【ライブレポート】女王蜂主催対バン企画「蜜蜂ナイト4 ~:re~」(ゲスト:TK from 凛として時雨) 2/7(木)新木場Studio Coast

ライブレポート | 2019.02.16 12:00

女王蜂主催対バン企画「蜜蜂ナイト4 ~:re~」
2019年2月7日(木)新木場Studio Coast
ゲスト:TK from 凛として時雨

女王蜂の対バン企画『蜜蜂ナイト』のシリーズ4は、大阪と東京で開催。大阪は2019年1月24日なんばHatchでペトロールズを迎えて開催、東京は2月7・8日新木場スタジオコーストにて、7日はTK from 凛として時雨、8日はUVERworldと共に行われた。以下、2月7日、TK from 凛として時雨との対バンの模様をレポートする。

本人の歌とギターはもちろんのこと、ドラムBOBO・ベース吉田一郎等の強力メンツによるすさまじい音を放つ、TK from 凛として時雨が先攻。

ギターとベースの絡みが絶妙な「Fantastic Magic」でスタート、曲ごとにアコースティック・ギターに持ち替えたり、そのアコギと競うようにバイオリンの調べが響いたりしながら曲が進んでいく、音の自在さを一瞬一瞬に刻みつけるようなステージング。きわめて肉体的な音でありながら「一緒に歌う」「踊る」「暴れる」などのストレートな反応では捕まえきれないその音に、フロアのTK目当てのオーディエンスも、女王蜂のファンも、共に「じいっとステージを凝視」みたいなはりつめた空気になる。

が、TK、「少々難しい音楽をやっていますが、女王蜂に呼ばれて来たので、あなたたちともお友達です」というやわらかなトーンのMCで、その緊張をほどき、その後も「普段誘われることがないので、ほんとにほんとにありがとうございます」「リハを見て、女王蜂って新しい生き物みたいだなと思って」と言葉を重ねる。中盤では「次は四つ打ちもある曲なので、もしジュリ扇持ってたら振ってもらってもいいんですよ」と、音源未発表の新曲を披露。その言葉に応え、フロアのあちこちでジュリ扇がひらひらと振られた。

後半は、アニメ『東京喰種 トーキョーグール』のオープニングになった「unravel」(のちに女王蜂もこのアニメに「HALF」を提供した、という共通項あり)、そして2018年11月にリリースしたニュー・シングル「katharsis」(「東京喰種トーキョーグール:re」、“最終章” OPテーマ)、さらに3月8日公開の映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の日本語吹替版主題歌になった新曲「P.S.RED I」(3月6日リリース)という、まさに怒濤の三連発でしめくくった。彼がステージから去ったあと、金縛りがとけた瞬間みたいな虚脱感に、しばしフロアが包まれた。

相手の曲のカバーをやるのが、『蜜蜂ナイト』での女王蜂のルールになっているのだが、まずルリちゃんやしちゃんひばりくんサポートのみーちゃんが順番に出て来て一礼し、配置についてインストを奏で、アヴちゃんが登場して歌い始めたところで、その曲がTKの「unravel」であることがわかった瞬間の歓声のでっかさ、ちょっとすごかった。

フロアに火をつけたアヴちゃん、ワンコーラスで「どうも、女王蜂です!」のおなじみのフレーズから「ヴィーナス」に突入、そのまま曲間なしで「一騎討ち」「DANCE DANCE DANCE」「金星」と、これでもかとばかりにダンス・チューンを並べてフロアを死ぬほど踊らせる。ちぎれんばかりに振られるジュリ扇。「金星」の「さみしいから今日は 帰さない」のところでは、歓声が悲鳴に変わる。
「金星」を1コーラスで終わらせたアヴちゃん、「『蜜蜂ナイト』を始めた時から、TKさんとやりたくて」と、今日の喜びを言葉にする。「お友達なんだよ? プリクラ撮りたいねんなあ、冷蔵庫のところに貼りたい」という希望も口にする。「お互いキレキレでやってますから、今日ここで一緒にやれたことに縁(えにし)を感じます」。

「催眠術」「デスコ」と新旧の代表曲を並べてフロアを湧かせ、TKと『東京喰種』つながりの「HALF」を、リリックのひとことひとこと聴き手に突き刺すように歌ってから、「あけましておめでとうございます、じゃない?」と思い出したように言うアヴちゃん。「今日、妹、誕生日やねん」との言葉で、オーディエンス全員による「ハッピーバースデー」の大合唱がルリちゃんに贈られた。

ラストは「Q」「告げ口」の、重くシリアスに真実を暴く代表曲の二連打。「告げ口」の最後には「催眠術」の歌い出し、「狂っている? わかっている」のリフレインが付け加えられた。アンコールはなかったが、客電が点いたあとも、オーディエンスのハンドクラップが長く続いた。
明日はここスタジオコーストで、UVERworldと対決。

公演情報

ディスクガレージ公演

TK from 凛として時雨 Information

■リリース
NEW SINGLE「P.S. RED I」
TK from 凛として時雨「P.S. RED I」
(Sony Music Associated Records)
2019年3月6日(水)Release!
※初回生産限定盤[CD+DVD] 、通常盤[CD]
※2019年3月8日(金)日本公開の映画「スパイダーマン:スパイダーバース」日本語吹替版主題歌
※画像は初回生産限定盤
★「P.S. RED I」のみ先行配信中!

■ライブ
TK from 凛として時雨 katharsis Tour 2019
2019年2月9日(土) 福岡 DRUM LOGOS
2019年2月16日(土) 宮城 仙台Rensa
2019年2月23日(土) 愛知 DIAMOND HALL
2019年3月3日(日) 大阪 なんばHatch
2019年3月9日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL

TK from 凛として時雨 katharsis Tour 2019 in Asia
2019年4月5日(金) 台北 CLAPPER STUDIO
2019年4月7日(日) 香港 Music Zone@E-Max
2019年4月9日(火) 上海 ※後日発表
[support member]
drums:bobo,bass:吉田一郎不可触世界,piano:大古晴菜,violin:佐藤帆乃佳

■イベント出演
XFLAG presents ツタロックフェス2019 supported by Tポイント
2019年3月30日(土) 幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール
※凛として時雨 での出演
※詳細はイベントオフィシャルサイトにてご確認ください。

女王蜂 Information

■リリース
NEW SINGLE「火炎」
女王蜂「火炎」
(女王レコード)
NOW ON SALE

10周年記念!初の書籍『qb図鑑』をワニブックスより3/28(木)発売!
⇒詳細

■ライブ
全国ツアー2019「十」-火炎-
2019年4月17日(水) LIQUIDROOM
2019年4月20日(土) Zepp Sapporo
2019年5月11日(土) 松山サロンキティ
2019年5月12日(日) 高松オリーブホール
2019年5月18日(土) 広島クラブクアトロ
2019年5月19日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2019年5月25日(土) 新潟LOTS
2019年5月26日(日) 金沢エイトホール
2019年5月30日(木) 山形ミュージック昭和 Session
2019年6月1日(土) 仙台Rensa
2019年6月2日(日) 盛岡Club Change WAVE
2019年6月15日(土) Zepp Osaka Bayside
2019年6月16日(日) Zepp Fukuoka
2019年6月22日(土) Zepp Nagoya
2019年7月5日(金)6日(土) Zepp DiverCity(TOKYO)

■イベント出演
ARABAKI ROCK FEST.19
2019年4月27日(土)28日(日)開催
女王蜂の出演日・時間等、詳細は追ってオフィシャルサイトにて発表。

  • 兵庫慎司

    取材・文

    兵庫慎司

    • ツイッター
  • PHOTO

    釘野孝宏

SHARE

女王蜂の関連記事

アーティストページへ