織田哲郎が最近ハマっていることは?

スペシャル | 2019.09.03 18:00

編集部:今ハマっているものは何ですか?

ここ5年くらいはエフェクター沼にハマっています。ホントにヤバいんですよ。歪みモノって、世界中にどんだけ種類があるのかわかんないほど、たくさんあって、しかもちょっとずつ違うわけですよ。一般の人が聞いたら、同じじゃねって思うくらい、微妙な違いなんですが、その違いに情熱をかけている人たちがたくさんいる。世界中にちっちゃい工房がたくさんあるんですよ。俺のまわりでも自分で作っているヤツもいますし。微妙な音の違いにこだわって、愛と気合いを込めて作られているエフェクターがたくさんある。なので、全部試したくなってしまうという(笑)。さすがに全部ってわけにいかないから、厳選して試してるんですが、それでもボコボコ増えていきます。

織田さんのエフェクターコレクション

編集部:何個くらいお持ちなんですか?
数はよくわからないですね。スタジオの床に広げてあるの以外にも、大きなおもちゃ箱みたいなのがいくつかあって、その中にいろいろ入っているので。そもそもエフェクターの歪みモノって、大きく分けると、オーバードライブ、ディストーション、ファズという3種類なんですが、それぞれの中でもたくさん種類があって、違いがあって、それらを組み合わせていくと、音の種類は無限になっていく。しかも昔と違って、今はYou Tubeがあるから、動画を見たら、世界中のエフェクターがゾロゾロ出てくるんですよ。これはいい気がするぞ、ほしいぞってことになり、無理矢理輸入することになってしまう(笑)。
編集部:エフェクターにハマっているのは、音楽への情熱の一環ですよね。機械好き、みたいなところはありますか?
いや、それはないんですね。最近、フラクタルという便利なマルチ・エフェクターが出てきて、その機器に繋ぐと、一発で様々な歪みを作れるので、作業をする上で効率はいいんですが、フラクタルの窓を見ながら音を作っても生理的に楽しくない。俺が好きなのは、機械的なものじゃなくて、楽器的なものだってことですね。エフェクターって、つまみをいじって音を作るところが楽器的なんですよ。ここで指をこうひねると、こういう音がする、みたいなところがいい。レコーディングにしても、昔の方が楽しかったのは、卓のつまみをああだこうだ、いじるのが楽しかったから。操作が楽器的だった。でも今ではパソコンの中でやるようになって、つまらなくなってきた。俺の場合は機械じゃなくて、あくまでも楽器の延長じゃないと、ダメみたいですね。

これでもごく一部なんだそう

編集部:実際のライブでは?
ボードひとつに収まるようにしようと思っています。結局、いっぱい使うというよりも、厳選するために、試しているということですね。最近はディレイやリバーブの沼にもハマりそうになっていて。沼から沼へキリがなくて、危険きわまりないんですが、楽しくてしょうがないんですよ(笑)。

編集部:エフェクターにこんなに個性があるなんて、知りませんでした!
織田さん、貴重なコレクションを見せてくださってありがとうございました。

公演情報

ディスクガレージ公演

LIVE TOUR 2019「猪突猛 SING! SING! SING!」

2019年10月25日(金) 日本橋三井ホール

チケット一般発売:2019年8月3日(土)

ROLL-B DINOSAUR

2019年9月6日(金) 赤羽 ReNY alpha

≫ 詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。

RELEASE

「CAFE BROKEN HEART」

SINGLE

「CAFE BROKEN HEART」

(キングレコード)
2017年7月5日(水)SALE

OTHER

YouTube『オダテツ3分トーキング』
自身が手がけた楽曲についてのエピソードやポイントトークを毎週土曜日動画配信中!

 

【織田哲郎Youtubeライブ動画配信決定!】
2019年8月31日 22時頃
▼こちらから配信予定
https://youtu.be/g_X2CtbbfQ8

  • 取材・文

    長谷川 誠

SHARE

織田哲郎の関連記事

アーティストページへ