Gacharic Spinが現体制ではラストとなるミニアルバムリリース&ツアーを開催!F チョッパー KOGAが語るエンタメ魂!

インタビュー | 2018.11.02 18:00

結成9周年を迎えた全力エンターテイメントガールズバンド、Gacharic Spin。音楽面でも演出面でも数々の個性的な表現を追求している彼女たちが、初のカバーアルバム『Go Luck!』をリリースし、それを引っ提げて11月3日から9周年ツアー「TOUR 2018『Go Luck!』」を開催する。10周年を目前に加速するタイミングでもあり、パフォーマー1号・まいは年内をもって卒業するというバンドにとっても節目の作品と全国ツアー。リーダーのF チョッパー KOGA(Ba)の単独インタビューで作品やバンドの実情を探っていった。
──カバーアルバムの制作は、通常の制作とは違う面白さがありそうですね。
すごく面白かったです!どうGacharic Spinっぽくするか、どんな面白い要素を入れようかいろいろ考えました。来年10周年を迎える前に、新しい面白いことをやってみようということで初のカバーアルバムをリリースすることにして。そこにちょうどパフォーマー1号まいの脱退が重なったので、お互いそれぞれの道でがんばっていこう!という意味と「娯楽」を掛けて「Go Luck!」というタイトルに決めました。
──個性的な表現で音楽を届けているアーティストや、エンタメミュージックをテーマに選曲した結果、この5曲になったそうですが……普通に考えたらまずこの5曲が揃うことはないなと(笑)。
あははは!バッラバラですよね(笑)。がっつりとしたロックバンドの楽曲をエンタメ的にカバーするのではなく、エンタテインメントとつながっているアーティストさんの楽曲をカバーしたいなと思って。メンバーとスタッフで選曲案を出したんですけど、Gacharic Spinチームは世代が幅広いので、いろんな案が出てきて面白かったですね。
──どういう流れでこの5曲が揃ったのでしょう?
はな(Vo&Dr)とオレオレオナ(Vo&Key)がふたりで掛け合いできる曲も、それぞれがメインを取れる曲も欲しかったんです。「どれがはなに合うかな? オレオに合うかな?」と考えていって、そのうえで「Gacharic Spinと重ねた時に面白くなる曲はどれだろう?」と選んでいって。その結果、自分たちが演奏して面白くて、ライブ映えする5曲が揃ったなと思います。
──そうですね。いろんな世代を巻き込む選曲でもあると思います。
Gacharic Spinのお客さんも年齢層が幅広くて。オレオはハンバーガーだから子どもたち、特に女の子から「可愛い!」って大人気なんです(笑)。そういう感じだから、時代を絞る必要はないなと思ったんですよね。「懐かしい!」と思ってもらってもいいし、「こんな曲があるんだ!」と知ってもらうきっかけになるのもうれしいです。米米CLUBさんの曲はチーム全体が「絶対カバーしたいね!」と言っていて「Shake Hip!」に決まりました。
──50TAとポケットビスケッツという、お笑い芸人さん発信の曲が2曲も入っているのが新鮮でした。
わたしがお笑い芸人さんの曲をやりたかったんですよね。Gacharic Spinは賑やかなイメージがあるけれど、ライブにアコースティックコーナーがあったり、アルバムにはバラードが入っていたりするので、カバーアルバムにもバラードを入れたいねという話になったんです。でもそこで普通のバラードを入れるのではなく、敢えて芸人さんのバラードを、めちゃくちゃ本気でやったら面白いなと思って。
──50TAの「涙」は歌詞がストレートすぎて笑える曲ですが、Gacharic Spinのカバーはものすごくエモーショナルで、ラストは感動しちゃいました(笑)。
「いいバラードだな……でも歌詞がおかしくない?」と思ってもらえるようにフレーズやアレンジもしっかり組んでいきました(笑)。うちは基本的にはながアレンジの整備をするんですけど、はながこの曲で「新しい楽器に挑戦したい」と言い出して。「ドラムを叩きながらやるとなると口で鳴らせるものがいいよね。オカリナでこのメロディ吹いたら切ないんじゃない?」ということで、オカリナを吹いています。
──オカリナ!その着眼点はさすがGacharic Spinだなと。
(笑)。どの楽曲も原曲が素晴らしいので、わたしたちはそこと戦わなきゃいけなくて……カバーは大変なこともいっぱいありますね。でも「Gacharic Spinのもかっこいい!」と言ってもらえるものを作りたかった。原曲の印象的なフレーズを残すことを大切にした曲もあったり……、でも、Gacharic Spin節をしっかり入れてという……。楽器の聴こえ方、立ち位置や役割は原曲と違う部分もあると思うので、どの曲も原曲と聴き比べていただけたらうれしいですね。
──そうですね。DECO*27 feat.初音ミク「ゴーストルール」のカバーも原曲の質感は残しつつ、Gacharic Spinのメンバーの個性がものすごく効果的に出ていると思いました。
「ゴーストルール」はリード曲なので、特にGacharic Spin全員主役だ!と一人ひとりの見せどころを作って。オレオのクラシックピアノの要素もあって、シンセもあって、がっつりギターソロもあって……バンドのがっつりとした生要素にデジタルなピコピコ要素を入れて、Gacharic Spinらしさを出してみました。1番のサビ前にベースのスラップを入れているので、2番のサビ前はTOMO-ZO(Gt)がスラップをやればいいんじゃないかなって……「えっ、わたしスラップなんてやったことないよー!」と言うTOMO-ZOを、「じゃあなおさらやろうよ!」って(笑)。
──思いついたアイディアはどんどん試してみるという行動力は、とどまることを知りませんね。
Gacharic Spinはある意味ネタバンドだと思っているんです(笑)。「あ、今度はこういうふうに攻めてきたんだ!」みたいなものは1曲1曲に入れていきたいし、カバーアルバムを出すということ自体もそうですね。前にはなとTOMO-ZOとわたしが初音ミクのモーションアクターをしたことがあったので、今回「ゴーストルール」のカバーというかたちでまた初音ミクと関わることができるのはすごくうれしいです。
──初音ミクは若年層に響く楽曲でしょうし。
わたしの親戚の子どもたちも、VOCALOID曲を聴いている子が多いですね。VOCALOIDは重いテーマが歌詞に綴られていることが多い印象があって、それをプログラミングで作られた初音ミクの声が歌っていることでたくさんの若い子たちに届いているんだろうな……と。だからこそ「バンドでやったらどうなるんだろう?」という気持ちもあったんですよね。

公演情報

ディスクガレージ公演

TOUR 2018「Go Luck!」

2018年11月3日(土・祝) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心
2018年11月18日(日) 水戸LIGHT HOUSE
2018年12月23日(日・祝) TBS赤坂ACTシアター
チケット一般発売日:2018年9月29日(土)

【振替公演】
2018年12月25日(火) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心
チケット一般発売日:2018年12月1日(土)

※11月3日のライブは、TOMO-ZO体調不良に伴い中止とさせていただきます。
同会場、同時間にてTOMO-ZO以外のメンバーでトークショーへの変更とさせていただきます。
トークショーへの参加は、11/3(土)のチケットが必要になります。
トークショーに参加された方も、11/3(土)のチケットは12/25(火)の振替公演にそのまま有効となります。

※女性/児童・保護者様優先エリア設置公演あり
>>詳細はこちら

ディスクガレージ先着受付!

受付期間:2018年11月1日(木)12:00 ~ 2018年11月30日(金)23:59

受付対象公演:2018年12月23日(日・祝) TBS赤坂ACTシアター

※予定枚数になり次第終了

申込みはこちら

RELEASE

「Go Luck!」

Cover Mini Album

「Go Luck!」

※Type-GACHA
(Victor)
2018年11月21日(水)Release!

9,999枚限定
6タイプ完全生産限定盤 (6タイプ同時購入特典あり!)
「Gacha呉」

Gacharic Spin×海上自衛隊呉地方総監部
写真集

「Gacha呉」

(大陽出版株式会社)
NOW ON SALE
  • 沖 さやこ

    取材

    沖 さやこ

    • ツイッター
    • instagram

SHARE

Gacharic Spinの関連記事

アーティストページへ