布施明、デビュー55周年ライブ開催間近!「この道は良かったな」と振り返るのは早いかな、もう少し先に行きたい

インタビュー | 2021.04.14 18:00

──布施明さんは昨年、デビュー55周年を迎えました。今回、『AKIRA FUSE 55th ANNIVERSARY LIVE TOUR~陽はまた君を照らすよ~』の追加公演を開催するにあたり、55年の歴史を振りかえると、布施さんは日本のポップス・シーンにおいて画期的ないくつもの試みをされてきたアーティストだと思います。

去年がちょうど、レコード・デビューして55年なんです。でも実際のところはその前の年、昭和39(1964)年からステージに立っていたので、その時期から不良の生活が始まりました(笑)。私は昭和22(1947)年うまれで73歳になりますが、こんなに長く歌手をやろうとは思っていませんでしたから。

──布施さんが音楽に触れた時期は、いつ頃のことでしょうか。

僕は特に歌を習っていたわけではなく、中学生の時に、友達に誘われてブラスバンドに入ったのが、音楽との出会いです。途中で入ったので、余っている楽器はピッコロしかなかったんだけど、これが難しくて。その後フルートに転向しましたが、どっちも単音楽器でしょ? だから僕はいまだにアンサンブルとかコーラスに憧れるんです。ギターに関しては、高校1年の頃、すごくギターが上手い先輩がいて、「布施君、ギター弾ける?」って聞かれたから、見栄を張って「ええ、もちろん」と言ってしまって(笑)。弾けないっていうのが悔しくてね。それで慌てて近所の質屋に行って、親父さんから一番安いギターを買って、1週間で3コードだけは弾けるようになったんだけど、先輩には大して弾けないことがすぐバレました(笑)。

──その後、「シクラメンのかほり」や「君は薔薇より美しい」などのヒット曲で、ギターを抱えながら歌う布施さんを見ているので、ちょっと意外なきっかけですね。

でも、それが歌を始めるきっかけになったんです。その先輩がラテンのトリオでギターをやっていて、トリオ・ロス・パンチョスのコピーなんかしていた。そこで僕も歌い始めて、いまだにラテンの曲は好きですよ。その後、日本テレビの『ホイホイ ミュージック スクール』というオーディション番組で合格して、歌手になるわけですが。

──布施さんといえば、カンツォーネがお得意な印象があります。

カンツォーネはまだデビュー前、僕がジャズ喫茶などで歌っている頃、ブームになったんですよ。僕もガラガラ声のニコラ・ディ・バリなどは好きで、「青春に恋しよう」はよくステージで歌っていました。カンツォーネといえばイタリアのサンレモ音楽祭ですが、その頃、ボビー・ソロが「ほほにかかる涙」で優勝したんです。それを日本のプレスリーと呼ばれた、ほりまさゆきさんがカヴァーして。ボビー・ソロも「イタリアのプレスリー」と呼ばれていたからそんなつながりでね。翌年、またボビー・ソロがサンレモで優勝したんです。その曲「君に涙とほほえみを」を再びほりさんが歌う予定でしたけど、体を壊されてしまって、歌手を辞めてしまった。でも、サンレモ優勝曲だし、誰かに歌わせなきゃ…となったところで「そういえば、ジャズ喫茶で歌っている、やたら声がでかいやつがいるぞ」という話になり、それで僕が選ばれたんです。

──それが布施さんのデビュー曲になるんですね。布施さんといえば、洋楽のカヴァーも大変お得意で、「ラブ・ミー・トゥナイト」や「マイ・ウェイ」など、布施さんの歌で知った洋楽も多いです。

僕が歌手を始めた頃は、アメリカン・ポップスのブームでした。でも、東京オリンピックの頃から、ビートルズが出てきて、ポップスの世界がガラッと変わりましたから。当時、ビーチ・ボーイズがやっていたアメリカン・ポップスと、ビートルズのサウンドを比べると、プロとアマチュアぐらいの差がありますよ。でも、ビートルズの「粗さ」が良かったんだよね。彼らがやった「ベサメ・ムーチョ」なんか聴くと、演奏とか本当にひどいんだけど、でもそこが凄く魅力的だったんです。そんな彼らが音楽シーンを変えていった。だけど、僕が今でも洋楽ポップス系のシンガーでいたい、と思っているのは、その頃の悔しさがあるのかもしれない。

──ビートルズによって変わってしまう前の、洋楽の良さですよね。

そう。僕はその頃からずっと一緒に仕事をしていたピアニストの方に、「布施君、洋楽のポップスから離れてはだめだよ」とずっと言われていたんです。当時はもう歌謡曲を歌っていたけれど、コンサートでも半分は洋楽のカヴァーを歌っていました。彼はもう亡くなりましたが、10年ほど前にジャズ・ライブを開催した時も聴きにきてくれて、すごく喜んでくれた。僕のなかにはいまだにそういう思いがあるんです。

──布施さんの洋楽カヴァーの代表作といえば、やはり「マイ・ウェイ」ですが、これをなぜ布施さんが歌うことになったんですか。

僕が所属していた渡辺プロに、中島淳さんという大先輩の歌手がいて、とても可愛がってもらったんです。中島さんは自分で「マイ・ウェイ」に日本語詞をつけて歌っていたんですが、その後お亡くなりになられて。それで僕が、中島さんのお名前を残したいという気持ちで、「愛すれど切なく」というシングルのB面に「マイ・ウェイ」を入れたんです。ただ、中島さんの書かれた詞は「今、黄昏近づく人生に…」という出だしでしたが、僕はまだその時20代だから、それはさすがに似合わないだろうと思い「今。船出が近づく人生に…」とその部分だけ変えたんです。

──ところで、洋楽といえば、近年、若い音楽ファンの間で話題になっているのが『日生劇場の布施明』という71年のライブ・アルバムで、ニルソンの「うわさの男」やバカラックの「遥かなる影」などを歌われています。この時のメンバーは寺川正興さん、チト河内さん、水谷公生さん、柳田ヒロさんら凄腕メンバーでした。

いろんなことをやっていたよね。彼らは「LOVE LIVE LIFE」というユニットを名乗り、そこにプラスワンで参加したのが僕。『LOVE LIVE LIFE+1』というアルバムも出しましたよ。それがね、たまたま後年、ロンドンの空港にある店で、いきなりそのアルバムの曲が流れてきて、「あれっ、これ、俺の歌だ!」と(笑)。普通にロンドンの空港でなじんでいたんですよ。イギリスって、世界中の変わった音楽をどんどん吸収していくんだ、すごいな、と思いました。ああいうセッションも楽しかったよ。

──もう1枚、『布施明がバカラックに会った時』というアルバムでは、この時代には圧倒的に早かった海外録音、それもバカラックの牙城であるA&Mスタジオで、バカラック作品のカヴァーを歌っているのは驚きです。

この頃、僕もちょっと天狗になっていた時期で、実のところはバカラック何するものぞ、ぐらいの気持ちでした。ロサンゼルスに着いた翌日にもうレコーディングでしたが、スタジオに着くと、ちょうどバカラックがオープンカーでやってきて、当時の奥さんだったアンジー・ディキンソンが運転していたんですよ。それですぐにレコーディングに入ったんですが、奥のいちばん小さいスタジオで、ピアノとベースとドラムだけがいて、3ピースでまず同録で1曲録りました。それが「アルフィー」でしたが、もうその1曲でノックアウトされましたよ。

──レコーディング期間はどのくらいでしたか。

1週間から10日の間ぐらいだったかな。レコーディングを終えて帰る前日、サンタモニカのホテルで、トニー・ベネットのショーをやっていたんです。そこで彼がジャズ・スタンダードの「イエスタデイズ」を歌っていて、それがもう「まだまだ早いよ、甘い甘い…」って僕に言っているように聞こえてきて…。その後、ホテルのラウンジで、軽いお疲れ様会をやったんだけど、そのラウンジでもピアノとドラムとフルートだけの演奏が流れていて、そこでフルートを吹いていたのがハービー・マン。

──なんと贅沢な。

もうそれで完全にノックアウト。その帰国の飛行機のなかで「城ヶ島の雨」を聴いたんですが、そうしたらすごくよくてね、ああ、日本の曲なんて見向きもしなかったけど、いいものだな、と。この曲って4分の3拍子ですが、途中で拍子が変わるんです。日本にもこんな凝った歌があるんだ、こっちの方向性も進めていこうかな、と思ったぐらいです。バカラックとのレコーディング体験は、僕のひとつの転機になった出来事でした。

公演情報

DISK GARAGE公演

AKIRA FUSE 55th ANNIVERSARY LIVE TOUR~陽はまた君を照らすよ~ FINAL SPECIAL!!

2021年4月25日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール・愛知 
2021年4月27日(火) フェスティバルホール・大阪【開催延期】
2021年5月5日(水・祝) 東京国際フォーラム ホールA・東京【開催延期】

東京公演 チケット一般発売日:2021年3月13日(土)

今宵☆jazzyに!8

2021年6月4日(金) Bunkamura オーチャードホール・東京

司会:モト冬樹、森口博子
ゲスト歌手:布施明、阿川泰子、新妻聖子
演奏者:クリヤ・マコト(P)、納 浩一(B)、則竹裕之(Dr)、エリック・ミヤシロ(Tp)、本田雅人(SAX)、中川英二郎(Tb)、平木LAGGY宏隆(Gt)、MARU&酒井尚子(Cho)
ゲスト奏者:渡辺香津美(G)、寺井尚子(Vn)
※都合により出演者が変更になる場合がございます。

チケット一般発売日:2021年4月20日(火)

INFO

布施明デビュー55周年記念BOXを555セット限定発売!

布施明のデビュー55周年を記念した超豪華BOXが、4月25日愛知県芸術劇場、4月27日大阪フェスティバルホール、5月5日 東京国際フォーラム ホールAの3会場で計555セットのみ販売される。
BOXにはCDが2枚とDVDが2枚の他、今回のBOXの為だけに制作されたヒストリー本などが封入された超豪華パッケージ仕様で完全生産限定となり、各会場コンサート開催日だけの“限定販売”となる。

また、CD(DISC-1)に収録される「恋のバカンス」「花と小父さん」の2曲は、布施明が尊敬してやまない“ザ・ピーナッツ”“植木等”とのデュエット楽曲となっているが、船山基紀氏による当時の音源からボーカルだけを抜き出し、リアレンジする技術によって夢の共演が実現できた超貴重な音源となっている。

CDにはその他新曲4曲、「君は薔薇より美しい」JAZZヴァージョン、「カルチェラタンの雪」セルフカバー、インディーズ盤にて発売の既存曲JAZZ、CLASSIC等が収録され、DVDには55周年のインタビューやレコーディング風景、そしてBillboard Live YOKOHAMAでのJAZZライブの模様などが収められる予定。ヒストリー本は本人の最新インタビュー含め、約100ページから構成される小説となっており、盛り沢山で永久保存版のBOX内容となっている。
購入者には、会場限定となるレアな特典も予定している。

  • 取材・文

    馬飼野元宏

SHARE

関連リンク

最新記事

もっと見る