女王蜂 アヴちゃん×日本のヨガ第一人者 ケン・ハラクマ “心も体もほぐれる”ヨガ・レッスン! 前編:まずは実践!

インタビュー | 2018.08.01 18:00

──と、最初のポーズ。右足を上げ、左足の片足立ちでバランスを取る。そして親指をつかみ、膝を伸ばしていく──。

ハラクマはい、そのままで、息を吸って、吐いて、右足を前に伸ばしていく。笑顔で。
アヴちゃん、体勢はきつそうですが、笑顔を心がけています。
ハラクマはい、足を下ろして。かかとの下に私の手を置きますから、そこに体重をかけちゃってください。

ハラクマ先生、「その体勢から若干前屈していきます」。アヴちゃん、足を支えられたままじわじわと前屈していく。
ハラクマはい、息を吸って、吐いて。ゆっくり膝を曲げて足を下ろしましょう。では、今度は逆の足で。
と、一連の動きを左右逆、つまり左足を上げ右足片足立ちで、最初から行う。以降のすべてのポーズも、右と左の両方で行いました。左右均等、というのは、ヨガの基本のひとつのようです。
ハラクマはい、吸って、吐いて。吸うのも鼻、吐くのも鼻で。笑顔でね。
この「吸うのも吐くのも鼻」の呼吸法を意識することと、笑顔を忘れないようにすることも、大事なポイントのようです。
ここから二番目のポーズ。両手を床について、腰を高く上げていきます。

ハラクマそのポースで、ふくらはぎを意識して、体重を後ろにかけて。そこで呼吸します。吸って、吐いて、足を伸ばして──。
アヴちゃんくぅぅ……(と、思わず声が出る)

ハラクマはい、いいですよ、膝を曲げましょう。どうですか?腿裏、延びましたか?
アヴちゃん延びました!特に左が。
ハラクマああ、左が固いんですね。じゃあ、次のポーズです。

と、写真のように、左右を片足ずつ伸ばしながら前屈。伸ばした足の先を指でつかむように言われても手が届かなかったアヴちゃんだが、「はい、吸って、吐いて、笑顔で──」という先生のアドバイスどおりにやっていたら、3分後には届くようになってびっくり。

ハラクマ無理してストレッチするんじゃなくて、いけるところまでいったら、そこで止まって、吸って、吐いて──と五呼吸しましょう。はい、次は足の裏を合わせて──。
アヴちゃん、粛々と呼吸。この短時間で身体のしなやかさも表情も変わっていくのが見ていてわかります。

次回=後編、「最後の大技ポーズ編」に続きます。

PRESENT

ケン先生のサイン入り『幸せがやってくるココロのバランス』を3名様に!

受付は終了しました

  • 兵庫慎司

    インタビュー

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • 東 美樹

    Photo

    東 美樹

    • ツイッター

SHARE

関連記事

イベントページへ