アンティック-珈琲店- 5人揃ってのDI:GAラストインタビュー!【前編】5人で味わった喜び、感動、幸せ、感謝

インタビュー | 2018.08.02 18:00

2018年の年明けに活動休止を発表したアンティック-珈琲店-。15年というバンドの歴史を今、5人はどのように感じているのだろう?5人での活動を振り返る!
──一番嬉しかったとか、辛かったとか、泣いたとかのツアーとかライヴは?

Vo. みく

お客さん的には「なんだよ~」って思うかもしれないけど、俺的には活動休止の武道館。当時は、悲しい日でもあったけど、日本武道館でやれたのが嬉しかったです。日本武道館でライヴが出来たというのは、やっぱり特別な出来事だったなと。

Dr. 輝喜

バンドにとっても、大きなきっかけとなったライヴでもあったよね。
──いろんなアーティストが武道館を目指したりするじゃない。それぞれは、武道館っていう場所に対しての思い入れ的なことはあったの?

Gt. takuya

いろんなアーティストのLIVE DVDとか持ってましたけど、武道館の映像が一番多かったなって思いますね。実際に行ったことがなかったから、当日は、“おお、ここがあの場所か”って感じでしたね。武道館って実在するんだって感じでしたね(笑)。

Dr. 輝喜

僕は世代のせいかもしれないんですけど、初めて買ったビデオがLUNA SEAの東京ドームだったんですよ。で、好きになったバンドみんな東京ドームとかの世代だったから、ドームとかばっかり見てて(苦笑)。自分がアンカフェとしてやってる中では、夢の先の先に渋谷公会堂があるって感じだったんですよね。夢は見てるけど本当にそこに立ってるとは思ってないっていうので渋公だったんですよ。だから、あんまり武道館って実感なかったというか……。でも、やっぱり武道館でライヴが出来たことは嬉しかった。でも、当時は、武道館は悲しい場所でしたね。僕たちはそこがゴールになってしまったから。けど、もう一度アンカフェが動いたり、自分たちが活動していく中で過去の捉え方が変わって、あの日があってとっても良かったって今は思えています。

Ba. カノン

僕は、初めて見たバンドのライヴが武道館です。CASCADEのライヴ。毎年1月にやってて、毎年冬休みに行ってたから、他の会場とかを知らないくらい。コンサート=武道館で。雑誌に載ってるっていうのはこういうところでやるんだって感じでしたね(笑)。

Vo. みく

僕もバンドやる前は、あんまりライヴに行かなかったというか、音楽はCDで聴くもので、見るものっていう認識がなくって。だから、自分達がライヴをやるようになったときも、渋公とか武道館とか本当に夢の夢の夢で。でも、そんな中でいろんな奇跡が起こって武道館までたどり着けて、そこに立てたのが、今でも不思議です。

Dr. 輝喜

最初、高田馬場AREA(キャパ400ほどのライヴハウス)でブッキングが決まった時“わー!”ってなったよね!

Vo. みく

なったなった!当時AREAってオーディション式で敷居が高い感じだったから、嬉しかったなぁ〜。
──ゆうきはどう?

Key. ゆうき

俺はアンカフェに入るまで武道館を知らなくて。みんなに“え、空手やってたのに武道館知らないの?”って言われたんだけど(笑)。本当に知らなかったんですよね(笑)。だけど、こんなにも広いところでライヴが出来たんだ!っていう感動はありましたね。
──自分達の未来が見えたライヴはあった?

Vo. みく

ジリジリ上がっていくというよりかは、一気に上がっていく感じだったから、逆に“このままじゃヤバイな”っていう限界は途中で感じましたね。
──それはtakuyaとゆうきが入る前?

Vo. みく

入った後。東京ビッグサイトのあたりで、“ああ、もうちょっと頑張らないとダメだな”って。「AROMA」とか「夏恋」とかの時にはもう考えてましたね。

Gt. takuya

僕は、加入した時から右も左もわからない状態で入って、割となにも考えずに突っ走って来て、なんか怖いもの知らずというか勢いでやって来たのかなって感じだったんで、ちょっと感覚が違ったのかも。このタイミングできるなとか、ダメだなっていうのはあんまり感じたことはなかったですね。
──ゆうきは?

Key. ゆうき

初めて海外でライヴした時、ファンの人の声を聞いたときは、たとえこの先日本で何もできなくなったとしても海外で行けんじゃねぇかっ!?っていうのはありましたね(笑)。

Dr. 輝喜

そんなこと言ってた気がする(笑)。“海外の方が売れてんじゃねぇか!?”って(笑)。

Ba. カノン

そう!だって、向こうのインタビューアーさんの聞いてくることが桁が違うというか。“君らみたいな世界中で売れたアーティストはどんなもの食ってるんだ?”みたいな、すごい規模のことを聞いてくるから(笑)。

一同:そうそう(笑)!

Ba. カノン

海外のアーティストも日本に来るとそうなのかな?って思ったりもしたんだけど、海外のアーティストはホームがしっかりあってのことだからね。

Dr. 輝喜

そうそう。日本で2,000人入ってたら、向こうでは2万人入ってるとかね。

Ba. カノン

そうそうそう。アンカフェの場合は、それが逆だったんだなっていうのが、面白かったです。
──向こうでは日本より多く入ってたの?

Vo. みく

それは言い過ぎかもだけど、東京の次にフランスが入ってましたね。日本だけで限定すると東京の次は名古屋でしたけど。
──それは不思議な感覚になるね。なんだろうね?

Vo. みく

もうそれは奇跡としか言いようがないですよね(笑)。ラッキーと奇跡だよね。

Dr. 輝喜

日本の地方より、ブラジルとかチリの方が入ってたよね(笑)。
──不思議だね。なんだろう? インターネットで?

Vo. みく

YouTubeって言ってましたね。

公演情報

ディスクガレージ公演

15th Anniversary Year Special LIVE CAFE TOUR 2018 「ラグニャロク」~the last voyage~

2018年12月8日(土) SHIBUYA REX

9/29 SALE

LIVE CAFE 15th Anniversary Year Grand Finale

2019年1月5日(土)、6日(日) EX THEATER ROPPONGI

9/29 SALE
 
>>ディスクガレージ特別受付!
詳細はお申し込みページにてご確認ください

5th&20th Anniversary Band VS 「アンティック-珈琲店- × wyse」

2018年9月1日(土) TSUTAYA O-WEST

8/4(土) SALE

15th Anniversary Band VS「アンティック-珈琲店- × D」

2018年10月20日(土) TSUTAYA O-WEST

8/4(土) SALE

15th Anniversary Year Special LIVE CAFE TOUR 2018「ラグニャロク」

2018年8月5日(日) 金沢AZ
2018年8月11日(土・祝) BAYSIS[横浜]

NOW ON SALE

RELEASE

NEW SINGLE「願い事は1つさ」

NEW SINGLE「願い事は1つさ」

(Being)
NOW ON SALE
※初回限定盤A・B[CD+DVD]、通常盤[CD](写真は通常版)
  • ライター

    武市尚子

SHARE

アンティック-珈琲店-の関連記事

アーティストページへ