村一平)とキーボード(Mop of HEAD)のGeorgeと歌&ギターの本人(曲によってはギターなしでハンドマイク)の3人編成。
今アメリカで起きていることと完全に同時進行である『RAINBOW PIZZA』の音をちゃんと再現するライブで、ああ、これはソロでやるしかないな、いや、ソロってよりもうひとつユニット作ったみたいな感じなのかな、などと納得しながら堪能しました。
途中でイマイアキノブが飛び入り、というか「飛び入りさせられ」か。ステージから「来てるはずなんですけど」と呼びかけられて出ることになったので。あと、後半、『RAINBOW PIZZA』8曲中の4曲を共同プロデュースしたROTH BART BARONの三船雅也も登場した。

10月4日(金) フラワーカンパニーズ × スピッツ @ 名古屋国際会議場センチュリーホール

フラワーカンパニーズが毎年この時期に地元名古屋で対バンゲストを呼んで行っているイベント『DRAGON DELUXE』、今年2019年はバンド結成30周年なのでその特別版ということで、会場を3000キャパの国際会議場センチュリーホールに拡大、スピッツを招いて2バンドで開催。昔からフラカンを主催イベントとかによく呼んでくれる、それこそデビューの頃からお世話になっているこの先輩、言うまでもなく超人気バンドであって、スピッツファンの方が多いだろうな、フラカンのイベントだけどフラカンがアウェイになっちゃう可能性あるな、と、正直心配してたんだけど、全然大丈夫だった。スピッツファンはちゃんとフラカンを知っているし両バンドの関係性も把握しているということなのか、それとも単に優しい人たちなのか。たぶん両方。でもホッとしました。
先にスピッツ(フラカンの「ビューティフルドリーマー」をやった!)、後攻がフラカンで(「真冬の盆踊り」の間にスピッツの「メモリーズ」をやった!)、アンコールは2バンド合体でスピッツの「ヒバリのこころ」フラカンの「最高の夏」スピッツの「野生のポルカ」フラカンの「恋をしましょう」、最後にCHAGE & ASKAの「YAH YAH YAH」でした。「男性デュオの曲でいちばん盛り上がる曲といえばこれ!」という理由だったようです。

10月5日(土) ユニコーン @ かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール

4月から12月まで50本を回るツアー『百が如く』の後半の初日。レーベルが各ウェブメディアに配信するオフィシャルのニュースレポを書きました。で、DI:GA ONLINEには、そのオフィシャルのレポの最後にいろいろ書き足してアップしました。こちらです。

10月8日(火) TOH KAY @ Daikanyama SPACE ODD

アメリカのスカ・パンク・バンド、Streetlight Manifestoのボーカル、TOH KAYことTomas Kalnokyのソロの来日公演。なんで観に行ったのかというと、このバンドを大好きな大阪の知人が、これを観るために東京まで来たんだけど、曰く「チケットを買おうとしたらあまりにも安かったので思わず2枚買ってしまって。空いてたら観ません?」。そんな謎な誘われ方をされたのは初めてでしたが、空いていたので行きました。行ってわかったのですが、チケット、1枚3,500円で、「確かに安い」と納得しました。アコースティックっぽい3人編成でのライブ。曲も演奏も歌のトーンも、自分の好みにとても合っていて、行ってよかったと素直に思いました。

10月9日(水) STING @ 幕張メッセ

THE POLICEもソロも含め過去のヒット曲の数々をセルフ・カバーした『MY SONGS』のリリース・ツアー。17,000円、というちょっと躊躇するお値段だったが、『MY SONGS』のツアーだからあの曲もあの曲もあの曲もやるよなあ、というのであきらめきれず購入。で、あの曲もあの曲もあの曲もやってくれて、大満足でした。
みんなが知ってるヒット曲だけやる、尺は1時間半くらいと短め、というの、80年代に一斉を風靡した外タレの来日公演あるあるのような気もするが(2011年に観たホール&オーツもそうでした)、でもよし! 好きなんだからよし! ということで。
あと、会場、幕張メッセのホール7とホール8だったんだけど、そこにダーッとイスを並べて使っているの、自分の経験では初めて、ちょっと新鮮でした。

10月10日(日) Analogfish @ 渋谷LOFT HEAVEN

結成20周年でいろいろやっているAnalogfish、この日はベースの佐々木健太郎もアコギを弾いてのアコースティック形式のライブ。お客さんもイスあり。数々の名曲をやってくれてライブとしてはとてもよかったんだけど、Analogfish、10月28日にここLOFT HEAVENでトークライブを行うことが急遽決まって、その話し相手を頼まれたので、じゃあこの日のライブが終わったあとに打ち合わせしましょう、という用事もあって行きました。
しかし。当然MCで「今度ここでトークライブやります」って告知するもんだと思っていたら、言わないまま終わってしまった。終演後に本人たちに訊いたら「あ、言うの忘れた」。忘れたじゃねえよ! と思いましたが、後日発表になってチケット販売が始まったら、とても順調に売れていて、ホッとしました。

10月13日(日) Sundayカミデ @ 上野公園水上音楽堂

Sundayカミデのピアノ弾き語りライブ『PIANO KISS!!!』の特別版、年1で恒例になりつつある上野公園水上音楽堂でのワンマン。ゲストで奇妙礼太郎が出るのは告知されていたけど、もうひとりシークレットゲストがいました。なんとナンチャン、南原清隆。びっくりした。音楽ウェブメディア、muevo voiceにレポを書きました。こちらです。

10月14日(月・祝) ZIGGY @ Zepp DiverCity(TOKYO)

ツアー2本目。「今のZIGGYってこうなのか!」ということが、ひたすら楽しいライブでした。このDI:GA ONLINEにレポを書いたので、アップされたら貼ります。

10月15日(火) 佐野元春&THE COYOTE BAND @ マイナビBLITZ赤坂

こちらもツアー2本目、だったんだけど、初日の10月12日クラブチッタ川崎が台風の影響で中止になってしまったため、この日が実質初日になったBLITZ。控えめに言っても最高でした。こちらもDI:GA ONLINEにレポを書きました。どうぞ。

  • 兵庫慎司

    TEXT

    兵庫慎司

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ